« 連休2日目は阿佐海岸鉄道の硬券を買いに行くの巻!とおまけ(^^ゞ | トップページ | 連休最終日(4日目)、JR牟岐線の列車運行情報表示端末を観に行くの巻 »

2014年5月 6日 (火)

連休3日目はちょっとくま乗りから思い立ってプチ旅へ。370D引田での秘密とは?

5月5日(月)、徳島は朝から曇り空となり日中は小雨が降り出してしまう天気となり、あっちこっち行こうと思っていたのをやめて、買い物でいつもの佐古~徳島間をちょっとくま乗りをすることに。

佐古17:51発975D徳島行(キハ47×2連)のJR鳴門線普通列車で徳島へ。
この頃はもう雨も上がっていて、曇り空でした。
Img_0910

買い物を終えてこのまま佐古へ戻っても良かったのですが、いつも370D引田行に乗って佐古までの一駅しか乗らないので、終点の引田まで行ってみようと思い立ち、ちょっとしたプチ旅となりました。

徳島駅構内に入ると、3番のりばには18:26発571D牟岐行のキハ47×2連が停車しています。夕方以降の徳島駅はキハ40系の国鉄型気動車が大活躍する時間帯です。
Img_0911_2

跨線橋を渡り、その3、4番のりばあるホームへ移動してきました。
ホームの東側にある、待合の屋根からつりさげられたSEIKOの大時計。
自宅に置けたらカッコいいと思うのですが、きっと売りに出たら高価でしょう・・・。
Dsc_0503

留置線にいる1000型2連はJR徳島線の475Dに仕立てられるのでしょう。
Img_0912

その他、1500型やキハ185系なども居ますが、運行がピークの時間帯なので、留置されている車両は少なめです。
Img_0913

そして、目的の徳島18:35発370D引田行(キハ47×2+キハ40の3連)のJR高徳線普通列車が4番のりばに入線してきました。
Img_0914

編成は引田方からキハ47+キハ47+キハ40となり、キハ40の車両に乗車します。
ボックス席が一人ずつ、ロングシート部分に数人と、空き空き状態です。
Img_0915

窓枠に刻まれた落書きは、いつまでも残ってしまいます。
一生の恥とならないようにしましょう!
Img_0916

370Dはエンジン音を響かせ、高架線路を走行していきます。
Dsc_0504

西の空には少し夕焼けが見えます。6日はお天気の予報です。
Img_0917

18:51に池谷到着。下りの4359D徳島行(1500型ワンマン)との交換となりました。
Img_0918

一駅ずつ進むにつれ、乗客が減っていきます。
Img_0919

阿波川端到着・・・。
Img_0920

板野到着・・・。
板野では下り3023D特急うずしお23号徳島行(N2000系×3連)との交換になりました。
Img_0921

阿波大宮辺りは阿讃山脈の山中にある駅なので、陽もすっかり暮れて闇の世界です。
Img_0922

徳島県と香川県の県境・大坂峠をエンジン音を響かせながら低速でいくつものトンネルを抜け、香川側の初めての駅、讃岐相生に到着となりました。
Img_0923

そして、370Dは定刻19:27に引田駅3番のりばに到着。
既に方向幕のライトが消されています。
Img_0924

1番のりばには、下り365Dとして終点引田に到着した1200型+1500型の2連が、折り返し引田始発19:32発374D高松行として停車しています。
さきほど乗車してきた370Dは引田到着手前でのアナウンスまで、引田で高松行に接続するアナウンスは無く、ちょっと不親切な感じでした。
乗務される車掌さんによって異なるのかもしれませんが、この辺りは改善してほしいものです。(徳島~高松間を通して乗る乗客が少ないと見切っているのかもしれませんが)
更に、可能であれば374Dとの乗り換えは、跨線橋を渡った1番線では無く、同じホームの2番線でできれば、大きな荷物を持った人や雨の日でも楽に乗り換えができるのではと思います。(この日もおおきなキャリーバックを持った女性が跨線橋を渡っていましたし・・・)
Img_0925

一旦引田駅の駅舎を出ましたが、あまり人もおらず、写真だけ撮ってすぐに駅舎へ戻ってきました。
Img_0927

374D高松行が19:32に出発した後、キハ47×2連と、キハ40が分割されます。
既にキハ47×2連は、車内の灯りが消えていますが、キハ40のほうは灯りが点いています。
Img_0928

この後、キハ47×2連は讃岐白鳥方へ移動し、今度は引田駅の留置線へと戻ってきます。
その後後方のキハ40が3番のりばのワンマン停止位置へ移動します。
そして方向幕が「高松」となり、引田20:08発4376D高松行へと変身します。
Img_0929
Img_0930

その辺りを動画で撮ってみましたので、ご覧ください。


これらの写真を撮った後、私は下り引田19:50発369D徳島行(キハ47×2連)に乗車します。この日はタラコ編成でした。
Img_0931

やっぱり高松~徳島間を普通列車で通して乗る乗客は少ないのですね。
車内はガラガラです。
Img_0932

讃岐相生駅で約12分ほど停車し、上り3028D特急うずしお28号高松行(N2000系×2連)と、特急下り3025D特急うずしお25号徳島行(N2000系×2連)を交換し出発します。
その待ち時間に先頭車両を撮影。すっかり闇の中です。
Img_0934
Img_0935

369Dは板野駅で378D板野止り(1200型単行)と交換します。
Img_0936

池谷では上り3030D特急うずしお30号(N2000系×2連)と交換。
そして吉成では、上り4382D高松行(キハ40ワンマン)と交換になりました。
キハ40系気動車同士の交換もいつまで見られるでしょうか・・・。
Img_0937


Img_0938

21:01頃に佐古に到着。約2時間半、徳島~引田間往復で1,100円のプチ旅で、370Dの引田駅での秘密(挙動)も観ることができました。
Dsc_0507

こんな感じで連休三日目が終わったのでした。

|

« 連休2日目は阿佐海岸鉄道の硬券を買いに行くの巻!とおまけ(^^ゞ | トップページ | 連休最終日(4日目)、JR牟岐線の列車運行情報表示端末を観に行くの巻 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
引田から先のキハ40ってダイヤ改正前とスジ変わってたのですね。てっきり勘違いしてました。
検証お疲れ様でした。

投稿: 1551tokutetsu | 2014年5月 6日 (火) 20時38分

1551tokutetsuさん

こんばんわ。
春のダイヤ改正後で引田行になってから、引田での挙動が気になっていたのですが、1551tokutetsuさん達とお話していて、実際に見てくるのもいいかと思っていました。
で、まあプチ旅に出たという訳です。

実際の車両の動きが見えてすっきりしました(^.^)

投稿: Station Master | 2014年5月 6日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/59596893

この記事へのトラックバック一覧です: 連休3日目はちょっとくま乗りから思い立ってプチ旅へ。370D引田での秘密とは?:

« 連休2日目は阿佐海岸鉄道の硬券を買いに行くの巻!とおまけ(^^ゞ | トップページ | 連休最終日(4日目)、JR牟岐線の列車運行情報表示端末を観に行くの巻 »