映画・テレビ

2016年2月14日 (日)

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIEとぶらり旅・ポートライナー(その3)

今日(2月14日)、わざわざ神戸・三宮まで行って映画を観ることに。
というのも「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」を観たかったのだけど、徳島では上映されていないんです。。。

ということで、佐古11:33発4963D徳島行(1200型ワンマン)のJR鳴門線普通列車で徳島へ。
Img_9660

JR徳島駅前から、12:00発三宮・新神戸・神戸空港行の西日本JRバス運行の高速バスで三宮へ向かいます。
Img_9661_6

三宮には13時半過ぎに到着したのですが、映画の上映は15時からなので、神戸新交通・ポートライナーの駅乗下車をすることにします。

早速、三宮からポートライナーに乗車。
Img_9662

次の駅、貿易センターで下車します。
Img_9663

こちらは、南寄り(ポートターミナル寄り)から見た、南方向と北方向の様子です。
Img_9664
Img_9665

そしてこちらは北寄り(三宮寄り)から見た、北方向と南方向の様子です。
Img_9666
Img_9667

ホームから空中二階相当に設けられた改札に出てきました。
Img_9668

こちらは入口。
Img_9669

階下の南北道路は国道2号線で、上の写真が南方向、下の写真が北方向となります。
Img_9670
Img_9671

再びホームへ上がり、やってきたポートライナーで次の駅へ向かいます。
Img_9672

お隣のポートターミナル駅に到着。
Img_9673

ホームはガラス張りと思いきや、上側が開いていて凄く風が強く吹きこみ、また気温も上昇して、ほんまに2月?っていう感じです。
Img_9676

ホームの南寄りは工事中で、あまり見通しが良くありませんが、一応南寄り(中公園寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
Img_9674
Img_9675

こちらは北寄り(貿易センター寄り)から見た、北方向と南方向の様子です。
Img_9677
Img_9678

ホームから改札を抜け、駅出入口にやってきました。
Img_9679

駅とポートターミナルの建物は繋がっていますが、入港している船舶が無いためか、非常に閑散とした様子でした。
Img_9680

こちらは空中に設けられた駅の様子です。
Img_9681

駅乗下車はこの辺にして、やってきたポートライナーで三宮へ戻ります。
Img_9682

映画館は神戸国際会館にあり、三宮駅からデッキを通ってやってきましたは、凄い強風で吹き飛ばされそうでした。
Dsc_1190

で、15時から「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」を観てきましたが、台湾はいいですね~。太川陽介さん、蛭子能収さん、三船美佳さんとも、良い個性だしてましたね。相変わらずの太川さん、蛭子さんのかけあいも。
私は鉄道駅の乗下車ですが、何か相通じるものがあって、この番組が大好きです。
是非映画をご覧くださいませ!
Dsc_1191

立派な神戸国際会館の建物。
徳島でこんな楽しい映画が観られないのは残念ですね~。
Img_9683
Img_9684

映画が終わり、17時15分頃に外へ出るとグッと気温が下がっていましたね~。
また明日から寒くなりそうです。
Img_9685

三宮17:40発JR徳島駅前行の本四海峡バス運行の高速バスに乗車し、徳島へ戻ってきました。
Img_9686

高速バスは、予定より早い17時24分頃にJR徳島駅前に到着。
猛ダッシュでホームに入り、19:27発475D阿波池田行(1000型×2連)に発車ベルが鳴る中、乗車することができました。
なので、写真はブレブレ・・・。
Img_9687

ということで、今日は楽しく映画を観ることができました(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

今日も映画を観てきました

今日は
孤高のメス
を観てきました。

堤真一が演じる当麻医師が、さざなみ市民病院に赴任し脳死肝移植を行う。しかし、その病院には、大学病院から派遣された生瀬勝久演じる野本医師が中途半端な医療を行い、当麻医師を疎ましく思う、それを看護師の視点から綴った映画です。

この映画、最初に知ったのはMBSラジオの「ありがとう浜村淳です」土曜日の映画サロンで、浜村淳さんがこの映画を解説しているのを聴いて、観たいなと思っていました。

いや、しかし憎たらしい役をやらせると生瀬勝久さんは、当たりますね。この映画でも、存分にその憎たらしさが出ています。

機会がある方は是非ご覧くださいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

久しぶりに映画を観てきました

今日観たのは、
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
です。

東京の一流企業に勤める地位もあるサラリーマンが、故郷で一人暮らす母親の病気や、同期の親友の事故死をきっかけに、自分が子供の頃に夢としていてた一畑電鉄の運転士になる物語・・・。中井貴一の演技が光ります。

スクリーンを通して、主人公を自分に置き換えて観ていました。

自分も汽車の運転士になりたくて、小学生の頃はその夢をずっと見ていたのですが、自分も夢を果たせなかった。
もし、自分が同じ状況になったなら、迷いなく会社を辞めるかもしれない。自分も今の会社でそれなりの地位にあるけど、これが本当の自分なのか?と自問自答をする日々。

また明日から週明け、仕事が始まりますが、本当の自分との自問自答も再開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)