« JR高徳線・鮎喰川鉄橋を渡る4961D | トップページ | JR四国25周年 鉄道の日ふれあいまつり「第2回おいでまい高松運転所」 »

2012年10月28日 (日)

ぶらり旅・琴電琴平線(その3)

10月も残すところあとわずかになってしまいました。
ほんでもって、28日(日)は雨の予報・・・。
なので27日(土)は、ぶらり旅・琴電琴平線(その3)を敢行いたしました。

今回の出発はJR徳島駅から。午後は実家に行く用事があるので、マイカーは徳島駅近くの駐車場へ預けておきました。
Img_8723
徳島8:24発JR高徳線5006D特急うずしお6号岡山行(N2000系×3連)で、栗林を目指します。
5006Dは、高松からの下り特急うずしお1号(3001D)の折り返しとなりますが、さすが岡山行の直通特急ということもあって、2番のりばには長~い待ち行列ができています。
Img_8724
車内もたいへん混雑し、立客も出るほどでした。

栗林には1時間後の9:25頃に到着し、琴電・栗林公園まで徒歩で向かいます。
Img_8725_4
前回の琴電ぶらり旅では、急ぎ旅でホーム撮影や駅名標撮影ができなかったので、今回撮影を行いました。
まずは、北寄り(瓦町寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_8726_2
Img_8727
そして、駅名標を、パチッと。
Img_8728
続いて、南寄り(三条寄り) から南方向と北方向を撮影。
Img_8729
Img_8730 
琴平線の複線区間は高松築港から栗林公園までだったんですね~。

さて、栗林公園9:38発琴電琴平行で三条へ向かいます。
Img_8731
約2分ほどで三条に到着。
ひとまず駅舎を出ます。駅員さんの丁寧なあいさつが心を癒してくれました。
Img_8732_2
通勤、通学の自転車が山のようにとめられています。
駅舎内は非常にこじんまりしてます。
Img_8733
再びホームへ入り、ホーム撮影をします。
南寄り(太田寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_8734
Img_8735
続いて駅名標。
Img_8736
で、北寄り(栗林公園寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_8737 
Img_8738

撮影も終わって、高松築港行の電車を待っていると、下り(琴電琴平)方面の(北寄り)のほうの踏切の警報音が鳴り出したので、振り返って眺めていると、長尾線の車両が回送でやってきました。仏生山の工場へ回送されるのでしょうね。
Img_8739   
そして上り側の警報音も鳴りだし、乗車する三条9:48発高松築港行電車がやってきました。
Img_8740
元京急車両なんですね~。
Img_8741
生まれは川崎車両で昭和42年。ということは、私が生まれた年と同じ。同級車両!?です。二十歳で更新、四十手前で改造ですか・・・。同い年の車両ですから、愛着がわきますね~。私も頑張らなあかんし、この車両にも頑張ってもらわねば。幸い琴電さんは車両を丁寧に使っていただける会社だと思うので、長生きしてくれることでしょう!

そうこう考えるうちに、高松築港駅に到着したのでした・・・。

今回は三条駅だけの訪問になりましたが、ぶらり旅はここでおしまいとなり、この後は・・・。

次回のブログ記事へ続く。

|

« JR高徳線・鮎喰川鉄橋を渡る4961D | トップページ | JR四国25周年 鉄道の日ふれあいまつり「第2回おいでまい高松運転所」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/55984974

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・琴電琴平線(その3):

« JR高徳線・鮎喰川鉄橋を渡る4961D | トップページ | JR四国25周年 鉄道の日ふれあいまつり「第2回おいでまい高松運転所」 »