« 夕陽を浴びる、N2000系・キハ40系 | トップページ | キハ47 144 »

2013年8月 6日 (火)

チョイ乗り拡大版・・・キハ47で佐古から板野へ

8月4日(日)、大気の状態が不安定なのか、徳島市内は朝方に雨が降り、なんかすっきりしないお天気。
鉄分も不足気味なので、この日の夕方、チョイ乗りで補給。。。いつもよりは距離拡大版です。

いつものJR佐古駅。
Img_2634
眉山を望む南の空はどんより曇り空。
Img_2635
佐古16:04発360D高松行(キハ47×2)で板野へ。
ちょうど陽が射してくれました。
Img_2636
弱めのエアコンと、扇風機の風で心地よい気持ちよさです。
JR高徳線鮎喰川鉄橋から見た西の空は、やがて雨が降ってきそうな空模様。。。
Img_2637
吉成駅での行き違い停車の時間を使って、360Dを撮影。
Img_2638
雨がポツポツと落ちてきました。
Img_2639
やがて、3017D特急うずしお17号(N2000系×2連)と交換。この交換もいつまで見られるのやら。
Img_2640
そして、吉成を発車。
吉成~勝瑞間では、沿道で撮影している撮り鉄さんを眺めながら、池谷へ。
蓮根畑が広がり、白やピンクのハスの花を眺めて、まったりとした時間を過ごします。ああ~鉄分摂れてます~!
Img_2645
池谷駅では、民家のイチジクの木に実が成っているのを見つけました。
Img_2646
そして16:43に板野駅に到着。
ポツポツと降ってはいますが、やがて本降りの予感。
Img_2647_2
この後、360Dは高松へ向かって2時間20分弱ほどの時間をかけてコトコト走っていきます。頑張ってね!

折り返しは特急に乗車するので、板野駅の券売機で乗車券と特急券を購入し、再びホームへ行こうとしたら、本降りの雨がやってきました。
Img_2649
板野駅の1番、2番のりばの島式ホームには、立派な屋根があり、強風が吹かない限りは雨に濡れずにすみそうです。
Img_2648
かつては貨物の取扱もあり、徳島県内のJR高徳線の中では大きな駅であったことを記憶していますが、今は日中の特定時間に駅係員がいるのみで、随分と淋しくなってしまいました。

雨は強くなったり弱くなったり。屋根に守られて安心です。
徳島市内がある南の空は、北の空に比べて明るいので、雨は降っていないのかもしれません。
Img_2650_2

板野17:00発3019D特急うずしお19号徳島行(N2000系×2連)が入線してきました。
Img_2651
着席し、外を眺めていたら池谷あたりでは雨が降っていないような感じでした。

17:15に徳島駅2番のりばに到着。跨線橋を駆け上がり、3番のりばに停車している17:17発970D鳴門行(1500型×2連)に発車間際に飛び乗り、佐古へ戻ってきました。
Img_2652
1時間少々のチョイ乗りでしたが、少しは鉄分補給できたようです。
さあ、仕事頑張ろうっと(^^)

|

« 夕陽を浴びる、N2000系・キハ40系 | トップページ | キハ47 144 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/57926699

この記事へのトラックバック一覧です: チョイ乗り拡大版・・・キハ47で佐古から板野へ:

« 夕陽を浴びる、N2000系・キハ40系 | トップページ | キハ47 144 »