« ぶらり旅・予讃線(その26)の回想・・・伊予平野駅の栄枯盛衰 | トップページ | ぶらり旅・予讃線(その27)・・・警察官に職質されるの巻 »

2013年7月 3日 (水)

ぶらり旅・予讃線(その26)の回想・・・千丈駅の栄枯盛衰

先日の ぶらり旅・予讃線(その26) で訪れた、千丈駅。

松山方面の1番のりばに待合があります。
Img_2022

これは、以前転轍器があった場所をうまく活用し、待合所を作ってベンチを置いたんですね~。かつては、転轍器からのびるワイヤーが、ポイントや腕木信号機を動かしいたんですよ。アナログだけどあの時代は良かった!
Img_2023

千丈駅もかつてはホーム中央に構内踏切があったんですよね。
さぞかし立派な駅で、駅員さんと乗客の方のコミュニティがあったのでしょうね。
Img_2024 

|

« ぶらり旅・予讃線(その26)の回想・・・伊予平野駅の栄枯盛衰 | トップページ | ぶらり旅・予讃線(その27)・・・警察官に職質されるの巻 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/57599078

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予讃線(その26)の回想・・・千丈駅の栄枯盛衰:

« ぶらり旅・予讃線(その26)の回想・・・伊予平野駅の栄枯盛衰 | トップページ | ぶらり旅・予讃線(その27)・・・警察官に職質されるの巻 »