« ぶらり旅・予讃線(その26)の回想・・・千丈駅の栄枯盛衰 | トップページ | ステマスくんTシャツの試作完成! »

2013年7月 6日 (土)

ぶらり旅・予讃線(その27)・・・警察官に職質されるの巻

6月22日(土)、雨が降らなければぶらり旅決行ということで、曇り空でしたがやってきました(^o^)/
ということで、今回は
 佐古~徳島~高松~松山~伊予大洲~上宇和~双岩~伊予石城~八幡浜~松山~宇多津~池谷~佐古
と辿ります。

まずは、佐古8:06発953D徳島行(キハ47×2連)で徳島へ。
Img_2193

徳島からは8:24発5006D特急うずしお6号岡山行(N2000系×3連)で高松へ向かいます。
Img_2194

そして高松からは9:40発1009M特急いしづち9号(8000系×2連)で松山へ。
途中宇多津で5Mいしづち5号を連結して、8000系×7連となります。
Img_2195
岡山からのしおかぜ5号が宇多津で7分遅れとなり、途中4分遅れぐらいまで回復したのですが、二日前に起きた雨による倒木で伊予北条~松山間での一部徐行運転により、結局松山到着が12:10から7分遅れとなったのでした・・・(-.-)

松山からは12:25発1063D特急宇和海13号宇和島行(2000系×3連)で伊予大洲へ向かいます。この宇和海13号は女性の車掌さんが乗務されていました~。
Img_2196

伊予大洲に12:59に到着。
そして、13:08発4919D宇和島行(キハ54ワンマン)で上宇和へ向かいます。
Img_2197

13:57頃、上宇和に到着。少し晴れ間が見えてきました。
Img_2199
そして4919Dは宇和島へ向けて遠ざかっていきます。
Img_2198
まずはホーム撮影を。
ここ上宇和駅は一面一線のホームと待合のみがある無人駅で、車両2両分ほどの長さと嵩上げされていないホームで、なにか懐かしい感じがします。
こちらは、南寄り(卯之町寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2200
Img_2201
そして、北寄り(伊予石城寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_2202
Img_2203
こちらは駅前の風景。建築中の住宅にいる職人さんくらいしか人影がありません。
Img_2218
Img_2204
南寄りに雑草地帯がありますが、かつては引き込み線があったのでしょうかね???
Img_2205
で、この後周辺の撮影をして(その模様は回想編で)、ホームで汗をぬぐっていたら、突然警察官に声をかけられました。
近くで侵入事案があったらしく、人相風体が私に似ているとか・・・(-_-メ)
身体検査、かばんの中身のチェック、身元確認などいろいろされましたが、解放されました(^^ゞ
これから双岩方面へ行くことを話すと、警察官曰く「また職質されるかもしれませんよ」とのことでした。真犯人を恨み、少し憂鬱になりましたが、旅を続けることに。

では、上宇和14:51発4926D松山行(キハ54ワンマン)で、双岩へ向かいます。
Img_2219

15:02頃に双岩に到着。
Img_2225
先に駅舎を抜けて、駅前へ。
駅前にある木造のお店、なかなか風情があり昭和っていう感じですね。
Img_2221
こちらが駅舎。無人です。
Img_2220
メンナンスしやすいのでしょうが、殺風景です。
Img_2222
ホーム側から見た駅舎。
Img_2223
ホームへはスロープを使うようになっていますが、階段も残っています。
Img_2224
双岩は二面二線の相対式ホームで、北寄りに構内踏切がありますが、かつては今より手前に構内踏切があったように思われます。
Img_2242
Img_2226
その北寄り(八幡浜寄り)にある構内踏切から、北方向と南方向を撮影。
Img_2227
Img_2228
2番のりば側にもちっちゃな待合があります。
Img_2229
そして南寄り(伊予石城寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2230
Img_2231
かつての貨物ホーム跡もしっかりと残っています。
Img_2232_2
Img_2233_2

さあ、この日最後の目的地、伊予石城へ向かうことに。
双岩15:44発4651D宇和島行(キハ54ワンマン)に乗車します。
Img_2244
15:51頃、伊予石城に到着。
到着する列車の窓からパトカーが見えたのですが、到着と同時に走り去ったので、少しホッとしました(^^ゞ
Img_2245
まずはホーム撮影を。
伊予石城は二面二線の相対式ホームとなっています。
東寄り(上宇和寄り)に構内踏切があります。
Img_2246
その東寄り(上宇和寄り)の構内踏切から東方向と西方向を撮影。
Img_2247
Img_2248
そして、西寄り(双岩寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_2249
Img_2250_2
かつては引き込み線があったのでしょうかね???
Img_2251
夏が近づき、停止位置表示に蜘蛛の巣を張って、餌食になる餌を待っています。
Img_2252
駅舎は、双岩と全く同じタイプ。駅舎があれば雨風はしのげますが、特色も無く、ちょっとがっかりです。そして無人駅となっています。
Img_2253
Img_2254
駅前は広く、綺麗な公衆トイレもありますが、人影がありません。
Img_2255
Img_2256

さあ、今回はハプニングもありましたが、徳島へ帰ることにしましょう。
伊予石城16:10発4928D松山行(キハ54ワンマン)で八幡浜へ向かいます。
Img_2257
八幡浜に16:25頃に到着。
松山では乗り換え時間が少ないので、八幡浜のキヨスクでビールとおつまみを購入し、16:33発1070D特急宇和海20号松山行(2000系×3連)で松山へ向かいます。
Img_2258
特急宇和海と特急いしづち・しおかぜは、松山駅の1番のりばに顔を合わせる形で停車するのですが、特急いしづち・しおかぜが1番のりばに到着してからでないと、特急宇和海は同じ1番のりばに入線できないようです。
そのためか、伊予北条~松山間の徐行運転で特急いしづち・しおかぜが遅れているせいで、宇和海20号も松山駅の手前でしばらく停車ということになり、到着が遅れました。

松山17:37発28M特急しおかぜ28号岡山行・1028M特急いしづち28号高松行(8000系×5連+3連)は、急ぎ車内清掃をして定刻に発車したものの、例の徐行運転で、宇多津到着が3分遅れの19:39着となりました。
Img_2259

宇多津からは19:45発5027D特急うずしお27号徳島行(N2000系×2連)で池谷へ向かいます。
Img_2260
Img_2261
最近のぶらり旅は「週末乗り放題きっぷ」を使っていますが、特急乗車時の検札スタンプで毎回いっぱいになります(^^)
Img_2263

池谷に21:04に到着。
池谷からは、21:08発4373D徳島行(1500型ワンマン+1500型回送)で佐古へ向かいます。
Img_2265

佐古には21:20頃に到着しました(^o^)/

今回のぶらり旅で、予讃線の残り駅もあと7駅となりました(^o^)/      

|

« ぶらり旅・予讃線(その26)の回想・・・千丈駅の栄枯盛衰 | トップページ | ステマスくんTシャツの試作完成! »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/57688479

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予讃線(その27)・・・警察官に職質されるの巻:

« ぶらり旅・予讃線(その26)の回想・・・千丈駅の栄枯盛衰 | トップページ | ステマスくんTシャツの試作完成! »