« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

2014.3.15JR四国ダイヤ改正に見る徳島県関係の普通列車

2014.3.15のJR四国ダイヤ改正まで2週間弱となりダイヤ改正を収録した時刻表も発売されました。
JR高徳線、徳島線、牟岐線、鳴門線で現状のダイヤと比べてみました。
Dsc02632

■JR高徳線

 現在のダイヤで高松10:57発4331D阿南行(徳島から4557D)が、高松~引田間と板野~阿南間の区間列車となり、引田~板野間の運行が廃止されます。

 また、徳島12:16発4340D高松行が、徳島~板野間、引田~高松間の区間列車となり、板野~引田間の運行が廃止されます。

 徳島18:35発370D高松行は、徳島~引田間、引田~高松間の区間列車となり、引田駅での乗り換えが発生するようになります。この370Dはキハ40+キハ47×2の3連で運行されていましたが、ダイヤ改正後も引き続きキハ40系での運行になるのでしょうか。

■JR徳島線

 阿南13:59発4558D穴吹行(徳島から4459D)が、徳島~穴吹間で運行が廃止されます。

 また、穴吹14:44発4466D徳島行が全区間で運行が廃止されます。

 その他、穴吹5:29発4430D徳島行が徳島からJR牟岐線・海部まで直通運転となります。現ダイヤでは4430Dはキハ40での運行でしたが、ダイヤ改正後も継続されるのでしょうか。

■JR牟岐線

 牟岐12:10発4543D海部行が全区間で運行が廃止されます。これにより徳島10:09発4541D牟岐行から終点の牟岐で4543Dに乗り継ぐことができなくなります。代わって、牟岐16:52発海部行が新たに運行されますが、徳島方面から連絡する列車はありません。

 また、海部11:33発4548D牟岐行が全区間で運行が廃止されます。これにより、牟岐11:50発4552D徳島行へ、甲浦・海部方面から乗り継げなくなります。代わって牟岐17:48発4576D徳島行(阿南から576D)が海部始発となり、海部~徳島間での運行となります。

■JR鳴門線

 鳴門6:52発池谷行の途中駅通過列車が新設され、池谷駅で305D徳島行に接続します。
 折り返し、池谷7:08発鳴門行の普通列車も新設されます。いずれも土曜・休日運休となります。

Img_2568
(2013.7.27 JR佐古駅に入線するJR高徳線370D高松行)

1500型気動車8次車2両の運用が開始され、キハ40系気動車の廃車が進むのかどうか、気になるところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

団子3兄弟ならぬ予土線3兄弟!?

先日FMラジオのリクエスト曲で、ごっつい久しぶりに団子3兄弟の曲を聴いたんですが、2月24日(月)のJR四国・ニュースリリースで、予土線に3つの観光列車が勢ぞろいするので、3つの観光列車の愛称を「予土線3兄弟」にした!という内容でした。

で、長男=しまんトロッコ、次男=海洋堂ホビートレイン、三男=鉄道ホビートレインだそうです。

さらに、ロゴマークまで作ってしまったらしい・・・。
Mark

そしてスタンプラリーも開催されるとか。
3月15日(土)~9月30日(火)の間、3つの観光列車内でスタンプを押せば、乗車証明書をいただけるようです。ただし、しまんトロッコについては車掌検札時に押印とのことなので、トロッコ車両に乗らないと押してもらえないのかな?
スタンプラリーブックは宇和島駅、窪川駅、江川崎駅でいただけるそうですが、江川崎駅は、休日には窓口が閉まっているようなので注意が必要かも。

「しまんとグリーンライン フリーきっぷ」という2日間有効のきっぷも発売するそうで、大人1,940円、小児970円(4月1日から大人2,000円、小児1,000円)とのこと。
発売もスタンプラリーブックといっしょで、宇和島駅、窪川駅、江川崎駅だそうです。
で、またもや収集鉄をくすぐる、「先着1,000名には紙のきっぷ『常備券』で発売する」とのことで、鉄ちゃんをターゲットにしているようです。

ダメ押しは、スポーツタオル、マグネット、クリアファイル、マグカップというグッズを発売するとのこと。(グッズの収益は、予土線の収益というよりも、JR四国の関連会社が潤うだけのような気がしますが・・・。できれば地元還元してほしいですね。)

しかし、ここまでしないと予土線はやばいのかな・・・と思ってしまいます。

3つの観光列車を乗り継ぐモデルプランも添付されているのですが、JR四国だけのイベントとせず、地域と一体になることが重要だと思います。
たとえば、昼時に窪川駅での観光列車乗り継ぎに1時間半以上時間があっても、特色ある駅弁も無いし、近くに食事ができる場所もあまりなかったように思います。
こういうところも一体にならないと、「口コミ」や「リピータ」は期待できないかもしれません。
ちょっと厳しいようですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

ぶらっと小松島市営バスに乗って立江寺に初会式に行って、帰りはやっぱ汽車だよね!

2月23日(日)、午前中は雲が多い時間帯もあったのですが、午後からも良い天気だったので、日曜の午後のひと時にぶらっとしてきました。
この日は、四国霊場十九番札所・立江寺(たつえじ)の初会式があるので、ちょっとお参りに行ってこようと思い立ったので、じゃあ来年廃止になる小松島市営バスに乗ってみるか~と言うことで、出かけました。

いつものJR佐古駅へ行くと、徳島線開業100周年を記念するシールラッピングがされています。
Img_1757

駅構内にはフラッグがありますが、飾り付けはこれだけ。100周年にしてはちょっと寂しいですな・・・。
Img_1758

佐古14:20発4462D徳島行(1500型ワンマン)のJR徳島線普通列車で徳島へ向かいます。
Img_1759

青空が綺麗です。
JR徳島駅前の徳島バス・小松島市営バスのりばに、14:40発の小松島市営バスの立江・萱原行がやってきました。
Img_1760

以前は徳島駅前に小松島市営バスが沢山顔を出していたのですが、減便に次ぐ減便で、今や姿を見るのが非常に少なくなりました。
Img_1761

目的地は立江小学校前。先の案内所で運賃を尋ねると440円ということでした。
車内は私を除くと、小さな子供連れの女性と、お年寄りの方のみ。
途中の日赤病院前からは、乗客が私一人になってしまいました。
これでは廃止も止むを得ずなのか・・・。
Img_1763

15:25過ぎに立江小学校前に到着。
Img_1764

立江小学校の運動場が立江寺・初会式の臨時駐車場になっているようで、PTAの方なのか、駐車場整理をやられていました。(お疲れ様です)
Img_1765

立江寺へ向かう参道を歩いていくと・・・、
Img_1766

出店が見えてきました。
Img_1767

ここが立江寺の仁王門。
Img_1768

梅の花がちらほら咲く先が本堂です。
会社の繁栄、家族の無病息災など、お願い事をたんまりとしてきました。
Img_1769

多宝塔と弘法大師像です。
Img_1770

立派です。眺めているだけで落ち着きます。
Img_1771

参拝を終え、出店を列を通り抜け、500mほど先にあるJR牟岐線・立江駅へ向かいます。
どっかで寅さんが居そうな雰囲気でした。
Img_1772

立江駅までやってきました。小さな駅舎は無人駅です。
Img_1773_2

ホームは一面二線の島式ホームで、駅舎からは構内踏切を渡る構造です。
南方向(羽ノ浦方向)を望みます。
Img_1774

南方向(羽ノ浦方向)にある踏切近くのポイントは、スプリングポイントとなっています。
スプリングポイントとは、一定の開通方向に進入するようセットされたポイントで、非開通側からは車輪でポイントレールを押して進み、通過するとスプリングによって元の開通方向に戻る仕組みです。
Img_1775

北方向に広がるホーム上には屋根付きの待合があるのみです。
Img_1776

駅名標が以前来た時からリニューアルされているように感じます。
駅ナンバーリングもシールでは無く、きちんと印刷されています。
Img_1777

立江寺への案内看板も並んで立っています。
Img_1783

そしてこの日から始まった初会式の案内看板も取り付けられています。
Img_1778

北方向(阿波赤石方向)のポイントもスプリングポイントになっています。
Img_1780

スプリングポイントからローカル線の線路がまっすぐ延びています。
Img_1781

立江駅のホームは20m級車両が4両ほど停車できる長さがあります。
Img_1782

立江16:07発564D徳島行(1200型×2連)のJR牟岐線普通列車で徳島へ向かいます。
Img_1786

立江駅は無人で、かつ自動券売機の設置も無いため、乗車後に車掌さんから切符を購入します。ハンディーターミナルで発券されるレシート状の切符は、何か味気ない感じがします。
Dsc_0447

16:37に徳島駅到着。
徳島駅の2番のりばでは、特急列車の車内に向かって小さな女の子が手を振っています。
Img_1788

車内にはお母さん?それともおじいちゃん、おばあちゃんがいるのかな?
Img_1787

小さな子供さんが手を振っていた5022D特急うずしお22号岡山行のN2000系×2連が出発したあと、同じ2番のりばに徳島16:54発362D板野行(1000型単行)が入線してきました。
Img_1789_2

16:57に佐古到着。
立江寺で祈願したことが叶うといいのですがね~。
そんな日曜のぶらり旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

飲み会でちょっとくま乗り & J1 徳島ヴォルティス開幕戦ラッピング車運行!

2月21日(金)、職場の新メンバー歓迎会をプロジェクトチームで行うことになり、開場の居酒屋へ向かうために、佐古~徳島間をちょっとくま乗って向かいました(^o^)/

プロジェクトメンバーの業務都合により宴会は20時スタートとなったので、それに間に合う列車に乗って徳島へ向かいます。
普段、職場へはマイカー通勤をしていますが、飲み会がある時はマイカーをどうするかというのが課題になります。公共交通機関が発達していない地方ならではの課題です。
この日は普段通り職場へはマイカー通勤し、業務終了後一旦自宅にマイカーを置きに帰り、飲み屋さんまではJRを使うという方法で向かいます。(ちょっとでも汽車に乗りたいので~)

佐古19:27発977D徳島行(キハ47×2連)のJR鳴門線普通列車で徳島へ~。
Dsc02626
977Dの直前のスジを走る3023D特急うずしお23号が遅れていたため、977Dも2分おど遅れて到着となりました。
キハ47の赤いシートに腰をおろし、3分程の短い旅でした~。
Dsc02627

この日の歓迎会は、籠屋町(かごやまち)にある居酒屋「日本一」というお店。
徳島市の繁華街は、秋田町・富田町・栄町・紺屋町辺りで、そこから少し離れた場所にあるお店です。
お店へ向かう途中、新町橋から眉山ロープウェイ山麓駅方向を見ると、ひときわ光り輝く建物があり、それは山麓駅を兼ねた阿波おどり会館なのでした。
Dsc02628

JR徳島駅から歩くこと十数分、目的のお店に到着です~。
Dsc02629

仲間5人と阿波尾鶏の水炊きを囲んで、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

宴会中、メンバーの一人から、「J1 徳島ヴォルティスのラッピング車が走るらしいで」という情報をいただき、早速JR四国のニュースリリースを確認するとこんな記事でした。

■「徳島ヴォルティスラッピング車両」のヘッドマーク取付式および車両お披露目の開催について

 徳島ヴォルティスのJ1昇格を記念して、1200型気動車4両に応援ラッピングを行い、徳島県内の各線区を運行するそうです。

  記念式典
   3月6日(木) 13:30~14:00
   JR徳島駅2番のりばでラッピング車がお披露目されます。

  運行予定
   ホーム開幕日 3月8日(土) 対セレッソ大阪 14:00キックオフ
    徳島駅発11:08 鳴門駅着11:49 4両編成にて運行(4両ラッピング車両)
    池谷駅発12:43 鳴門駅着13:00 4両編成にて運行(4両ラッピング車両)
    鳴門駅発16:35 徳島駅着17:11 4両編成にて運行(1両ラッピング車両)

  ヘッドマーク
   Vortis1
   ラッピング
    Vortis2

歓迎会も終わり、繁華街の飲み屋街を通り、年上の先輩と一人とショットバーへ。
Dsc02630

いろいろ悩み事も聞いてもらい、少し気持ちが楽になりました~。

で、12時前には先輩のタクシーに同乗させてもらい、佐古まで帰ってきました。
翌日はたいした二日酔いも無く、ハッピーな夜でした(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

JR徳島駅4番のりばに入線する370Dと3番のりばから発車する573D(キハ40系)

2月11日(火・祝)にちょっとくま乗りした18時頃のJR徳島駅では、キハ40系気動車が大活躍しています。
4番のりばに入線する高松行370D(キハ40+キハ47+キハ47)、3番のりばから発車する牟岐行(キハ47+キハ47)、さらに徳島運転所から出場するキハ185系3連(4011D特急剣山11号穴吹行)を撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

JR四国では観光・イベント列車が花盛り!

一昨日、昨日、今日とJR四国からの観光・イベント列車のニュースリリースがたくさん発表されましたので、当ブログでも簡単にご紹介を。

観光列車「伊予灘ものがたり」の列車愛称の決定について

平成26年夏から松山~八幡浜間の海回りで運行が開始される、観光列車「伊予灘ものがたり」にの正式な列車愛称名と列車ダイヤが発表されました。(詳しくはJR四国のページをご覧ください)
各便に対して「伊予灘ものがたり○○編」(○○の部分が便によって異なる)という愛称が付けられます。

予讃線のぶらり旅では、海回り線はいつも雨や曇りだったので、晴れた日に観光列車でゆっくり、のんびりと過ごしたいですね~。

1311221_m
(伊予灘ものがたりの列車イメージ)

徳島線(徳島駅~阿波池田駅間)全線開通100周年記念沿線探検スロー列車「徳島線花(とくしませんか)」号の運転について

3月から7月までの各月1回(計5回)、徳島駅から阿波池田への片道7時間39分かけて運行される団体列車で、2月21日からJR四国のワーププラザなどで募集が始まります。

なんでこんなに時間がかかるのかと言うと、途中駅で観光したりイベントがあったりするので、それのための停車時間があるようです。さらに沿線のご当地キャラがいっしょに乗車するそうです。

さて、この団体列車にはどのような車両が使われるのでしょうか。キハ185系のアイランドエキスプレスIIでは、この鈍足には似合わないかもしれませんが、折角なので専用ヘッドマークの掲出などあればいいですね。

「得しません」でした~とならないように祈ります!

■「JR四国 8000系方転列車乗車と多度津工場キハ65 ヘッドマーク交換撮影会の旅」の発売について

岡山駅でのグリーン車乗車位置を合わせるために、3月15日のダイヤ改正前日に、坂出~児島~宇多津の三角線を使って方向転換をさせるのですが、それを行う列車の客を乗せて鉄ちゃんからお金を分捕ろうと企画されたイベントです。
募集人員を絞り、乗客は必ず窓側に座れるようにするそうです。

また、これだけでは鉄ちゃんは物足りないので、従来なら鉄道まつりぐらいしか入れないJR四国・多度津工場に行き、キハ65気動車にかつての急行ヘッドマークを取り付けて、撮影会を行うそうです。

ちょっと触手が動きましたが、3月14日(金)の実施では、決算前、消費税アップ前のこの時期に、平日仕事を抜けるのは厳しいですね~。残念・・・。

Img_8863
Img_8864
(2012.11.24 雨の中JR予讃線・玉之江駅を爆走するJR四国8000系電車・特急しおかぜ)

「記念ICOCA」発売にあたり整理券をお配りします!

3月1日からのICカード利用エリア拡大(高松~多度津間)を記念して、限定1万枚の「記念ICOCA」購入のための整理券を当日朝5時から区間内の各駅で配るそうですが、当日に1万枚を売り切れる需要があるのかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

2月11日はちょっとくま乗り(佐古~徳島)

2月11日(火・祝)、所用で佐古~徳島間をちょっとくま乗りしてきました。

佐古9:44発957D徳島行(1500型+1200型)のJR鳴門線普通列車で徳島へ。
Dsc02589
北風が吹き、粉雪が舞う寒~い朝でした。

で、帰りは18時20分頃にJR徳島駅構内へ入ってきました。
Dsc02593
闇の中に浮かぶ「通行禁止」の手書き看板。いつからここにあるのでしょうね。

2番のりばには3026D特急うずしお26号高松行 、3番のりばには573D牟岐行が停車しています。
Dsc02592

そして私が乗る徳島18:35発370D高松行(キハ40+キハ47×2連)のJR高徳線普通列車。
Dsc02598

冷えた身体を暖めてくれるほどの暖房は効いていませんでしたが、国鉄型車両に乗るとホッとします。
Dsc_0439

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

鉄道ホビートレイン(なんちゃって新幹線)、鋭意改造中!

2月18日(火)20:45からのNHK四国のニュースで、JR四国がキハ32気動車を改造して0系新幹線似の「鉄道ホビートレイン」を、多度津工場で鋭意製作中ということが伝えられていました。
Dsc_0444
まだ、団子鼻はついていませんが、側面とスカートは新幹線になってきましたね。
失礼ながら、これを私は「なんちゃって新幹線」と呼ぶことにしています。

3月1日から四国各地とJR四国の全線を走るということで、あと数日のうちには完成するのでしょう。
実物を拝見するのが楽しみです(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

DMV、Smart BESTに続き、今度は徳島路を新幹線が走る!?

2月14日(金)のJR四国・ニュースリリースでは、「なんちゃって新幹線」こと「鉄道ホビートレイン」の展示会や回送ダイヤ、3月15日の出発式のことなどが発表されました~。
Kiha32

展示会は、四国各地で行われ、日程などは以下の通りです。

月  日 駅  名 のりば 展 示 時 間
3/1(土) 伊予西条 3番線 10時45分~11時20分
松山 2番線 14時00分~15時00分
3/2(日) 窪川 3番線 9時05分~10時10分
高知 4番線 12時30分~13時15分
3/8(土) 高松 9番線 12時25分~13時45分
3/9(日) 徳島 1番線 9時45分~10時20分
3/15(土) 宇和島 3番線 10時00分~11時00分

で、どこで味をしめたのか各展示会場を回送する列車ダイヤまで公開してしまうことに。
(乗り・降り鉄以外の鉄に、汽車に乗ってもらおうと考えるのはきっと甘い!みんな車でロケハンですよ。きっと。たぶん?)

3/1(土)
多度津6:34発->7:24着 観音寺 7:26発->9:38着 新居浜 10:29発->10:39着 伊予西条
伊予西条11:27発->(今治12:16頃通過)->(伊予北条13:15頃通過)->13:49着 松山
松山15:21発->(伊予長浜16:05頃通過)->17:09着 八幡浜 17:23発->18:39着 宇和島

3/2(日)
宇和島6:41発->7:56着 江川崎 8:00発->8:59着 窪川
窪川10:16発->10:54着 須崎 10:55発->12:23着 高知
高知13:23発->15:31着 大歩危 16:32発->17:48着 阿波池田 17:50発->18:46着 多度津

3/8(土)
多度津11:12発->(坂出11:24頃通過)->11:35着 端岡 12:02発->12:17着 高松
高松13:56発->(志度14:33頃通過)->14:58着 三本松 15:01発->16:09着 徳島

3/9(日)
徳島10:33発->10:48着 池谷 11:11発->11:23着 鳴門
鳴門13:30発->13:42着 池谷 14:16発->14:33着 徳島

3/10(月)
徳島10:25発->11:18着 阿南 11:21発->12:25着 牟岐 12:48発->13:00着 海部
海部13:07発->13:18着 牟岐 13:24発->14:36着 阿南 14:46発->15:33着 徳島
徳島15:35発->15:55着 石井 16:02発->16:49着 穴吹 16:52発->17:50着 阿波池田
阿波池田18:40発->19:22着 琴平 19:23発->19:43着 多度津

3/11(火)
多度津9:25発->10:07着 観音寺 10:13発->11:20着 伊予西条 11:27発->13:49着 松山

3/14(金)
松山14:42発->15:41着 内子 16:18発->17:09着 八幡浜 17:23発->18:39着 宇和島

※乗車はできません!(乗れないからと言ってダダをこねないように)
※当日の運行状況等によっては、止むを得ず回送運転を変更・中止する場合があるそうです。

3月15日(土)から予土線で運行開始予定でしたが、15日は団体専用列車として運転し、応募者を募集して抽選で当選した人を乗せて、宇和島~北宇和島~宇和島間を往復するようです。詳細はJR四国のニュースリリースで。

あと、おまけ?なのか、3月15日(土)と16日(日)に、JR四国内で有効な定期券を持っている方に、「定期券de乗り放題きっぷ」なるものを発売するそうです。
一日限りでJR四国全線の特急自由席が乗り放題で、大人2,440円、小児1,220円だそうです。詳細はJR四国のニュースリリースで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

Smart BESTの次はDMVだぜ!徳島は未来の鉄道が熱い!!

ホワイトバレンタインデーとなった2月14日、雪のため会社まで列車と徒歩で向かったので、帰りは徒歩と列車での帰宅となりました。

15時頃には雪も止み、湿った雪はずいぶんと溶けていました~。
(正面は徳島地方裁判所のプレハブ仮庁舎で、国道11号です。)
Dsc02615

今日は定時後18時過ぎに会社を出て、徒歩で徳島駅へ。
途中、徳島中央公園にある鷲の門では、残雪とライトアップで妙にいい雰囲気でした。
Dsc02616

JR徳島駅からは、18:26発473D穴吹行(1500型×3連)のJR徳島線普通列車で佐古まで戻ってきました。
Dsc02617

ところで、今朝は雪が降って急いで会社へ行ったこともあり、新聞(朝刊)を読む暇がなかったので、帰宅後に新聞を開いたらこんな記事が!
Dsc02618

徳島県はDMV(デュアル・モード・ビークル)の営業運転区間を、JR四国・牟岐線の阿波海南駅と阿佐海岸鉄道・阿佐東線の甲浦駅間の約10キロで行うことを決めたそうです。
Img_5253
(2012.2.12に行われたJR牟岐線での試験運転でキハ40と並ぶDMV)

DMVが線路と一般道を行き来できるように、阿波海南駅と甲浦駅でモードチェンジができるように改修し、両駅を含め、海部駅、宍喰駅にはDMVに乗降できるように、線路と同じ高さのホームを整備するそうです。
2014年度に改築基本計画をもとに図面を作成して事業認可を得る手続きを国土交通省と行い、JR北海道での導入が決まった後、詳細設計と駅の改築工事に入り、1年程度で工事を終える計画のようです。徳島県としては、2010年代でのDMV導入を目指しているそうです。

ところで、新聞記事にもある通り、阿波海南駅はすぐ傍を国道55号線が通り、比較的線路に進入しやすい構造となっています。
こちらは2011.5.7にぶらり旅で阿波海南駅を訪れた際に撮影した写真です。
Img_2066_1
Img_2062_1
下の写真のように、正面が駅で左の建物が交流館、信号機とヤシの木の間に国道55線が通っていて、地上にある駅と道路との出入りが比較的容易にできることから、阿波海南駅が選ばれたのだと思います。
Img_2067_1

現在は引き込み線とのポイントは無くなっていますが、ここを復活すれば、引き込み線をモードチェンジ場と乗降場として活用でき、牟岐線本線への合流も容易と思われます。Img_2059_1
Img_2060_1

一方、阿佐海岸鉄道の甲浦駅は、高架線の終端部にあり、地上道路と接続する部分を新規に造る必要が出てきます。
下の写真は2011.5.22にぶらり旅で甲浦駅を訪問した際の写真です。
Dsc00343_1
Dsc00341_1
Dsc00349_1
Dsc00342_1

そもそも、阿佐東線は室戸を経由して土佐くろしお鉄道のごめん・なはり線と繋がる構想だったのですが、今はもうあり得ないものになっています。
DMVを地上へ降ろすために、終端から先に坂道でも造るのでしょうか?

先日のSmart BESTとともに、DMVもまた一歩実現に向けて進んでいるようです。
徳島の県南地域は観光資源も多いので、これをきっかけに知名度を上げて、徳島に観光各を呼び込みたいですね!
今後に期待です!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

徳島県関係の大雪に関する情報

おはようございます。

今朝(2月14日)の徳島市は、ホワイトバレンタインデーとなっています。
6時現在で2cmの積雪との情報でしたが、今は3cmほどのようで、現在も多くの雪が降っています。

なので、今朝はマイカー通勤をあきらめ、列車と徒歩で会社までやってきました。
今朝のJR佐古駅から見た様子ですが、真っ白です。
Dsc02606
Dsc02607

JR徳島線、高徳線ともに5~6分の遅れが出ていましたが、時刻表通りであれば佐古7:23発305D徳島行(キハ47+キハ40)のJR高徳線普通列車に乗車し、徳島駅までやってきました。
Dsc02608_2

徳島運転所も真っ白です。
Dsc02609

そして会社近くの徳島本町交差点。
向こうに見える茶色の建物(県立城東高校)が雪で霞んでみえます。
Dsc02610

現在、フロアには私一人で渋滞による出社遅れの電話がかかってきています。

ブログをご覧の皆様も車の運転には十分にお気を付けください!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

徳島運転所周辺と城山散策で運動不足解消?

2月9日(日)、前日の雪はその日の夕方までには溶けて、残っているのは日陰くらいでしょうか。
そんな中、日頃の運動不足解消?のために、この日も徳島運転所周辺と、久々に城山へ登ってきました。

佐古15:12発4967D徳島行(1500型ワンマン)のJR鳴門線普通列車で徳島へ。
Img_1693

徳島駅到着後、線路沿いを東に歩き、跨線橋を渡って徳島中央公園へやってきました。
少し冷たい風が吹いていましたが、時々日が射す天気です。野鳥の鳴き声も聞こえます。
Img_1694

跨線橋の股の下から、徳島運転所構内を撮影しますが、お気に入りの場所です。
Img_1695

1500型8次車はまだ留置されたままのようですが、前回は「回送」幕だったのですが、この日は「ワンマン阿南」になっていました。既に運転されたのかな?
Img_1696
Img_1697

洗浄線には国鉄型キハ40 2143がいます。ワンマン運転が可能な車両なので、まだまだ現役で運用されそうです。
Img_1698
Img_1699

1568も「ワンマン阿南」の字幕ですね。
Img_1700_3

徳島中央公園は徳島城跡を公園にし、すぐ傍に徳島運転所があります。
その間を寺島川が流れ、石垣は徳島城築城時のものと思われます。
冬場は草木が少ないので、ここまで入れますが、春~夏~秋は覆い茂っているので、入れません。
でも新車なのに、こんな所に停められていると、なんか廃車間近?って気になりますね。
Img_1701

西にカメラを向けると、こちらにもキハ40がいますね。
徳島城は川を濠としており、徳島は水都とも言われています。
Img_1702
Img_1703

徳島中央公園にはSLハチロクが静態保存されているのですが、そこから城山へ登っていくことにします。
Img_1704

日頃の運動不足がたたり、ちょっとした坂でも息が切れます・・・。
Img_1705

山道の途中には殉職警察官の慰霊碑もあります。
Img_1706

またこちらは戦没者の慰霊碑があります。
Img_1716

ここが西二の丸跡。
Img_1707

この石垣の曲線、昔の人は機械も使わずによくやりましたね。凄いです。
Img_1708

こちらは弓櫓跡。
Img_1709

そして、10分程で頂上(本丸)へ着きました。
徳島城は他の城にあるような立派な城壁の天守閣は無かったようです。東二の丸に天守はあったようです。
Img_1710

本丸跡からは、徳島運転所がチラチラと見え、気動車のエンジン音がここまで轟いてきます。
Img_1711
Img_1712

城山から見た眉山。山と川と海がある自然がたっぷりの徳島です。
Img_1713

本丸から見た北側。手前の川は助任川(すけとうがわ)。奥には吉野川が見えます。
Img_1714

本丸跡を示す、看板。
Img_1715

城山の散策を終え、買い物をしてからJR徳島駅構内に戻ってきました。6千歩ほど歩きました(^^)

2番のりばに停車しているのは、5022D特急うずしお22号岡山行(N2000系×2連)。ほぼ満員の乗客を乗せ、16:46に岡山へ向けて出発していきました。
Img_1717

私が乗車する、徳島16:54発362D板野行(1000型×単行)が2番のりばに入線してきました。
Img_1718

この列車で佐古へ戻ってきました。
今回城山へ何十年ぶりかに登ってきましたが、徳島駅周辺は大好きな汽車も見えて、楽しく散策できるスポットですね。
これからも時間ができたら、運動がてらに散策しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

雪の中でお別れ・Smart BESTさようなら!

2月8日(土)、今日は大阪へ行こうと思いバスのチケットも買ってあったのですが、昨夜からの雪(みぞれ)で、神戸淡路鳴門自動車道が通行止めとなり、あっけなくバスは運休・・・。

私が小学生低学年の頃(今から40年位前)は、徳島市内でも毎年積雪があり、近所の友達と雪合戦したり、学校の校庭で雪だるまを作った記憶があるのですが、温暖化のせいか、このところ積雪も滅多にみられなくなりました・・・。

折角の雪景色だし、大阪行もキャンセルとなり時間をもてあそぶことになるので、徳島運転所周辺を見てこよう、ひょっとしたらアレ見られるかも~ということで、さきほど見てきたままを取って出しです。

JR佐古駅周辺の道路はシャーベット状になって、下手したらスベリそうです。
Dsc02577

JR佐古駅の高架ホームから徳島駅方向を見ると、真っ白。滅多に見られない風景です。
Dsc02578

眉山は中腹まで霧に隠れてしまっています。
Dsc02579

佐古10:00発448D徳島行(1500型×2連)のJR徳島線普通列車に乗車したのですが、雪の影響か佐古到着が2分少々遅れていました。
Dsc02580

ダイヤが乱れている影響か徳島駅手前の信号機が青にならず、信号機まで最徐行での進行し、信号がやっと青になって2番のりばに入線となりました。

到着後、駅東のフレシア駐車場の屋上から、徳島運転所を覗いてみましたが、ポイント付近ではカンテラが焚かれています。
Dsc02581

留置されている列車の屋根には白い雪がうっすらと積もっています。
正面の建物は徳島城博物館で、こちらの屋根も真っ白です。
Dsc02583

で、アレいました!アレとはSmart BESTです。見えるかな?
JR鳴門線、徳島線で行われた試運転は昨日までで、今日高松へ回送されるのか~と予想はしていましたが、ドンピタでした。
Dsc02582

フレシア駐車場の屋上から降りると、Smart BESTは東側の引き上げ線入っていってしまたので、出てくるのを待つことにします。ホームの無い5番線へ入線するようです。
Dsc02584

引き上げ線から出てきました。
Dsc02585

JR鳴門線での試乗会の抽選に当たって乗車させていただき、また最後のお見送りが滅多に積もらない雪の中でできるとは。
Dsc02586

何年後に再び徳島にやってきてくれるのかわかりませんが、きっとやってきてくれることを願っています。
Dsc02587

再びJR徳島駅構内に戻ってきましたが、関西方面への高速バスが運休しているせいか、岡山経由で関西方面へいく乗客で混雑。みどりの窓口も、普段見ることがない長蛇の列でした。
で、JR高徳線が10分前後遅れているせいか、私が乗車する徳島10:18発4332D高松行(1200型単行)も4番のりばで発車時間を過ぎても停車しています。
そして、その横5番線には自力回送で高松へ向かうSmart BESTが出発を待っています。
Dsc02588

こういう情報をどこで聞きつけてくるのか、一眼レフに三脚を抱えたテツさんらが、同じ列車に乗っていました~。(徳島駅西のお花畑踏切にも一人いましたね)
私はコンデジでの撮影でしたが、最後の写真が撮れてよかったです。

で、佐古駅で列車を降り、自宅に戻ってブログを書いていますが、徳島での降雪の峠は越え、大雪のおそれはなくなったようです。

今晩から明朝、道路の凍結が考えられるので、自動車の運転にはお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

ぶらり旅・本四備讃線(最終章)と宇野線(その3)で出会った車両たち

2月1日(土)の「ぶらり旅・本四備讃線(最終章)と宇野線(その3)」で出会った車両たちをご紹介。

まずは児島駅にて。
35D特急南風5号高知行の2000系車両。
岡山から児島まではJR西日本の運転士と車掌が乗務し、児島からはJR四国の運転士・車掌と交代します。
Img_1584_2

10D特急しおかぜ10号岡山行の2000系車両。
アンパンマン列車での運用です。
Img_1586_2

こちらは上の町駅。
先頭から4両が2000系の37D特急南風7号高知行、後ろ3両がN2000系の5011D特急うずしお11号徳島行。先頭4両はアンパンマン列車で、宇多津駅で分割されてそれぞれの行先に向かいます。
Img_1607

3125M快速マリンライナー25号高松行。
先頭から3両がJR四国の5000系車両、後方2両がJR西日本の223系車両となっています。
Img_1608

9D特急しおかぜ9号松山行。
さきほど児島で撮影した2000系アンパンマン車両5連が岡山から折り返してきました。
Img_1609

12M特急しおかぜ12号岡山行。
8000系×5連の電車特急です。
Img_1610

最後は茶屋町駅。
41D南風11号中村行(2000系×3連)が高架を駆け上がってくるところを狙ってみました。
Img_1645

瀬戸大橋線(宇野線・本四備讃線)は、本州と四国を結ぶ動脈で、多種多様な列車、貨物列車を見ることができます。
ぼ~っと一日眺めていても飽きないかもしれません!(鉄だけかもしれませんが(^^ゞ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

ぶらり旅・本四備讃線(最終章)と宇野線(その3)

2月1日(土)、2014年初めてのぶらり旅となりました。
今回は、本四備讃線に方を付けて、宇野線のぶらり旅を進めたいと思います。
今回の行程は、
 佐古~徳島~高松~児島~木見~上の町~植松~彦崎~茶屋町~高松~徳島~佐古
と辿ります。

早速ですが、いつもの佐古駅から。
佐古8:06発953D徳島行(キハ47×2連)のJR鳴門線普通列車で徳島へ向かいます。
Img_1580

徳島からは8:24発5006D特急うずしお6号岡山行(N2000系×3連)で高松へ向かいます。
(写真は徳島駅2番のりばに入線してくる下り3001D特急うずしお1号)
Img_1581

高松には定刻9:31に到着。
生理現象で大を催したのでトイレで用を足し、お昼ごはんのおにぎりをキヨスクで購入して、5番のりばで快速マリンライナーの到着を待ちます。
5番のりばに入線してきたのは、3113M快速マリンライナー13号。
この列車の折り返し高松9:51発3120M快速マリンライナー20号岡山行(223系×2+5000系×3)で児島へ向かいます。
Img_1582

私が乗車したのが先頭の223系車両。この車両はJR西日本が所有している車両となります。
先に特急うずしおが岡山までの乗客を連れて行ったせいか、こころなしか空いているような気がします。
Img_1583

児島に10:21に到着。
またしても生理現象で大を催し、用を足してホームへ戻ってきました。(お腹を壊したわけではありません(^^ゞ)
続いて乗車する、児島10:47発532M岡山行(115系×3連)を撮影。やっぱ115系は湘南色がいいな~と思いますが、この色も慣れればまた良し。
とかなんとか考えながら、最初の目的地木見駅へ向かいます。
Img_1585

10:54頃木見駅に到着。
Img_1589

まずは高架ホームから地上へ降りてきました。
Img_1587

瀬戸大橋開業と同時に出来た駅で、コンクリートの構造物が何か冷たさを感じます。
Img_1588

次の列車までわずか9分しかないため、大慌てで撮影をします。
山間を直線で突き抜けているため、両サイドともトンネルになっています。

こちらは、北寄り(植松寄り)から北方向と南方向を撮影した写真です。
Img_1590
Img_1591

それにしてもこの日は暖かかった~。本当に2月なんでしょうかね。

こちらは、南寄り(上の町寄り)から南方向と北方向を撮影した写真です。
Img_1594
Img_1595

複線の両サイドにホームがある、二面二線の構造。なんとも味気ない・・・。
しかし周りは田園風景!なんとも和やかな風景です。
Img_1593

時代を感じさせる蔵も見え、近未来な構造物と歴史を感じる構造物のアンマチングさが、不思議な感覚を持たせてくれます。
Img_1597

では次の駅へ向かいます。
木見11:03発1533M観音寺行(113系×4連)で上の町へ向かいます。
113系はJR四国の車両ですが、行先表示が電光ではなく字幕なのがオツです。
Img_1598

11:08頃に上の町駅に到着。
Img_1602

早速、高架ホームから地上に降りてきました。
Img_1599

駅前には小さなロータリーがありますが、降車客がいなくなると淋しくないます。
Img_1600

高架ホームへの入り口。
ICOCAの読み取り機が設置されています。さきほどの木見ともども無人駅です。
Img_1601

上の町駅も二面二線の構造となっています。
南寄り(児島寄り)から南方向と北方向を撮影しましたが、防音壁が高く、周辺の風景が写り込まないので、面白くない写真になってしまいました。
Img_1603
Img_1604

北寄り(木見寄り)から北方向と南方向を撮影しましたが、こちらも同様です。
Img_1605Img_1606

上の町では次の列車まで50分ほど待ち時間があったので、通過する列車を何本か撮影して時間潰しをしていました。一部写真はFacebookで即アップしてましたが、後刻のブログでまとめてアップしようと思います。

次の列車、上の町11:58発2534M岡山行(115系×3連)で植松へ向かいます。
JR西日本の115系ですが、琴平へ乗り入れている車両です。
Img_1611

12:05頃に植松に到着。
Img_1615

高架ホームから地上へ降りてきましたが、高架の線路っていうのは趣が無く、本当に冷たい感じです。
Img_1612
Img_1613

植松駅も無人でICOCAの読み取り機が設置させています。
Img_1614

再びホームへ上がってきました。
北寄り(茶屋町寄り)から北方向と南方向を撮影しましたが、茶屋町から先は宇野線となり、岡山平野が広がります。
Img_1616
Img_1617

南寄り(木見寄り)から南方向と北方向を撮影。鉄建公団が作った線路はトンネルで突っ切ってしまうので、本当に面白味が無いですね~。
Img_1618
Img_1619

これで本四備讃線は制覇ということになります。
この本四備讃線はJR四国側の宇多津からJR西日本の茶屋町までの正式路線名なのですが、岡山から茶屋町までの宇野線を含めた通称「瀬戸大橋線」が使われており、本四備讃線という名前は鉄以外はあまり知らないのではないかと思います。
宇野線は茶屋町から更に宇野までの区間を含め、岡山~茶屋町~宇野が宇野線です。

で、ここ本四備讃線の植松から宇野線の彦崎までは、地図上で見る限りあまり距離が無いので、歩いて彦崎まで行ってみることにします。

植松駅前を通る県道21号線に沿って、北東方向へ進んでいきます。
Img_1620

しばらく歩き21号線の下を潜る道路に出てきます。
前方に宇野線の線路が見えてきました。
Img_1621

21号の道路を潜り、西のほうへ歩を進めます。
Img_1622

道幅が狭い所もあり、結構車が通るので、歩きながらの撮影も気を使います。
Img_1623

植松駅を出て10分ほど歩いてきました。彦崎駅のホームが見えてきました。
Img_1624

彦崎駅の入り口が見えてきました。ここまで徒歩で15分ほどでしょうか。
Img_1625

彦崎駅の南側入り口に到着。かつての駅入り口は北側のようですが、ここから駅構内に入ることにします。
Img_1626

屋根のついた小屋の中に券売機が設置されていますが、ICOCAの読み取り機はありません。
Img_1627

上り、茶屋町方面側ホームの駅名標です。
Img_1628

上り側ホームの南東寄り(備前片岡寄り)から南東方向と北西方向を撮影します。
Img_1629
Img_1631_2

引き込み線に保線車両が留置されていますが、かつては貨物用の線路だったのでしょうね。
Img_1630

下りホームの中程に空洞がありますが、かつてはここに転轍機があり、腕木式信号機へ繋がるワイヤーが延びていたのだろうと想像されます。
Img_1632

上下線を跨ぐ跨線橋のてっぺんに上ってきました。
南東方向と北西方向を撮影しましたが、彦崎駅構内の両端ポイント間が長く、かつての優等列車、瀬戸や鷲羽がここで交換していたのかな~と想像でき、さっきまでの冷たい高架線の構造物とは大違いです。
Img_1633
Img_1634

跨線橋を渡り、駅の北側へやってきました。
Img_1635

駅前には広いロータリーがありますが、その広さを持て余しているのか、月極め駐車場となっています。
Img_1636

北側にはかつて立派な駅舎があったと思われますが、今は待合室があるだけの淋しい駅となってしまっています。
Img_1637

下りホーム側で、今度は北西寄り(茶屋町寄り)から北西方向と南東方向を撮影します。
Img_1639
Img_1640

駅入り口を通る道路を少し南東方向に歩き、さきほど保線車両が留置した場所へ行ってみます。
Img_1641

引き込み線の場所にやってきました。かつては貨車がここにいたのでしょうね~。
Img_1642_2

一通り撮影を終え、上り側ホームの待合へやってきました。
昔ながらの木のベンチに腰をかけ、下り側ホームの待合を見ると、かつて構内踏切があった遺構がうかがえます。ワンマンカーのりばを示すペイントと、構内踏切の遺構が、これまたアンマチングです・・・。
Img_1643

今日の旅はここまで。
高松駅で買ったおにぎりを食べ、茶屋町へ向かう列車を待ちます。
彦崎13:00発1652M茶屋町行(213系×2連ワンマン)で茶屋町へ向かいます。
この213系はかつて備讃ライナー、マリンライナーとして活躍した車両です。
Img_1644

茶屋町に14:05に到着。
茶屋町からは13:26発3133M快速マリンライナー33号高松行(5000系×3連+223×2連)で高松へ向かいます。
Img_1646

高松に14:05頃到着。
高松14:12発3015D特急うずしお15号徳島行(N2000系×2連)で徳島へ向かいます。
定刻に高松を出発後、昭和町駅を過ぎた辺りで減速し停車したので何事かと思って見ていると、特殊信号発光機が点滅しています。徐行しながら進み、栗林公園北口駅の手前のトンネルを出た先で再び停車。運転士が近くの踏切を確認し、再び出発となりました。
この影響で3分ほど遅れていましたが、途中駅の停車時間を短縮し、徳島到着は定刻の15:20となりました。
日本の鉄道は凄い!
Img_1647

徳島からは15:29発461D阿波池田行(1500型×2連)のJR徳島線普通列車で佐古へ戻ってきました。
Img_1648

久しぶりのぶらり旅となりましたが、暖かくて気持ちよかったのですが、2月なのにこんなに暖かくてよいのでしょうかね~。
何か悪いことが起きないことを祈りたいですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »