« 瀬戸大橋開業25周年・・・当時を時刻表と切符で振り返る | トップページ | 1500型7次車に乗車してみるの巻 »

2013年4月17日 (水)

ぶらり旅・琴電長尾線/琴平線(最終章)

3月23日(土)、高松琴平電気鉄道の残り6駅(琴平線3駅、長尾線3駅)の乗下車を目指して、ぶらり旅に出かけてきました。

佐古10:45発452D徳島行(1200型×2連)のJR徳島線普通列車に乗車し、徳島へ向かいます。
Img_0854

徳島から11:30発3012D特急うずしお12号高松行(N2000系×2連)に乗車します。うずしお12号は高松からすぐに折り返さず、一旦留置線に引き上げるため、3・4番のりばからパチッと撮影してみました。
Img_0855

やがって2番のりばに入線してきた列車に乗車。「徳島牛弁当」を頬張りながら、高松へ向かいます。
Img_0858
やっぱ駅弁は冷めたままで美味しく食べられるように味付けされているので、まいう~でした(^^)/
Img_0859

で、定刻に高松到着。高松駅構内では、「第9回サンポート高松ふれ愛コンサート」が開かれていて、学生さんの美声が建物内にこだましていました~。
Img_0860

JR高松駅から琴電・高松築港駅まで徒歩移動し、高松築港12:48発長尾行で木太東口へ向かいます。
Img_0861
約12分弱で木太東口に到着。
Img_0866
早速駅全景を撮影。駅の北西側踏切から撮影を試みました。
Img_0863
で、次はホーム撮影。
まずは、北西寄り(林道寄り)から北西方向と南東方向を撮影。
Img_0864_2
Img_0865
木太東口は一面二線の島式ホームとなっています。
そして南東寄り(元山寄り)から南東方向と北西方向を撮影。
Img_0867
Img_0868_2
ホームの待合に掲示されているポスターが、なかなか面白い!
大塚製薬と琴電のコラボ広告で、職員が制服を着たまま温泉に入り、ことちゃんが驚いているように見えます。
Img_0869

では、二駅目へ行きます。
木太東口13:12発高松築港行で花園へ向かいます。
Img_0870
約5分で花園に到着。
Img_0875
比較的新しい感じがしますが、残念ながら無人駅です。
Img_0871
駅を背に出入り口を撮影。休日にチャリがあるということは、遠方から通勤・通学している人の置きチャリでしょうかね~。
Img_0872
では、ホーム撮影を。
花園駅は二面二線の相対式ホームとなっています。
こちら、北西寄り(瓦町寄り)から北西方向と南東方向を撮影。
Img_0873
Img_0874
そしてこちらが南東寄り(林道寄り)から南東方向と北西方向を撮影した画像です。
Img_0878
Img_0879
ちょっと時間もあったので、周辺を散策してみましたが、花園駅から少し南に歩くと、JR高徳線の線路が見えてきます。この鉄橋を右方向に進み、高架を駆け上がっていくと、JR栗林駅です。
Img_0880
で、あんまりうろうろ散策していたら、花園駅に戻れなくなって、ちょっと焦ってしまいました(^^ゞ

では本日三駅目へ。
花園13:36発長尾行で林道へ向かいます。
Img_0882
約3分で林道に到着。
リンドウと読まず、ハヤシミチと読みます。
Img_0886
林道は、一面一線のホームと待合がある無人駅です。
Img_0883
では、ホーム撮影を。
北西寄り(花園寄り)から北西方向と南東方向を撮影。
Img_0884
Img_0885
で、こちらが南東寄り(木太東口寄り)から南東方向と北西方向を撮影。
Img_0887
Img_0888
こちらは南東側の入口と駅看板です。
さあ、これで琴電長尾線の全駅乗下車達成です!
Img_0889

では、今度は琴電琴平線の残り三駅へ!
林道13:53発高松築港行で瓦町へ向かいます。
Img_0890
約6分ほどで瓦町に到着。
瓦町14:05発琴電琴平行で挿頭丘に向かいます。
Img_0891
約27分で挿頭丘に到着。
また難しい読み方。カザシガオカと読みます。
Img_0901
挿頭丘駅は、駅名の通り丘の中を掘り下げたところにあります。
Img_0892
訪問した3月23日(土)は、ソメイヨシノも開花した直後ぐらいで、まだまだ蕾がたくさんある状態でした。
Img_0894
Img_0895
では、階段を降りてホームへ向かいます。
Img_0897
挿頭丘駅は一面一線のホームと待合がある無人駅です。
ではホーム撮影を。
こちらは北東寄り(岡本寄り)から北東方向と南東方向を撮影した画像です。
Img_0898
Img_0899
ベンチが法面と一体化しています。
Img_0900
で、続いて南西寄り(畑田寄り)から南西方向と北東方向を撮影。
Img_0902
Img_0903

残すは二駅!
挿頭丘14:43発高松築港行で円座に向かいます。
Img_0904
約6分で円座に到着。
Img_0910
駅看板は立派ですが、円座駅も無人駅です。
Img_0905
で、現在は一面一線のホームづが、以前は二面二線の相対式だったようで、使われなくなったホームの遺構が残っています。
Img_0906
駅の北東側から全景を撮影。
Img_0907
戻ってきてホーム撮影をします。
まずは北東寄り(一宮寄り)から北東方向と南西方向を撮影。
Img_0908
Img_0909
そして南西寄り(岡本寄り)から南西方向と北東方向を撮影。
Img_0911
Img_0912
岡本寄りから写すと、ホーム遺構がよくわかります。現在は広告看板が並んでいます。
Img_0913

さあ、いよいよ最後の駅へ!
円座14:55発琴電琴平行で岡本に向かいます。
Img_0914
約5分で岡本に到着。
Img_0918
ひとまず駅舎を出ます。駅舎はあるのですが、こちら岡本駅も無人・・・。
Img_0915
駅前は少し広いロータリーとなっています。お迎えの車が停まるにはちょうどいい広さでしょうね。
Img_0916
再び駅舎内の戻ってきました。
Img_0917
では、ホーム撮影を。
南西寄り(挿頭丘寄り)から南西方向と北東方向を撮影。
Img_0919
Img_0920
見ての通り、二面二線の相対式ホームとなっています。
そして北東寄り(円座寄り)から北東方向と南西方向を撮影。
Img_0923
Img_0924
奈良須池という名前のため池ですが、結構大きいですね。
Img_0925
岡本駅の桜も、挿頭丘駅と同様に、ソメイヨシノが開花した直後のようです。
Img_0921
Img_0922
Img_0926
駅舎側のホーム(琴電琴平方面のりば)です。
Img_0928
以上のような訳で、高松琴平電気鉄道の全線・全駅の乗下車(降り鉄)を達成することができました(^O^)/
マスクしてると、強面のオッサンですね・・・(^^ゞ
Dsc_0172

では、帰路へ。
岡本15:15発高松築港行で終点の高松築港へ向かいます。
Img_0929
約28分で高松築港に到着。

高松16:12発3019D特急うずしお19号徳島行(N2000系×2連)で徳島へ向かいます。
Img_0930
おやつに、うしおじさんのとことのロールケーキを食べて、大満足(^.^)
まいう~~~~~~。
Dsc_0173

徳島には定刻17:15に到着。
徳島17:17発970D鳴門行(1500型×2連)のJR鳴門線普通列車で佐古へ戻ります。
Img_0934

ということで、2011年12月4日に琴電志度線の琴電志度駅からスタートした琴電ぶらり旅は、約1年3ヶ月を経て全51駅の乗下車を達成できました(^O^)/
さあ、次は予讃線ぶらり旅に本腰を入れないといけませんね~。

|

« 瀬戸大橋開業25周年・・・当時を時刻表と切符で振り返る | トップページ | 1500型7次車に乗車してみるの巻 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/57127313

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・琴電長尾線/琴平線(最終章):

« 瀬戸大橋開業25周年・・・当時を時刻表と切符で振り返る | トップページ | 1500型7次車に乗車してみるの巻 »