« またチョイ乗り・今回は飲み会。 | トップページ | au AQUOS PHONE SERIE SHL21レポート(USBホスト機能) »

2012年11月12日 (月)

ぶらり旅・予讃線(その17)

11月11日(日)、天気予報は雨で荒れる予報が出ていたのですが、予讃線・ぶらり旅を強行敢行してきました。
今回の行程は、
 佐古~徳島~高松~伊予西条~石鎚山~伊予氷見~伊予西条~高松~徳島~佐古
と辿る旅です。

スタートはいつものJR佐古駅。
佐古駅高架ホームから徳島方を望むと、どんよりとした雲に覆われています。
Dsc01457

佐古10:00発448D徳島行(1500型×2連)のJR徳島線普通列車で、徳島へ向かいます。
Dsc01458

3分ほどで徳島に到着。
2番のりばで次に乗る列車を待っていると、1200型の出入口表示が目に留まりました。
Dsc01459
LEDが壊れていますよね?こういうのきちんとメンテナンスできないものでしょうかね・・・。これじゃ出入口表示になってないし、不親切極まりないですよ。->JR四国さん!

さて、徳島10:28発3010D特急うずしお10号高松行(N2000系×2連)に乗車する予定で2番のりばで待っていると、折り返しとなる3005D特急うずしお5号が入線してきました。
Dsc01460
そして徳島を定刻に出発。大学生と思われる人たちが大勢乗り込んできて、ほぼ満席状態となりました。珍しい・・・。

途中、停車駅の引田で、行き違うはずの3007D下り特急うずしお7号がやってきません。結局うずしお7号と交換しないまま引田を出発、次の讃岐白鳥でうずしお7号と交換することになりました。
更に、次の停車駅の三本松では下り4329D徳島行普通列車と交換できず、次の丹生駅での交換となりました。

結局この影響で、高松到着が定刻から6分ほど遅れての到着となりました。そして、次に乗る予讃線特急のアナウンスと行先表示を見て、何が起こっていたのかを悟ったのでした。
Dsc01461
高松11:50発1013D特急いしづち13号松山行(N2000系×2連)は、宇多津行となっていたのでした。確か多客期運用は終わったはず・・・。よくよく確認してみると、今朝からの雨と強風で予讃線の新居浜~伊予三島間で運転見合わせが発生していて、既に運転は再開しているものの、本来折り返しになる予定だった1010D上り特急いしづち10号は、宇多津で切り離されることなく、そのまま岡山へ行っていたようでした。
なので、この1013Dはその代走のようでした。

いしづち13号は高松を2分ほど遅れて出発しましが、12:10過ぎに宇多津駅3番のりばに到着。階段を駆け下りて隣のホームの2番のりばに停車中の9D特急しおかぜ9号松山行(2000系×7連)に乗車したのでした。
Dsc01462
車内はガラガラ。
Dsc01463
ダイヤの乱れは若干続いているようで、上り14D特急しおかぜ14号・1014D特急いしづち14号とは多度津で交換できず、海岸寺での交換となりました。
しかし、こちらのしおかぜ9号はほぼ定刻で伊予西条駅に到着しました。
Dsc01464
伊予西条までの途中、陽が射す時もあったのですが、また雨が降り出しました。
トイレを済ませ、再びホームへ。

伊予西条13:56発4547M松山行(7000系ワンマン)に乗車し、隣駅の石鎚山駅へ向かいます。
Dsc01465
3分ほどで石鎚山駅に到着です。
Dsc01474
少し強めの雨が降っている中、傘を差しての撮影です。
駅舎はこじんまりとした感じ。
Dsc01477
駅舎へは構内踏切を渡る構造です。
Dsc01478
これは転轍器があった名残でしょうか?
Dsc01479
駅舎へは更に階段を降ります。
Dsc01470
切符は近くの灘波江商店で委託販売されているようです。なので自動券売機はありません。
Dsc01469
一旦駅舎を出ます。
Dsc01480
灘波江商店はお休みのようです。切符が買えず、残念でした。
Dsc01467
駅への進入路を南へ向かって歩くと、国道11号線があり、その向こうには石鎚神社の大鳥居が見えます。
Dsc01481
こんな建物(モーテル)が駅前にあるのですが、営業していないような雰囲気です。
Dsc01482_2
さて、駅へ戻ります。駅舎を撮影。
Dsc01466
駅舎内は綺麗に掃除されていました。地元のテツちゃんが撮影された写真が飾られていました。
Dsc01468
再びホームへ出て、ホーム撮影をしたいと思います。石鎚山駅は一面二線の島式ホームで、たいへん幅が狭いホームです。
Dsc01471
まずは西寄り(伊予氷見寄り)から西方向と東方向を撮影。
Dsc01472
Dsc01473
続いて、東寄り(伊予西条寄り)から東方向と西方向を撮影。
Dsc01475
Dsc01476
次に乗る列車を待っていると、雨も上がり陽が射してきました。虹です!
Dsc01483

では、次の目的地、伊予氷見へ向かいます。
石鎚山14:39発549M松山行(7000系×2連)で、伊予氷見へ向かいます。
Dsc01489
約3分ほどで伊予氷見に到着。
Dsc01496
伊予氷見駅は一面一線のホームを持つ無人駅で、待合があるのみです。
一旦ホームを出て駅前に。
Dsc01490
だんじりみたいですね。
さきほどの石鎚山よりも綺麗なトイレ完備。
Dsc01491
ホームの全景を踏切を渡った反対側から撮影。
Dsc01492
では、再びホームへ。ホームへはスロープで昇っていきます。
Dsc01493
ホーム撮影は、まず西寄り(伊予小松寄り)から西方向と東方向を撮影。
Dsc01494
Dsc01495
続いて、東寄り(石鎚山寄り)から東方向と西方向を撮影。
Dsc01497
Dsc01498

今回は石鎚山、伊予氷見の二駅でおしまい。
伊予氷見15:01発4538M伊予西条行(7000系ワンマン+回送)で伊予西条に戻ります。
Dsc01499
伊予西条からは、15:26発1022D特急いしづち22号高松行(22D特急しおかぜ22号岡山行)(2000系×2連+2000系×5連)で、高松へ戻ります。
Dsc01500

折角展望席をゲットできたのに、途中居眠りをしてしまいました(^^ゞ
いしづち22号は遅れもなく高松に到着。
高松からは17:12発3021D特急うずしお21号徳島行(N2000系×2連)で徳島へ戻ります。
うずしお21号も結構混んでました。

徳島へも定刻に到着。
徳島からは18:35発370D高松行(キハ40+キハ47×2連)で佐古へ戻ってきました。
Dsc01502
いつまでもキハ47のエンジン音を聴いていたかったのですが、旅はここまで。

また次のぶらり旅まで、乞うご期待!

|

« またチョイ乗り・今回は飲み会。 | トップページ | au AQUOS PHONE SERIE SHL21レポート(USBホスト機能) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/56093631

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予讃線(その17):

« またチョイ乗り・今回は飲み会。 | トップページ | au AQUOS PHONE SERIE SHL21レポート(USBホスト機能) »