« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線の回想・・・駅名標鏡・特急宇和海17号

4月27日(土)に行った「ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線」。
喜多山駅では、1067D特急宇和海17号アンパンマン列車を、水鏡改め駅名標鏡で撮影してみました。
Img_1374
天気と陽射しが丁度良かったから、うまく撮れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

Coming Soon!! Station Masterキャラクター 間もなく公開!!

今、巷ではゆるキャラブーム!

そこで、予てからStation Masterのキャラクターを考えておりまして、ずいぶん前にデザイナー様にお願いしていたのが完成し、ラジオ等で予告していたのですが、いよいよ6月1日に発表いたします。

で、今回はプレ公開!
1

Photo 

これじゃ、なんだかわからんって?
プレ公開ですから、モザイク付です。
6月1日公開まで、お楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

5月26日はチョイ乗りです!(佐古~徳島)

5月26日(日)、ぶらり旅はお休みしてチョイ乗りだけ~~~。

佐古15:12発4967D徳島行(1500型ワンマン)のJR鳴門線普通列車で徳島へ。
Dsc_0062

買い物のあと、徳島16:26発465D穴吹行(1500型×2連)のJR徳島線普通列車で佐古へ。
Dsc_0064
ダイヤ改正前まではキハ47で運転されていた465Dは、1500型へ。そして1566が後方に連結されています。
Dsc_0065
これで乗車は二度目ですが、新車はいいですね~。

さあ、次の週末はぶらり旅に行けるかな?梅雨が近いかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線の回想・・・喜多山駅の栄枯盛衰

4月27日(土)に行った「ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線」。
内子線喜多山駅は、かつて貨物ホームもあった立派な駅であったことがうかがえる遺構がたくさん残っています。
Img_1359_2
今は資材置き場と化しているホーム遺構。
Img_1364
「停車場標」という標識が建ち、ホーム跡には資材と軽トラが・・・
Img_1365
喜多山駅が繁栄していた頃、ここはどのような雰囲気だったのか。今は人影も無く淋しげです。
Img_1367
駅西側には広い用地があり、かつては側線等があったのか・・・。
Img_1368
そして、一面一線の単式ホームにもかかわらず、両面の駅名標。駅看板が無いからそうなったのか?1996年にスロープが設置されたようですが、かつてはこの位置に駅舎があったのか・・・。当時の面影を探りながら、次の列車を待つのも、ぶらり旅の楽しみです。
Img_1372    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線の回想・・・五十崎駅周辺の旧線

4月27日(土)に行った「ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線」。
五十崎駅の入り口。
Img_1354
すぐ傍を国道58号線が通り、バス停があり、右手奥の坂を昇ったところが五十崎駅。
Img_1356_2
国道58号線を南に渡り、松山自動車道との間に、旧線跡らしきゆるやかなカーブを描く道路。ここが旧線跡だったかどうか定かではありません。
Img_1355
もしそれが正しければ、五十崎の西寄りで合流するはずで、その方向にカメラを向けてみました。
Img_1348
このように空想するのも、ぶらり旅の楽しみの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線の回想の回想・・・五十崎トンネルとTSE

4月27日(土)に行った「ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線」。
Img_1352
五十崎駅では、五十崎トンネルを爆走し飛び出してくるTSEを撮影。
2000系先行車のTSEがいつまでも元気に走ってくれることを祈念いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

春の空気を感じるぞ!・・・JR徳島線鮎喰川鉄橋での撮影

5月12日(日)、前日から体調が悪く、気温が上がったり下がったりするせいか、扁桃腺が腫れて少し風邪気味だったのですが、処方してくれた薬を飲んで体調がだいぶん戻ってきました。
ですが、一日中家にいるのも気が滅入るので、春の空気を感じに、夕方、JR徳島線鮎喰川鉄橋へ行って、少し撮影してきました。

それにしても良いお天気です。JR徳島線鮎喰川鉄橋では眉山を背景に写真が撮れる場所なので、お気に入りです。
Img_1576

まずは、461D(1500型×2連)阿波池田行。
Img_1565

続いて、4466D(1500型ワンマン)徳島行。
Img_1575

今度は、463D(1000型×2連)阿波池田行。
Img_1578

最後は4468D(1200型ワンマン)徳島行。
Img_1584

JR徳島線ではキハ47の運用が無くなりましたが、かつてはSL、DLが牽く客車列車も走っていた思い出の路線。
これからどんな進化するのでしょうね?楽しみです(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線の回想・・・新緑の新谷駅

4月27日(土)に行ってきた「ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線」。
内子線新谷駅では、山々の新緑をバックに駅名標と撮ってみました。
Img_1336

ここで一日中寝そべっていたいほど、良いお天気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

GW後半(5/4)・・・妻と高松買い物デート

いつも汽車に乗るのは私一人が多いので、5月4日(土)は、妻と高松へ買い物に行ってきました(^.^)

佐古10:39発4959D徳島行(1200型ワンマン)のJR鳴門線普通列車で出発。
GWのワンマンとあって、結構な混雑でした~。
Img_1553

徳島11:30発3012D特急うずしお12号高松行(N2000系×2連)で高松へ。
いつもやっている展望席をゲットし、妻はお菓子を食べながら、そして前面展望を楽しみながら高松へ。
鉄道に興味が無い妻は、N2000系の振り子で車体が傾いたり、時速100km前後で走行するので、「ジェットコースターみたい」と言ってました(^.^)
Img_1554

途中遅れがあったものの高松にはほぼ定刻の12:34に到着。
お昼もいい時間になったので、シンボルタワーのお店で昼食をいただくことに。

Img_1555_2

食事も終わり、エスカレータを降りてきたら、中ではイベントが行われているようでした。

Img_1556

私たちは玉藻公園を通り、最初も目当て、高松三越へ。

Img_1557

その後、商店街を通り、最終目的地は瓦町の天満屋。
たくさん買い物をして、妻は満足のようでした(^o^)/

で、足もダルダル状態なので、帰りは琴電瓦町から高松築港まで琴電で移動することに。
Img_1558

高松からは前日も乗車した17:12発3021D特急うずしお21号徳島行(N2000系×2連)で徳島へ。前日と今回合わせて2万歩!帰りの車内は二人とも熟睡でした(^^ゞ

Img_1559

徳島には18:22に着き、これで終わりか~と思いきや、こんどはそごうへ。
更に買い物をして、結局徳島を出たのは19:26発477D阿波池田行(1000型×2連)でした。

Img_1560

いや~、妻孝行はできましたが、疲れました~。
ということで、GW残り2日間は、お家でゆっくりくつろいでいたのでした(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

GW後半・・・岡山・後楽園と岡山城ぶらり旅

5月3日(金)、普段の駅乗下車ぶらり旅とは趣向を変え、岡山の後楽園と岡山城を見に行くことにしました。
先日の「【B-STEP TALKING・ドレミファ曽谷さんコラボ企画】北陸鉄道石川線・曽谷駅ぶらり日帰り旅(その1)(その2)」で、金沢の兼六園に行ったりしたもんで、日本三大名園を巡るのもいいな~ということで!

スタートはいつものJR佐古駅から。
9:44発957D徳島行(1500型+1200型の2連)のJR鳴門線普通列車で徳島へ向かいます。
この日の957Dは1500型7次車でした(^.^)
Img_1512

JR徳島駅ではこの日からスタートしたマチ☆アソビの記念入場券を買い求める長蛇の列。殆どがそれも野郎ばかり。
Img_1514
それは何故か?
声優の中村繪里子さんが徳島駅の一日駅長をしていたから・・・のようです。
最近のアニメには全く興味がなく、みどりの窓口前の椅子に腰かけていたら、偶然出会わしたので、パチッと撮影。運が良かったのか悪かったのかよくわかりませんが(^^ゞ
Img_1513

徳島からは10:28発3010D特急うずしお10号高松行(N2000系×2連)で、高松へ向かいます。この列車の一つ前、うずしお8号の出発で中村繪里子駅長が出発合図を送ったらしいです。これは翌日の徳島新聞で知りました(^.^)
GW後半初日とあってか、2両編成のうずしおは徳島出発時にほぼ席が埋まるような状態でした。
Img_1515

途中若干の遅れがあったものの、高松には11:37に到着。
大急ぎで、高松11:40発3128M快速マリンライナー28号岡山行に乗車します。
今回はグリーン車でレッツGO!。グリーン券は徳島駅で購入しておきました(^.^)
Img_1516
瀬戸大橋を渡る時は良いお天気でしたが、この後だんだんと曇ってきます・・・(-.-)
Img_1517

岡山には12:32に到着。東口の駅前広場には多くの人出があり、駅構内も新幹線の乗り換え等で凄く混雑していました。やはり徳島のような田舎とは違いますね~。
Img_1518
まだこの時点でお天気も良かったので、岡山駅から後楽園までは徒歩で向かうことにします。駅前の大通りから一本北側の商店街アーケードがある通りを東に向かって歩いていjきます。
お腹も空いてきたので、途中で見つけた割烹「かどや」さんで天ぷら定食を食し、大満足!いつものぶらり旅ではおにぎりで済ますことが多かったですが、今回がゴージャスです!
Img_1519_2

昼食を終え、歩を進めると、見えてきました後楽園。
でも少し雲が多くなってきました~(-.-)
Img_1520
では、入場!
Img_1521
一面の新緑です。広いですね~。
Img_1522
茅葺き屋根の古民家があり、こいのぼりも。
Img_1523
こちらは沢の池。
Img_1524
レンゲ畑~。子供の頃は徳島市内でもあちこちで見かけたし、よく遊んだりしたし~。
Img_1525
茶店の藤棚。見事な藤の花です。
Img_1526
バラの向こうに岡山城が見えてきました。
雲行きが怪しいですね~。でも結局雨には降られませんでした(^.^)
Img_1527
Img_1528
流店という建物の中では、花嫁さんの衣装を着た女性がいます。撮影?
Img_1529
ツツジと花菖蒲が見事に咲き誇っています~♪
Img_1530

では、次は岡山城へ。月見橋から天守閣を臨みます。
Img_1531
間近までやってくると、新緑と漆黒のお城が映えます。
Img_1532
門をくぐって、いよいよ天守閣へ。
Img_1533
Img_1534
こちらにもこいのぼりです。
Img_1535
で、天守閣の最上階へやってきました。
金の鯱鉾!
Img_1536
岡山駅方向の眺め~。最高!
徳島にも天守閣が欲しいなあ~。
Img_1537
後楽園をバックに鯱鉾の写真をもう一枚!
Img_1538
他にもたくさん見たのですが、このくらいにして・・・

岡山城を後にして、岡山電気軌道の「城下」電停までやってきました。
Img_1539
Img_1541
東山線は、城下から南(右)に曲がっていきます。
Img_1540
こちらは岡山駅前方向。
Img_1542
岡山駅前行の電車がやってきました。タイミング良く、「たま電車」でした。和歌山電鐡は、岡山電気軌道の子会社なので、貴志川線貴志駅のたま駅長をモチーフにしているようです。
Img_1543
小さな子供さん連れの親子をたくさん乗せ、岡山駅前へ向けて出発!

そして岡山駅前に到着。降車と乗車が別々のホームになっています。
Img_1544
Img_1545
信号機の向こうに見えるのが乗車ホームです。
Img_1546
岡山駅前の電停(乗車ホーム)の全景でした。
Img_1547
お土産を買い、JR岡山駅構内にやってきました。
こちらはJR西日本213系の瀬戸内国際芸術祭2013・JR宇野線アート列車。
JR四国のケバイのよりはいいです。
213系は初代マリンライナーで活躍していた頃を思い出します。
Img_1548_2

では、帰路へ。
岡山15:42発3143M快速マリンライナー43号高松行に乗車します。
Img_1549
帰路も奮発してグリーン車!展望席がゲットできなかったのが残念でした(^^ゞ
Img_1550
高松には定刻の16:37に到着。
高松からは17:12発3021D特急うずしお21号徳島行(N2000系×4連)に乗車するのですが、この待ち時間を利用して、ラジオの電話レポータとして出演したのでした。
B-FM791の「ドレミファ曽谷のどどんがドン♪」の「勝手に特派員」コーナーで、この日の旅の模様等をレポートさせていただきました(^o^)/
Img_1551
徳島には18:22に到着!
徳島からは18:35発370D高松行(キハ40+キハ47×2連)で佐古へ戻ってきました。
Img_1552

たまにはゴージャスな旅もいいですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

徳島街歩き&徳島LEDアートフェスティバル

4月28日(日)、この日も天気が良く、夕方から徳島市内の街歩きと徳島LEDアートフェスティバルへ行ってきました。
佐古の自宅から徒歩で藍場浜へ。雲ひとつない晴天です。
Img_1386
ツツジが満開!
Img_1387
蜜蜂もせっせと蜜を集めています。
Img_1388
たんぽぽも開花していますね~。
Img_1389
鳩も元気がよさそう!
Img_1390
そして新町橋のたもとまでやってきました。
Img_1391
新町小学校の6年生のみなさんが植栽したそうです。
Img_1392
なのに鳩が花を喰ってるぞ~。なってこっちゃ!
Img_1393
新町橋のたもとから見た、元町交差点(徳島駅)。
Img_1394
新町橋の中程からの眉山。西陽がきついですね。
Img_1395
こちら新町の西地区。日曜日だというのにシャッターが閉まり、人通りが少なく、淋しいですね~。
Img_1396
阿波踊り会館までやってきました。ここが眉山ロープウエイのりばになっています。
Img_1397
徳島LEDアートフェスティバル期間中、17時半からロープウエイが無料となるため、それを待って山頂まで登ってきました。
徳島は海と川の街と再認識する風景です。
Img_1398
日暮れまで時間があるので、山頂の周辺を散策することにします。
マリーゴールドも色とりどり、夕陽に染まっています。
Img_1399
パンジーも色とりどり!
Img_1400
自然のカラーって心がなごみます。
Img_1401
Img_1402
こちら、NHK(テレビ)の送信所です。
Img_1403
北斜面にやってきました。こちらはツツジが満開です。
パコダを入れて撮影。
Img_1404
ツツジのじゅうたんっていう感じですね。
Img_1405
Img_1406
やっぱ春はいいですね♪
Img_1407
再び山頂へ。
新町橋から元町交差点、徳島駅へ通じるメインストリートです。
Img_1409
LED万華鏡の色変化もだんだん濃くなってきました。
Img_1408
万華鏡の中をカメラで覗いてみました。すばらしい~。
Img_1410
夕陽がだんだん沈み、電波塔もシルエットに。
Img_1411
新町川に架かる牟岐線の鉄橋を、574D(1500型×2連)が渡っていきます。
Img_1412
空にはジェット機のスジ雲。
Img_1413
夕闇が迫ってきて、少しずつネオンが輝いてきました。
Img_1414
LED万華鏡も光がはっきりと見えてきました。
Img_1415
眉山山頂を離れて、山麓へ降ります。
山頂駅にはLEDを使った宇宙の絵が飾られています。こちらも綺麗です。
Img_1416
Img_1417
ロープウエイの車内から。徳島はもうすぐ闇のとばりに落ちていきます。
Img_1418
山麓駅を兼ねた阿波踊り会館も、濃いブルーの中に光を放っています。
Img_1419
新町川に架かる橋のLEDアート。水面にも映り、見事でした。
Img_1420
Img_1421
そして、JR徳島駅から19:53発479D穴吹行(1000型×2連)のJR徳島線普通列車で佐古駅まで戻ってきました。
Img_1422
この日は万歩計が1万歩を越え、いい運動となりました。
そして、徳島のすばらしい風景と夜景、LEDの灯りを堪能し、日頃のストレスを発散させてくれたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

ぶらり旅・予讃線(その24)&内子線

4月27日(土)、天気も良くて暑くも無く寒くもなくという、ちょうどいい気温だったので、一週間前のぶらり旅リベンジをやってきました。
今回の行程は、
 徳島~高松~松山~伊予大洲~内子~新谷~五十崎~喜多山~伊予市~松山~宇多津~高松~徳島~佐古
と辿ります。今回のぶらり旅で内子線の各駅は制覇ということになります。

前回同様、妻に車で送ってもらってJR徳島駅へ。
徳島7:00発3004D特急うずしお4号高松行(N2000系×4連)で高松へ向かいます。
Img_1310
連休前半スタートの日ですが、多少混んでいる感じですが、それでも座席には余裕があるように思えました。

高松には定刻の8:13に到着。高松からは8:45発1007M特急いしづち7号(宇多津から3Mしおかぜ3号併結)で松山へ向かいます。(8000系3連+5連)
GW中の多客輸送で、特急いしづちは宇多津止りになるのですが、このいしづち7号は松山まで向かってくれます。
Img_1311
こちらの電車も特に混雑もなく、また遅れもなく11:14に松山へ到着。

松山からは11:23発1061D特急宇和海11号宇和島行で、伊予大洲へ向かいます。
Img_1312
多客対応で1両増結されて2000系×4連となっていましたが、こちらの宇和海11号の自由席はほぼ満席の状態で発車、そして11:58に伊予大洲到着となりました。

Img_1313

いい天気です。駅前には鳥居があります。
Img_1314
特急停車駅で、海回り、山回りの分岐駅でもあるので、駅舎も大きく立派です。
Img_1315
駅舎内に戻ってきました。伊予大洲駅はみどりの窓口が設置された有人駅です。改札口に設置されたのりば別の行先案内(吊看板)が懐かしいです~。昔はどこの駅でもありましたね~。
Img_1316
そして、待合室にはキヨスクもあります。最近は閉店した店舗が多くなりましたが、開いてくれているとかなり便利です。
Img_1317
駅の北東寄りは貨物ホーム跡となっています。で、ここにある駐車場のブロックに腰をかけて昼食(おにぎり)を頬張ります(^.^)
Img_1318
昼食を食べ終わったところで、ホーム撮影を始めます。
伊予大洲駅は二面三線の単式、島式ホームを持つ駅となっています。
そしてこちらが南西寄り(西大洲寄り)から南西方向と北西方向を撮影した画像です。
Img_1319
Img_1320
そして北東寄り(五郎・新谷寄り)から北東方向と南西方向を撮影。
Img_1321
Img_1322

さあ、次の駅へ。ここからは内子線の各駅に降りて行きます。
伊予大洲12:40発1062D特急宇和海12号松山行(2000系×4連)で、ひとまず内子へ向かいます。着席もできました~。
Img_1323
約10分後の12:50に内子に到着。
Img_1326
次の列車まで20分近くあるので、旧内子線沿いを少し歩いてみることにします。
Img_1324
駅前を南北に通じる道路が旧線ですが、その痕跡は何もありません。
上の写真の道路を進むと内子自治センターがあり、そこが旧内子駅のようですが、次の列車に間に合わなくなるので、道半ばで諦めて引き返します。
Img_1325

では次の駅へ。
内子13:11発4639D八幡浜行き(キハ54ワンマン)で、新谷へ向かいます。
車内は部活帰りの学生さんが大勢乗り、賑やかでした。
Img_1327

約9分で新谷に到着です。ニイヤと読みます。
Img_1333
新谷駅は二面二線の相対式ホームとなっていますが、ホーム上に待合があるのみの無人駅です。
Img_1328
Img_1329
また、上下線のホーム(のりば)を行き来するには、駅東側の踏切を渡らなければなりません。
そして駅の全景がこちら。
Img_1330
ではホーム撮影を。
東寄り(喜多山寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_1331
Img_1332
続いて、西寄り(伊予大洲寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_1334
Img_1335
本当に気持ちが良いほどのいい天気です。
では次の駅へ。
新谷13:35発4644D伊予市行(キハ54ワンマン)で五十崎へ向かいます。
Img_1337

約6分で五十崎に到着。イカザキと読みます。
Img_1350
私が乗ってきた4644Dは、内子へ向けて発車していきました。
Img_1338
まずは駅の全景を撮影。
五十崎駅は山の中腹に位置し、すぐ傍を国道58号線が走っています。
Img_1339
内子線の旧線時代、五十崎駅はこの山を迂回した現駅より東にあったようです。
Img_1340
なので、五十崎駅は非常に変わった駅となっており、山回り線開通時に移転、ホームの一部がトンネルの中に入っています。
Img_1341
そのトンネルの名は「五十崎トンネル」
Img_1342
ではホーム撮影を。
五十崎駅は一面一線の単式ホームとなっており、ホーム上に待合があるのみです。
列車が来ないことを確認し、フラッシュ撮影をします。
まずは、北東寄り(内子寄り)から北東方向と南西方向を撮影。
Img_1343
日中も真っ暗ですから、夜になるともっと怖いですね~。ホーム長は4連でいっぱいになる長さですが、トンネル内に停車する列車は現状では無いのではないかと思われます。
Img_1345
そして南西寄り(喜多山寄り)から南西方向と北東方向を撮影。
Img_1347
Img_1349
以前は近くのモータースで切符の委託販売をされていたようですが、ビニールテープで隠され、切符購入は車内で・・・ということだそうです。
Img_1351_2
国道58号から駅舎を撮ったのが下の画像です。
Img_1353_2

では、本日最後の駅へ。
トンネルを抜けてきた列車、五十崎14:15発4645D八幡浜行(キハ54ワンマン)で喜多山へ向かいます。
Img_1357

約4分で喜多山駅へ到着です。
Img_1359
4645Dは私を置いて行ってしまいました。降りたのは私だけ~。
Img_1358
ではホーム撮影を。
喜多山駅は一面一線の単式ホームを持ち、待合のみの無人駅です。
西寄り(新谷寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_1360_2
Img_1361
そして東寄り(五十崎寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_1362
Img_1363
近くの防火用水で発見。
「あめんぼ赤いなあいうえお」
Img_1369
で、金魚も発見。春ですな~。
Img_1370

さあ本日はここまで。
15:15発4648D伊予市行(キハ54ワンマン)で、伊予市へ向かいます。
Img_1375

15:58に伊予市に到着。
キハ32とキハ54が並びまず。架線は似合いませんね~。
Img_1377

伊予市16:08発1068D特急宇和海18号松山行(2000系TSE×3連)で、松山へ向かいます。
Img_1378
久しぶりのTSE車内。
Img_1379
1990年鉄道友の会・ローレル賞が光ります。もう23年ですか~。
Img_1380

松山には16:18に到着。
松山からは16:28発26M特急しおかぜ26号岡山行(8000系×8連)で宇多津へ向かいます。多客対応で全車両松山行となってます。
Img_1381

たらふくビールを飲んで、ほろ酔い気分で宇多津へは18:33に到着。
宇多津始発となった18:36発1026Mいしづち26号高松行(キハ185×2連)の展望席を陣取り、高松へ向かいます。
Img_1382
夕暮れの中、高架橋を進んで行きます。
Img_1383

いしづち26号は18:55に高松到着。
既に停車している、高松19:12発3025D特急うずしお25号徳島行(N2000系×2連)で、徳島へ向かいます。
Img_1384

遅れもなく、20:26に徳島到着。
3番のりばに停車中の20:29発481D阿波川島行で佐古へ戻ってきました。
(隣に停車中なのは、581D阿南行です)
Img_1385

で、今回のぶらり旅で223/260駅達成となり、残り37駅となりました。
次回はGW明けの5月中旬くらいに行けたらいいなあと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

ぶらり旅・予讃線(その23)の回想・・・下灘駅の栄枯盛衰

4月20日(土)のぶらり旅・予讃線(その23)で訪問した下灘駅
Img_1036
現在は海に一番近い駅ということで観光地にもなっている下灘駅。
かつては一面二線の島式ホームでした。
Img_1043
かつて線路があった場所は埋め立てられ、その面影が若干残るだけです。
Img_1044
優等列車が走っていた時代、下灘駅では列車交換が行われるダイヤが組まれていました。
Img_1029
やはり駅には、駅員が居て地元の住民の方の憩いの場となっていてほしかったなぁと思うこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

ぶらり旅・予讃線(その23)の回想・・・喜多灘駅の栄枯盛衰

4月20日(土)のぶらり旅・予讃線(その23)で訪問した喜多灘駅。
Dsc02066_2
かつて、山回りの新線が無かった頃、この海回りの旧線は、特急や急行の優等列車が往来する鉄路でした。
当時、喜多灘駅は一面二線のホームであった遺構があちこちに。(当時の時刻表を見ても、喜多灘での列車交換ダイヤが組まれていたのが明白でした)
Dsc02072_2
新線が出来て二十数年が経過し、線路が撤去された後、桜の木がその跡を覆いつくさんばかりに枝葉が延びています。
そして・・・。
Dsc02073
のりば案内の看板が朽ち果てた状態で放置されています。遺骨を見ているようで、埋葬してあげたい気分です。
Dsc02074
CTC化前、ここには転轍機があり、ワイヤーに引っ張られて腕木信号機が列車の安全を見守っていたのでしょうね。

さらには・・・。
Dsc02077_2
このトイレがある場所には立派な駅舎があり、駅員と地元の方が和んでいたスペースがあったのでしょうね。

今はただの停留所と化してしまった喜多灘駅。かつての繁栄した駅を想像しながら巡るのも楽しみの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »