« ぶらり旅・大阪環状線、関西本線でJR通算300駅乗下車達成!(その2) | トップページ | ぶらり旅・宇野線(その4)で出会った列車たちPart.2 »

2014年5月26日 (月)

ぶらり旅・宇野線(その5・完結編)

5月24日(土)、よいお天気でぶらり旅日和!ということで、宇野線各駅乗下車まで残すところ4駅となっていましたので、朝から出かけることにしました。
今回のぶらり旅は、
 佐古~徳島~高松・・・高松港~宇野港・・・宇野~常山~八浜~備前片岡~迫川~茶屋町~高松~徳島~佐古
と、辿ります。

スタートは佐古8:07発955D徳島行(キハ40×2連)のJR鳴門線普通列車で徳島へ。
Img_2587

徳島からは8:23発5006D特急うずしお6号岡山行(N2000系×3連)で高松へ向かいます。
空席はあるものの、岡山直通特急とあってまずまずの混み具合でした。
Img_2588

今回のぶらり旅では「週末自由席早トクきっぷ」を使います。
と言うか、非常に便利に使わせてもらっております。
Dsc_0531

高松へは9:31に到着。
高松から宇野へは四国フェリーを使うことにします。四国フェリーに乗船するのは2回目です。
Img_2589

出港は10:00なので乗船して早々に屋上デッキへ上がり、出港前に高松港の風景を撮影しておくことにします。
Img_2590

韓国では悲しい海難事故がありましたが、安全であればとても楽しい船旅になります。
潮の香りが気持ちよく、一気にストレスが発散していく感じです。
Img_2591

玉藻城跡をこの方向からあまり見たことが無いので、風景が新鮮です。
Img_2592

やがて定刻10:00となり高松港を出港しました。
近くではヨットが沢山います。
Img_2593

で、やはり高松へ来たら讃岐うどん!
国鉄時代の宇高連絡船のデッキにあったのが本家連絡船うどんでしたが、現在では四国フェリーが運行する高松~宇野航路が唯一の航路なので、こちは継承連絡船うどん!と呼んでもよさそうです。
まいう~~~~で、ごちそうさま(^.^)でした。
Dsc_0533

宇野までの航海は約1時間。宇野港が見えてくると、海上自衛隊の訓練支援艦「くろべ」が停泊していました~。船は専門外ですが、カッコいいですね!
Img_2594
Img_2596

で、宇野港に到着~。11:05頃に上陸となりました。
Img_2595

宇野港周辺ではかなりの人出のようなので何かイベントなんでしょうね。
こんな看板も見かけました。
Img_2597

イベントとは「たまの・港フェスティバル」でした。
前回もイベントやっていたように思うのですが、玉野の街はなんだか楽しそう!
Img_2598

さて、宇野からは11:16発1650M茶屋町行(213系×2連ワンマン)で常山へ向かいます。
Img_2599

約10分ほどで常山に到着。
Img_2600

では恒例のホーム撮影から。
常山のホームは一面一線の構造となっています。
こちらは北西寄り(迫川寄り)から見た北西方向と南東方向。
Img_2601 Img_2602

そして南東寄り(八浜寄り)から見た南東方向と北東方向です。
Img_2603
Img_2604

畑を黄色く染めているのは麦ですね!
Img_2605

乗下車しようとしている区間にフリーきっぷも無く、またICOCAも導入されていないので、撮影からきっぷ購入まで大忙しです。
滞在時間約7分で、常山11:34発1647M宇野行(115系×3連)で八浜へ向かいます。
Img_2606

約2分少々で八浜に到着しました~。
Img_2607

まずはホーム撮影をしておきます。
陽がカンカン照って気温も上がってきていますが、湿度が低いせいかカラっとしています。
でも日焼けはしそうです(^^;

こちらは、東寄り(備前田井寄り)から見た東方向と西方向です。
Img_2608 
Img_2609

近くには硯井天満宮、与太郎神社があるそうです。
Img_2610

こちらは西寄り(常山寄り)から見た西方向と東方向です。
Img_2611
Img_2612

改めて跨線橋の上から東方向と西方向を眺めます。
Img_2613
Img_2614

八浜は二面二線の列車交換が可能な駅で、上下ホームに待合があります。
券売機は茶屋町方面の1番のりば側待合に設置されています。
Img_2615

かつては構内踏切があったと思われる遺構も残っています。
Img_2616

駅前にはタクシーの停車レーンがありますが、タクシーは停まっていません。
Img_2617

かつては立派な駅舎があったのでしょうが、今は待合のみ・・・。淋しい限りです。
Img_2618

次の電車まで1時間弱あるので、近所をぶらっとすることにします。
県道を東に歩くこと数分、「トンボ学生服」ブランドで有名な株式会社トンボの本社があります。
Img_2619

今度は宇野線の線路を潜って北方向へ行くことにします。
Img_2620

「第二大崎開きよ」と記されています。
「開きょ」って水路のことを指すと思っていたのですが、かつては水路だったのかな?
Img_2623

ここはまだ八浜駅構内なので、上下線の線路があり、上り線側はレンガ造り、下り線側はコンクリート造となっており、コンクリートのほうは1972年3月竣工のようです。
Img_2624

北側へ出てきました。広い農地がありますが、ここは昭和の頃に干拓で農地となった場所です。海が近くに無いのに「八浜」という駅名に納得しました。
Img_2621

近くの水路に居る鳥は「アオサギ」だと思われます。
長閑な風景です~。
Img_2622

30分ほど歩き、再び八浜駅へ戻ってきました。
近くの玉野光南高校の生徒さんも何人か待つ中、八浜12:49発1652M茶屋町行(213系×2連ワンマン)に乗り込み、備前片岡へ向かいます。
Img_2626

約7分少々で備前片岡に到着しました~。
Img_2627

備前片岡は二面二線の列車交換が可能な構造となっています。
北西寄り(彦崎寄り)から見た北西方向と南西方向です。
かつての国鉄時代に、長大編成の四国連絡列車が走っていた名残でしょうか、北西に向かって長い構内線が続いています。
Img_2628
Img_2629

南東側は跨線橋の上から撮影します。
南東寄り(迫川寄り)から見た南東方向と北西方向です。
Img_2630
Img_2631

駅前はロータリーがありますが、人気が少なく淋しい感じがします。
公衆トイレはありますが、駅舎は無く、ホームも待合のみ。
券売機は茶屋町方面の上りホーム待合に設置されています。
暑いので、木陰で列車を待つことにしました。
Img_2632
Img_2633

では、この日最後の目的地へ。
備前片岡13:18発1651M宇野行(213系×2連ワンマン)で迫川へ向かいます。
Img_2634

約2分少々で迫川に到着。"はざかわ"と読むんですね~。"さこがわ"と思ってました。
Img_2635

ではホーム撮影を。
南東寄り(常山寄り)から見た南東方向と北西方向です。
Img_2636
Img_2637

そして北西寄り(備前片岡寄り)から見た北西方向と南東方向です。
Img_2638_2
Img_2639

跨線橋の上から、もう一度南東方向と北西方向を眺めます。
Img_2640
Img_2641

上りホーム側へやってきました。
旧駅名が「由加(ゆか」であったことを示す駅名標が設置されています。
Img_2642

こちらが上り側待合。茶屋町・岡山方面への利用客が多いのか、どの駅でも上り側で券売機が設置されています。
Img_2643

迫川にもかつての構内踏切の遺構が見られます。
Img_2644

駅前は綺麗に舗装され、整備されているようです。
なお、迫川駅の駅トイレが出入口を板で塞がれ、使用できないようになっていました。
短期的なものであればよいですが、ご注意ください。
Img_2645
Img_2646

では、徳島へ戻ることにします。
迫川13:54発1654M茶屋町行(213系×2連ワンマン)で茶屋町へ向かいます。
Img_2647

茶屋町からは、14:26発3137M快速マリンライナー37号高松行(5000系×3連+223系×2連)に乗車し、高松へ向かいます。
着席できたのでホッとしたのか、坂出を過ぎた辺りからうとうとしてしまいました・・・。
Img_2648

高松からは15:12発3017D特急うずしお17号徳島行(N2000系×2連)に乗車し、徳島へ向かいます。
高松駅の4番のりばに停車しているキハ185系×2連のヘッドマークが「いしづち」で、「臨時」となっていたのですが、この時期にキハ185系での代走ってあるんでしたかね???
Img_2649

うずしお車内でもうとうとしながら、1時間8分で徳島に到着。
しめは、徳島16:30発970D鳴門行(キハ47×2連)で佐古へ戻ってきました。
Img_2650

半袖シャツを着ていたので、腕が真っ赤に日焼けしてしまいました~。
いいストレス解消ができました(^o^)/

|

« ぶらり旅・大阪環状線、関西本線でJR通算300駅乗下車達成!(その2) | トップページ | ぶらり旅・宇野線(その4)で出会った列車たちPart.2 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/59698706

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・宇野線(その5・完結編):

« ぶらり旅・大阪環状線、関西本線でJR通算300駅乗下車達成!(その2) | トップページ | ぶらり旅・宇野線(その4)で出会った列車たちPart.2 »