« ぶらり旅・関西本線(その9) | トップページ | ぶらり旅・草津線(その3)&福知山線(その4)&阪急宝塚線 »

2016年9月11日 (日)

ぶらり旅・草津線(その2)

8月27日(土)、この日はJR草津線の駅乗下車へと出かけてきました。
降り立ったのは、甲西(こうせい)、油日(あぶらひ)、寺庄(てらしょう)、甲賀(こうが)の4駅です。

出発はいつもの佐古駅から。
佐古10:40発4961D徳島行(1200型ワンマン)のJR鳴門線普通列車で徳島へ。
Img_3822

徳島からは11:00ちょうど発徳島バス運行の梅田阪急三番街、ハービス大阪経由南海なんば行の高速バスで梅田阪急三番街へ向かいます。
Img_3823

高速バスは梅田阪急三番街に予定時刻より15分程度早い13:10過ぎに到着。
早速JR大阪駅へと向かいます。
Img_3824

大阪からは13:30発3264M新快速近江塩津行に乗車し、草津へと向かいます。
Img_3825

草津には約50分後の14:20に到着し、草津線の1・2番ホームへとやってきました。
乗車するのは14:25発5354M貴生川行。この電車で最初の駅、甲西へ向かいます。
Img_3826
Img_3827

約14分で甲西に到着です。
Img_3835

甲西駅は橋上駅舎となっており、こちらが改札口の様子。
Img_3828

北口の駅前と北口から見た駅舎の様子です。
Img_3829
Img_3830

今度は南口の駅前と南口から見た駅舎の様子です。
1981年にできた駅で草津線の中では最も新しく、駅周辺は田畑が残っているのがわかります。
Img_3831
Img_3832

南口から橋上駅舎下を見ると線路一本分のスペースがあり、現在は一面一線の相対ホームですが、単線線区での輸送力を増強するための交換機能を後から容易に設置できるよう、その用地が設けられているようです。
駅開業から既に35年以上経過していて、未だにそれが実現できていないということは輸送人員が伸び悩んでいるか、減少しているということなのでしょうか。
Img_3833
Img_3834

再びホームへとやってきました。
こちらは南東寄り(三雲寄り)から見た南東方向と北西方向の様子です。
Img_3836
Img_3837

そしてこちらが北西寄り(石部寄り)から見た北西方向と南東方向の様子です。
訪問した8月27日は、暑さも落ち着いて薄着では少し寒いと感じる日でしたが、これ以降も頑張って乗下車を続けました。
Img_3838
Img_3839

では次の駅へ。
甲西15:11発5356M柘植行に乗車し、柘植の一つ手前、油日へ向かいます。
Img_3841

約23分で油日に到着です。
Img_3842

まずは駅舎を出て駅前へ。
駅舎は建て替えられているようです。
Img_3843
Img_3844

ここは滋賀県甲賀市ということで、言わずと知れた甲賀忍者の里。こういう顔出し看板もあります。
Img_3845

いろいろ名所旧跡があるようですね。
Img_3849

駅舎内は窓口があるのですが、おられる方は観光協会関係の職員さんらしく、きっぷは自動券売機で買ってとのことでした。
貸自転車もあるようで、撮影している間にご夫婦の方が戻ってこられました。
Img_3848
Img_3846
Img_3847

次の電車まで少し時間があるので駅の南東側踏切を渡ってみます。
Img_3857

油日駅は一面一線で出発信号機が無い棒線駅となっています。
Img_3858

旧街道らしい通りに出ると、古い民家などがあって趣がる雰囲気でした。
Img_3859
Img_3860

再び駅に戻ってホーム撮影をします。
南東寄り(柘植寄り)から見た南東方向と北西方向の様子です。
Img_3851
Img_3852

南東寄りホーム先端近くに「この先踏切あり」に道路標識がありますが、運転者の役にたっているのかどうかは少々疑問が残ります。古めかしさという点では良いのですが・・・。
Img_3853

草津線は全線開通から120周年なんですね。
Img_3854

こちらは北西寄り(甲賀寄り)から見た北西方向と南東方向の様子です。
Img_3855
Img_3856

では次の駅へ行きましょう。
油日16:14発5371M草津行で寺庄へ向かいます。
Img_3861

約6分で寺庄に到着です。
Img_3863

こちらが駅前の様子。
Img_3864

駅舎は一見すると橋上駅舎のように見えますが、橋上駅舎ではありません。南側にしか改札口がなく、左側の階段と建物は南北を行き来できる自由通路のようです。
寺庄では次の電車まで7分しかなかったので、橋上駅舎はしんどいなと思っていたのですが、見事に騙されました。さすが甲賀忍法の目くらまし!!!
Img_3865

改札口の様子です。きっぷは委託販売されPOS発券の入場券が購入できます。
Img_3866

では急いでホーム撮影を。
寺庄は一面一線の単式ホームを持つ構造となっています。
こちらは北西寄り(甲南寄り)から見た北西方向と南東方向の様子です。
Img_3867
Img_3868

こちらが南東寄り(甲賀寄り)から見た南東方向と北西方向の様子です。
Img_3870
Img_3871

自由通路を挟んだ北側にはロータリーがあります。
Img_3872

では、この日最後の駅へ。
寺庄16:27発5360M柘植行で甲賀へ向かいます。
Img_3873

約4分で甲賀に到着です。
Img_3874

甲賀駅は橋上駅舎になっており、こちらは南口の駅前と南口から見た駅舎の様子です。
Img_3875
Img_3876

橋上駅舎の中はあちらこちらに忍者の絵などがあり、甲賀市の中心駅で甲賀忍者の里をアピールしています。
Img_3877
Img_3878
Img_3879

こちらは改札口の様子。きっぷ販売は委託され、POS発券の入場券を買うこともできます。
Img_3880

こちらは北口の駅前で、ロータリーがあります。
Img_3881

ロータリーの中心には忍者のモニュメントがあり、これまた強くアピールしています。
Img_3882

観光案内板も力入ってますね。
Img_3883

そして北口から見た橋上駅舎の様子です。
Img_3884

再びホームへと入り撮影を続けます。
こちらは南東寄り(油日寄り)から見た南東方向と北西方向の様子です。
甲賀は列車交換が可能な二面二線の相対式ホームの構造となっています。
Img_3885
Img_3886

こちらは北西寄り(寺庄寄り)から見た北西方向と南東方向の様子です。
Img_3887
Img_3888_2

甲賀忍者の里で記念撮影!足元が半ズボンでちょい寒かった(^^;
Img_3889

では、大阪まで戻ることにします。
甲賀16:56発5373M京都行に乗車します。
朝夕の数本が京都発着となるようで、この電車に乗って京都まで行くこともできたのですが、草津で後続の電車に乗ることにします。
Img_3891

草津からは17:42発811T姫路行に乗車します。さきほどの5373Mで京都まで行くと京都までは座れたのですが、その先大阪までの約30分間座れる保証が無いので、無難に草津から座れる電車を選択。考えが爺になってます(^^;
Img_3892

大阪に18:50に到着。
そして梅田阪急三番街19:40発徳島バス運行の鳴門・徳島駅前経由石井行高速バスに乗車し、徳島駅前へと戻ってきました。
Img_3893

徳島からは22:15発4982D鳴門行(1500型ワンマン)のJR鳴門線普通列車に乗車し、佐古へと戻ってきました。
Img_3894

これで7月31日からスタートした青春18きっぷを使った駅乗下車が終わり、きっぷも使い切りました!

 7月31日 ぶらり旅・伯備線(その1)&井原鉄道(その1)
 8月6日  ぶらり旅・関西本線(その8)&草津線(その1)
 8月11日 ぶらり旅・伯備線(その2)
 8月13日 ぶらり旅・関西本線(その9)
 8月27日 ぶらり旅・草津線(その2)・・・今回の記事

|

« ぶらり旅・関西本線(その9) | トップページ | ぶらり旅・草津線(その3)&福知山線(その4)&阪急宝塚線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/64184977

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・草津線(その2):

« ぶらり旅・関西本線(その9) | トップページ | ぶらり旅・草津線(その3)&福知山線(その4)&阪急宝塚線 »