« ぶらり旅・予讃線(その23)の回想・・・喜多灘駅の栄枯盛衰 | トップページ | ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線 »

2013年5月 5日 (日)

ぶらり旅・予讃線(その23)の回想・・・下灘駅の栄枯盛衰

4月20日(土)のぶらり旅・予讃線(その23)で訪問した下灘駅
Img_1036
現在は海に一番近い駅ということで観光地にもなっている下灘駅。
かつては一面二線の島式ホームでした。
Img_1043
かつて線路があった場所は埋め立てられ、その面影が若干残るだけです。
Img_1044
優等列車が走っていた時代、下灘駅では列車交換が行われるダイヤが組まれていました。
Img_1029
やはり駅には、駅員が居て地元の住民の方の憩いの場となっていてほしかったなぁと思うこの頃です。

|

« ぶらり旅・予讃線(その23)の回想・・・喜多灘駅の栄枯盛衰 | トップページ | ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/57240920

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予讃線(その23)の回想・・・下灘駅の栄枯盛衰:

« ぶらり旅・予讃線(その23)の回想・・・喜多灘駅の栄枯盛衰 | トップページ | ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線 »