« ぶらり旅・予讃線(その23)の回想・・・下灘駅の栄枯盛衰 | トップページ | 徳島街歩き&徳島LEDアートフェスティバル »

2013年5月 7日 (火)

ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線

4月27日(土)、天気も良くて暑くも無く寒くもなくという、ちょうどいい気温だったので、一週間前のぶらり旅リベンジをやってきました。
今回の行程は、
 徳島~高松~松山~伊予大洲~内子~新谷~五十崎~喜多山~伊予市~松山~宇多津~高松~徳島~佐古
と辿ります。今回のぶらり旅で内子線の各駅は制覇ということになります。

前回同様、妻に車で送ってもらってJR徳島駅へ。
徳島7:00発3004D特急うずしお4号高松行(N2000系×4連)で高松へ向かいます。
Img_1310
連休前半スタートの日ですが、多少混んでいる感じですが、それでも座席には余裕があるように思えました。

高松には定刻の8:13に到着。高松からは8:45発1007M特急いしづち7号(宇多津から3Mしおかぜ3号併結)で松山へ向かいます。(8000系3連+5連)
GW中の多客輸送で、特急いしづちは宇多津止りになるのですが、このいしづち7号は松山まで向かってくれます。
Img_1311
こちらの電車も特に混雑もなく、また遅れもなく11:14に松山へ到着。

松山からは11:23発1061D特急宇和海11号宇和島行で、伊予大洲へ向かいます。
Img_1312
多客対応で1両増結されて2000系×4連となっていましたが、こちらの宇和海11号の自由席はほぼ満席の状態で発車、そして11:58に伊予大洲到着となりました。

Img_1313

いい天気です。駅前には鳥居があります。
Img_1314
特急停車駅で、海回り、山回りの分岐駅でもあるので、駅舎も大きく立派です。
Img_1315
駅舎内に戻ってきました。伊予大洲駅はみどりの窓口が設置された有人駅です。改札口に設置されたのりば別の行先案内(吊看板)が懐かしいです~。昔はどこの駅でもありましたね~。
Img_1316
そして、待合室にはキヨスクもあります。最近は閉店した店舗が多くなりましたが、開いてくれているとかなり便利です。
Img_1317
駅の北東寄りは貨物ホーム跡となっています。で、ここにある駐車場のブロックに腰をかけて昼食(おにぎり)を頬張ります(^.^)
Img_1318
昼食を食べ終わったところで、ホーム撮影を始めます。
伊予大洲駅は二面三線の単式、島式ホームを持つ駅となっています。
そしてこちらが南西寄り(西大洲寄り)から南西方向と北西方向を撮影した画像です。
Img_1319
Img_1320
そして北東寄り(五郎・新谷寄り)から北東方向と南西方向を撮影。
Img_1321
Img_1322

さあ、次の駅へ。ここからは内子線の各駅に降りて行きます。
伊予大洲12:40発1062D特急宇和海12号松山行(2000系×4連)で、ひとまず内子へ向かいます。着席もできました~。
Img_1323
約10分後の12:50に内子に到着。
Img_1326
次の列車まで20分近くあるので、旧内子線沿いを少し歩いてみることにします。
Img_1324
駅前を南北に通じる道路が旧線ですが、その痕跡は何もありません。
上の写真の道路を進むと内子自治センターがあり、そこが旧内子駅のようですが、次の列車に間に合わなくなるので、道半ばで諦めて引き返します。
Img_1325

では次の駅へ。
内子13:11発4639D八幡浜行き(キハ54ワンマン)で、新谷へ向かいます。
車内は部活帰りの学生さんが大勢乗り、賑やかでした。
Img_1327

約9分で新谷に到着です。ニイヤと読みます。
Img_1333
新谷駅は二面二線の相対式ホームとなっていますが、ホーム上に待合があるのみの無人駅です。
Img_1328
Img_1329
また、上下線のホーム(のりば)を行き来するには、駅東側の踏切を渡らなければなりません。
そして駅の全景がこちら。
Img_1330
ではホーム撮影を。
東寄り(喜多山寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_1331
Img_1332
続いて、西寄り(伊予大洲寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_1334
Img_1335
本当に気持ちが良いほどのいい天気です。
では次の駅へ。
新谷13:35発4644D伊予市行(キハ54ワンマン)で五十崎へ向かいます。
Img_1337

約6分で五十崎に到着。イカザキと読みます。
Img_1350
私が乗ってきた4644Dは、内子へ向けて発車していきました。
Img_1338
まずは駅の全景を撮影。
五十崎駅は山の中腹に位置し、すぐ傍を国道58号線が走っています。
Img_1339
内子線の旧線時代、五十崎駅はこの山を迂回した現駅より東にあったようです。
Img_1340
なので、五十崎駅は非常に変わった駅となっており、山回り線開通時に移転、ホームの一部がトンネルの中に入っています。
Img_1341
そのトンネルの名は「五十崎トンネル」
Img_1342
ではホーム撮影を。
五十崎駅は一面一線の単式ホームとなっており、ホーム上に待合があるのみです。
列車が来ないことを確認し、フラッシュ撮影をします。
まずは、北東寄り(内子寄り)から北東方向と南西方向を撮影。
Img_1343
日中も真っ暗ですから、夜になるともっと怖いですね~。ホーム長は4連でいっぱいになる長さですが、トンネル内に停車する列車は現状では無いのではないかと思われます。
Img_1345
そして南西寄り(喜多山寄り)から南西方向と北東方向を撮影。
Img_1347
Img_1349
以前は近くのモータースで切符の委託販売をされていたようですが、ビニールテープで隠され、切符購入は車内で・・・ということだそうです。
Img_1351_2
国道58号から駅舎を撮ったのが下の画像です。
Img_1353_2

では、本日最後の駅へ。
トンネルを抜けてきた列車、五十崎14:15発4645D八幡浜行(キハ54ワンマン)で喜多山へ向かいます。
Img_1357

約4分で喜多山駅へ到着です。
Img_1359
4645Dは私を置いて行ってしまいました。降りたのは私だけ~。
Img_1358
ではホーム撮影を。
喜多山駅は一面一線の単式ホームを持ち、待合のみの無人駅です。
西寄り(新谷寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_1360_2
Img_1361
そして東寄り(五十崎寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_1362
Img_1363
近くの防火用水で発見。
「あめんぼ赤いなあいうえお」
Img_1369
で、金魚も発見。春ですな~。
Img_1370

さあ本日はここまで。
15:15発4648D伊予市行(キハ54ワンマン)で、伊予市へ向かいます。
Img_1375

15:58に伊予市に到着。
キハ32とキハ54が並びまず。架線は似合いませんね~。
Img_1377

伊予市16:08発1068D特急宇和海18号松山行(2000系TSE×3連)で、松山へ向かいます。
Img_1378
久しぶりのTSE車内。
Img_1379
1990年鉄道友の会・ローレル賞が光ります。もう23年ですか~。
Img_1380

松山には16:18に到着。
松山からは16:28発26M特急しおかぜ26号岡山行(8000系×8連)で宇多津へ向かいます。多客対応で全車両松山行となってます。
Img_1381

たらふくビールを飲んで、ほろ酔い気分で宇多津へは18:33に到着。
宇多津始発となった18:36発1026Mいしづち26号高松行(キハ185×2連)の展望席を陣取り、高松へ向かいます。
Img_1382
夕暮れの中、高架橋を進んで行きます。
Img_1383

いしづち26号は18:55に高松到着。
既に停車している、高松19:12発3025D特急うずしお25号徳島行(N2000系×2連)で、徳島へ向かいます。
Img_1384

遅れもなく、20:26に徳島到着。
3番のりばに停車中の20:29発481D阿波川島行で佐古へ戻ってきました。
(隣に停車中なのは、581D阿南行です)
Img_1385

で、今回のぶらり旅で223/260駅達成となり、残り37駅となりました。
次回はGW明けの5月中旬くらいに行けたらいいなあと思っております。

|

« ぶらり旅・予讃線(その23)の回想・・・下灘駅の栄枯盛衰 | トップページ | 徳島街歩き&徳島LEDアートフェスティバル »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/57318582

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線:

« ぶらり旅・予讃線(その23)の回想・・・下灘駅の栄枯盛衰 | トップページ | 徳島街歩き&徳島LEDアートフェスティバル »