« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月18日 (月)

ぶらり旅・福知山線(その2)&水谷豊・宇崎竜童ジョイントコンサート

7月10日(日)、この日は待ちに待った水谷豊さんと宇崎竜童さんのジョイントコンサートを観に行ってきました~。せっかくなので、ちょっと早めに出てJR福知山線(JR宝塚線)の塚口駅を巡ってきました。

この日は帰宅が午前様になり徳島駅から自宅までの公共交通機関が無いため、自宅から徳島駅前まではマイカーで行き、近くの駐車場に止めてから高速バス乗り場へとやってきました。
出発は、徳島駅前13:00発阪神バス運行の梅田阪急三番街・ハービス大阪・南海なんば行高速バスに乗車します。
Img_2487

途中特に渋滞もなく梅田阪急三番街に到着。
JR大阪駅へ徒歩で向かい、新三田行の普通電車に乗車、塚口へ向かいます。
Img_2488

10分少々で塚口へ到着。
前回の福知山線ぶらり旅は2015年6月でしたから、約1年ぶりです。
Img_2491

まずは北寄り(猪名寺寄り)から見た北方向と南方向のホーム撮影からスタートします。
Img_2489
Img_2490

駅舎は橋上駅舎となっています。
ホームは二面三線の単式と島式のホームがあり、また電車を留置するための側線もあります。
Img_2492

こちらは西口側の駅前と駅舎の様子です。
Img_2493
Img_2494

そして反対側の東口の駅前と駅舎の様子です。
Img_2495
Img_2496

東口には「ビエラ(VIERRA)」という名前のショッピングビルがあり、そこの2Fと東口が繋がっています。
Img_2497

さて再びホームへ。
こちらは南寄り(尼崎寄り)から見た南方向と北方向です。
この南方向の先のカーブが、あの忌まわしい脱線事故があった場所です。
Img_2498
Img_2499

では、コンサートが行われるNHK大阪ホールへ向かうことにします。
塚口から普通電車の高槻行で大阪へ向かいます。
Img_2500

大阪駅では大阪環状線内回り電車に乗り込み、森ノ宮へと向かいます。
大阪環状線から201系や103系が姿を消す日も見えてきました。今回は運よく201系電車に乗車できました!
Img_2501

森ノ宮に到着。
Img_2502

森ノ宮からは大阪市交通局・中央線に乗車します。
Img_2503

地下鉄森ノ宮駅の改札口の様子。
Img_2504

中央線の路線は東西に延び、東端からホームへと降りてきました。
Img_2505

向かうのは谷町四丁目です。
Img_2506

ホームの西端から構内を撮影です。
Img_2507

コスモスクエア行の電車に乗車し、隣の駅、谷町四丁目へ向かいます。
Img_2508

数分で谷町四丁目に到着。
Img_2510

こちらはホーム西端から見た構内の様子。
Img_2509

そして東端から見た構内の様子です。
Img_2511

東側改札を抜け・・・
Img_2512

9番出口から地上へ上がります。
Img_2513

地上の出入口。
Img_2518

高架道路は中央線と同じく東西に延びる阪神高速13号東大阪線です。
Img_2514

大阪城公園は目と鼻の先ですね。
Img_2515

丸みを帯びた建物は大阪歴史博物館だそうです。
Img_2516

その西隣りがNHK大阪放送局で、NHK大阪ホールもこの建物内にあります。
Img_2517

高床式の建物は、法円坂遺跡の復元した倉庫だそうです。
Img_2519
Img_2520

暑いので、早々に放送会館の建物へ入ります。
Img_2521

ロビーは広い空間です。
Img_2523

のどが渇いたので建物内で自販機を探したのですが見当たらず、近くのコンビニまで買いに行くことにします。
NHK大阪放送会館を北側の本町通から見た様子です。
Img_2524

開場までまだ少し時間があるのですが・・・
Img_2526

さっきは無かった入場の待ち行列ができています。
座席指定のチケットなのに、なぜ並ぶんでしょう・・・。
ここが変だよ日本人って感じですが、私も並んでしまいました(^^ゞ
Img_2527

開場時間になり、ホール入口へと向かうとお花が届いていましたね~。
去年のコンサートより少ないような・・・。
Img_2528

グッズ売り場も行列。私も並びましたが・・・。
並んでる方々の年齢層が高いですね~。
Img_2529

私もいくつか買わせていただきました(^^)/
Img_2530

そしてホール内へ!
18時過ぎにスタートし、20時半頃までの2時間半少々、すばらしい席で水谷豊さんや宇崎竜童さんの歌とトークを存分に楽しんできました(^^)/
詳細はFacebookのほうにアップしています!
Img_2531

コンサートも終わり、余韻を楽しみながら、今度は谷町線の谷町四丁目へと向かいます。
Img_2532

2番入口から入り、改札口を通ります。
Img_2533

そして谷町線ホームへとやってきました。
Img_2536

駅構内の様子です。
Img_2534

やってきた電車で東梅田へと向かいます。
Img_2537

東梅田到着。
Img_2539

東梅田駅構内の様子です。
Img_2538

改札口を通り、阪急三番街への案内看板を確認しながら地下街を歩いて・・・
Img_2540

高速バスのりばへとやってきました。
遅い夕飯を済ませ、梅田阪急三番街21:50発徳島バス運行の徳島駅前行高速バスに乗車。
Img_2541

徳島駅前には午前0時20分過ぎに到着しました~。
そしてマイカーで自宅へ。
ぶらり旅もして、水谷豊さん、宇崎竜童さんの歌とトークで大満足した一日でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

鳴門線開通100周年記念写真展(JR鳴門駅)

7月3日(日)、いろいろ用事がある中でちょっと時間を作ってマイカーでJR鳴門線・鳴門駅へと行ってきました。
というのもJR鳴門線が開通してから100周年となり、その記念写真展がJR鳴門駅構内で開催されているということなので、写真を見に行くことにしました。
Img_2409

現在の駅舎は昭和45年に完成したコンクリート平屋造り。
昔ながらの改札口も残っています。
Img_2411

駅舎内の待合室の一角にパネル展示されています。
1915年(大正5年)7月1日に阿波電気軌道が古川~撫養間として開通したのが始まりです。
Img_2410

こちらは昭和11年頃の撫養町紹介地図。
かつての終点・撫養はゑびす前と改名され、撫養川近くに撫養駅が開業しているのがわかります。
Img_2412
Img_2413

そのほか、いろいろ写真が展示されています。
Img_2414

阿波電気軌道時代の車両や、昭和初期のガソリンカーなどの写真も。
Img_2415

こちらは航空写真。
Img_2416

遠くには塩田があったりと、今の鳴門の面影も残っています。
Img_2422

かつての撫養駅駅舎などの写真もあります。
Img_2417

10系気動車や、現在の池谷駅となった当時の写真なども。
Img_2418

昭和45年には現在地に移転したんですね。
Img_2419

鳴門線に乗り入れるキハ40系も。
Img_2420

是非、実際に足を運んで見てください!

さて見学を終え、駅の外に出るとホームには4963D徳島行ワンマンの1500型気動車が停車しています。
Img_2423

このたびの100周年に合わせて幟も掲げられています。
Img_2424

北端は車止めが設けられていますが・・・。
Img_2425

かつてはドラッグストアがあった場所まで線路が延び、貨物の取扱が行われていました。
大塚製薬の製品もここから貨物列車で運ばれていたらしいです。
Img_2426

ということで、本日は汽車には乗りませんでしたが、このブログをご覧の皆さまは是非汽車に乗ってきてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

6月26日(日)のぶらり旅・山陽本線(その14)で里庄駅にて撮影した貨物列車2つをアップします。
一つはEF65-1124(トワイライト塗装)の電気機関車がレールを運搬する上り貨物。

2つめは、EF210-8が牽引する下り貨物列車。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

ぶらり旅・山陽本線(その14)

6月26日(日)、梅雨の晴れ間となったこの日、山陽本線の里庄(さとしょう)、笠岡(かさおか)の各駅を乗下車するぶらり旅へと出発しました。

出発はいつものJR佐古駅から。
佐古10:00発448D徳島行(1500型×2連)のJR徳島線普通列車に乗車し、徳島へと向かいます。
Img_2344

徳島駅では一旦改札口を出てトイレを済ませ、キヨスクで昼食用のおにぎり2個を買って、再びホームへ入って列車を待ちます。
次の列車は徳島10:28発3010D特急うずしお10号高松行(N2000系×2連)。この特急に乗車し、終点の高松へと向かいます。(写真は折り返す前の徳島駅ホームに入線してくる3005D特急うずしお10号)
このうずしお10号ですが、運転席と客席の間のデッキにあるガラス窓に一眼レフを吸盤でくっつけて映像を撮影している連中がいました。展望座席もゲットしてたしね。素人さんなのかプロなのか???
Img_2345

1時間弱のJR高徳線の旅で、高松には11:37に到着。
高松からは3分乗り継ぎで、11:40発3128M快速マリンライナー28号岡山行に乗車します。今回も普通車指定席をゲットしてゆったりと岡山へ向かいます。
Img_2346

瀬戸大橋を渡った本州側最初の児島では、瀬戸大橋アンパンマントロッコ列車と交換となりました。
Img_2347

快速マリンライナー28号は12:32に岡山到着。
岡山からは2番のりばから発車する12:50発431M三原行(115系×3連)に乗車し、最初の目的地、里庄へと向かいます。
Img_2348

岡山路の車窓を楽しみながら、13:30頃に里庄へ到着しました。
乗車した115系はボックスシートが残る車両で、向かいに着席した母娘(娘さんは大学生?)の会話を聴きながら、楽しいひと時でした。
Img_2349

改札を抜け駅前へ。駅前は線路の南側に広がっています。
タクシーが数台並んで客待ちをしていますが、日曜の昼下がり、人気も少なく、のんびりした空気に包まれています。
Img_2350
Img_2353

近くには「金光様参拝道」と書かれた石柱があり、この辺りも金光教の影響を受けている地なんでしょう。
Img_2351

駅舎はコンクリート平屋造りとなっています。
Img_2352

駅の入口横には「国鉄電化3000キロ達成記念」と刻まれた碑があり、元自民党政調副会長の加藤六月氏の名前も刻まれています。加藤六月氏は笠岡出身の方だったんですね。
Img_2354

こちらは駅舎内の様子。訪れた時間帯は窓口が閉められており、残念ながら記念スタンプを押すことができませんでした。
Img_2355
Img_2356

ではホーム撮影を。
こちらは南西寄り(笠岡寄り)から見た南西方向と北東方向の様子です。)
ホームは、駅舎側の単式ホームと島式ホームを合わせた二面三線の構造となっています。
Img_2357
Img_2358

駅の北側には保育園らしき建物があったり、駅舎がある南側は駐輪場や駐車場が並ぶ風景が広がります。
Img_2359
Img_2363

そして今度は北東寄り(鴨方寄り)から見た北東方向と南西方向の様子です。
Img_2360
Img_2362

島式ホームの北側には側線(現在は保線車両用引き込み線)があります。
Img_2361

ではこの日の最終目的駅、笠岡へ向かいます。
里庄13:51発1725M糸崎行(115系×4連)に乗車します。
Img_2364

13:56頃、笠岡に到着。
ゆっくり街中を散策したかったのですが、あいにく笠岡では次の電車まで約7分少々しかないため、大急ぎで撮影していきます。
Img_2367

駅前ロータリーはフェリーが発着するのとは反対側の北東側にあり、「カブトガニの街」と書かれた看板が立っています。
時間があれば生息地なんかもみたいところでしたが。
Img_2368
Img_2369

駅舎はコンクリート平屋造りの構造です。
Img_2370

こちらは駅舎内の様子。みどりの窓口やセブンイレブン化した売店もあります。
Img_2371

ではホームへ。
まずは北西寄り(大門寄り)から見た北西方向と南東方向の様子です。
次の大門は広島県にある駅で、笠岡は山陽本線で岡山最西端の駅ということになります。
Img_2372
Img_2373

こちらは南東寄り(里庄寄り)から見た南東方向と北西方向の様子です。
笠岡駅も駅舎側にある単式ホームと島式ホームを併せ持った、二面三線の構造となっています。
Img_2374
Img_2375

はい、ここまでで7分。
この回はここまでということで、笠岡14:03発1742M和気行(115系×3連)に乗車し、岡山へ戻ります。
Img_2376

1742Mは14:48に岡山到着。きび団子なんかを買い込んで、岡山15:12発3141Mマリンライナー41号高松行に乗車します。
Img_2377

帰りのマリンライナー41号は、パノラマグリーン席をゲットし前面展望を楽しみます。
岡山から児島までのJR西日本区間は、若手運転士を運転指導員が指導しながらの運転で、キビキビとした指差し確認と声出し確認の様子も観れて「ええな~」って思いながら、景色も楽しみました。
Img_2378

妹尾停車・・・。
Img_2379

茶屋町停車・・・。
Img_2380

そして児島停車。
児島からはJR四国の運転士へと変わりますが、さきほどのJR西日本の若手運転士とは違い、声出ししているのかどうか、出しているとは思うけどこちらまで聴こえるようなボリュームではありませんでした・・・。
Img_2381

瀬戸大橋を渡り・・・。
その後睡魔に襲われ、高松到着前あたりまで記憶が定かではありませんでした(^^ゞ
Img_2382

マリンライナー41号は高松に16:04に到着。
高松からは16:12発3019D特急うずしお19号徳島行(N2000系×2連)に乗車。
Img_2383

うずしお19号は17:16に徳島へ着きました。
最後、徳島から佐古までは、17:34発465D穴吹行のJR徳島線普通列車に乗車します。
Img_2384

465Dは、阿波池田からやってきた470D(1200型×2連)に、徳島運転所からやってきた1500型を阿波池田方に連結した3連での編成となって出発していきます。
Img_2385

佐古には17:37頃に到着。
夏至も過ぎて日中の明るい時間が長い時に、さっさと乗下車を終わってしまう非効率な旅でした(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »