« ぶらり旅・山陽本線(その10) | トップページ | 天皇誕生日はちょっとく間乗り(佐古~徳島) »

2014年12月20日 (土)

あれはなんだ!0系新幹線だ!?いや、なんちゃて0系だ!!

2014年12月6日(土)、この日から愛媛県西条市にある四国鉄道文化館に、0系新幹線と、あのJR四国苦心の作「なんちゃって0系」が期間限定で並ぶ!ということで、早速出かけてきました(^^)/

出発はいつものJR佐古駅から~。
佐古駅高架ホームから徳島方を見ながら列車を待ちます。
Img_3744

佐古10:00発448D徳島行(1200型×2連)のJR徳島線普通列車で徳島へ向かいます。
Img_3745

徳島からは、10:28発3010D特急うずしお10号高松行(N2000系×2連)で高松へ向かいます。写真は徳島駅2番のりばに入線してくる3005D特急うずしお5号です。
Img_3746

高松からは11:50発1009D特急いしづち9号松山行(2000系×2連)で伊予西条へ向かいます。
久しぶりのアンパンマン列車!予讃線を100km/h以上でディーゼルエンジン全開で走行する2000系、私は大好きです。
Img_3747

こちらは出発前の車内の様子です。
Img_3748

で、早速腹ごしらえ!
徳島駅のキヨスクで買った駅弁「徳島 食べくらべ」をいただきます!
徳島牛と阿波尾鶏を同時に味わえるこの駅弁は、お得ですね!
Img_3749
Img_3750

約1時間半ほどの乗車でしたが、冬の讃岐路、伊予路の風景を楽しみながら伊予西条に13:17到着しました。
Img_3752

ちょっと天気があやしく、にわか雨がパラついてきました。
Img_3751

傘を持ってなかったので、ちょっとヤバいかなと思ったのですが、すぐ雨も上がってよかったです(^^;
Img_3753

伊予西条駅のすぐ東隣りに、四国鉄道文化館があります。
2012年8月5日以来の訪問です。
Img_3754

建物の中に入ると・・・、
いました!
四国に新幹線が来ないことをパロディーにした「なんちゃって0系」が!!!
Img_3755

で、その横には本物の0系が!!!
Img_3756

二つ並ぶとこんな感じ。
この「なんちゃって0系」のディテールを見てくださいな!
本物そっくり!?
Img_3757_2

中身はキハ32なんですがね・・・。
Img_3758

一応、0系で使われいた当時の座席が4席分ありますが・・・、そのほかはロングシート。
モノ本の新幹線がロングシートなら、もっと面白いかも??
Img_3759

鉄道模型もありますよん♪
Img_3760

今度は予土線で見たいな~と思いますね。
Img_3761

こちら反対側の運転席。
モノ本の新幹線では絶対にあり得ない、両運転台車両です。
Img_3762

これで280km/h出たらすごいな~。
Img_3763

反対側の先頭。こちらは団子鼻を絵で描いてあります。
行き先が「東京」になっとる。ほんまに東京へ行ったら面白いと思うので、ぜひ企画してほしいな~。
Img_3764

改造元は「キハ32 3」。日本国有鉄道と新潟鉄工所の銘板が見えます。
Img_3765

モノ本の0系のほうは、車体をカットしているんですね~。
Img_3766

う~、こちらも懐かしい車内。
Img_3767

ちょっと高いところから眺めてみました。
ほんまに「なんちゃって0系」で東京まで行ったらおもろいぞ~(→JR四国さん!)
Img_3768

国鉄時代のサボやら、へっどマークも展示されています。
Img_3770

こちらはパンタクラフですね。
Img_3771

で、本来建物の中に0系とともに展示されている「DF50 1」は屋外に出てきています。
全体を見渡せるのもいいですね。
Img_3772

DF50型ディーゼル機関車は、かつて国鉄予讃本線や土讃本線で活躍した機関車。
徳島(高徳本線や徳島本線)ではDE10型でしたので、あまり乗る機会が無かったように思います。
Img_3773

展示するだけでなく、実際に動かして四国内を旅してほしいように思うのですが、無理なんですかね~。
Img_3775

カッコいいです!
Img_3776

三菱のマークが、これまたいい!
Img_3777

さて、こちらの見物を終え次は新しくできた南館のほうへ行ってみることにします。
北館から南館へは陸橋を渡っていくことができます。
Img_3778

にわか雨も止み、晴れ間が見えてきました。
石鎚は雪かもしれません。
Img_3779

こちらは陸橋の上から北館と、DF50 1が見えます。
Img_3780

そしてこちらは新しくできた南館。
Img_3781

屋外にはフリーゲージトレインの2次試験車が屋外展示されています。
Img_3783

南館に引き込まれている線路は、伊予西条駅構内とつながっています。
Img_3786

このレンガの建物も時代を感じさせますね。
Img_3789

では南館の中へ入ることにします。
Img_3819

まず出迎えてくれたのが「C57 44」蒸気機関車。
東北や北海道で活躍し、廃車後に西条市市民公園で静態保存されていたようです。
Img_3791

C57は貴婦人の愛称で呼ばれているのは有名ですね。
Img_3808

運転台の様子。
まるで何かの生命体を操っているような、そんな風にも感じられます。
今のようなオートマティックではない、ちょっとした車両の息遣いを感じながら運転されていたのでしょう。
Img_3810
Img_3809
Img_3812
Img_3811

そして、こちらは「キハ65 34」ディーゼルカー。
徳島(高徳本線、徳島本線、牟岐線)の急行列車はキハ58、キハ28が主流で、キハ65は主に予讃本線や土讃本線の急行で活躍していたのですが、晩年は徳島気動車区にも配属され、急行「阿波」「むろと」「よしの川」にも運用されていたので、懐かしい方も多いのではないでしょうか。
Img_3792

アコモ改造されているので、デビュー当時とは座席が異なります。
昔は急行車両にしか冷房が無かったんですよね。
Img_3803

昔はビンジュースが主流だったので、栓抜きは欠かせません!
Img_3805

運転台の様子。
2005年5月5日に実車し、もうあれから9年以上が経つのか~。時が過ぎるのが早いな~。
Img_3806

こちらは「DE10 1」ディーゼル機関車。
徳島では蒸気からディーゼルへ移行した時にDE10へ移行したんですよね。
Img_3795

「日本車両」の銘版と昭和41年の文字。
私より1歳年上ですね。
ということは、私も近いうちに廃車か???(^^ゞ
Img_3798

高徳本線や徳島本線で朝夕に旧型客車を連結して走っていたのを思い出します。
Img_3799

そして私自身、好んで旧型客車によく乗ってました。
Img_3796_2

館内はかつての伊予西条駅を模した造りになっています。
Img_3815

ジオラマもあり、運転操作を楽しめるようになっているのですが、この日は自動運転でした・・・。
Img_3816
Img_3817

南館を出て、再び陸橋に上がってきました。
Img_3820

レンガ造りの給水塔が残されています。
Img_3821

そろそろ帰る時間(滞在時間は1時間弱)となったので、B-FM791のはらにしさんから頂いた地元のクッキーがおいしかったので、売っている「とらや」さんに寄って、クッキーを買って帰りました。妻にも大評判でした。
Img_3822

伊予西条駅の駅舎内。のんびりした雰囲気です。
Img_3824

伊予西条14:26発1020M特急いしづち20号高松行(8000系×2連)+後方は20M特急しおかぜ20号岡山行(8000系×5連)に乗車し、高松へ戻ります。
Img_3826

「とらや」さんで買ったクッキー。
クリスマスパッケージに入ってます。
Img_3827

高松には定刻15:55に到着。
高松16:12発3019D特急うずしお19号徳島行(N2000系×2連)で徳島へ戻ります。
Img_3828

岡山からのマリンライナーの到着を待って出発となりましたが、ほぼ座席が埋まるぐらいの乗車で、土曜日にしては珍しい混雑でした。
Img_3829

徳島に17:16に到着。
徳島からは17:34発467D穴吹行(1500型×2連)で佐古へ戻ります。
写真は1番のりばに470D徳島行として入線した時に撮影。折り返し、467Dとなります。
Img_3830

徳島市立体育館ではLEDイルミネーションが輝き始めました。
Img_3831

そして佐古到着となりました。
Img_3832

このところ、ブログアップが周回遅れになってしまっているので、ちょっと情報が古くなってしまいました~。
ごめんなさい!

|

« ぶらり旅・山陽本線(その10) | トップページ | 天皇誕生日はちょっとく間乗り(佐古~徳島) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/60831011

この記事へのトラックバック一覧です: あれはなんだ!0系新幹線だ!?いや、なんちゃて0系だ!!:

« ぶらり旅・山陽本線(その10) | トップページ | 天皇誕生日はちょっとく間乗り(佐古~徳島) »