« 桜満開!でも桜散る鳴門市営バス | トップページ | チョイ乗り・佐古~徳島(徳島駅でDE10と遭遇) »

2013年4月 3日 (水)

【B-STEP TALKING・ドレミファ曽谷さんコラボ企画】北陸鉄道石川線・曽谷駅ぶらり日帰り旅(その2)

前回のその1では、北陸鉄道・石川線 曽谷駅に到着したところまででしたので、今回はその続きから。
曽谷駅は、石川県白山市曽谷町にあります。ホームは一面一線で待合があるだけの無人駅です。
Dsc_0160
確かに曽谷駅に来たぞ!ということで駅名標を入れて記念にパシャっと撮影。
この写真はスマホで撮りましたが、スマホは便利ですね~。
Dsc_0162_2
母親を待合室に座らせて、その間に恒例のホーム撮影を始めることにします。
まずは、南寄り(道法寺寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_0647
Img_0649
続いて、北寄り(四十万寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_0650_2
Img_0651
周辺は田畑と戸建て住宅があり、長閑な風景です。
Img_0652
Img_0663
こちらは駅(ホーム)の全景です。
Img_0655
観てください!
ここにあるのは全て曽谷という名前がつきます。
こちらは「曽谷踏切」
Img_0654
でもって、線路に沿って流れる小川に架かる橋が、「曽谷橋」。
Img_0656
最後は、「曽谷町」の看板!
きっとドレミファ曽谷さんが来られたら、「ワオ~」って叫ばれるハズです(^O^)/
Img_0671
その小川ですが、白山からの水系かどうかわかりませんが、すごく水が綺麗でした。
Img_0657_2
Img_0668
駅舎内の時刻表です。だいたい1時間に1~2本という間合いで電車がやってきます。
Img_0660
Img_0661
JR四国の駅では待合に扉が無い場合が多く、寒さをしのぐのがたいへんですが、曽谷駅は窓も扉もあり、雨風をしのぐには十分です。
Img_0662
最後に待合にある落書き、「曽谷駅ナウ」!
Img_0669
さあ、間もなく野町行電車がやってきます。名残惜しいですが・・・。
ここで一つ。
徳島なんかで踏切の音を聴くと電子音が鳴りますが、こちら、北陸鉄道では本当に鉦を鳴らしているような「カン、カン、カン」という音がします。
Img_0667

では、曽谷駅を後にし、野町駅を経由して兼六園へ向かうことにします。
曽谷13:38発野町行電車に乗車します。さきほど乗ってきた元京王車が折り返してきました。
Img_0672
車内の風景です。母親の帽子が写ってます(^.^)
Dsc_0164
先ほど乗車した新西金沢を経由し約21分で終点の野町に到着しました。
Img_0673
野町駅は有人駅で、電車待ちの人でにぎわっています。
自由にホームに出ることができず、降車客が出てから乗車改札が始まります。
野町駅では硬券の入場券を売っているとの噂があったので駅員に尋ねてみましたが、今は売っていないとのことでした。残念。
Img_0674
野町駅は二面二線のホームとなっていますが、下の写真に写っているホームは普段使用されていないようです。
Img_0675
そして駅前の風景。正面に見えるバスに乗って、兼六園に向かいます。
北陸鉄道バスの辰巳丘高校行で、兼六園下で下車します。
Img_0676_2
車内は混雑もなく、普通に座れました。
Dsc_0165
10分弱ぐらい?で兼六園下バス停に到着しました。
北陸の小京都、金沢は大きな街ですね~。徳島がいかに田舎かってのが、よその街へ行くとよくわかります。
Img_0677
この横断歩道を左に渡ると、兼六園への入り口(上り坂)です。
Img_0678
お土産屋が並ぶ坂道を昇っていきます。旅をした3月16日は、まだまだ桜は先の先って感じでした。
Img_0679
やってきました!兼六園。
日本三大名園の一つです。岡山の後楽園は子供の頃に行きましたから、後は水戸の偕楽園を訪れれば、三大名園訪問達成ですね(^.^)
Img_0681
昇ってきた坂道を上から眺めてみました。けっこう勾配がありました。
Img_0705
兼六園から見える街並・・・。
Img_0683
冬支度の名物、「雪づり」もまだ外されていません。
Img_0684
Img_0685_2
Img_0686
倭建命(やまとたけるのみこと)の銅像前で、母親に一眼レフのシャッターを押してもらいましたが、シャッターの位置がなかなかわからず、四苦八苦しました(^^ゞ
Img_0688
園内は梅の花が見ごろでした。徳島の気候と比べると、2~3週間遅いような感じですね。
たくさんの梅の写真を撮りましたので、ご覧ください。
Img_0689
Img_0690_2
Img_0691
Img_0692
Img_0693
Img_0694
Img_0695
こちらは瓢池。
Img_0696_2
時代劇に出てきそうな灯篭です。
Img_0697
九谷焼ですかね???
Img_0698
Img_0699
約40分ほどかけて園内を観てまわりましたが、団体の観光客も多く、さすが観光地だな~と感心してしまいました。
金沢城公園の石川門との間にかかる橋の上から、北東・南西に繋がる道路を撮影してみました。石垣とお濠が立派です。
Img_0701
Img_0702_2
JR金沢駅に戻るために、今度はタクシーを利用したいと思います。
お土産も買わないといけないし、あまり時間的余裕がないので・・・。
Img_0704
おっと、石川門を撮るのを忘れていました。今度時間があったら金沢城公園も観てみたいと思います。でも、流石、加賀百万石・前田藩って感じでした。
Img_0703
で、タクシーに乗ったのが正解でした。
JR金沢駅までの道路が非常に混雑していて、タクシーの運転手さんの機転で裏道を通ってくれました。路線バスなら、きっとギリギリだったかと・・・。
でもって、私も母親も疲れのせいかタクシーの車内でうとうとしてしまいました(-.-)

東口に到着。もてなしドームって言うそうです。
Img_0706
二十数年前に金沢や能登を旅行したことがありますが、当時とはガラッと変わって、本当に都会の雰囲気でした。
Img_0707
駅構内のお土産屋さんでお土産と、ちょっと小腹が空いたので、おつまみを購入してホームへ上がることにします。
"おつまみ"と言っても、今回はノンアルコールです。松茂から車の運転をしないといけないですし(^^ゞ
Img_0708
では、金沢駅のホーム撮影に。(母親はベンチで座ってもらっています)
まずは、南西寄り(西金沢寄り)から南西方向と北東方向を撮影。
Img_0709
Img_0710
クモハ415が停車中です。
Img_0711
ホーム北東寄りに移動する間にチラッと見えた、新幹線ホーム。順調に工事が進んでいるようです。
Img_0712
お~。トワイライトエキスプレスじゃん!
Img_0713
トワイライトもいいけど、こっちもいい感じです。
Img_0714
そして北東寄り(東金沢寄り)から北東方向と南西方向を撮影。
Img_0715
Img_0716
そうこうしているうちに、帰路で乗車する金沢16:01発4034M特急サンダーバード34号大阪行がやってきました。こちらは12両編成というJR四国では見られない長大編成です。
Img_0717
帰路のサンダーバードの車中で、おつまみを食べながら母親と雑談し、あっという間に大阪に到着となりました。
Img_0719
大阪駅に到着すると、何やら構内放送が・・・。どうやらJR神戸線内で事故があり、電車が遅れているようです。
本来なら大阪18:45発3507M新快速播州赤穂行に乗る予定でしたが、ホームに停車していたのが、乗れないはずの大阪18:30発3303M新快速姫路行が停車していたので飛び乗り、途中で調整のための停車も無く、無事三ノ宮に到着したのでした。
Dsc_0167
こちらが三ノ宮駅の夜景。すっかり陽も落ちました。
Img_0720
三ノ宮駅前のバスターミナルから出発するバスに乗車するために、移動してきました。
Img_0721
ずいぶん立派なバスターミナルになりましたね~。しばらく三ノ宮に来なかったら、こんなに変わっていたとは・・・。
Img_0722
そして、三ノ宮19:40発徳島駅・徳島マリンピア行の本四海峡バスに乗車。
Img_0723
ほぼ定刻の21:09頃、松茂とくとくターミナルに到着しました(^O^)/

今回の旅、コラボ企画ということで曽谷駅を訪問してきましたが、最後までブログを見ていただけましたでしょうか。
JR四国の各駅や、四国の私鉄各駅をまわる旅を中心にやってますが、こういう変わり種のぶらり旅をこれからもアクセントとしてやっていきたいと思います。

|

« 桜満開!でも桜散る鳴門市営バス | トップページ | チョイ乗り・佐古~徳島(徳島駅でDE10と遭遇) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

曽谷駅って言うのも調べたらあるんですね!
北海道にある高砂駅も行かれてみてはいかがでしょうか

次の旅も楽しみにしてます‼

投稿: 徳島線の乗客 | 2013年4月 5日 (金) 00時07分

徳島線の乗客様

おはようございます。
何年か前に札幌と旭川へ行った時に、時間があったら寄ろうと思っていたのですが、残念ながら高砂駅には行けませんでした(-.-)
旧国名や電鉄名を冠した高砂駅がたくさんあるので、全国高砂駅巡りの旅っていうのもいいかもしれませんね!

投稿: Station Master | 2013年4月 5日 (金) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/57046365

この記事へのトラックバック一覧です: 【B-STEP TALKING・ドレミファ曽谷さんコラボ企画】北陸鉄道石川線・曽谷駅ぶらり日帰り旅(その2):

« 桜満開!でも桜散る鳴門市営バス | トップページ | チョイ乗り・佐古~徳島(徳島駅でDE10と遭遇) »