« JR徳島駅開催・「四国まんなか千年ものがたり」展示会 | トップページ | ぶらり旅・阪和線(その3)&南海高師浜線ほか »

2017年4月19日 (水)

ぶらり旅・阪和線(その1・その2)

3月20日(月)・春分の日、いよいよJR阪和線の駅乗下車の旅をスタートしました。
また、4月1日(土)にも旅をしてきましたので、続けてその模様をアップします。

3月20日、出発はいつものJR佐古駅から。
佐古9:44発4959D徳島行(1500型ワンマン)のJR鳴門線普通列車で徳島へ。
Img_7067


徳島駅前からは、10:00発本四海峡バス運行の高速舞子・三宮バスターミナル・新神戸駅・神戸空港行の高速バスで三宮バスターミナルへ向かいます。
Img_7068

三宮バスターミナル到着後、JR三ノ宮駅から新快速電車に乗車し、大阪へとやってきました。
Img_7069

大阪駅・大阪環状線ホームへとやってくると、偶然にも323系電車がやってきました。
Img_7070

かっこいいフォルムです。
Img_7071

最新の設備をもつ新型車、なかなかいいですね~。
Img_7072

そんなことしているうちに、内回りの323系は天王寺に到着しました。
Img_7073

そして阪和線ホームへとやってきました。
Img_7074

かつては紀勢本線に直通する長距離列車が発着していた頭端式ホームも、現在の日中は閑散としています。
Img_7075
Img_7076

天王寺から12:53発の鳳行普通電車で阪和線駅乗下車がスタートします。
Img_7077

こちらは東寄り(美章園寄り)から見た東方向と西方向の様子です。
Img_7078
Img_7079

では、225系の鳳行普通電車で乗って出発!
美章園へと向かいます。
Img_7080_2

天王寺を出発し、近鉄南大阪線の高架を潜ると、すぐに美章園に到着です。
Img_7083

こちらは南寄り(南田辺寄り)から見た、南方向と北方向の様子です。
Img_7081
Img_7082

高架下の改札を出た駅前の様子。
Img_7084

そしてこちらが駅舎。
Img_7085

再び高架上のホームへ戻り、今度は北寄り(天王寺寄り)から見た北方向と南方向の様子を撮影。近鉄南大阪線の高架が阪和線の高架より、更に高い高架になっていることがわかります。
Img_7087
Img_7088

あべのにもほど近いので、ホームからあべのハルカスを望むこともできます。
Img_7089

では次の駅、南田辺に向かいます。
Img_7090

南田辺に到着。
Img_7094

こちらは北寄り(美章園寄り)から見た北方向と南方向の様子。
Img_7091
Img_7093

駅は10年以上前に高架化され、高架下に改札口が設けられています。
Img_7095

こちらは東口の駅前と駅舎の様子です。
かつて地上を走っていた線路跡は、駐輪場として整備されています。
Img_7096
Img_7097

こちらは西口の駅前と駅舎の様子です。
Img_7098
Img_7099

高架ホームへ戻り、南寄り(鶴ヶ丘寄り)から見た、南方向と北方向の様子です。
Img_7100
Img_7101

では次の駅、鶴ヶ丘へ向かいます。
やってきたのは205系の国鉄型です。
Img_7102

鶴ヶ丘に到着。
Img_7105

鶴ヶ丘は二面四線の島式ホームが2つあり、快速や特急の追い越しができるようになっています。
こちらは南寄り(長居寄り)から見た、南方向と北方向の様子です。
Img_7103
Img_7104

改札口は高架下にもうけられており、Jリーグ・セレッソ大阪のホームグラウンドがあるキンチョウスタジアムの最寄り駅となっています。
Img_7106
Img_7107

高架下の駅舎と駅前の様子。
チームカラーがふんだんに取り入れられています。
Img_7109
Img_7110

改札を入り、高架ホームへ向かうエスカレーターの壁面には、チームに所属するメンバーの写真が飾られています。
Img_7111
Img_7112

高架ホームへ戻り、北寄り(南田辺寄り)から見た北方向と南方向の様子を撮影します。
Img_7113
Img_7115

では次の駅、長居へ向かいます。
今度は103系の国鉄型がやってきました。
Img_7116

そして長居に到着。
Img_7117

改札口は高架下にあります。
Img_7118

こちらは東口の駅前と駅前から見た駅舎の様子です。
Img_7119_2
Img_7120

そしてこちらが西口の駅前と駅前から見た駅舎の様子です。
Img_7121
Img_7122

駅から東へ少し歩くと、長居公園の南西端あたりに出てきます。
Img_7123

再びホームへ戻り、ホーム撮影を行います。
こちらは南寄り(我孫子町寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
Img_7124
Img_7125

そしてこちらが、北寄り(鶴ヶ丘寄り)から見た北方向と南方向の様子です。
Img_7126
Img_7127_2

この日はここまでで、三ノ宮へ戻ることにします。
やってきた205系電車で天王寺へと向かいます。
Img_7128

天王寺、大阪と大阪環状線外回りを経由し、
Img_7129

三ノ宮へと戻ってきました。
Img_7130

3月の終わりとは言え、まだ春は遠い感じでした。
Img_7131

三宮バスターミナル16:40発の徳島駅前行高速バスに乗車し、一路徳島へ。
Img_7132

徳島からは19:08発976D鳴門行のJR鳴門線普通列車に乗車し、佐古へと戻ってきました。
Img_7133

そして次は4月1日(土)、再び阪和線の駅乗下車へと向かいます。
佐古10:00発448D徳島行(1200型+1500型)のJR徳島線普通列車で徳島へ。
Img_7217

徳島駅前からは10:30発JR四国バス運行のJRなんば・大阪駅行高速バスでJRなんば駅へと向かいます。
Img_7218

JRなんば駅到着後に昼食を食べ、なんば発の快速高田行に乗車し天王寺へと向かいます。
Img_7219

天王寺からは、鳳行の103系普通電車に乗車し、我孫子町へと向かいます。
乗車した103系の運転士も車掌も女性でした。
レトロな103系を女性運転士が運転するって、けっこう私的にはそそられました(^^)
Img_7220

そして我孫子町に到着。
Img_7223

こちらは南寄り(杉本町寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
Img_7221
Img_7222

改札口は高架下に設けられています。
Img_7224

こちらは東口の駅前と駅前から見た駅舎の様子です。
かつて地上を走っていた線路跡には、駐輪場が設けられています。
Img_7225
Img_7226

こちらは西口の駅前と駅前から見た駅舎の様子です。
Img_7227
Img_7228_2

再びホームへと戻り、北寄り(長居寄り)から見た北方向と南方向を撮影します。
Img_7229
Img_7230

では次の駅、杉本町へ201系電車で向かいます。
Img_7231

杉本町に到着。
天王寺から我孫子町までは高架化されていますが、ここ杉本町からは地上を走ります。
Img_7248

こちらは西口の改札口前と駅前の様子です。
Img_7233
Img_7232

西口にある駅舎は二階建ての二階が改札口となっており、改札口から跨線橋へと繋がっています。
Img_7238

西口駅舎の北にある駐輪場の看板です。
杉本町駅から左上に線路が延びていますが・・・?
Img_7239

こちらは杉本町駅の北側踏切。ここから北方向(長居方向)と南方向(杉本町駅ホーム)を望みます。
Img_7234
Img_7235

踏切を渡り、東側にあるプレハブ駅舎と改札口の様子。
こちらには駅係員は常駐していないようです。
Img_7236
Img_7237

そして先ほどの看板にあった謎の線路の絵。実際に線路は撤去されていますが、かつて阪和線と関西本線(八尾)を結ぶ貨物線が通っていました。現在はその遺構が残されています。
Img_7240
Img_7241

東口の改札を入り跨線橋から杉本駅構内を撮影。
Img_7242

こちらは東口プレハブ駅舎へと延びる通路です。
Img_7243

新しいほうの跨線橋から・・・
Img_7245

かつての跨線橋へと接続されており、東口からの乗降をしやくすしたということでしょう。
大阪市立大学が隣接していることや将来的には高架化を目指しているのだと思われます。
Img_7244

では地上ホームへとやってきました。
杉本町駅は二面四線の島式ホームを2つ備える構造で、電車の追い越しができるようになっています。
こちらは北寄り(我孫子町)寄りから見た北方向と南方向の様子です。
Img_7246
Img_7247

そしてこちらが南寄り(浅香寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
Img_7250
Img_7251

大阪市立大学のキャンパスが見え隠れしています。
Img_7252

一番右側の線路がかつて八尾まで繋がっていた貨物線ですが、今は杉本町駅構内で行き止まりとなってしまっています。
Img_7253

では次の電車で浅香へ向かいます。
Img_7254

大和川を渡り、浅香に到着。
杉本町までは大阪市でしたが、浅香は堺市となります。
Img_7257

こちらは南寄り(堺市寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
Img_7255
Img_7256

ホームは築堤上、駅舎は築堤下にあります。
Img_7258

こちらは駅前の様子です。
Img_7259
Img_7260

再びホームへ。
北寄り(杉本町寄り)から見た北方向と南方向の様子です。
ホームの北端は一部が大和川南岸の堤防上に掛っています。
Img_7261
Img_7262

では次の駅、堺市へと向かいます。
Img_7263

堺市に到着です。
Img_7266

こちらは北寄り(浅香寄り)から見た北方向と南方向の様子です。
Img_7264
Img_7265

そして南寄り(三国ヶ丘寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
Img_7267
Img_7268_2

堺市駅の駅舎は橋上駅舎となっています。
こちらは改札口の様子です。
Img_7269

こちらは東側出入り口の様子。
Img_7270

駅南側の踏切から南方向(三国ヶ丘方向)と北方向(堺市駅ホーム)を望みます。
Img_7271
Img_7272

そして西側出入口前の様子。
Img_7273

駅前には高層マンションが2棟並んでいます。
バスやタクシー乗り場はこの西側がメインのようです。
Img_7274

では、ここから南海バスで南海電鉄高野線の堺東駅へと向かいます。
Img_7275

乗車時間は10分少々、堺東駅前に到着です。
Img_7276

駅改札は駅ビル2階にあります。
Img_7277

準急なんば行でなんばへ出ることにします。
Img_7278

ホームがある地上階へとやってきました。
Img_7279

堺東駅は二面四線の島式ホームを2つ備え、準急電車等と各停の待ち合わせができるようになっています。
こちらは南寄り(三国ヶ丘寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
Img_7280
Img_7281

そしてこちらが北寄り(浅香山寄り)から見た北方向と南方向の様子です。
Img_7282
Img_7284

南海高野線には泉北高速鉄道線の車両も乗り入れており、こちらは3000系電車。
Img_7283

なんばへ向かう準急は7000系でした。
この電車に乗車し、なんばへ向かいます。
Img_7285

なんばに到着。
Img_7286

なんばで大阪市営地下鉄御堂筋線・千里中央行に乗車し、梅田へと向かいます。
Img_7287

梅田から大阪駅前高速バスのりばへと移動し、18:30発JR四国バス運行のJR徳島駅前行高速バスで徳島へと戻ります。
Img_7288

徳島で21:16発980D鳴門行(キハ47×2連)のJR鳴門線普通列車にダッシュで乗り換えたため、撮影は佐古駅ホームでとなりました。
Img_7289

そして、キハ47のシルエットを見ながら、自宅へと帰ってきました。
Img_7290

|

« JR徳島駅開催・「四国まんなか千年ものがたり」展示会 | トップページ | ぶらり旅・阪和線(その3)&南海高師浜線ほか »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
旅のご様子、楽しく拝見させて頂きました。
天王寺駅の頭端式のホーム、いい雰囲気ですね。昔ながらのターミナル駅の風情です。
今では直通列車が増え、遠くに向かう長距離列車が少なくなったことで、このホームを発着する列車は少なくなってしまったのでしょうが、このホームに国鉄時代の車両が停まっているのを見るのが好きでした。
東京で言えば上野駅も、上野東京ラインが開業したことで上野を終起点とする列車が減り、やはり地上の頭端式ホームは日中には閑散としています。似たような立ち位置の駅ですね。
阪和線は何度か素通りしてしまったことしかないのですが、一駅ごとに駅前の風景も楽しんで旅すれば、大阪南部の雰囲気を感じ取れて楽しそうです。まだ乗ったことのない南海電車を含め、旅したくなりました。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

投稿: 風旅記 | 2017年4月25日 (火) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/65134343

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・阪和線(その1・その2):

« JR徳島駅開催・「四国まんなか千年ものがたり」展示会 | トップページ | ぶらり旅・阪和線(その3)&南海高師浜線ほか »