« JR四国、来年4月から10円刻みの運賃値上げを行う方針 | トップページ | 眉山から~。 »

2013年10月 7日 (月)

ぶらり旅・予土線(その6) JR四国全駅乗下車達成への軌跡

9月28日(土)、JR四国全駅乗下車達成をもくろみ、早朝の徳島市内をJR徳島駅へ向けて妻が運転する車で向かったのでした。時間は朝の5時半前・・・。妻の協力があってのJR四国全駅乗下車達成でした。
それでは、この日の行程を。
 徳島~高松~松山~宇和島~真土~吉野生~宇和島~松山~宇多津~池谷~佐古
と辿っていきます。

国道192号の佐古大橋東詰交差点。東の空がうっすらと明るくなってきています。
私も眠かったのですが、妻も眠かったらしいです。感謝、感謝m(__)m
Img_0288

5時半過ぎにJR徳島駅に到着し、手を振って妻を見送り、そのまま徳島駅構内へ。ホームには既にN2000系×3連が停車し、出発を待っています。
徳島5:43発3002D特急うずしお2号高松行に乗り込み、後は爆睡。乗客も少なく、検札は徳島出発前にやってくれたので、私みたいな爆睡者にとっては嬉しいサービスでした。
Img_0289

うずしお2号は定刻に高松に到着。本当に爆睡していて、所々しか記憶がありません。
高松からは7:37発1005M特急いしづち5号松山行(8000系×2連)で松山へ。途中、宇多津で1M特急しおかぜ1号(8000系×5連)を連結したようなのですが、今回はその記憶もなく・・・、いしづち5号の車内でも爆睡。やっぱ4時起きは辛かった。
Img_0290

いしづち5号も遅れなく松山に到着。
予報通り天気は曇り。これから行く南予地方は雨が降る予報で、雨が降らないことを祈るしかありません。
松山からは10:14発1059D特急宇和海9号宇和島行(2000系×3連)で宇和島へ向かいます。
Img_0291

予報通り、雨がぱらついてきましたが、宇和島には定刻の11:30に到着となりました。
Img_0292

宇和島からは乗り換え時間2分の11:32発4820D窪川行(キハ54ワンマン)への乗車となり、既に発車準備万端です。
先の宇和海9号では、宇和島から予土線への乗り換え時間が短いことから、車掌氏が何度となく車内でトイレを済ますように案内をされていたのが印象的でした。

そして11:32に4820Dは宇和島を出発。
Img_0293

40km/hに満たないスピードで勾配やカーブを進みながら、12:26に真土駅に到着。
雨は本降りとなり、最悪な状況での撮影となりました。
Img_0295

4820Dはこの先県境へ越え、高知県の西ヶ方に向かうべく、ノロノロと走っていきました。
Img_0294

傘をさしながらになりますが、ホーム撮影を進めることにします。
真土駅は一面一線の単式ホームで、ホーム上に待合の屋根があります。
そして、ここ真土駅はJR四国の中で一番ホームが短く、車両1両分の長さしかありません。
まずは、南東寄り(西ヶ方寄り)から南東方向と北西方向を撮影。
Img_0297
Img_0296

そして、北西寄り(吉野生寄り)から北西方向と南東方向を撮影。
Img_0298
Img_0299

ホームから一段下の所に、トタン屋根とブロックで造られた待合室があります。
Img_0304

まあ、多少の雨風はしのげるのでしょうが、寝られるような場所ではありません。
Img_0300
Img_0301

こちらは待合室からホーム上の待合とベンチを見たところ。
Img_0302

隣にはトイレ?のような建物があるのですが、ちょっと怖くてドアを開けられませんでした(^^ゞ
Img_0303_2

そして駅(ホーム)の全景。ただ雨音だけが聞こえ、周囲に人がおらず、淋しげです。
Dsc02211

真土駅からはコミュニティバスで、最後の駅、吉野生駅へ行くことを考えていたのですが、さきほど4820Dで吉野生から真土まで乗った距離がそんなに遠い感じではなかったので、雨にもかかわらず、歩いて吉野生駅へ行ってみようという気持ちになってしまったのでした。

折り畳み傘をさしながら、あぜ道を歩いていきます。
真土駅から西に進んだところで、真土駅方向を撮ってみましたが、少し雨が小降りになったものの、降り続いています。
Dsc02212

少し大きな道路に出てきました。
Dsc02213

予土線の線路と平行する橋を渡ります。
Dsc02214

国道381号線に出て松野東バイパスを通らず、旧道の峠道を登っていきます。
260駅達成までのいろいろな出来事や、ここまでの人生を重ね合わせながら、峠を登っていきます。
Dsc02215

峠の頂上まで辿りつき、予土線のトンネル出口付近から、線路に沿った更に旧道を進んでいきます。googleマップにも無い道です。
Dsc02216

民家が多くなってきたので、吉野生駅がそろそろ近づいているのではと感じます。
Dsc02217

そして更に線路に沿う細い道を進むことにします。民家の奥が吉野生駅のようです。
Dsc02218

この道の先、学校のような建物のほうに曲がると、吉野生駅が見えてきそうです。
Dsc02219

そして、やっと吉野生駅が見えてきました。ここまで40分くらいかかったでしょうか。
Dsc02220

で、到着!
JR四国全駅乗下車260駅を達成!(個人ルールで言えば、正確には吉野生駅から列車に乗った瞬間ですが)
Img_0305

雨のせいで人っ子ひとりいません・・・。
Img_0306

こちら駅舎の入り口。
Img_0307

お、防犯カメラが作動していますね~。残念ながら無人駅となってしまっています。
Img_0308

駅舎内には長椅子が2脚。その椅子にはモスラを小さくしたような蛾がいたり・・・(-.-)
Img_0309

ホームへ出てきて、傘をさしながら駅名標を撮影。
Img_0310

ホームは二面二線の相対式ホームとなっています。
では、ホーム撮影を。まずは北西寄り(松丸寄り)から北西方向と南東方向を撮影。
Img_0311
Img_0312
北西寄りから駅舎方向に引き込み線があり、かつての貨物用だったのでしょうか。
Img_0313

そして、南東寄り(真土寄り)から南東方向と北西方向を撮影。
Img_0316
Img_0317

跨線橋がちょっと変わった鉄橋のような感じです。
Img_0318
その跨線橋の上から北西方向を撮影。
Img_0320

こちらは南東方向。山は霧がかかっています。
Img_0321

撮影も終え、汗が引っ込んだところで、ホームのベンチで昼食を食べることにします。
で、食べ終えて雨音を聴きながらぼーっとしていたら、出発反応標識が点灯し、前方の出発信号機が青に。まだ列車は来ないのに…と時刻表を見ていたら、どうも下り列車が江川崎を出発したら、こちらも点灯するようです。
Img_0322_2

しかし一向に雨が上がらず、ますます強くなったり。
Img_0323
Img_0324

ようやく列車がやってきました。
吉野生14:39発4823D宇和島行(キハ32ホビートレイン+キハ32サイクルトレイン)に乗車します。
これで本当の達成となりました。
お天気だったらもっと感激だったのでしょうが・・・。人生もこんなもんなのでしょうね。
Img_0325

雨のせいか、4823Dの乗客もそれほど多くなく、予定通り15:28に宇和島に到着しました~。
宇和島からは16:02発1070D特急宇和海20号松山行(2000系×3連)で松山へ向かいます。
Img_0326

先頭2両がアンパンマン車両で、メロンパンナちゃんといっしょに松山へ。
Img_0327
Img_0328

くつろぎ過ぎかもしれないですが、宇和島駅のキヨスクで買ったじゃこ天を平らげて、松山駅に到着となりました。
松山からは17:37発1028M特急いしづち28号高松行・28M特急しおかぜ28号岡山行(8000系×8連)で宇多津へ向かいます。
Img_0329

いつも宇多津到着が3分程度遅れるのですが、この日は定刻19:36に宇多津到着。
隣のホームに入線してきた19:45発5027D特急うずしお27号徳島行(N2000系×2連)に乗り込みます。
Img_0330

そして21:04に池谷に到着。闇の中をうずしお27号は去っていったのでした。
Img_0331

しばらくして、池谷21:08発4373D徳島行(1500型ワンマン+1500型回送)で佐古へ向かいます。
Img_0335

そして、21:20に佐古到着となりました(^o^)/

これでJR四国ぶらり旅は一応終了。あと少し回想編はブログアップします。
まだまだこれでは終わりませんので、これからもブログを見てくださいね(^o^)/

|

« JR四国、来年4月から10円刻みの運賃値上げを行う方針 | トップページ | 眉山から~。 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

やりましたね!四国全駅乗降車達成。おめでとうございます。

投稿: サンライズエクスプレス | 2013年10月13日 (日) 21時49分

サンライズエクスプレスさん、メッセージありがとうございます!!
今達成感でいっぱいです!

投稿: Station Master | 2013年10月14日 (月) 13時29分

こんにちは。
リンク頂いています風旅記です。
JR四国の全駅乗下車、すごいですね。おめでとうございます。
個人的にも予土線は素敵な路線だと思っていますので、楽しく記事を拝見致しました。
先日高知を訪れる機会があり、久しぶりに四国の列車を見ました。
特急列車が昔よりも短くなって2両になっていたのは、少し寂しくもありましたが、土佐電の頻繁に走る姿や阿佐線の新しい気動車などを見て、これからも頑張って欲しいと願った次第です。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

投稿: 風旅記 | 2013年10月23日 (水) 14時55分

風旅記さん、コメントありがとうございます。

260駅達成で気がぬけたのか、少々体調を崩し気味で生活しております(^^ゞ
四国の鉄道をとりまく環境も日増しに悪くなる感じがしており、編成削減などの手だても限界にきているのかなという感じがします、

今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: Station Master | 2013年10月24日 (木) 08時25分

はじめまして。
来月休みが取れたので岩手からはやぶさとサンライズを利用して四国に行くことにしました。四国内での予定は全くなく、滞在も一日のみなので四国一周(とりあえず県庁所在地のみですが)が可能かどうか時刻表を調べたところ、どこも観光しなければ可能だということがわかりました。ただ、宇和島での2分での乗り換えができるかどうか不安で検索したところこのブログにたどり着いた次第です。なんとか乗り換えができるようでほっとしました。
それより楽しい文章とたくさんの画像でブログ自体を楽しく拝見しました!
遅くなりましたが、全駅乗下車達成おめでとうございます。

ちなみに、四国一周ですが
サンライズ瀬戸→しおかぜ1号→宇和島9号→予土線→南風20号→剣山8号→うずしお26号→サンライズ瀬戸(東京へ)と予定しています。
どこか一都市をゆっくり観光した方が良いですかね?

投稿: やまびこ | 2014年1月18日 (土) 23時41分

やまびこ様

はじめまして!コメントありがとうございます。
岩手から四国へ来ていただけるのですね~。ありがとうございます。
宇和島で宇和海9号から予土線4820Dへは2分しかありませんが乗り換え可能ですので、ご安心ください。
予土線の列車はトイレの設備がありませんので、宇和海9号で済ませておかれたほうがいいと思います。
また、予土線4820Dは窪川まで2時間20分ほどかかりますので、松山駅での乗り換え時にお弁当など買われたほうがよさそうですよ。

さて、四国一周か観光かのご質問ですが、終日列車に乗車して飽きないようでしたら、瀬戸内の海、四万十川、太平洋、大歩危・小歩危の吉野川など、一日で四国の風景を堪能できるので、一周もヨシだと思います。
高松、松山、高知、徳島、それぞれの趣がありますので、どこかで観光するのもヨシ。
実際のご旅行までの間、机上旅行でお楽しみください!

投稿: Station Master | 2014年1月19日 (日) 20時32分

先日は私のコメントへのご助言ありがとうございました。現在、サンライズに乗車し四国へとむかっております!
結局、明日は終点高松まで行き、琴電で金刀比羅宮、南風→剣山で徳島に入り徳島を観光し高松に戻りサンライズで東京へ、というコースにしました。松山、高知方面は暖かくなってから再度訪問する予定です。
二度目のサンライズ乗車(前回は岡山まで)、今回は奮発してシングルデラックスにしましたが残念ながらテーブル下の暖房のファンの音が耳障りです・・・。

※社内放送終了の案内が流れています

明日に備えて寝たほうがいいのはわかっているんですが、なんだか寝るのがもったいないですね!
明日は香川県、徳島県を楽しみますね!

投稿: やまびこ | 2014年2月13日 (木) 23時06分

やまびこさん、こんばんは。

現在サンライズ瀬戸に乗車中ですか~!
いいですね!香川、徳島の旅を楽しんで下さいね!

ただ、雪の予報が出ていますので、お気を付けくださいね!

投稿: Station Master | 2014年2月13日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/58291057

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予土線(その6) JR四国全駅乗下車達成への軌跡:

« JR四国、来年4月から10円刻みの運賃値上げを行う方針 | トップページ | 眉山から~。 »