« ぶらり旅・予讃線(その25)の回想・・・八多喜駅の栄枯盛衰 | トップページ | 6月16日は夕方チョイ乗り(佐古~徳島) »

2013年6月11日 (火)

ぶらり旅・予讃線(その25)の回想・・・五郎駅(旧内子線)の栄枯盛衰

5月18日(土)の ぶらり旅・予讃線(その25) で訪問した、五郎駅。

内山線(予讃本線の向井原 - 内子間、新谷 - 伊予大洲間、内子線の内子 - 新谷間)が開業する1986年以前は、内子線への分岐駅でした。
Img_1779

私が所有している当時の書籍を見ると、五郎駅は二面三線の単式、島式ホームをもち、さらにその外側に側線がある立派な構内だったことがうかがえるのですが、現在は島式ホームが残された状態となっています。
Img_1783_2

このリヤカーはいつまで使われていたのでしょうか・・・。
Img_1784
更地となっていますが、ここはかつて貨物引き込み線があったのでしょう。
Img_1787
五郎駅の北側。いくつもの分岐器があったのでしょう。廃止当時からしばらくは、蒸気機関車の給水塔があったようですが、現在は取り壊されてしまっています。
内子駅に静態保存されているC12が、かつてここで給水を受けていたのでしょうね。
Img_1788
使われなくなったホームの北端。
Img_1789
島式ホーム上にある乙号距離標。ここに列車が停まってこそ役目を果たすと思うのですが、なんだかそれも叶わず、淋しげです。
Img_1790
島式ホーム南端。
こちらにもいくつもの分岐器があったのでしょう。
Img_1791
駅本屋があった単式ホームからこの島式ホームへは、構内踏切で渡る構造になっていたのでしょう。
Img_1792
その形跡が、単式ホーム、島式ホーム双方に文字として残されています。
Img_1793
Img_1794
現在は単式ホームのみですが、その長さが往時を語っているようです。
今は駅舎も無く、とても無残。。。本当に残念です。
Img_1796
かつてどの駅でもあった、安全第一の旗とポールを立てる土台が残されています。
Img_1803
列車の待ち時間があるので、かつての内子線(五郎~新谷間)の廃線跡を見ようと思い、歩いていくことに。
肱川を渡る鉄橋の向こうに分岐点があったはずですが。
Img_1797_2
国道24号線を歩き、ずいぶん南西方向にやってきたのですが、どうも行きすぎているようです。
Img_1798
新線の高架が見えてます。
Img_1799
4648Dが新谷へ向けて走っていくのが見えます。
Img_1800
時間が無いので、痕跡も見つけられず、五郎駅に向かってスゴスゴと歩いていたら、JA愛媛たいき大型ライスセンター近くに、かつて分岐信号があったのではと思わせる構造物を発見したのですが、これが本当にそうなのかは定かではありません。
Img_1801
そして、もういちどその構造物があった辺りを振り返ってみました。
Img_1802

五郎駅が栄えていた頃に訪問したことが無かったので、現地で見た風景と、後日自身が持っている資料や時刻表で調べたことをドッキングさせ、空想の世界で列車を走らせています。
タイムマシーンがあれば、往時に行ってみたい。。。

|

« ぶらり旅・予讃線(その25)の回想・・・八多喜駅の栄枯盛衰 | トップページ | 6月16日は夕方チョイ乗り(佐古~徳島) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。はじめまして。内子線関連で検索してたらヒットしました。

今埼玉県から愛媛に遠征しています。昔の内子線時代にキハ20あたりで乗っています。五郎駅の給水塔はなくなってしまったんですか。今は内子駅前の静態保存のC12は再整備されていました。
いつかは旧線路を訪ねてみたいです。
それでは失礼します。
追伸 広報内子に関連記事があります。

投稿: なりさん | 2015年1月14日 (水) 22時10分

なりさん様

はじめまして。
コメントありがとうございます。

教えていただいた「広報うちこ」を拝見しました。
C12や廃線跡の内容が出ていましたね。
当時を想像しながら廃線跡を歩くのも、なかなかおつなものですよ。

これからもお気づきになりましたことなど、コメントをいただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿: Station Master | 2015年1月15日 (木) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/57419537

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予讃線(その25)の回想・・・五郎駅(旧内子線)の栄枯盛衰:

« ぶらり旅・予讃線(その25)の回想・・・八多喜駅の栄枯盛衰 | トップページ | 6月16日は夕方チョイ乗り(佐古~徳島) »