« JR四国グループの四国キヨスクとセブンイレブン・ジャパンが業務提携 | トップページ | ぶらり旅・山陽本線(その2)での一コマ »

2014年7月13日 (日)

ぶらり旅・山陽本線(その2)

7月12日(土)、台風8号も去った梅雨の晴れ間ということで、この日もぶらり旅に出かけてきました。次の3連休は残念ながら仕事の予定も入って出かけられない・・・ということで。
でも暑そうなので3駅に留めることにします(^^;

スタートはいつものJR佐古駅から!
佐古8:52発444D徳島行(1500型×2連)のJR徳島線普通列車で徳島へ向かいます。
Img_3173

JR徳島駅からは久しぶりの185系特急型気動車に乗車します。
徳島9:22発3008D特急うずしお8号高松行(キハ185×2連)ので高松へ向かいます。
先頭車両の展望席をゲットし、高松まで先頭から見える風景を楽しみました!
Img_3174

高松からは、10:40発3124M快速マリンライナー24号岡山行に乗車します。
Img_3175

目的地まではゆったり行きたいということで、事前に指定席券を購入し座席を確保しておきました~。夏休み前の土曜日だからか、けっこう空いていましたね~。
Img_3176

岡山には11:33に到着。
改札を出てICOCAにチャージして、再びホームへ。
既に4番のりばには、岡山11:42発714M和気行の115系電車が入線したところで、座席を確保することができました。
この電車に乗って、今日は山陽本線の熊山へ向かいます。その後、吉永、和気と巡って戻ってきます。
Img_3177

熊山には約29分ほどで到着となりました。
Img_3180

こじんまりとした駅舎、山陽本線と言えども田舎の駅といった趣きがいいですね。
Img_3178

駅前には赤磐(あかいわ)市民バスのバス停があります。
Img_3191

郵便局の局舎は、昔の農協を思わせる建物の感じがそそられます。
Img_3192

さらに自転車の一時預かり所は、年代物の建物が使われています。
Img_3193

再び駅舎へ。
訪問した12時15分過ぎは窓口は閉まっていました。ICOCAの読み取り機も設置されています。
Img_3179

熊山駅のホームは二面三線の単式と島式ホームの構造となっており、岡山方面の島式ホームには古い待合が存在します。
Img_3181

では早速ホーム撮影をします。
まずは、北寄り(和気寄り)から見た北方向と南方向を撮影します。
Img_3182
Img_3183

かつての貨物ホームの遺構も残されています。
Img_3184

周辺には名所がいくつかあるようです。
Img_3185

熊山駅の跨線橋は、明治45年に当時の鉄道省と横河橋梁製作所の名が刻まれています。
Img_3186_3
Img_3187

平成20年に近代化産業遺産に登録されたようです。
Img_3188

そして、南寄り(万富寄り)から見た、南方向と北方向。
正面の山の中腹にある建物は岡山白陵高校の校舎のようです。
Img_3189
Img_3198
Img_3190

石蓮寺、熊山遺跡、英国庭園などの看板なども見えます。
Img_3196
Img_3197

では、この日の2駅目へ。
熊山12:39発1314M相生行の115系電車で和気へ向かいます。
土曜の半ドン授業だったのか、岡山白陵高校の生徒さんがたくさん乗り込んで、電車は出発しました。
Img_3202

約9分ほどで吉永に到着です。
Img_3206

吉永では次の電車まで10分ということで、駆け足での撮影となりました。
こちらは吉永駅の駅舎。
家路へ向かう女子高生に入ってもらっての撮影です(^^)/
Img_3204

駅前の風景。町の駅と言った感じですね~。
Img_3203

こちらは駅舎内。吉永駅はICOCAが使えない駅なので、先の熊山からは切符を購入して乗車しました。
Img_3205

吉永駅も熊山駅同様、二面三線のホームがあり、岡山方面の島式ホームへやってきました。
吉永駅にも観光のための看板がたくさんありますね~。
Img_3207
Img_3208

ではホーム撮影をします。
東寄り(三石寄り)から見た東方向とに西方向。
Img_3209
Img_3210

駅裏には備前j市立吉永病院がありますが、病院側への出口が無いので、少々不便かもしれませんね。
Img_3212

で、こちらは西寄り(和気寄り)から見た西方向と東方向です。
Img_3213
Img_3214

では。、この日の最終目的地、和気駅へ向かいます。
吉永12:58発1317M岡山行の115系電車に乗車します。
Img_3215

約5分ほどで和気駅に到着しました。
Img_3219

駅舎はコンクリート造りの平屋です。
Img_3217

駅前には小さなロータリーもあり、地方の中都市にある駅前といった感じです。
Img_3216

こちらは駅舎内。近代的な感じです。
Img_3218

再び構内へ入ってきました。
ここ和気駅は、かつて同和鉱業の片上線がありましたが、1991年に廃止になり、当時のホームが少し残されています。
配線跡はサイクリングロードなどに転用せれているようですが、線路が存在している間に来たかったなと思います。
Img_3220

ではホーム撮影を。
南西寄り(熊山寄り)から見た南西方向と北東方向です。
Img_3221
Img_3222

岡山方面のりばの島式ホームの隣には、訓練用の線路が配置されているようです。
このあたりには、かつて同和鉱業片上線の線路があったのでしょうね。
Img_3223

近くには和気神社があるらしいです。でも5キロあるようです。
Img_3224

そして北東寄り(吉永寄り)から見た北東方向と南西方向です。
Img_3225
Img_3226

駅舎がある側には貨物ホーム跡も見てとれます。
Img_3227

和気からは、折り返し和気始発となる13:36発723M岡山行の213系電車で岡山へ戻ります。
かつての四国連絡として活躍した213系が元気に走っているのもうれしいですね。
Img_3228

岡山では4分での乗り換えで、14:12発3137M快速マリンライナー37号高松行で高松へ戻ります。
瀬戸内海国立公園指定80周年のヘッドマークも掲げられてます!
Img_3229
Img_3230

高松からは15:12発3017D特急うずしお17号徳島行(N2000系×2連)で徳島へ向かいます。
途中、うとうとしてしまいました・・・。
Img_3233

徳島からは16:26発463D穴吹行(1500型×2連)で佐古へ戻ってきました。
Img_3234

さすがに気温も上がって暑かったので、和気駅でTシャツがぐっしょりとなったので、人目もはばからず着替えましたが、自宅に帰ったらズボンもパンツも塩を吹いてました(^^;
でも、旅は止められませんね!

次回は7月の末か、8月のはじめかな~。お楽しみに!

|

« JR四国グループの四国キヨスクとセブンイレブン・ジャパンが業務提携 | トップページ | ぶらり旅・山陽本線(その2)での一コマ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/59979226

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・山陽本線(その2):

« JR四国グループの四国キヨスクとセブンイレブン・ジャパンが業務提携 | トップページ | ぶらり旅・山陽本線(その2)での一コマ »