« いつまでも頑張ってほしい115系湘南色と381系特急やくも | トップページ | 大鳴門橋開通30周年記念のトロッコ列車がJR鳴門線を走る »

2015年6月 6日 (土)

ぶらり旅・東海道本線(その6)&神戸新交通・六甲ライナー&阪神電鉄

5月30日(土)、前夜からぶらり旅の虫がムズムズするので、ちょっくら出かけることにしました。今回は東海道本線(JR神戸線)の三宮~立花間で乗下車が終わっていない駅を巡るぐらいしか決めていませんでした。
さて、どんな旅になるか・・・。

出発はいつものJR佐古駅から。
佐古10:00発448D徳島行(1500型×2連)のJR徳島線普通列車で徳島へ向かいます。
Img_6120

JR徳島駅前からは、10:15発JR四国バスの新神戸行高速バスで三宮バスターミナルを目指します。
お天気は夜から雨の予報ですが、朝は晴天でした。
Img_6121

三宮バスターミナルには、ほぼ定刻の12時過ぎに到着。
そのままJR三ノ宮駅の東口からホームへと向かいます。
Img_6122

では、一駅目の灘へ向かいましょう。
Img_6123

約2分ほどで灘に到着です。
Img_6126

こちらは東寄り(六甲道寄り)から見た東方向と西方向の様子です。
Img_6124
Img_6125

もう片側のホーム撮影は後ほどにします。
灘駅は橋上駅舎となっており、下の写真は改札口の様子です。
Img_6127

こちらは南口の駅前と駅舎の様子です。
Img_6128
Img_6129

こちらは北口の駅前と駅舎の様子です。まだ5月末なのに日差しが強い・・・。
Img_6130
Img_6131

再びホームへ。
こちらは西寄り(三宮寄り)から見た西方向と東方向の様子です。
Img_6132
Img_6133

では次の駅へ。
並走して走る普通電車と貨物列車。電柱が無ければ良かったのですがね。残念。
Img_6134

約2分で六甲道に到着しました。
Img_6137

こちらは南西寄り(灘寄り)から見た南西方向と北東方向の様子です。
Img_6135
Img_6136

改札は高架下に設けられています。
Img_6138

こちらは南口の駅前と高架駅舎の様子です。南口は出口が2階デッキとなっています。
Img_6139
Img_6140
Img_6141

しかし北口は地上。ということは、六甲山に向かって傾斜しているということです。
Img_6142
Img_6143

では再びホームへ。六甲道のホームはホーム柵が設置されていて、車両が停車したら、頭上へ持ち上がる方式となっています。
こちらは北東寄り(住吉寄り)から見た北東方向と南西方向の様子です。
Img_6144
Img_6145

では、次の住吉へ向かいます。
Img_6146

約2分で住吉に到着しました。
Img_6147

こちらは東寄り(摂津本山寄り)から見た東方向と西方向です。
Img_6148
Img_6149

そしてこちらが西寄り(六甲道寄り)から見た西方向と東方向です。
Img_6150
Img_6151

ホーム撮影を終え、橋上駅舎の改札へ出たところで「摂津本山~住吉間で高架下から煙が出ているのを発見したため、上下線とも運転を見合わせる」とのアナウンスがありました。午後1時過ぎのことです。
ひょっとしたら、さっき私が乗車した電車の運転士や車掌が発見したのかも。
Img_6152

アクシデントですが、撮影を続けることにします。
こちらは北口の駅前と駅舎の様子です。
Img_6153
Img_6154

そして南口の駅前と駅舎の様子です。
Img_6155
Img_6156

まだ帰りのバスまで2時間ほどあるので、住吉で運転再開を待つのもな・・・ということで、ちょうど住吉から人工島の六甲アイランドへ向かう神戸新交通の六甲アイランド線(通称:六甲ライナー)があるので、各駅の乗下車をすることに急きょ変更!
Img_6157

住吉駅のホームへ上がってきました。
Img_6158

こちらは西寄りの終端から西方向と東方向の様子です。
Img_6159
Img_6160

こちらは東寄り(魚住寄り)から見た東方向と西方向です。
Img_6161
Img_6162

ではやってきた列車に乗車し、一気に終点のマリンパークへ向かうことにします。
Img_6163

約10分で終点のマリンパークに到着しました。
Img_6166

こちらは南寄りから見た南方向と北方向の様子です。
マリンパークが終点ですが、右にカーブした先に検車場があるようです。
Img_6164
Img_6165

こちらは北寄り(アイランドセンター寄り)から見た北方向と南方向の様子です。
Img_6167_3
Img_6168

こちらは高架下の改札口と駅入口の様子です。
Img_6169
Img_6170

青空の下、フットボール場で賑やかな声でスポーツをする姿が見られました。
Img_6171

では、次のアイランドセンターへ向かいます。
Img_6172

間もなくアイランドセンターに到着しました。
Img_6173

こちらは北寄り(アイランド北口寄り)から見た北方向と南方向の様子です。
Img_6174
Img_6175

そして南寄り(アイランドセンター)から見た南方向と北方向の様子です。
Img_6176
Img_6177

こちらは高架下の改札口の様子です。
Img_6178

逆さ円盤のような建物は「神戸ファッション美術館」のようです。
Img_6179

こちらは駅入口の様子。
Img_6180

では次のアイランド北口へ。
Img_6181

間もなくアイランド北口駅に到着です。駅間が短いのでアッという間に到着です。
Img_6182

こちらは北寄り(南魚崎寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
正面に見える赤い橋は、人工島の六甲アイランドを繋ぐ六甲大橋です。
Img_6183
Img_6184

こちらは南寄り(アイランドセンター寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
Img_6185
Img_6186

改札口の様子。
Img_6187

駅から東方向にフェリー埠頭があり、新門司へ向かう阪九フェリー、大分へ向かうフェリーさんふらわあ、沖縄へ向かうマルエーフェリーが出ているようです。
Img_6188

こちらは駅入り口の様子です。
Img_6189

では、次の南魚崎へ向かいます。
Img_6190

六甲大橋を渡り、間もなく南魚崎に到着です。
Img_6191

こちらは北寄り(魚崎寄り)から見た北方向と南方向の様子です。
Img_6192
Img_6193

こちらは南寄り(アイランド北口寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
正面の見える高架道路は、阪神高速5号湾岸線の住吉浜入口から本線へ延びる道路です。
Img_6194
Img_6195

こちら改札口の様子。ここはビルの4階相当です。
Img_6198

そして地上入り口の様子。
Img_6199

駅前に広がるのは、住吉川の河口と神戸港。海の色は決して綺麗とは言えません。
Img_6200
Img_6201

ビル5階相当のホーム階へ再び上がってきました。
ここは酒どころでもあり、菊正宗は白鶴の看板も見えます。
Img_6203
Img_6202

では、次の魚崎へ向かいます。
Img_6204

間もなく魚崎に到着しました。
Img_6205

日よけのためかブラインドが下ろされているため、隙間からの撮影になってしまいました。
こちはら北寄り(住吉寄り)から見た北方向と南方向の様子です。
Img_6206
Img_6207

そしてこちらが南寄り(南魚崎寄り)から見た南方向と北方向の様子です。
遠くに見える高架は、阪神高速3号神戸線の高架道路です。
Img_6208
Img_6209

こちらは改札口の様子です。
Img_6210

六甲ライナーの魚崎から、阪神電鉄の魚崎駅へ連絡通路が設けられています。
Img_6211

摂津本山~住吉間で発生した高架下の煙は火災であったようで、JR神戸線の運転再開にはしばらく時間を要するようなので、ここから阪神電鉄に乗り換えることにします。

ただ、乗り換えは連絡通路を通らず、地上を歩くことにしました。
こちらは地上から見た駅入り口の様子です。
Img_6212

駅の東側には五百崎橋があり、ここを渡ります。
Img_6213

六甲ライナーに寄り添うように住吉川が南北に流れています。下の写真は北方向と南方向の様子です。護岸を散歩されている方も多いようです。
Img_6214
Img_6215

五百崎橋を渡り、南へ向かって歩いていきます。
六甲ライナー・魚崎駅の全体が見えます。
Img_6216

5分もかからず、阪神電鉄魚崎駅に到着しました。
阪神電鉄魚崎駅は橋上駅舎となっています。こちらは北口から見た駅舎の様子です。
Img_6217

そしてこちらは南側入り口の様子です。
Img_6220

橋上駅舎の改札口へ上がると、六甲ライナー魚崎駅とつながる連絡通路があります。
Img_6218

改札口から地上ホームへ降りることにします。
Img_6219

ホームへ降りてきました。
Img_6221

こちらは東寄り(青木寄り)から見た東方向と西方向の様子です。
高架線路がほぼ完成しているのがわかります。
Img_6222
Img_6223

こちらは西寄り(住吉寄り)から見た西方向と東方向の様子です。
Img_6224
Img_6225

間もなくやってきた山陽電鉄直通特急姫路行で、神戸三宮へ向かいます。
Img_6226

先頭車の運転席近くの扉で立ち、前方を眺めながら、やがて神戸三宮に到着しました。
Img_6227

しばらく時間をつぶした後、三宮バスターミナル15:20発本四海峡バスの徳島駅前行高速バスで帰路につきます。
Img_6228

ほぼ定刻の17時過ぎにJR徳島駅前に到着。所用を済ませたあと、乗車したのが17:34発467D穴吹行(1500型×2連)でした。
この模様は、こちらのブログでどうぞ。
Img_6229_2

以上が5月30日のぶらり旅でした。

|

« いつまでも頑張ってほしい115系湘南色と381系特急やくも | トップページ | 大鳴門橋開通30周年記念のトロッコ列車がJR鳴門線を走る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/61670043

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・東海道本線(その6)&神戸新交通・六甲ライナー&阪神電鉄:

« いつまでも頑張ってほしい115系湘南色と381系特急やくも | トップページ | 大鳴門橋開通30周年記念のトロッコ列車がJR鳴門線を走る »