« ぶらり旅・予土線(その2)の回想・・・家地川駅に咲くサルスベリと秋の気配 | トップページ | ぶらり旅・予土線(その3)の回想・・・ユリの花が咲く打井川駅 »

2013年9月 9日 (月)

ぶらり旅・予土線(その4)

9月7日(土)、時々雨が降る予報だったのですが、残り6駅となった予土線・松丸駅を制覇するため、早朝から出かけてきましたので、その模様を。
今回の行程は、
 佐古~徳島~高松~松山~宇和島~松丸~宇和島~松山~宇多津~池谷~佐古
と、辿ります。

スタートは佐古から。佐古6:30発4430D徳島行(キハ40ワンマン)で、徳島へ。
どんよりとした曇り空。雨がちょっと気になります。
Img_3589

徳島には6:33に到着。一旦改札を出て少し時間待ち。キヨスクも開店準備で大忙しです。
Img_3590

再び徳島駅の改札を入り、ホームへ。
2番のりばには、6:48発の特急剣山1号阿波池田行のキハ185系×2連が停車しており、定刻に発車して行きました。
Img_3591

6:50過ぎに、阿波富田方から乗車する特急うずしおがやってきました。土曜は通常N2000系×4連ですが、この日は5連でやってきました。
徳島7:00発3004D特急うずしお4号高松行で、高松へ向かいます。
Img_3592

特急うずしお4号はほぼ定刻の8:13に到着。
高松からは、8:45発1007M特急いしづち7号松山行(8000系×3)で松山へ向かいます。
Img_3594

発車まで時間があるので、8番のりばに停車中の2000系×2連+N2000系×3連の5連で高松に到着した、特急いしづち4号を撮影。2000系×2連は折り返し特急しまんと5号として高知へ。N2000系×3連は回送となります。
Img_3593

で、この日は本来ならいないはずの特急サンライズ瀬戸が入線してきました。約1時間遅れでの高松到着だったようです。
偶然にしてはラッキー。この先良いことがあるような(^.^)
Img_3595

そんなこんな撮影を行ってから特急いしづち7号に乗車。途中3M特急しおかぜ3号を宇多津で連結して松山へ。しおかぜの宇多津到着が3分ほど遅れ、その遅れを引きずったまま松山に到着。

松山からは11:23発1061D特急宇和海11号宇和島行(2000系×3連)のアンパンマン列車で宇和島へ向かいます。
Img_3596

12:42に宇和島到着。
Img_3597

宇和島から松丸への移動手段は宇和島自動車のバスで移動することにしたのですが、13:34発なので少々時間があるため、少し散策をすることにします。
Img_3598

高松では雨が降っていたのですが、宇和島は晴天で少々暑い~。
でも折角ですから歩きます。
宇和島駅の北東にある跨線橋までやってきました。ここからは宇和島駅構内が見渡せます。
Img_3599

さきほど乗車した特急宇和海11号が、折り返して特急宇和海14号として松山へ出発していくところを、跨線橋の上から狙ってみました。
Img_3600

徳島にもこれくらいのインパクトがあるアンパンマン列車が欲しいですね~。
Img_3601

跨線橋のすぐ傍にあるのが宇和島運転区。
Img_3602

更の北西に歩いていくと、運転区の構内が見えてきます。北にカーブしていくのが予讃線となります。
Img_3603

一般人が入れるところまで入り、そこから目いっぱい望遠を使って撮影してっました。
キハ185・3000/3100番台とキハ32しかおらず、後は出払っているようです。
Img_3604

給水塔でしょうね。周りを木に覆われています。
Img_3605

再び宇和島駅前へ戻ってきました。
しかし良い天気になりました。
宇和島駅前13:34発虹の森公園前行のバスで、松丸へ向かいます。
Img_3606

14:20頃に松丸に到着。運賃は500円でした。
Img_3607

バス停のすぐ傍にある、松丸駅前交差点。
写真の方向(南東方向)に松野町役場があります。
Img_3608

そして、松丸駅方向。
立派な建物です。
Img_3609

こちらは駅と反対側。商店街通りといったところですね。
Img_3610

で、駅方向に進んで、先ほどの交差点を撮影。
Img_3614

それにしても松丸駅は立派な建物です。
松野町ふれあい交流館と、森の国ぽっぽ温泉が併設されています。
Img_3613
Img_3616

切符販売はふれあい交流館の中で、簡易委託されています。
Img_3612

こちらはぽっぽ温泉の入り口。残念ながら入浴している時間が無かったです・・・。
Img_3615

ふれあい交流館の中に入ってきました。
簡易委託駅では、ハンディーターミナルでの切符発券が行われていました。
Img_3611

展示ギャラリーには絵画の展示が行われています。
Img_3617

待合には松野町の観光情報がいっぱい。
Img_3618

ふれあい交流館を抜けるとホームがあります。
Img_3630

こちらが駅名標。
Img_3629

ホームの向こうには栗の木がたくさん。栗がたわわに実っています。
Img_3621

では、ホーム撮影を。
南東寄り(吉野生寄り)から南東方向と北西方向を撮影。
かつては一面二線の島式ホームだったようですが、現在は一面一線の単式ホームとなっています。
Img_3622
Img_3623
そしてこちら、北西寄り(出目寄り)から北西方向と南東方向を撮影。
Img_3624
Img_3625

ホーム撮影も終わったところで、お楽しみの足湯で~す!それが無料。
Img_3628

10:00~21:00まで営業しているようです。
Img_3619

で、こちらがその足湯。10分ほどでしたが、ほどよい湯温でぽっかぽっかでした(^^)
Img_3626

ぽっぽ温泉、正式には「大門温泉」というんですね。効能などは写真を見てね。
Img_3627

では帰路につきます。
松丸14:43発4823D宇和島行に乗車します。
ホビートレインに、サイクルトレインにゃんよ号が連結され、車掌乗務となっています。
足湯につかってほんわかしたのか、車内で爆睡してしまいました。
隣に乗客の方、ごめんなさいm(__)m
Img_3631

4823Dは15:28に宇和島到着。
宇和島からは16:02発1070D特急宇和海20号松山行で、松山へ向かいます。
アンパンマン車両から一般車両に変更されていました。
(撮影は入線してくる特急宇和海17号)
Img_3632

特急宇和海20号は17:26に松山到着。
松山からは17:37発28M特急しおかぜ28号岡山行(8000系×5連)・1028M特急いしづち28号(8000系×3連)で宇多津へ向かいます。
Img_3633

宇多津到着が3分ほど遅れ19:39に到着。
宇多津駅の階段をダッシュで昇り降りして、隣のホームへ。
宇多津19:45発5027M特急うずしお27号徳島行(N2000系×2連)で、池谷へ向かいます。
Img_3634

そして、特急うずしお27号は池谷に21:05頃に到着。
いつもの4380D高松行のキハ40ワンマンが停車しているのを眺めて次の列車を待ちます。
Img_3635

池谷21:08発4373D徳島行(1500型ワンマン+1500型回送)が定刻に到着し、この列車に乗って佐古まで帰ってきました。
Img_3636

これで残り5駅!
一回一駅かもしれないが、頑張るぞ~!

|

« ぶらり旅・予土線(その2)の回想・・・家地川駅に咲くサルスベリと秋の気配 | トップページ | ぶらり旅・予土線(その3)の回想・・・ユリの花が咲く打井川駅 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

移動が大変ですよね。なんせ、端から端までですもの。残り頑張ってください。
余談ですが、先日、訪問した日豊本線でも、いいレトロな駅、たくさんありました。国鉄型415系とマッチして、いい感じがでていましたよ。

投稿: サンライズエクスプレス | 2013年9月 9日 (月) 20時47分

サンライズエクスプレス様

おはようございます。
古いもの同士だからマッチするのでしょうかね~。
九州も行きたいなぁ~。

当面は後5駅なのでそちらを頑張ります(^^)/

投稿: Station Master | 2013年9月10日 (火) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/58155047

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予土線(その4):

« ぶらり旅・予土線(その2)の回想・・・家地川駅に咲くサルスベリと秋の気配 | トップページ | ぶらり旅・予土線(その3)の回想・・・ユリの花が咲く打井川駅 »