« チョイ乗りでEOS 70Dを試す! | トップページ | チョイ乗りで佐古->徳島、帰りは徳島市営バスで徳島駅前->佐古駅前へ »

2013年9月24日 (火)

ぶらり旅・予土線(その5)

9月21日(土)、出発する朝の徳島市内は良いお天気でしたが、この日向かおうとしている高知県西部は午後から時々雨が降る予報で、同じ四国でもずいぶん天気が違うな~と実感しながら出発することになりました。

佐古8:38発442D徳島行(1200型×2連)で徳島へ向かいます。
Img_0150

JR徳島駅のキヨスクで昼食の駅弁を購入し、再びホームへ。
徳島9:03発4003D特急剣山3号阿波池田行(キハ185×2連)に乗車し、阿波池田へ向かいます。
Img_0151

けっこう空いていて、のんびりと風景を見ながら時間を過ごします。
Dsc_0202

吉野川の風景を右手に見ながら、一路阿波池田へ。
Dsc_0203

特急剣山3号は定刻10:14、阿波池田に到着。
ここからは10:19発33D特急南風3号中村行(2000系×4連アンパンマン列車)で窪川へ向かいます。
Img_0152

窪川まで普通車指定席を確保していましたが、高知までは満席で、高知を過ぎて指定席も空席が目立つようになってから、徳島駅のキヨスクで購入した駅弁を頬張りました(^^)
Dsc_0204
「阿波結び」という駅弁、フィッシュかつや阿波尾鶏もあったり、なかなかいけます。
それにカメラバックの底に入る大きさですし(^^)
Dsc_0205

黄色く実った稲穂の田園風景を見ながら、12:47に窪川到着。
Img_0154

3番のりばに停車している宇和島列車に乗り換えました~。
Img_0167

その頃、小雨が降り出してまさに予報通り。この先雨が降り続かないことを祈るばかりです。
そして乗車する列車はキハ32の海洋堂ホビートレイン。
Img_0155

後方にはサイクルトレイン用のキハ32も連結され、2両編成で運行されますが、サイクルトレインの利用者はJR四国関係者???っていう感じでした。
Img_0160

そして窪川13:28発4823D宇和島行は窪川を定刻に発車。
川奥信号場では、中継信号の傍らに曼珠沙華(彼岸花)がしっかりと咲いています。
Img_0168

14:10頃に十川に到着となりました。
Img_0169

十川駅は四万十川に沿う山際の築堤上にホームが設けられており、一面二線の島式ホームの構造となっています。
まずは西寄り(半家寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_0170
Img_0171

雨は上がっており、とても蒸し暑い感じです。
Img_0172

そして東寄り(土佐昭和寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_0173
Img_0174_2

地上へは、このトンネルを下っていきます。
Img_0175

階段の中程に、バス路線と十川駅の案内掲示されています。
Img_0176

ここ十川駅から土佐昭和駅までは、北幡観光自動車の路線バスを利用します。
Img_0177

トンネルを抜け、駅入り口まで出てきました。
Img_0178

十川観光物産センターという建物があり、中へ入ってみると・・・
Img_0179

人はおらず、なんだか不気味な感じです。
Img_0180

そしてもう一段降りたところが道路に面した駅前。「1974-2」との文字があり開業の年月を表しているようです。駅舎はなく、さきほどの観光物産センターが待合所を兼ねているようです。
Img_0181_2

駅前を線路と同じ東西に走っているのが、国道381号線。(西方向)
Img_0183

(こちらは東方向)
Img_0182

駅前には「国鉄十川駅」と案内表示が出ています。「国鉄」の響きが懐かしい~。
Img_0184

十川駅から大正方面行のバスに乗車するのですが、バス停が見つからず近くの人家で場所を訪ねてみたのですが、駅前で乗車できるとのこと。
14:42過ぎにやってきたバスの運転手さんに尋ねてみると、バス停はあってないようなもので、乗降場所はフリーなので、どこでも手をあげれば乗せてくれるそうです。
Img_0185

約10分ほどで土佐昭和駅前に到着。
運転手の方といろいろお話をさせていただきました。(ありがとうございました)
ちなみにこの区間280円、日曜祝日は運行されていませんので、ご注意ください。
Img_0186

こちら土佐昭和駅前にも「国鉄土佐昭和駅」の案内板があり、とても懐かしい感じです。
Img_0187

バスを降り立つと、懐かしい音楽が聞こえてきました。
音楽がする方向へ少し歩いてみると、運動会が開催されていました(^o^)/
昭和小学校と中学校の合同運動会のようでした。頑張れ!
Img_0189

土佐昭和駅の入り口まで逆戻りし、山のほうへ向かって歩いていきます。
Img_0190

見えてきました。築堤を走る予土線の線路と駅が。
駅前には「昭和観光案内所」という建物がありますが、こちらも無人のようです。
Img_0191

駅に入るには築堤の下をトンネルで潜らなければいけないようです。
Img_0192

トンネルの中は薄暗く、夜は怖そう・・・。
Img_0193

「第1四手」と名前がついているようです。
Img_0194

こちらのスロープを昇っていくと築堤上のホームに行けます。
Img_0195

山の中に向かっていく階段もあるのですが、さっき、蛇の子供の死がいを見たりしたので、歩いてみる勇気もなく、無難に行きます。
Img_0196

スロープの途中には、十川と同じように路線バスと駅の案内が掲示されています。
Img_0197

さらにスロープは続くようですが、ホームへは階段を上がります。
Img_0198

でやっとこさホームへ出てきました。
土佐昭和駅は一面一線の単式ホームで、ホーム上は待合があるだけの無人駅です。
駅前のトンネルからスロープ、ホームまでは屋根があるので、雨に濡れる心配はありません。
で、南東寄り(土佐大正寄り)から南東方向と北西方向を撮影。
Img_0199
Img_0200

遠くから運動会の閉会式のアナンスが聞こえてきます。
Img_0202

そして北西寄り(十川寄り)から北西方向と南東方向を撮影。
Img_0204
Img_0205_2

真新しい装置のようなのですが、鉄道電話が有線から無線(携帯)になっているようです。
Img_0206

では本日最後の訪問駅に向かうため、土佐昭和15:41発4825D宇和島行(キハ54ワンマン)で江川崎へ向かいます。
9月はトロッコが運休している期間のため、キハ54単行のワンマン運転で、徐行運転も無いため、江川崎には16:00に到着となります。
Img_0208

そして予定時刻通り江川崎に到着。
Img_0210_2

「日本一暑い江川崎」という看板が出迎えてくれました。
Img_0209_2

江川崎から西ヶ方までタクシーで移動するのですが、駅前にタクシーはおらず、地元のタクシー会社さんに電話して、江川崎まで来ていただきました。
年配の運転手さんとも楽しくお話をさせていただき、西ヶ方には1,100円、10分少々で到着しました~。
写真は去りゆくタクシーを撮影しようとしたのですが、手前の草花にピントがあってしまいました(^^ゞ
Img_0211

西ヶ方の駅前は広く、人家が点在していますが、人気はありません。
Img_0212

ホームの傍らに立派なトイレがあり、簡易水洗化されており、汲み取り式のポットン便所で嫌な思いをしなくて済むのはありがたい限りです。
ただ立派なトイレがあるのに、駅舎が無いのが残念です。
Img_0213

タクシーの運転手さんも言ってたのですが、予土線の利用者が少なく、いつまで走るのやら・・・と言っておられました。いつまでも走ってほしいと思うのですが・・・。
Img_0214

ホームは一面一線の単式で、待合があるのみです。
Img_0215

まずは、北寄り(真土寄り)から北方向と南方向を撮影。真土は愛媛県なんですね~。
Img_0216_2
Img_0217

ここも私一人。
Img_0219

そして南寄り(江川崎寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_0220
Img_0221

ということで、この日は3駅の乗下車達成で、高知県内のJR全駅の乗下車を達成することができました(^o^)/

では、帰路につきますよ~。
西ヶ方16:32発4824D窪川行(キハ32ワンマン)で窪川へ向かいます。
Img_0223

少し晴れ間が見えたりで、3駅訪問時には雨に降られることはなかったのですが、窪川へ向かう途中で、また小雨がぱらついたりと、今一つのお天気でした。
四万十川の風景は今度ゆっくりとトロッコでも乗って楽しみたいですね~。
Img_0224
Img_0225

定刻17:49に窪川に到着し改札を出てきたのですが、もうキヨスクが閉まってしまっていて、このままではお腹スキスキ状態~~~。
なので、急いで近くのリカーショップでおつまみなどを買い込んで駅へ戻ってきました。
Img_0226

窪川からは18:23発58D特急南風28号岡山行(2000系×3連)に乗車し、阿波池田へ向かいます。
Img_0227

高知から先頭にしまんと8号を連結。
私が乗っている1号車の半室が普通車指定席と、2号車の一部が普通車指定席なのでsが、1号車の普通車指定席は高知から阿波池田まで私一人の状態で、シートを倒して爆睡してしまいました。
Dsc_0210

阿波池田には20:40に到着。
阿波池田からは21:40発4686D徳島行(1500型ワンマン)に乗車するのですが、なんと発車まで一時間待ち・・・。
Img_0228

写真撮影もすぐ終わり・・・
Img_0231

最終列車という案内を見ながら・・・
Img_0230_2

前のシートに足を投げ出して、時間を潰して・・・。
発車10分くらい前から、阿波池田から乗車するお客さんや、下り特急から乗り換えた乗客で8割程度埋まり、投げ出した足もしまわなければいけなくなりました(^^ゞ
Img_0229

列車は21:40定刻に阿波池田を出発、佐古に23:30に到着となりました。
長丁場でした~。
Dsc_0212

これで、ぶらり旅・予土線も残すところ愛媛の2駅。JR四国全駅制覇も残り2駅。さあ、もう少しだ~(^o^)/

P.S
このブログを書いている、9月23日(月)、予土線西ヶ方から窪川まで乗車した4824Dが十川~土佐昭和間で人と接触したために一時運転を見合わせていたようです。事故に遭われた方には申し訳ないですが、もしこれが21日だったら徳島には帰れなかったのかなと思うとぞっとします・・・。

|

« チョイ乗りでEOS 70Dを試す! | トップページ | チョイ乗りで佐古->徳島、帰りは徳島市営バスで徳島駅前->佐古駅前へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ぶらり旅、お疲れさまです。予土線までの距離が大変ですね。
帰れなかったら…なんて経験は多々あります。タイトなプランを組んでいる時に限って、トラブル発生!
まあ、そこから、プラン変更するのも面白いんですけど…

投稿: サンライズエクスプレス | 2013年9月29日 (日) 09時56分

サンライズエクスプレス様

こんばんわ。コメントありがとうございます。
トラブル発生時にいかに抜けられるかというのも、これまた面白いですよね。ドキドキ感がたまりませんね。

ぶらり旅中には、携帯を列車の中に忘れたり、警察官に職務質問されたりといろいろありましたし(^^ゞ

でも、旅はやめられませんね!

投稿: Station Master | 2013年9月29日 (日) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/58253261

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予土線(その5):

« チョイ乗りでEOS 70Dを試す! | トップページ | チョイ乗りで佐古->徳島、帰りは徳島市営バスで徳島駅前->佐古駅前へ »