« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

ぶらり旅・宇野線(その4)で出会った列車たちPart.3

3月29日(土)のぶらり旅・宇野線(その4)で出会った列車たちを紹介。

備中箕島駅にて。

12M特急しおかぜ12号(8000系×5連)。
Img_2375
Img_2376

39D南風9号(2000系×3連)
Img_2382

JR四国が誇る、8000系電車と2000系気動車。
毎日安全輸送をお願いいたしますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

ぶらり旅・宇野線(その4)で出会った列車たちPart.2

ちょっと前のぶらり旅ですが・・・、3月29日(土)のぶらり旅・宇野線(その4)で出会った列車たちを紹介。

備前西市駅にて。
38D特急南風8号(2000系×3連)
Img_2367

9D特急しおかぜ9号(2000系×5連)のアンパンマン列車。
Img_2368

JR四国の車両が岡山まで出張って、四国への輸送を頑張っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

ぶらり旅・宇野線(その5・完結編)

5月24日(土)、よいお天気でぶらり旅日和!ということで、宇野線各駅乗下車まで残すところ4駅となっていましたので、朝から出かけることにしました。
今回のぶらり旅は、
 佐古~徳島~高松・・・高松港~宇野港・・・宇野~常山~八浜~備前片岡~迫川~茶屋町~高松~徳島~佐古
と、辿ります。

スタートは佐古8:07発955D徳島行(キハ40×2連)のJR鳴門線普通列車で徳島へ。
Img_2587

徳島からは8:23発5006D特急うずしお6号岡山行(N2000系×3連)で高松へ向かいます。
空席はあるものの、岡山直通特急とあってまずまずの混み具合でした。
Img_2588

今回のぶらり旅では「週末自由席早トクきっぷ」を使います。
と言うか、非常に便利に使わせてもらっております。
Dsc_0531

高松へは9:31に到着。
高松から宇野へは四国フェリーを使うことにします。四国フェリーに乗船するのは2回目です。
Img_2589

出港は10:00なので乗船して早々に屋上デッキへ上がり、出港前に高松港の風景を撮影しておくことにします。
Img_2590

韓国では悲しい海難事故がありましたが、安全であればとても楽しい船旅になります。
潮の香りが気持ちよく、一気にストレスが発散していく感じです。
Img_2591

玉藻城跡をこの方向からあまり見たことが無いので、風景が新鮮です。
Img_2592

やがて定刻10:00となり高松港を出港しました。
近くではヨットが沢山います。
Img_2593

で、やはり高松へ来たら讃岐うどん!
国鉄時代の宇高連絡船のデッキにあったのが本家連絡船うどんでしたが、現在では四国フェリーが運行する高松~宇野航路が唯一の航路なので、こちは継承連絡船うどん!と呼んでもよさそうです。
まいう~~~~で、ごちそうさま(^.^)でした。
Dsc_0533

宇野までの航海は約1時間。宇野港が見えてくると、海上自衛隊の訓練支援艦「くろべ」が停泊していました~。船は専門外ですが、カッコいいですね!
Img_2594
Img_2596

で、宇野港に到着~。11:05頃に上陸となりました。
Img_2595

宇野港周辺ではかなりの人出のようなので何かイベントなんでしょうね。
こんな看板も見かけました。
Img_2597

イベントとは「たまの・港フェスティバル」でした。
前回もイベントやっていたように思うのですが、玉野の街はなんだか楽しそう!
Img_2598

さて、宇野からは11:16発1650M茶屋町行(213系×2連ワンマン)で常山へ向かいます。
Img_2599

約10分ほどで常山に到着。
Img_2600

では恒例のホーム撮影から。
常山のホームは一面一線の構造となっています。
こちらは北西寄り(迫川寄り)から見た北西方向と南東方向。
Img_2601 Img_2602

そして南東寄り(八浜寄り)から見た南東方向と北東方向です。
Img_2603
Img_2604

畑を黄色く染めているのは麦ですね!
Img_2605

乗下車しようとしている区間にフリーきっぷも無く、またICOCAも導入されていないので、撮影からきっぷ購入まで大忙しです。
滞在時間約7分で、常山11:34発1647M宇野行(115系×3連)で八浜へ向かいます。
Img_2606

約2分少々で八浜に到着しました~。
Img_2607

まずはホーム撮影をしておきます。
陽がカンカン照って気温も上がってきていますが、湿度が低いせいかカラっとしています。
でも日焼けはしそうです(^^;

こちらは、東寄り(備前田井寄り)から見た東方向と西方向です。
Img_2608 
Img_2609

近くには硯井天満宮、与太郎神社があるそうです。
Img_2610

こちらは西寄り(常山寄り)から見た西方向と東方向です。
Img_2611
Img_2612

改めて跨線橋の上から東方向と西方向を眺めます。
Img_2613
Img_2614

八浜は二面二線の列車交換が可能な駅で、上下ホームに待合があります。
券売機は茶屋町方面の1番のりば側待合に設置されています。
Img_2615

かつては構内踏切があったと思われる遺構も残っています。
Img_2616

駅前にはタクシーの停車レーンがありますが、タクシーは停まっていません。
Img_2617

かつては立派な駅舎があったのでしょうが、今は待合のみ・・・。淋しい限りです。
Img_2618

次の電車まで1時間弱あるので、近所をぶらっとすることにします。
県道を東に歩くこと数分、「トンボ学生服」ブランドで有名な株式会社トンボの本社があります。
Img_2619

今度は宇野線の線路を潜って北方向へ行くことにします。
Img_2620

「第二大崎開きよ」と記されています。
「開きょ」って水路のことを指すと思っていたのですが、かつては水路だったのかな?
Img_2623

ここはまだ八浜駅構内なので、上下線の線路があり、上り線側はレンガ造り、下り線側はコンクリート造となっており、コンクリートのほうは1972年3月竣工のようです。
Img_2624

北側へ出てきました。広い農地がありますが、ここは昭和の頃に干拓で農地となった場所です。海が近くに無いのに「八浜」という駅名に納得しました。
Img_2621

近くの水路に居る鳥は「アオサギ」だと思われます。
長閑な風景です~。
Img_2622

30分ほど歩き、再び八浜駅へ戻ってきました。
近くの玉野光南高校の生徒さんも何人か待つ中、八浜12:49発1652M茶屋町行(213系×2連ワンマン)に乗り込み、備前片岡へ向かいます。
Img_2626

約7分少々で備前片岡に到着しました~。
Img_2627

備前片岡は二面二線の列車交換が可能な構造となっています。
北西寄り(彦崎寄り)から見た北西方向と南西方向です。
かつての国鉄時代に、長大編成の四国連絡列車が走っていた名残でしょうか、北西に向かって長い構内線が続いています。
Img_2628
Img_2629

南東側は跨線橋の上から撮影します。
南東寄り(迫川寄り)から見た南東方向と北西方向です。
Img_2630
Img_2631

駅前はロータリーがありますが、人気が少なく淋しい感じがします。
公衆トイレはありますが、駅舎は無く、ホームも待合のみ。
券売機は茶屋町方面の上りホーム待合に設置されています。
暑いので、木陰で列車を待つことにしました。
Img_2632
Img_2633

では、この日最後の目的地へ。
備前片岡13:18発1651M宇野行(213系×2連ワンマン)で迫川へ向かいます。
Img_2634

約2分少々で迫川に到着。"はざかわ"と読むんですね~。"さこがわ"と思ってました。
Img_2635

ではホーム撮影を。
南東寄り(常山寄り)から見た南東方向と北西方向です。
Img_2636
Img_2637

そして北西寄り(備前片岡寄り)から見た北西方向と南東方向です。
Img_2638_2
Img_2639

跨線橋の上から、もう一度南東方向と北西方向を眺めます。
Img_2640
Img_2641

上りホーム側へやってきました。
旧駅名が「由加(ゆか」であったことを示す駅名標が設置されています。
Img_2642

こちらが上り側待合。茶屋町・岡山方面への利用客が多いのか、どの駅でも上り側で券売機が設置されています。
Img_2643

迫川にもかつての構内踏切の遺構が見られます。
Img_2644

駅前は綺麗に舗装され、整備されているようです。
なお、迫川駅の駅トイレが出入口を板で塞がれ、使用できないようになっていました。
短期的なものであればよいですが、ご注意ください。
Img_2645
Img_2646

では、徳島へ戻ることにします。
迫川13:54発1654M茶屋町行(213系×2連ワンマン)で茶屋町へ向かいます。
Img_2647

茶屋町からは、14:26発3137M快速マリンライナー37号高松行(5000系×3連+223系×2連)に乗車し、高松へ向かいます。
着席できたのでホッとしたのか、坂出を過ぎた辺りからうとうとしてしまいました・・・。
Img_2648

高松からは15:12発3017D特急うずしお17号徳島行(N2000系×2連)に乗車し、徳島へ向かいます。
高松駅の4番のりばに停車しているキハ185系×2連のヘッドマークが「いしづち」で、「臨時」となっていたのですが、この時期にキハ185系での代走ってあるんでしたかね???
Img_2649

うずしお車内でもうとうとしながら、1時間8分で徳島に到着。
しめは、徳島16:30発970D鳴門行(キハ47×2連)で佐古へ戻ってきました。
Img_2650

半袖シャツを着ていたので、腕が真っ赤に日焼けしてしまいました~。
いいストレス解消ができました(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

ぶらり旅・大阪環状線、関西本線でJR通算300駅乗下車達成!(その2)

5月9日(金)、ぶらり旅・大阪環状線、関西本線でJR通算300駅乗下車達成!(その1)の続きです。

■301駅目 鶴橋駅

駅名標の下、駅中(ホームの中)にロッテリアがあるんですね~。
Img_1196

ではホーム撮影から。
南寄り(桃谷寄り)から見た南方向と北方向。
Img_1197
Img_1198

そして北寄り(玉造寄り)から見た北方向と南方向です。
Img_1199
Img_1200

地上の改札口の様子。人の出入りが多いですね~。
Img_1201

千日前通りに面した出入り口。
Img_1202

JRの高架の東側に沿って、鶴橋商店街が続いています。
Img_1203

鶴橋商店街とは反対の西側を歩くと、近鉄大阪線の鶴橋駅改札が見えます。
Img_1204

こちらはJR鶴橋駅の改札口。
Img_1205

さすが鶴橋、焼き肉のメッカです。
左のシートがかかった建物は、先日火災があった建物ではなかったかと思います。
Img_1206

再び鶴橋駅ホームへやってきました。
ホームからも直接近鉄大阪線への乗り換えが出来る改札が設けられています。
Img_1207

では次の駅、桃谷へ。
Img_1208

■302駅目 桃谷駅

Img_1209

まずは南寄り(寺田町寄り)から見た南方向と北方向。
Img_1210
Img_1211

そして北寄り(鶴橋寄り)から見た北方向と南方向。
Img_1212
Img_1213

こちはら地上の改札口。
Img_1214

駅の中央部の出入り口から、南側の出入口へ歩きます。
Img_1215

南側の道路に面した所にも出入り口があります。
「鳴門屋パン」という看板がありますが、徳島の鳴門出身の方がやられているのでしょうか?
Img_1216

こちらはJR高架をくぐった反対側となります。
Img_1217

では次の駅、寺田町へ向かいます。
Img_1218

■303駅目 寺田町駅

Img_1219

こちらは南西寄り(天王寺寄り)から見た、南西方向と北東方向。
遠くのビルはシティタワーグラン天王寺でしょうね。
Img_1220
Img_1221

霞んでいますが、ハルカスがそびえ立っています。
手前は大阪教育大学の付属中学・高校のようです。
Img_1222

そして北東寄り(桃谷寄り)から見た、北東方向と南西方向です。
Img_1224
Img_1225

こちら北口の地上改札の模様。
Img_1227

そして北口の出入り口。
Img_1228

歩いて南口の出入り口へ向かいますが、南口側の高架下は空き店舗が目立ちます。
Img_1229

こちらが南口の出入り口です。
Img_1230

南口の改札口の模様です。
Img_1231

では次の駅へ。天王寺、新今宮は既に乗下車済みなので、今宮へ向かいます。
Img_1232

■304駅目 今宮駅

今宮駅は大阪環状線の外回り高架ホームの更に上の高架上に、内回りのホームがある立体構造になっています。
また外回りのホームと同じ高架上に関西本線の今宮駅ホームがあります。
Img_1233

まずは外回りホームの北西寄り(芦原橋寄り)から見た北西方向と南東方向を撮影。
Img_1234
Img_1235

こちらは南東寄り(新今宮寄り)から見た南東方向と北西方向になります。
Img_1236
Img_1237

こちらは同じ高架上にある関西本線のホーム。
Img_1246

こちらが北西方向(JR難波駅方向)。
Img_1238

そして南東方向(新今宮方向)。
Img_1239

地上の改札口の風景ですが、あまり人はいませんでした。
Img_1240

こちらは東口の出入り口。
Img_1241

そして西口の出入り口の様子です。
Img_1242

再び構内に戻り、最上の内回りホームへ上がります。
Img_1243

こちらは南東方向(新今宮方向)。
Img_1244

そして北西方向(芦原橋方向)です。
Img_1245

では~ちょっと寄り道をして、JR難波へ向かいます。
Img_1247

■305駅目 JR難波駅(関西本線)

緑の201系電車の車内。
Img_1248

間もなくJR難波に到着です。
かつては湊町駅と呼ばれていたのは、記憶に新しいところです。
Img_1249

まずは南寄り(今宮寄り)から見た南方向と北方向。
Img_1250
Img_1251

ホームは地下にあるので、改札口へ出ます。
Img_1252

こちらが出入口。
JR難波には、大阪シティエアターミナルや、JR高速バス乗り場があります。
Img_1253

再び地下のホームへ。
北寄りは、行き止まりとなっていますが、この先なにわ筋へ通じる計画もあるようです。
Img_1254

こちらは南寄りです。
写っているこの電車に乗って今宮へ戻ります。
Img_1256

そして今宮から、次の駅、芦原橋へ向かいます。
時計が見えていますが、あと少しで16時になります。
Img_1257

■306駅目 芦原橋駅

Img_1258

まずは北西寄り(大正寄り)から見た、北西方向と南西方向。
Img_1259
Img_1260

ここで一旦改札を出ます。
こちらは北口の出入り口。
Img_1261

こちらは南口の出入り口です。
Img_1262

再びホームへ上がり、南東寄り(今宮寄り)から見た南東方向と北西方向を撮影します。
Img_1263
Img_1264

では、この日最後の駅、大正へ。
Img_1265

■307駅目 大正駅

Img_1266_2

まずはホーム撮影から。
北西寄り(弁天町寄り)から見た北西方向と南西方向。
Img_1267
Img_1268

大正でも一度改札を出ます。
改札口、自動券売機場所の風景です。
Img_1269
Img_1270

出入口は大正通りにあります。
Img_1271

再び高架ホームへ。
南東寄り(芦原橋寄り)から見た南東方向と北西方向。
木津川にかかる鉄橋は、ちょっと変わった鉄橋です。
ダブルワーレントラスというそうです。
Img_1272
Img_1273

この日はここまで(^.^)
大阪へ戻ることにします。
Img_1274

梅田界隈で夕飯を食べぶらぶらしましたが、花の金曜日、みんな仕事を終えてさあこれから飲みに行くぞ~とか、彼氏・彼女と遊びに行くぞ~っていう雰囲気が感じられます。
やっぱ、花金は残業なんかしちゃダメですよ!
Img_1275_2

梅田三番街19:45発の高速バス(徳島バス)に乗って、徳島へ帰ります。
Img_1276

やっぱ、ビールが美味い!
Dsc_0519

で、徳島駅前には22時前に着き、徳島22:14発4980D鳴門行(1200型ワンマン)のJR鳴門線普通列車に乗車。
Img_1277

佐古へ帰ってきました~(^.^)
Img_1278

この日は、歩数計で21,000歩を数え、足の裏が疲れました~。
さあ、次は400駅乗下車へ向けて頑張るぞ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

ぶらり旅・大阪環状線、関西本線でJR通算300駅乗下車達成!(その1)

5月9日(金)、休日出勤の振替休暇を取り、JR通算300駅の乗下車を目指して、JR大阪環状線の全駅を制覇する旅に出てきました。

出発はいつものJR佐古駅から・・・。
佐古8:26発440D徳島行(1000型×4連)のJR徳島線普通列車で徳島駅へ向かいます。 
平日なのでそれなりに混んではいますが、大阪の通勤ラッシュの比では無いのは確実です。
Img_1126

JR徳島駅前からは、8:45発の大阪行高速バス(徳島バス)に乗車します。
高速バスのりばの先頭に停車しているのが大阪行で、その後ろが関西国際空港行の高速バス(徳島バス)です。
Img_1127

バスに乗り込み出発となりましたが、バスの4列シートはやはり狭い。2時間半ほどで大阪に到着しますが、疲れますね・・・。
Dsc_0511

予定より早く11:10過ぎに梅田三番街に到着し、ちょっと早いですが昼ごはんを食べておくことにします。
立ち寄ったのが、新梅田食堂街の「おおさかぐりる」さん。
Dsc_0513

オーダーしたのは「チキンカツ定食」♪デミグラスソースもグーで、味噌汁もついてお腹いっぱいになりました(^.^)
Dsc_0512_2

で昼食を終え、300駅制覇の前に立ち寄ったのが、大阪ステーションシティのノースゲートビル。
11Fでは外気を感じられるスペースがあるんですよね。
Img_1128
その11Fにあるのが「日本旅行 鉄道プラザ」。
JR西日本の鉄道グッズのほか、JR四国の鉄道グッズも置いてあります。
買ったのは、201系電車のチョロQと、N700系型ホッチキス、それとスマートICOCAのストラップでした(^^)/
Dsc_0514

11Fからは、かつての梅田貨物操作場が見て取れます。もう跡形もありません・・・。
Img_1129

こちらは、グランフロント大阪。やっぱ都会やね~。
Img_1130

さてさて、13時近くになりJR大阪駅から大阪環状線の外回り電車に乗車し、300駅制覇を目指します。
201系電車に、交通科学博物館閉館のヘッドマークがついた電車でした。
Img_1131

では、以降は乗下車した駅ごとにご紹介していきます。

■295駅目 天満駅

Img_1132

南東寄り(桜ノ宮寄り)から見た、南東方向と北西方向。
天満駅は二面二線のホームとなっています。
Img_1133
Img_1134

下の装置は、JR西日本の運行管理システムSUNTRASで乗務員への抑止表示器だと思います。
Img_1135

こちはら北西寄り(大阪寄り)から見た北西方向と南東方向です。
Img_1136
Img_1137

駅周辺と駅構内の模様です。
Img_1138
Img_1139
Img_1140

では次の駅、桜ノ宮へ。
Img_1141

■296駅目 桜ノ宮駅

Img_1142

東寄り(京橋寄り)から見た東方向と西方向。
Img_1143
Img_1144

こちはら西寄り(天満寄り)から見た西方向と東方向。
Img_1145
Img_1146

桜ノ宮駅の西口駅舎を出て、東口へ向かいます。
Img_1147

道路は閑散としていました~。
Img_1148

東口までやってきました。
Img_1149

では次の駅、京橋駅へ向かいます。
Img_1150

■297駅目 京橋駅

Img_1151

南寄り(大阪城公園寄り)から見た南方向と北方向。
Img_1152
Img_1153

こちらは北寄り(桜ノ宮寄り)から見た北方向と南方向。
Img_1154
Img_1155

北側の京阪本線側に出てきました。京阪京橋駅とは反対の東口です。
Img_1156

京阪との乗り換え客も多いようです。
Img_1158

こちがら西口で正面に見えるのが京阪の京橋駅です。
カメラを抱えたクルーがいました~。
Img_1159

こちらは京阪の京橋駅から見たJR京橋駅です。
Img_1160

東西線側のホームは今回行かなかったので、東西線の乗下車の際には撮影したいと思います。

では次の駅、大阪城公園へ。

Img_1161 

■298駅目 大阪城公園駅

Img_1162

ホームから見えるのが、森ノ宮電車区です。
Img_1163
Img_1166

更にそれより東にあるのが大阪市交通局の施設です。
Img_1173

こちらは南寄り(森ノ宮寄り)から見た南方向と西方向。
Img_1164
Img_1165

そして北寄り(京橋寄り)から見た北方向と南方向。
Img_1167
Img_1168

大阪城公園駅は橋上駅舎となっています。
Img_1169 

ペコちゃんが出迎えてくれてます~♪
Img_1170

こちらは駅舎。
Img_1171

そして大阪城公園の先に大阪城の天守閣が顔をのぞかしています。
Img_1172

では次の駅、森ノ宮へ向かいます。
Img_1174

■299駅目 森ノ宮駅

森ノ宮駅はホーム改良工事を行っている最中でした。
Img_1175

南寄り(玉造寄り)から見た、南方向と北方向。
Img_1176
Img_1177

そして、北寄り(大阪城公園寄り)から見た北方向と南方向です。
この日はあちらこちらで、遠足なのか校外学習なのか、集団で乗降する児童の姿を見かけました。先生はたいへんですね~。(ご苦労さまです)
Img_1178
Img_1179

改札は1Fにあります。
Img_1180

駅周辺の風景はこのような感じでした。
Img_1181
Img_1182
Img_1183

では次の駅、玉造へ。
Img_1184

■(祝!)300駅目 玉造駅

やっと達成しました乗下車300駅目!
Img_1185

南寄り(鶴橋寄り)から見た南方向と北方向。
ちょっと雲が多くなって、ほんの少しパラっと雨が降りました~。
Img_1186
Img_1187

デカイ電車やな~と思ったら、建物を大阪環状線の朱色と同じ色にして、先頭車に似せてます。すばらしい~!
Img_1188

こちらは北寄り(森ノ宮寄り)から見た北方向と南方向。
Img_1189
Img_1190

近くには長堀通と玉造商店街もあるんですね~。
Img_1191

こちはら改札口の風景。
Img_1192_2

線路に沿った両側の駅出入口周辺の風景です。
Img_1193
Img_1194

再びホームに戻って記念にパチリ!
それにしてもオッサンや~。若さが無い(-_-メ)
Dsc_0516

では次の駅、鶴橋へ向かうことにしますが、続きはその2で!!
Img_1195

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

ちょっとくま乗りで「みんなのサザエさん展」へ行く!の巻

今日(5/16金)は、午前中に健診施設での健康診断を受け、午後は所用で半日休暇を取りました~。
健診の結果はfacebookに書いた通りでした。胃部レントゲンでバリュームを飲んだので、下剤を服用し、そのまま所用で出かけて帰ってきたころに腹痛とともに排出できました~(^.^)
メデタシ!

夕方に時間が出来たし出るものも出たので、いつもお世話になっている、エフエムびざんさん(B-FM791)他が主催されている「みんなのサザエさん展」を観に行ってくることにしました。

佐古16:21発466D徳島行(1000型単行)のJR徳島線普通列車で徳島へ向かいます。
平日のこの時間は学生さんが多いですね~。
Img_1324

徳島駅前のそごう徳島店にやってきました。
Img_1325

「みんなのサザエさん展」は6階の催し場でやっています。
Img_1326

サザエさん一家が住む「あさひが丘」を100円で権利を買って分譲してくれるそうなので、100円を支出して土地を買うことにしました~。
(展示内容は撮影不可ですが、ここは撮影OKです)
Img_1330

権利販売をされていたのは、エフエムびざんさんの日頃お世話になっている部長さんでした(^.^)ごあいさつをさせていただき、2種類ある家から丸屋根の家を貰います。
そしてどの土地が買えるかは抽選になります。
私は3丁目14番地が買えました。サザエさん一家のお家のすぐご近所です♪

あさひが丘駅前に、エフエムびざんさんの建物を見つけました(^o^)/
Img_1331

丸屋根のお家に赤い色を塗り、JR四国カラーのブルーラインを入れてみました。
屋根に「ステマス」と書いてあるのが、我が家です!
Img_1328

すぐ向こうにサザエさん一家のお家が見えます。ここならサザエさんに追いかけられるカツオくんの姿も日頃から見えそうです(^.^)
Img_1329

「みんなのサザエさん展」は5月21日(水)まで、そごう徳島店でやっていますので、是非足をお運びください!

この後、紀伊国屋書店で買い物をした後、再びJR徳島駅構内へやってきました。
2番のりばには徳島17:36発366D板野行(1000型×2連)のJR高徳線普通列車がいますが、こちらには乗らず・・・。
Img_1332

それより2分早発の徳島17:34発467D穴吹行(1200型+1500型+1200型)のJR徳島線普通列車に乗って帰ってきました。
Img_1333

中間の1500型は八次車でした~。
Img_1334

サザエさんは45周年ということですが、まだまだ続いてほしいと思います~!
Img_1335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

当ても無く・・・これが本当のぶらり旅

5月11日(日)、良いお天気でしたが午後からだんだんと風が強くなりましたね~。

気温も25℃近くになり、家に居たらもったいない気がするので、当ても無く外へ出てきました。
まずはJR徳島駅へ行こうということで、JR佐古駅から汽車に乗ります。
佐古13:08発4458D徳島行(1000型ワンマン)のJR徳島線普通列車に乗り込みます。
Img_1296

とりあえずJR徳島駅前へ来たので・・・。
別にどこのコンビニでも良かったのですが、自動車税を収めてきました・・・。

風は強いけど、天気はいいです。
Img_1297

なんとなく駅前のバス乗り場から、13:40発の鳴門方面行の徳島バスに乗り込みましたが~、さてどこ行こ???
で、14:15過ぎに「東発」というバス停で下車しました。途中、うとうとしてしまいました(^^ゞ
Img_1299
乗ってきたバスは鳴門駅のほうへ走って行きました。
Img_1298

さて「東発」と書いて何と読むでしょうか?

正解は「ひがしばり」です。難しいですね~。

このバス停から北の方向へ向かって歩いていきます。
Img_1300

やがて、交差点に当たりました。左右の方向の通りは「撫養街道」の通りで、交差点の向こうに踏切が見えます。JR鳴門線の踏切です。
Img_1301

交差点と踏切を渡り、少し歩いた先の路地を西に向かって歩きます。
Img_1302

と、程なく駅が見えてきました。
Img_1303

駅前らしい駐輪のヤマ。
Img_1304

ここはJR鳴門線・撫養駅でした。ここまで徒歩10分少々でした。
Img_1305
簡易的な待合がありますが、無人駅です。
JR鳴門線には、JR牟岐線に設置されていたような列車運行情報表示端末は、まだ設置されていないようです。
ホームに出て、列車を待つことにします。
Img_1306

やってきたのは撫養14:29発4964D鳴門行(1200型ワンマン)でした。
次の終点鳴門までこの汽車に乗ることにします。
Img_1307

14:32に鳴門到着。
Img_1308

鳴門折り返しの14:42発4969D徳島行(1200型ワンマン)に乗ります。
Img_1309

15:12に佐古到着。
Img_1310

明日(5月12日)は曇りのち昼過ぎから雨の予報ですね。
5月9日(金)に、振替休暇を取ってJR大阪環状線の駅乗下車をしたブログがまだ書けてないので書かなきゃ・・・。

では、残り少ない休日の時間を皆様ごゆっくりお過ごしくださいませ(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

連休最終日(4日目)のおまけ・・・佐古駅でJR鳴門線976Dを撮る

連休最終日(4日目)のおまけです。
5月6日(火)の19時過ぎ、JR佐古駅の高架ホームから、JR鳴門線の976Dを撮影してみました。

976Dはキハ40×3連。(金曜、土曜、休前日は2連になるようです)
さすがに、手持ちでISO感度を上げてシャッタースピードを遅くして明るく撮っても、流れてしまいますね。まあ、雰囲気をどうぞ。
Img_2515

間もなく日没。
カントの傾斜が大きい佐古駅2番のりばから、赤い夕焼けに向かって976Dは鳴門へ向けて出発していきました。
Img_2516

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

連休最終日(4日目)、JR牟岐線の列車運行情報表示端末を観に行くの巻

GW連休最終日の5月6日(火)、お天気は良くなったのですが遠出しようという気力が無く、思いついたのが、JR牟岐線に導入された列車運行情報表示端末を見にいくことでした。
列車運行情報表示端末は、今年度導入されることが発表されていましたし、連休2日目に宍喰へ行った帰りに、辺川駅の待合の壁に設置されているのがちらっと見えたし、徳島線の乗客さん1551tokutetsuさん から「設置されているよ」との情報もあったので、これは一見の価値ありと判断しました。

佐古13:20発4335D阿南行(1500型ワンマン)に乗車し、二軒屋へ行くことします。
(徳島から阿南間の列車番号は4553D)
Img_0957

徳島で10分ほど停車し、13:33に発車。
Dsc_0509

二軒屋には13:39頃に到着しました。
Img_0963

お目当ての列車運行情報表示端末は、無人化後の元出札窓口跡に、ガラス越しに設置されていました。
Img_0958

「impacTV」というロゴがあり、これは株式会社シアーズという会社の電子POP端末ですね。
普段はJR四国の広告が表示されるようで、その一つのお知らせには「徳島駅長」の表示があるので、徳島駅がコントロールするのでしょうかね?
無人駅などの雨風が当たる待合などでは、盗難や防水、防塵対策がされているのでしょうね。
利用者サービスとしては良いですね~。
Img_0959

さて、列車運行情報表示端末も観たので、ホームの風景を残しておきます。
鉄道高架の計画がありますが、この情緒ある風景をいつまでも観たいですね。
Img_0960
Img_0961
Img_0962

駅前に通じる通りから二軒屋駅駅舎を撮影しましたが、ここに鉄道高架ができると、佐古駅のような感じになっちゃうのでしょうね。
Img_0964

さて、ここからは徳島市営バスで新町へ移動します。消費税アップで均一区間の運賃は200円から210円になってしまいました~。益々バスの利用者が減りそうです。
Img_0965

案の乗、乗客は私含めて3人程度。空気を運んでいるようです。
Img_0966

新町でバスを下車。
かつて新町は、徳島の中心商店街だったのですが、今は閑散としています。
地場のデパート「丸新」が閉店してからは一気に衰退し、今は郊外型のショッピングモールが沢山できて勢いすら感じられません。
昨日まではマチ★アソビのイベントで盛り上がっていたのですが、今日は元に戻ってしまっています。
Img_0967

徳島市内にはたくさんの川があり、水都とくしまをアピールしていますが、私自身もお気に入りの風景です。
特に、ここ新町橋からの眺めは最高ですね。
Img_0968
Img_0969
Img_0970

新町からJR徳島駅まで徒歩移動し、徳島14:34発4348D板野行(1000型ワンマン)のJR高徳線普通列車で佐古まで戻ってきました。
Img_0971

さあ、7日から仕事が始まる~!
でも、9日(金)は先日の休日出勤の振替休暇を取得する予定で、再び3連休。
9日は大阪へ行く計画中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

連休3日目はちょっとくま乗りから思い立ってプチ旅へ。370D引田での秘密とは?

5月5日(月)、徳島は朝から曇り空となり日中は小雨が降り出してしまう天気となり、あっちこっち行こうと思っていたのをやめて、買い物でいつもの佐古~徳島間をちょっとくま乗りをすることに。

佐古17:51発975D徳島行(キハ47×2連)のJR鳴門線普通列車で徳島へ。
この頃はもう雨も上がっていて、曇り空でした。
Img_0910

買い物を終えてこのまま佐古へ戻っても良かったのですが、いつも370D引田行に乗って佐古までの一駅しか乗らないので、終点の引田まで行ってみようと思い立ち、ちょっとしたプチ旅となりました。

徳島駅構内に入ると、3番のりばには18:26発571D牟岐行のキハ47×2連が停車しています。夕方以降の徳島駅はキハ40系の国鉄型気動車が大活躍する時間帯です。
Img_0911_2

跨線橋を渡り、その3、4番のりばあるホームへ移動してきました。
ホームの東側にある、待合の屋根からつりさげられたSEIKOの大時計。
自宅に置けたらカッコいいと思うのですが、きっと売りに出たら高価でしょう・・・。
Dsc_0503

留置線にいる1000型2連はJR徳島線の475Dに仕立てられるのでしょう。
Img_0912

その他、1500型やキハ185系なども居ますが、運行がピークの時間帯なので、留置されている車両は少なめです。
Img_0913

そして、目的の徳島18:35発370D引田行(キハ47×2+キハ40の3連)のJR高徳線普通列車が4番のりばに入線してきました。
Img_0914

編成は引田方からキハ47+キハ47+キハ40となり、キハ40の車両に乗車します。
ボックス席が一人ずつ、ロングシート部分に数人と、空き空き状態です。
Img_0915

窓枠に刻まれた落書きは、いつまでも残ってしまいます。
一生の恥とならないようにしましょう!
Img_0916

370Dはエンジン音を響かせ、高架線路を走行していきます。
Dsc_0504

西の空には少し夕焼けが見えます。6日はお天気の予報です。
Img_0917

18:51に池谷到着。下りの4359D徳島行(1500型ワンマン)との交換となりました。
Img_0918

一駅ずつ進むにつれ、乗客が減っていきます。
Img_0919

阿波川端到着・・・。
Img_0920

板野到着・・・。
板野では下り3023D特急うずしお23号徳島行(N2000系×3連)との交換になりました。
Img_0921

阿波大宮辺りは阿讃山脈の山中にある駅なので、陽もすっかり暮れて闇の世界です。
Img_0922

徳島県と香川県の県境・大坂峠をエンジン音を響かせながら低速でいくつものトンネルを抜け、香川側の初めての駅、讃岐相生に到着となりました。
Img_0923

そして、370Dは定刻19:27に引田駅3番のりばに到着。
既に方向幕のライトが消されています。
Img_0924

1番のりばには、下り365Dとして終点引田に到着した1200型+1500型の2連が、折り返し引田始発19:32発374D高松行として停車しています。
さきほど乗車してきた370Dは引田到着手前でのアナウンスまで、引田で高松行に接続するアナウンスは無く、ちょっと不親切な感じでした。
乗務される車掌さんによって異なるのかもしれませんが、この辺りは改善してほしいものです。(徳島~高松間を通して乗る乗客が少ないと見切っているのかもしれませんが)
更に、可能であれば374Dとの乗り換えは、跨線橋を渡った1番線では無く、同じホームの2番線でできれば、大きな荷物を持った人や雨の日でも楽に乗り換えができるのではと思います。(この日もおおきなキャリーバックを持った女性が跨線橋を渡っていましたし・・・)
Img_0925

一旦引田駅の駅舎を出ましたが、あまり人もおらず、写真だけ撮ってすぐに駅舎へ戻ってきました。
Img_0927

374D高松行が19:32に出発した後、キハ47×2連と、キハ40が分割されます。
既にキハ47×2連は、車内の灯りが消えていますが、キハ40のほうは灯りが点いています。
Img_0928

この後、キハ47×2連は讃岐白鳥方へ移動し、今度は引田駅の留置線へと戻ってきます。
その後後方のキハ40が3番のりばのワンマン停止位置へ移動します。
そして方向幕が「高松」となり、引田20:08発4376D高松行へと変身します。
Img_0929
Img_0930

その辺りを動画で撮ってみましたので、ご覧ください。


これらの写真を撮った後、私は下り引田19:50発369D徳島行(キハ47×2連)に乗車します。この日はタラコ編成でした。
Img_0931

やっぱり高松~徳島間を普通列車で通して乗る乗客は少ないのですね。
車内はガラガラです。
Img_0932

讃岐相生駅で約12分ほど停車し、上り3028D特急うずしお28号高松行(N2000系×2連)と、特急下り3025D特急うずしお25号徳島行(N2000系×2連)を交換し出発します。
その待ち時間に先頭車両を撮影。すっかり闇の中です。
Img_0934
Img_0935

369Dは板野駅で378D板野止り(1200型単行)と交換します。
Img_0936

池谷では上り3030D特急うずしお30号(N2000系×2連)と交換。
そして吉成では、上り4382D高松行(キハ40ワンマン)と交換になりました。
キハ40系気動車同士の交換もいつまで見られるでしょうか・・・。
Img_0937


Img_0938

21:01頃に佐古に到着。約2時間半、徳島~引田間往復で1,100円のプチ旅で、370Dの引田駅での秘密(挙動)も観ることができました。
Dsc_0507

こんな感じで連休三日目が終わったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

連休2日目は阿佐海岸鉄道の硬券を買いに行くの巻!とおまけ(^^ゞ

5月4日(日)、当然ながら妻も仕事が休みなので昼間は妻サービスをして、午後から阿佐海岸鉄道の「あさてつファンクラブ」入会と、4月からの消費税増税後に宍喰駅で自動券売機の稼働をやめ硬券を販売したということで、それを買うのを目的で鈍行列車の旅をしてきました。

15時過ぎにJR佐古駅に到着。高架ホームから見える道路には、白・赤・ピンクのツツジが満開です。
Img_0833

しかし、連休中の日曜日なのにJR佐古駅のホームには人影が余りなく、ちょっと淋しい感じでした。
Img_0834

やってきた佐古15:12発4969D徳島行(1500型ワンマン)のJR鳴門線普通列車で徳島へ向かいます。
ジャージを着た中学生の団体が乗車していて、車内は満員。何かスポーツ大会があったのでしょうね。休日なのにご苦労さまです。
Img_0835

徳島からは15:31発4561D海部行(1500型ワンマン)のJR牟岐線普通列車で終点の海部まで行きます。
さきほどの4969Dに乗車していた中学生の団体は小松島市内の中学校の生徒さんのようで、同じ列車へ乗り換えとなりました。
私は空いている席を見つけて座ることができましたが、こちらの列車も大混雑。隣に座った4、5歳の男の子が私にもたれかかって寝てしまって、阿南までそのままの体勢でした。
阿南でそのお子さんとお母さんが降り際にお礼を言われ、そんなたいしたことしてないのに・・・とちょっと照れてしまいました。
Img_0836

阿南を過ぎると段々と人が減り、日和佐到着の前には先頭座席に移動できました。
Dsc_0495

日和佐では、上りの5056D特急むろと6号徳島行(キハ185×2連)と交換となりました。
Img_0837

牟岐では4574D徳島行(1200型ワンマン)と交換し、海部へはあと少しです。
Img_0839

そして、17:44に海部到着。徳島から2時間13分の所要時間でした~。
Img_0840

海部で有名な山が無いトンネル。
Img_0841

そしてさきほど乗車してきた1500型7次車。折り返し18:28発4578D板野行になりますが、宍喰まで行って戻ってきたら、またこの車両に乗って帰ることになります。
Img_0842
Img_0843
Dsc_0496

海部駅は二面二線の相対式ホームで、片方がJR四国の駅名標、もう片方のホームが阿佐海岸鉄道の駅名標となっています。
Img_0844

甲浦からやってきた、海部17:52発5563D甲浦行(ASA-301)の阿佐東線列車で宍喰へ向かいます。このASA-301は元高千穂鉄道の車両です。
Img_0845

私を含め乗客は4人。私以外は地元に方のようです。
Img_0846

佐古から宍喰までの切符はJR佐古駅で購入した切符でした。
そして定刻出発~。
Img_0847

阿佐海岸鉄道・阿佐東線は8.5Kmしか無い路線ですが、海がとてもきれいに見えます。
Img_0848

そして18:00に宍喰到着。宍喰での滞在時間はわずか18分。降りて早々に窓口で硬券を購入し、撮影を始めます。
東側の出口を出ると、目の前は宍喰小学校の校舎とグランウンドがありますが、休日とあって子供の姿は見えません。
Img_0856

駅は地上に出札があり、ホームは高架上にあります。鉄道建設公団の味気ない高架の造りです。
Img_0850

こちら海部方向へ延びる高架。
Img_0849

駅の傍には、徳島バス南部のバス停があり、牟岐~甲浦を結ぶ路線バスのうち数便がここを通るようです。
Img_0851

宍喰駅の西側へやってきました。
太陽が西の空に沈もうとしています。
Img_0852

鉄道高架が夕陽に染まっています。
翌日の5日は雨の予報・・・。空に見えるうろこ雲が予報を物語っているようです。
Img_0853
こちらは宍喰駅と高知県甲浦へ延びる鉄道高架。
空気も澄んで、とても良い気分でした。
Img_0854

周辺は田植えが終わり、水路には水が流れ、いつまでも居たい気分ですが、滞在時間は18分。周辺の撮影はこの辺にして、駅へ戻ることにします。
Img_0855

こちらは地上部分の待合と出札があるところ。
Img_0857

水槽の中には阿佐海岸鉄道の名物、伊勢えび駅長がいます。
Img_0858

駅長同士、挨拶をかわしてきました(^.^)
Img_0859

再び高架上のホームへ。現状では宍喰駅のホームは一面一線となっています。
宍喰の駅名標の隣に「上大海」の駅名標がありますが、こちらは「任侠ヘルパー」というSMAPの草薙くん主演のドラマで使われたのが残されているようですが、私はこのドラマを観ていませんでした(^^ゞ
夕焼けに染まってますね~。
Img_0860

宍喰での滞在も終わり。
宍喰18:18発5566D海部行(ASA-301)の阿佐海岸鉄道・阿佐東線の列車で海部へ戻ります。
Img_0861

今回買ったのがこれら。
硬券入場券のセットと、阿佐東線開業20周年の記念乗車券、ソーラーLEDキーホルダー2種類。もっと頻繁に乗ってあげたいのだけどね・・・。
廃止にならないように頑張ってほしいです。
Img_0862

景色が綺麗~。
Img_0863

乗客は私を含め3人。ほんとうに廃止にならにょうに支援したいです。
Img_0864

7分で海部に到着し、海部18:28発4578D板野行(1500型ワンマン)で徳島へ向かいます。
この4578Dは、途中の阿南から車掌が乗務する578Dとなり、徳島からは再び4384Dというワンマン列車の列車番号になります。
Img_0865

乗客は、阿佐海岸鉄道からの乗り換え客を含め5人ほど。超ローカル線です。
Img_0866

「○○○○○け」というのは、徳島の南部地域の方言なので、私は使ったことがありません。北部だと「○○○○○で」が多いかな。なので「みんなでのらんで」となります。
Img_0867

海部を定刻に出発し、海部川を渡ってJR牟岐線を北上していきます。
Img_0868

やがて夕闇が迫ってきます。
Dsc_0498

日和佐に到着した19時過ぎにはすっかり陽が落ちました。
写真の右に写っているのは、四国霊場二十三番札所・薬王寺の瑜祇塔がライトアップされています。
Dsc_0499

こちら望遠で瑜祇塔をアップにしてみました。
Img_0869

そして19:46に阿南到着。28分もの停車時間があり、乗ってきた列車の前に、下り列車として阿南に到着した573D(1500型×2)を連結し、1500型×3連となって徳島へ向かいます。
Dsc_0500
で、途中のJR桑野駅で下りのキハ47とすれ違った時、ホームに鉄ちゃん2名が写真を撮っているな~と思ってたのですが、阿南駅で声をかけてくれました。
その声をかけてきてくれたのが、当ブログでリンクさせていただいている、「徳島線の乗客さん」と「1551tokutetsuさん」でした(^.^)
この後、徳島までご一緒し、いろいろと鉄分豊富な話をさせていただきました!
ありがとう!!

お話をしていると時間が速いですね。21:02に徳島に到着し、お二人とはここでお別れして、徳島21:06発481D阿波池田行(1500型+1200型)のJR徳島線普通列車で佐古へ戻ってきました。
Img_0870
Dsc_0501

佐古到着~!
Img_0871

実はこれで終わりではなくて、一旦自宅へ戻った後、今度は妻を伴って徳島の繁華街へ食事に行こうということで、佐古22:44発4383D徳島行(1500型ワンマン)のJR高徳線普通列車に乗車したのでした。
Img_0908

こちらは徳島に到着した4383D。
Img_0909

居酒屋さんでアルコールも少々飲み、タクシーで自宅へ戻った時は24時半過ぎでした(^o^)/
連休2日目はこんな感じで終わったのでした(^.^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

「マチアソビvol.12記念入場券」購入のちょっとくま乗りで連休スタート!

今日(5月3日)からGW後半の休日が始まりました~(^.^)

facebookのほうで書き込みましたが、朝からシネマサンシャイン北島で「相棒-劇場版3- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」を観てきました。
その後、妻と私の実家に行きお昼は焼き肉パーティーで、スタミナ充填完了です(^o^)/

徳島市中心部では、今日から5日までアニメの祭典「マチ★アソビvol.12」がスタートし、それに合わせてJR四国から「マチアソビvol.12記念入場券」が発売となったので、夕方から一人で買いに行ってきました。記念入場券は2種類で、各1,000枚、JR徳島駅のみでの発売なので、鉄ヲタとして買いに行ってきました。(アニメヲタではありません~)

佐古16:40発4468D徳島行(1200型ワンマン)のJR徳島線普通列車で徳島へ。
Img_0786
車内も混雑、徳島駅に降り立ってもいつもより人が多く、特に若い子が多いなぁ~という感じでした。
で、JR徳島駅コンコースに設けられた発売ブースで記念入場券を購入しましたが、残り僅かという感じでしたので、今日中に完売か、明日の早いうちには売り切れるだろうと思います。
こちらがその記念入場券。
Img_0790
Img_0791
アニメは、名探偵コナンかサザエさんぐらいしか興味が無いので、この絵がどれだけいいのか全く価値がわかりません・・・。オヤジなんだな~。

この後、紀伊国屋書店に寄り、元町交差点の歩道橋から見た徳島市内は、夕焼けに染まった風景がとても綺麗でした。
新町橋方向から見える眉山の向こうには夕陽がさしています。
Img_0787
そうごうが入るアミコビル、徳島駅ビルのクレメント、名店街ビルに囲まれた中心にはワシントンヤシがそびえています。
Img_0788

帰りの列車は、徳島17:34発467D穴吹行(1500型+1200型)のJR徳島線普通列車で佐古へ戻ってきました。
Img_0789

そして・・・
J1・徳島ヴォルティスは先の甲府戦で初勝利を上げたものの、今日のホームでの仙台戦は負けてしまい、ホーム初勝利はお預けとなってしまいました。
その観戦客輸送でJR鳴門線列車の増結があり、975DをJR佐古駅の高架ホームから撮影してきました。
Img_2498
通常、キハ47×2連ですが、今日はキハ40が増結され3両編成での運行でした。
Img_2497
(←鳴門方 キハ47+キハ47+キハ40 徳島方→)

夕陽を浴びて、観戦客を徳島へと運んでいきました~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年5月 2日 (金)

JR阿南駅勤務の社員が売上金を着服

NHKニュースによると、JR阿南駅に勤務するJR四国の社員が、阿南駅が管理するJR羽ノ浦駅の売上金から現金10万円を着服し、5月2日付で懲戒解雇されたとのことです。

この社員は月に10日ほど羽ノ浦駅に勤務しており、4月10日に売上金の10万円を競艇の賭け金として使い、売上金が足りないと報告したようですが、その後着服を自白したようです。

既に10万円を弁済しているためJR四国は刑事告訴をしないようですが、信頼を裏切る出来事で残念です。
JR四国には綱紀粛正をお願いしたいと思います。

NHKニュースサイトへのリンク

Img_2120_1

(JR阿南駅)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »