« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月29日 (月)

ぶらり旅・予讃線(その28)の回想・・・下宇和駅の栄枯盛衰

7月6日(土)の ぶらり旅・予讃線(その28) で訪れた下宇和駅。
Img_2376

駅舎は素っ気ないプレハブ造ですが、ホームにはかつて、線路を横切った構内踏切跡があり、かつては立派な駅舎や駅員の方が踏切を渡るための鉄板を列車が来るたびに通行できるようにセットしていたのでしょうね・・・。
Img_2374

2番のりば側の待合は、屋根のすきまから枝が垂れ下がっています。夜はちょっと怖いかも(^^ゞ
Img_2375

そして、ホームの片隅に咲く花が、今日も列車の往来を見つめているのでした~。
Img_2377 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

鉄分不足なので駅で補給(^^)

今日7/27(土)は出勤日のため、会社で仕事・・・。
で、やっとこさ終わって自宅近くの佐古駅へ。
もう2週間の鉄分不足は、たまりません・・・(-.-)

で、まずはJR高徳線3740110D高松行(キハ40+キハ47×2)。
Img_2568
乗りてぇ~。

後ろ髪をひかれる思いってこのことや~。
Img_2569

続いて、JR徳島線4011D特急剣山11号穴吹行(キハ185×2)。
Img_2570

明日も予定があって乗れないなぁ~。
もう一週間辛抱するか~!
Img_2571

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

ぶらり旅・予讃線(その29)・・・完結編

7月13日(土)、2週続けてのぶらり旅となりましたが、予讃線のぶらり旅を完結するため、出かけてきました。
この日、徳島県内では午後から雷雨があったようですが、愛媛・南予地方は終日お天気がよく、非常に暑い一日となりました。
行程は、
 佐古~徳島~高松~松山~宇和島~北宇和島~高光~宇和島~松山~高松~徳島~佐古
と辿ります。

まずは、佐古8:06発953D徳島行(キハ47×2連)で徳島へ。
Img_2479

徳島からは8:24発5006D特急うずしお6号岡山行(N2000系×3連)で高松へ。
3連休の初日とあって、けっこう車内は混んでました~。
Img_2480

うずしお6号は定刻9:31に高松到着。
高松からは9:40発1009M特急いしづち9号松山行(8000系×2連)で松山へ。
こちらも前週の土曜日と比べれたら混雑していたように思います。
途中宇多津で5M特急しおかぜ5号を連結し、8000系は7連で松山へ向かいます。
Img_2481

途中、伊予西条を過ぎた辺りで車内販売で購入した「讃岐路牛めし」を食すことに。
車内販売は日中の高松~観音寺間で行われますが、区間が短いため何度も来ないことがあります。なので見かけたらすぐ買われることをお勧めします。
(車内販売が無い場合もあるので、ご注意を!)
Dsc_0100

冷めてもおいしい駅弁、まいう~~~でした(^^)
Dsc_0101
特急いしづち9号・しおかぜ5号も定刻12:10に松山へ。

松山からは12:25発特急宇和海13号宇和島行(2000系×3連)で、終点の宇和島へ向かいます。
Img_2482
特急の愛称の通り、伊予吉田から先に見える宇和海は、山並みとあいまってとても綺麗でした。

で、少々遅れて13:45頃に宇和島に到着。
1番のりばの改札前では、風鈴が出迎えてくれました(^^)
Img_2483
車止めが、予讃線の終端まで来たんだというのを実感させてくれます。(南西方向)
Img_2484
改札を抜け駅舎内へ入ると、七夕の笹飾りがあり、親しみを感じます。
Img_2485

駅前から闘牛の像を入れて駅舎を撮影。駅はホテルクレメントと一体になっています。
宇和島へは約11年ぶりにやってきました
Img_2486
そして、コッペル車の1号機関車の像を入れて、もう一枚撮影。
しかし暑いがいいお天気です。
Img_2487
国道320号(西方向)にある花壇には花いっぱい。
Img_2488

次の北宇和島へは駅前からタクシーで向かうことにします。
Img_2489

約6、7分で北宇和島駅に到着。
Img_2491

乗ってきたタクシーを見送り・・・
Img_2490
駅前の風景をパチり。
Img_2492
タクシーの冷房があんまり効いてなくて、汗全開(^^;
駅舎内に入ってきました。
Img_2493
窓口は閉まっています。無人なのでしょうか・・・。
Img_2494
ホームへは跨線橋を渡ります。
Img_2495
跨線橋の上から撮影を敢行。
南寄り(宇和島寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2496
Img_2497
北宇和島駅のホームは島式ホームの一面二線。土讃線・徳島線の佃駅と同じく、ホームの幅が狭いです。
Img_2498
そして、ここは予土線の起点駅でもあるのです。
Img_2499
北寄り(高光寄り)から、北方向と南方向を撮影。
左が予讃線、右が予土線。次回からは予土線のぶらり旅が始まります。
Img_2500
Img_2501
駅舎を裏から撮ってみました。
Img_2502
こちらが予土線の0キロポスト。
Img_2503

さあ、予讃線完全制覇となる本日の最終目的地、高光駅へ!
北宇和島14:10発4926D松山行(キハ54ワンマン)で、高光へ。
Img_2505

高光に14:14頃に到着。ついにきました予讃線完全制覇!
Img_2506

で、まずはホーム撮影から。ホームは一面一線の単式ホームとなっています。
北寄り(伊予吉田寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_2507
Img_2508
続いて、南寄り(北宇和島寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2509
Img_2510
ホームには待合がありますが、後方に店舗を兼ねた駅舎があります。
Img_2511
その駅舎内。残念ですが無人です。
Img_2512
駅舎は隣の店舗におまけで付いているような感じですが、その店舗も移転してしまって、今は空き店舗。なんだか淋しいですね~。
Img_2513
自販機で水分補給用のミネラルウオーターを買って、一息ついて、記念撮影。
歳相応の顔しとんな~とつくづく思いますね~
まあ、それはおいておいて完結(^o^)/
長かった~。2011年9月からスタートしたした予讃線ぶらり旅。2年と10ヶ月かかりました~。携帯を亡くしたり、職務質問されたりといろいろありましたが、みんないい思い出です。
Dsc_0103

では、一旦宇和島へ戻ります。
高光14:30発4919D宇和島行(キハ54ワンマン)で宇和島へ。
Img_2515

約5分で宇和島に到着。
3番のりばの向こう側の側線は機回しができるようになっているようです。
Img_2516
2・3番のりばから北方向を撮影。
Img_2517
そしてこちらは1・2番のりばから見た北方向。
Img_2518
この後、改札を出てキヨスクでおつまみを買いこみ、再び駅構内へ。
Img_2519
3番のりばに停車中のキハ32は予土線に向かう列車のようです。
Img_2520
やがて乗車する宇和島14:56発1068D特急宇和海18号(2000系TSE×3連)が、1番のりばに入線してきました。
Img_2521
展望席は親子連れに譲り、荷物を置いて再び撮影。
Img_2522
こちら北寄り(北宇和島寄り)から、北方向と南方向を撮影。
Img_2523_2
Img_2524

宇和海18号は定刻に発車。車窓からですが、宇和島運転区を撮影。
かつて(11年前)ここで、気動車の体験運転をしたのでした~。
Img_2525
Img_2526

宇和海18号は定刻16:18に松山到着。
松山16:28発1026Mいしづち26号高松行(26Mしおかぜ26号岡山行)(8000系2+5連)で、高松へ。帰りの宇和海もいしづちも、前週よりは混んでました。
Img_2527
高松には定刻18:55に到着。

高松19:12発3025D特急うずしお25号徳島行(N2000系×2連)で徳島へ。
こちらはよく空いてました(^.^)
Img_2528
で、このころから腰に違和感が出てきました~(-_-メ)

うずしお25号は途中遅れがあったものの、徳島には定刻20:26に到着。
徳島からは20:29発481D阿波川島行(1200型×2連)で佐古へ帰ってきました。
Img_2529

さ、JR四国の駅乗下車も残り18駅。予土線の各駅を残すところとなりました。
たぶん次回は8月になるかな?

では、まだまだ頑張ります(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

JR徳島線・特急剣山99号(9099D)を撮影

7月20日(土)から、徳島17:57発4079D特急剣山9号阿波池田行(始発:牟岐)に変わって、徳島~阿波池田間をゆうゆうアンパンマンカーを連結した特急剣山99号(9099D)が走ることになり、自宅近くの最寄り駅である佐古駅で撮影してきました。(臨時列車の詳細はこちらのブログ記事を参照してください)
Img_2539

佐古駅通過は18時過ぎとなり、正面から夕陽を浴びたキハ185系を撮影。
ゆうゆうアンパンマンカーの利用がどれだけあるのか、JR四国の試みが成功してほしいと思いますので、是非みなさん乗ってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

金運上昇祈念入場券を買いました~

まだブログアップしていない、7月13日(土)のぶらり旅予讃線の帰り、JR高松駅で購入してきました。
ま、発売当日でしたし、高松で乗り換える訳ですから~。
Dsc02178

これでサマージャンボでも買ったら、当たるかな???
Dsc02179
裏面は金色なので、部屋の灯りが反射するわ、影はできるわで、撮るのが難しかったですね~。

この「金運上昇祈念入場券」、JR四国の観音寺駅、高松駅、坂出駅、宇多津駅、丸亀駅、多度津駅、詫間駅、善通寺駅、琴平駅、ワープ梅田支店などで発売し、1セット800円です。
詳しくはこちらのURLで!
http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/13-07-11/01.htm

総数8,000枚で売り切れ次第終了とのことですので、お早目にどうぞ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

7月20日から特急剣山9号をご利用の方はご注意を!(チョイ乗り・佐古~徳島)

7月15日(月)海の日、徳島は午前中から大気が不安定で、時折豪雨となることもありましたが、夕方には晴れ間が見えてきました。どうして休日が終わる頃になって天気になるのでしょうね。

2週連続のぶらり旅が祟ったのか右腰に腰痛が出て・・・。(7月13日土曜日の予讃線ぶらり旅完結編の模様は後日ブログアップいたします。)

で、今日は買い物で徳島へ。スマホのカメラで撮ったので画質がイマイチ。
佐古11:24発454D徳島行(1000型×2連)の徳島線普通列車で徳島へ。
この時には雨はあがっていました~。
Dsc_0106

いろいろと買い物を済ませ徳島駅へ。
1番のりばにこんな看板が出ていました。
Dsc_0110

そういえば、7月20日から8月10日、8月17日から9月1日の間、JR徳島線の徳島17:57発阿波池田行特急剣山9号にゆうゆうアンパンマンカーを連結して、特急剣山99号として運転されるのを思い出しました。
剣山9号は本来牟岐始発ですが、上記期間中は牟岐~徳島間は特急剣山98号として運転されます。
http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/top_osirase/01_anpanman.htm#p3

そのため、上記期間中は徳島駅での発車ホームが変更になるようです。
特急剣山99号は1番のりばからの出発となり、本来1番のりばから出発していた徳島18:00発471D阿波池田行は出発が4番のりばからとなるようです。
4番のりばでは、471Dと特急ホームエクスプレス阿南1号が並ぶことになるようです。

さて、私は12:39発4451D穴吹行(1000型単行)のJR徳島線普通列車に乗車し、佐古へ。
Dsc_0109

この後、午後からも時折豪雨となったり雷鳴が轟いたりと、不安定な一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

ぶらり旅・予讃線(その28)

7月6日(土)、関東地方は梅雨明けとなったのですが、四国はまだまだ不安定なのか梅雨明け発表が無いまま、7月最初のぶらり旅実行となりました。雷雨の予報もあったのですが、運を天に任せて出発です!
今回は、
 佐古~徳島~高松~松山~卯之町~下宇和~立間~伊予吉田~松山~高松~徳島~佐古
と辿ります。

佐古8:06発953D徳島行(キハ47×2連)で徳島へ向かいます。
自販機の影からこんにちは写真になってしまいました(^^)
Img_2349

徳島8:24発5006D特急うずしお6号岡山行(N2000系×3連)で高松へ向かいます。
毎度同じカットの写真では面白くないでしょうから、高松発のうずしおが2番のりばに入線してくる瞬間を駅名票を入れてパシャッと撮ってみました。
Img_2350
偶然にも8号車の展望席がゲットできたので着席し、この日は居眠りすることも無く、高松までの前面展望を楽しみました(^^)
で~、高松に9:31に到着。

高松からは、9:40発1009M特急いしづち9号(8000系×2連)(途中宇多津で5M特急しおかぜ5号を併結し8000系×7連)で松山へ向かいます。
こちらは毎度同じカットになってしまいました(^^ゞ
先頭1号車の洋式トイレが詰まっていたので、検札の時に女性客室乗務員の方へ申し上げると、対処の上、ご丁寧に対処完了のご報告までいただきました。(ありがとうございます)
Img_2351
愛媛に行くので、「愛」がつく音楽を聴きながら、いろんなことを考える時間になりました。
大好きな汽車に乗って、いろんなことを考えられるなんて、幸せな一時です。
松山に12:10に到着。

松山からは、12:25発1063D特急宇和海13号宇和島行(2000系×3連)で卯之町へ向かいます。
こちらは、宇和海2000系としおかぜ・いしづち8000系がお見合いしている姿をパシャっと撮ってみました。もう少し広角のレンズが欲しいところです(^^)
Img_2352

卯之町に定刻13:23に到着。
青空が見えていますが、松山を出発する直前から、しばらくにわか雨が降っていたのですが、お天道様が味方してくれています!
Img_2355
まずはホーム北寄り(上宇和寄り)を撮影。南よりは改札を出てから、駅の外から撮影することにします。
卯之町駅は有人駅で、二面三線の相対式、島式ホームを持ちます。
Img_2353
Img_2354
改札を抜けて駅舎内へ。駅にはキヨスクが併設されています。
Img_2356
Img_2357
こちら駅前の風景。長閑です。
Img_2358
そして駅舎全景。立派な瓦葺です。
Img_2359
さっきまでの宇和海の冷房で身体が冷え冷え状態でしたが、一気に汗が噴き出してきました。
線路沿いに駅の南側まで歩いてきました。
ここ南寄り(下宇和寄り)から、南方向と北方向を撮影。
Img_2360
かつては貨物用引き込み線だったのでしょうか。今は保線用資材などが置かれています。
Img_2361
Img_2362

では、ここから下宇和へはタクシーで向かいます。効率よく駅を巡る一つの有効な手段です。一応、このぶらり旅のルールでは、目的の駅で降りるか、または目的の駅から乗るかなので、次の下宇和駅から汽車に乗ればOKなのです。
で、下宇和まではタクシーで1,030円の距離でした。(タクシーの冷房で、汗が引っ込みました~)
Img_2363_2
こちらが下宇和の駅舎。こんな感じの駅が多いですね~。無機質な感じがして好きではありません。
Img_2364
こちらがさきほどタクシーで入ってきた駅前。私以外、誰もいません。
Img_2365
バス停もあるのですが、一日二便しかありません(^^ゞ
Img_2366
駅舎内。ベンチが一脚だけあり、無機質・・・。時々風が通るのですが、無機質なところがかえって暑さを増幅させます。
Img_2367
駅名票をパチリ。
Img_2368
ではホーム撮影を。
ホームは二面二線の相対式ホームとなっています。駅員はおらず、無人です。
南寄り(立間寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2369
Img_2370
北寄りには構内踏切があります。
Img_2371
北寄り(卯之町寄り)にある構内踏切から、北方向と南方向を撮影。
Img_2372
Img_2373

では、次の駅へ。
下宇和14:12発4919D宇和島行(キハ54ワンマン)で、立間へ向かいます。
Img_2378_2

立間には14:19頃に到着。
Img_2379
降り立った第一印象は、広い構内だな~でした。
まずはホーム撮影から。
ホームは一面二線の島式ホームとなっています。
こちら、南寄り(伊予吉田寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2380
Img_2381
かつては立間駅から温州みかんの出荷が行われていたようで、貨物列車への積み込み用ゲージがあったり、当時の繁栄が伺えます。今はトラック輸送なのでしょうね・・・。
Img_2382
そして北寄り(下宇和寄り)から北方向と南方向を撮影。「安全第一のポール」も残っていますね~。
Img_2384
Img_2385
Img_2386
駅舎寄りに1本、駅舎と反対の国道側に2本の側線があります。
Img_2387
で、駅舎へは構内踏切を渡ります。
で、こちらが駅舎。残念ですが無人駅です。
Img_2388
Img_2389_2
駅舎の外観は倉庫みないな感じです。
Img_2390

で、ここ立間から伊予吉田までは路線バスでの移動になるのですが、駅前にバス停が無く、駅舎の反対側を走っている国道56号側にバス停があることがわかり、移動することに。
駅南の踏切を渡り、約5分ほどでバス停に到着。もう大汗です(^^;
Img_2394

立間始発となるバスが回転場からやってきました。
立間駅前14:37発福浦行宇和島バスで吉田駅前へ向かいます。
Img_2395_2

吉田駅前には14:45頃に到着。バスの冷房でクールダウンできました(^^)/
Img_2396
伊予吉田駅へは国道56号から東に入っていきます。
Img_2397
駅への進入路。この先が伊予吉田駅です。しかし暑い(^^ゞ
Img_2398
見えてきました。こちらが伊予吉田駅の駅舎。
Img_2399
駅の北側は、かつて貨物引き込み線があったようにも感じられます。
Img_2400
駅舎内に入ってきました。
特急停車駅ですが無人化されています。一応、自動券売機は置かれています。
Img_2401
Img_2402
ホームに出て駅名票をパチッと撮影。
Img_2404
ではホーム撮影を。
ホームは二面二線の相対式となっています。
まずは、南寄り(高光寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2403
Img_2405
そして、北寄り(立間寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_2406
Img_2407
今は駐車場となっているこの場所、かつては貨物引き込み線があったのではないかと思われます。
Img_2408
跨線橋に上がって、南方向と北方向を撮影してみました。
Img_2409
こちらは北方向。
かつては島式ホームだったのではないかというのが、待合の屋根で伺えます。
Img_2410
ポイントレールと踏切が置いてあるのがおわかりになりますか?
これってもともとここにあったものなのか、ただ置いてあるだけなのか、どちらなのでしょう?
Img_2411
駅舎の造りは立派です。
Img_2412
吉田港がある西側にカメラを向けてみました。のんびりとした雰囲気です。
Img_2414

今回はここまで!
伊予吉田15:04発1068D特急宇和海18号松山行(TSE×3連)で、松山へ向かいます。
途中雷雨にみまわれましたが、私自身は一度も雨に降られませんでした~(^^)
Img_2415
松山に16:18に到着。

いつもと違うアングルで、TSEの車内から松山駅1番のりばに停車している8000系を撮影。
松山16:28発1026M特急いしづち26号高松行(8000系×2連)(+26M特急しおかぜ26号岡山行8000系×5連・途中宇多津で分割)で高松へ向かいます。
Img_2416
高松に18:55に到着。

往きのドキドキ感と違い、帰りはなんか淋しいですね~。
高松19:12発3025D特急うずしお25号徳島行(N2000系×2連)で徳島へ向かいます。
Img_2417
徳島には2分ほど遅れて20:28頃到着。

徳島20:29発481D阿波川島行(1200型×2連)で佐古へ向かいます。481Dはうずしお25号の乗客乗り換え待ち合わせのため、1分遅れの20:30に発車となりました。
Img_2418

佐古に20:33頃到着。
Img_2419
なんかごっついええ感じに佐古駅が撮れました。

これで予讃線は残り3駅。さあ、JR四国全駅ぶらり旅もあとわずか!頑張ります(^^)/                         

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

ぶらり旅・予讃線(その27)の回想・・・双岩駅での宇和海交換

6月22日(土)の ぶらり旅・予讃線(その27) で訪問した双岩駅。

待ち時間はもっぱら周辺の撮影や列車の撮影。
で、やってきたのが1067D特急宇和海17号。2000系アンパンマン車両です。
Img_2234
通過するのかと思ってたら、私の居る1番のりばに入ってきたぞ~。
Img_2235
で、停車。
写真の車掌さんが話しかけてきてくれました~。(ありがとうございました)
よく撮影している人を見かけるそうです。
Img_2236
で、運転停車中、遠慮なく撮影させていただきました。
Img_2237
交換となる1068D特急宇和海18号のTSEがやってきました。
Img_2238
通過していきます。
Img_2239
宇和海17号が発車していきます、
Img_2240
そして、姿が見えなくなりました・・・。
Img_2241

毎日繰り返される風景なのでしょうが、初めて訪れる私にとっては、とても新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

ぶらり旅・予讃線(その27)の回想・・・上宇和駅の長閑な田園風景

6月22日(土)の ぶらり旅・予讃線(その27) で訪問した上宇和駅。
Img_2199_2
ホームは車両が2両停まればいっぱいいっぱいとなるくらいの短いホーム。
嵩上げもされておらず、昭和レトロ感がいっぱいです。
Img_2206
あぜ道にはシオカラトンボもいますね~。子供の頃は虫とり網を持って走り回っていた記憶がよみがえってきました。
Img_2207
宇和川をせき止めて組み上げた水が、勢いよく水路に流れています。
Img_2208
Img_2209
梅雨の晴れ間、陽が射すと暑くなってきました~。
Img_2210
1066D特急宇和海16号(2000系×3連)が通過していきます。
Img_2211
続いて、1065D特急宇和海15号が通過します。こちらは2000系TSEと2000系アンパンマンとの混成です。
Img_2212
上宇和駅の南にある踏切は警報機も遮断機も無い踏切。
Img_2213
Img_2214
踏切と稲の緑と空と雲と光・・・。梅雨の晴れ間を切り取ってみました。
Img_2215
「線路は続くよどこまでも~♪」
Img_2216
Img_2217_2

ぶらり旅はまだまだ続きます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

ステマスくんTシャツの試作完成!

Station Masterのキャラクタ「ステマスくん」の試作品Tシャツが完成しました~(^^)
Img_2420
左胸にワンポイントでステマスくんをあしらってみました。
シンプルですが、結構よさそうです。

7月6日(土)に、このTシャツを着てぶらり旅をしてきましたが、車掌さんとかも見てくれていたような・・・(ひいき目かもしれませんが!)
このぶらり旅の模様は、また後日ブログアップしたいと思います。

試作段階ですが、欲しいという方はメールでもください。
少量受注生産なので、2,500円くらいしますが・・・(^^ゞ

他にも特製名刺を作成しました。お知り合いの方にはお配りしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

ぶらり旅・予讃線(その27)・・・警察官に職質されるの巻

6月22日(土)、雨が降らなければぶらり旅決行ということで、曇り空でしたがやってきました(^o^)/
ということで、今回は
 佐古~徳島~高松~松山~伊予大洲~上宇和~双岩~伊予石城~八幡浜~松山~宇多津~池谷~佐古
と辿ります。

まずは、佐古8:06発953D徳島行(キハ47×2連)で徳島へ。
Img_2193

徳島からは8:24発5006D特急うずしお6号岡山行(N2000系×3連)で高松へ向かいます。
Img_2194

そして高松からは9:40発1009M特急いしづち9号(8000系×2連)で松山へ。
途中宇多津で5Mいしづち5号を連結して、8000系×7連となります。
Img_2195
岡山からのしおかぜ5号が宇多津で7分遅れとなり、途中4分遅れぐらいまで回復したのですが、二日前に起きた雨による倒木で伊予北条~松山間での一部徐行運転により、結局松山到着が12:10から7分遅れとなったのでした・・・(-.-)

松山からは12:25発1063D特急宇和海13号宇和島行(2000系×3連)で伊予大洲へ向かいます。この宇和海13号は女性の車掌さんが乗務されていました~。
Img_2196

伊予大洲に12:59に到着。
そして、13:08発4919D宇和島行(キハ54ワンマン)で上宇和へ向かいます。
Img_2197

13:57頃、上宇和に到着。少し晴れ間が見えてきました。
Img_2199
そして4919Dは宇和島へ向けて遠ざかっていきます。
Img_2198
まずはホーム撮影を。
ここ上宇和駅は一面一線のホームと待合のみがある無人駅で、車両2両分ほどの長さと嵩上げされていないホームで、なにか懐かしい感じがします。
こちらは、南寄り(卯之町寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2200
Img_2201
そして、北寄り(伊予石城寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_2202
Img_2203
こちらは駅前の風景。建築中の住宅にいる職人さんくらいしか人影がありません。
Img_2218
Img_2204
南寄りに雑草地帯がありますが、かつては引き込み線があったのでしょうかね???
Img_2205
で、この後周辺の撮影をして(その模様は回想編で)、ホームで汗をぬぐっていたら、突然警察官に声をかけられました。
近くで侵入事案があったらしく、人相風体が私に似ているとか・・・(-_-メ)
身体検査、かばんの中身のチェック、身元確認などいろいろされましたが、解放されました(^^ゞ
これから双岩方面へ行くことを話すと、警察官曰く「また職質されるかもしれませんよ」とのことでした。真犯人を恨み、少し憂鬱になりましたが、旅を続けることに。

では、上宇和14:51発4926D松山行(キハ54ワンマン)で、双岩へ向かいます。
Img_2219

15:02頃に双岩に到着。
Img_2225
先に駅舎を抜けて、駅前へ。
駅前にある木造のお店、なかなか風情があり昭和っていう感じですね。
Img_2221
こちらが駅舎。無人です。
Img_2220
メンナンスしやすいのでしょうが、殺風景です。
Img_2222
ホーム側から見た駅舎。
Img_2223
ホームへはスロープを使うようになっていますが、階段も残っています。
Img_2224
双岩は二面二線の相対式ホームで、北寄りに構内踏切がありますが、かつては今より手前に構内踏切があったように思われます。
Img_2242
Img_2226
その北寄り(八幡浜寄り)にある構内踏切から、北方向と南方向を撮影。
Img_2227
Img_2228
2番のりば側にもちっちゃな待合があります。
Img_2229
そして南寄り(伊予石城寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2230
Img_2231
かつての貨物ホーム跡もしっかりと残っています。
Img_2232_2
Img_2233_2

さあ、この日最後の目的地、伊予石城へ向かうことに。
双岩15:44発4651D宇和島行(キハ54ワンマン)に乗車します。
Img_2244
15:51頃、伊予石城に到着。
到着する列車の窓からパトカーが見えたのですが、到着と同時に走り去ったので、少しホッとしました(^^ゞ
Img_2245
まずはホーム撮影を。
伊予石城は二面二線の相対式ホームとなっています。
東寄り(上宇和寄り)に構内踏切があります。
Img_2246
その東寄り(上宇和寄り)の構内踏切から東方向と西方向を撮影。
Img_2247
Img_2248
そして、西寄り(双岩寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_2249
Img_2250_2
かつては引き込み線があったのでしょうかね???
Img_2251
夏が近づき、停止位置表示に蜘蛛の巣を張って、餌食になる餌を待っています。
Img_2252
駅舎は、双岩と全く同じタイプ。駅舎があれば雨風はしのげますが、特色も無く、ちょっとがっかりです。そして無人駅となっています。
Img_2253
Img_2254
駅前は広く、綺麗な公衆トイレもありますが、人影がありません。
Img_2255
Img_2256

さあ、今回はハプニングもありましたが、徳島へ帰ることにしましょう。
伊予石城16:10発4928D松山行(キハ54ワンマン)で八幡浜へ向かいます。
Img_2257
八幡浜に16:25頃に到着。
松山では乗り換え時間が少ないので、八幡浜のキヨスクでビールとおつまみを購入し、16:33発1070D特急宇和海20号松山行(2000系×3連)で松山へ向かいます。
Img_2258
特急宇和海と特急いしづち・しおかぜは、松山駅の1番のりばに顔を合わせる形で停車するのですが、特急いしづち・しおかぜが1番のりばに到着してからでないと、特急宇和海は同じ1番のりばに入線できないようです。
そのためか、伊予北条~松山間の徐行運転で特急いしづち・しおかぜが遅れているせいで、宇和海20号も松山駅の手前でしばらく停車ということになり、到着が遅れました。

松山17:37発28M特急しおかぜ28号岡山行・1028M特急いしづち28号高松行(8000系×5連+3連)は、急ぎ車内清掃をして定刻に発車したものの、例の徐行運転で、宇多津到着が3分遅れの19:39着となりました。
Img_2259

宇多津からは19:45発5027D特急うずしお27号徳島行(N2000系×2連)で池谷へ向かいます。
Img_2260
Img_2261
最近のぶらり旅は「週末乗り放題きっぷ」を使っていますが、特急乗車時の検札スタンプで毎回いっぱいになります(^^)
Img_2263

池谷に21:04に到着。
池谷からは、21:08発4373D徳島行(1500型ワンマン+1500型回送)で佐古へ向かいます。
Img_2265

佐古には21:20頃に到着しました(^o^)/

今回のぶらり旅で、予讃線の残り駅もあと7駅となりました(^o^)/      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

ぶらり旅・予讃線(その26)の回想・・・千丈駅の栄枯盛衰

先日の ぶらり旅・予讃線(その26) で訪れた、千丈駅。

松山方面の1番のりばに待合があります。
Img_2022

これは、以前転轍器があった場所をうまく活用し、待合所を作ってベンチを置いたんですね~。かつては、転轍器からのびるワイヤーが、ポイントや腕木信号機を動かしいたんですよ。アナログだけどあの時代は良かった!
Img_2023

千丈駅もかつてはホーム中央に構内踏切があったんですよね。
さぞかし立派な駅で、駅員さんと乗客の方のコミュニティがあったのでしょうね。
Img_2024 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »