« ぶらり旅・予土線(その6)の回想・・・国鉄時代を偲ぶ駅名標 | トップページ | 悲しみの雨の中、広島の世界遺産を旅する »

2013年11月 3日 (日)

キハ40よ、いつまでも!

9月28日(土)、ぶらり旅・予土線(その6) の帰り、池谷駅で出会った、4380D高松行のキハ40ワンマン列車。
キハ40はホームの外灯に照らされながら、行き違いのための束の間の休息。
Img_0332

赤いテールランプの灯りが、闇の中での存在を知らせます。
そして「日本国有鉄道」の銘板が、その功績をたたえているようです。
Img_0333

今はワンマン化改造が施されていますが、いつまでも働き続けてほしいと願うばかりです。
Img_0334

キハ40よ、永遠なれ!

|

« ぶらり旅・予土線(その6)の回想・・・国鉄時代を偲ぶ駅名標 | トップページ | 悲しみの雨の中、広島の世界遺産を旅する »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

私が毎日乗っている徳島線でもキハ40やキハ47は以前に比べて少なくなったように感じます。

投稿: 湯佐 | 2013年12月 1日 (日) 23時46分

湯佐さん

コメント、ありがとうございます。
徳島線でのキハ47運用は無くなり、朝晩のキハ40のみになってしまいましたね~。
いつまでも国鉄型気動車が残ってほしいものです。

投稿: Station Master | 2013年12月 2日 (月) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/58465416

この記事へのトラックバック一覧です: キハ40よ、いつまでも!:

« ぶらり旅・予土線(その6)の回想・・・国鉄時代を偲ぶ駅名標 | トップページ | 悲しみの雨の中、広島の世界遺産を旅する »