« 阿波踊りスナップと夜のJR徳島駅で入れ換え風景 | トップページ | ぶらり旅・土讃線(その21・最終章)2日目(1) »

2012年8月18日 (土)

ぶらり旅・土讃線(その21・最終章)1日目

土讃線ぶらり旅のスタートは、2011年1月16日に阿波池田、大歩危を訪問したのが始まりでした。そして、2012年8月12日・13日に残り6駅訪問のぶらり旅に出かけ、約1年7ヶ月かけた土讃線ぶらり旅の最終章を迎えることになりました。
まずは、8月12日に高知へ向けて出発した模様を記事にしたいと思います。
この日は、
 佐古~徳島~阿波池田~高知
と辿ります。
また、この最終章に用意した切符は、特急列車の自由席にも乗車できる「四国フリーきっぷ」(\15,700-)でした。(3日間有効です)
そもそも旅を決めたのが3日ほど前。昼休みに会社のパソコンから「じゃらん」で、高知の宿を見てたら、空室があるホテルが出てきたので、妻に相談してOKをもらい、速攻で予約したのでした。
では、旅の模様を。

佐古14:20発4462D徳島行(1000型ワンマン)で、まずは徳島へ向かいます。
4462Dは増結なしでした。
Img_7946
徳島には定刻に到着。
クレメントプラザで少し時間をつぶし、次に乗る徳島15:00発4007D特急剣山7号阿波池田行(キハ185系×4連)の入線を待って、1番のりばに向かいました。
4006D特急剣山6号からの折り返しとなるのですが、ゆうゆうアンパンマンカー運用と阿波踊り増結で4連となっています。
1番のりばのホームは最長4連分の長さしか無いので、ホーム突端まで行っての先頭撮影となりました。
その甲斐あってか、展望席をゲットできました。
Img_7947
阿波踊り増結で、457D阿波池田行も1200型×2連+1500型×2連の計4連で先に発車していきました。
しかしこの後に起こるハプニングで、阿波池田までの間に計3回見ることになるのでしたが、この時は知るよしもありません。(この撮影時、既にそのハプニングは発生していたようなのですが、案内すらありませんでした。)
Img_7948

剣山7号は阿波池田へ向けて出発し、いつの頃か土砂降りの雨の中を進むことになりました。実はこの土砂降りの雨の影響で、穴吹~阿波池田間が一時運転見合わせとなったのでした。詳細はブログ記事「JR徳島線運転情報」を参照してもらえればと思います。
Img_7949

結局、阿波池田には約30分遅れで到着。本当なら阿波池田16:30発45D特急南風15号に乗りたかったのですが、接続しないことになってしまいました。阿波池田到着時には雨も上がっていたのに・・・(-.-)
Img_7950
まあ、キハ32・1500・キハ54のスリーショットが見えたからいいか!
Img_7951

で、結局後続の阿波池田17:34発47D南風17号高知行(2000系×4連)に乗るはめになってしまいました。まあ、旅にハプニングはつきものというこで(^^ゞ
Img_7952
既に南風17号も阿波池田到着が4分ほど遅れ、更に途中の交換でも少し遅れたので、18:53頃に高知到着となりました。
Img_7953
高知駅のキヨスクでビニール傘を買ったのですが、雨があがったみたいで、傘をささずにホテルまで向かうことができました。
すっかり夕闇になってしまった・・・。
Img_7954

この日は、「ホテル港屋」に宿泊しました。ビジネスホテルなのに大浴場があって、ゆっくりお風呂に入って汗を流せました。

2日目に続く。         

|

« 阿波踊りスナップと夜のJR徳島駅で入れ換え風景 | トップページ | ぶらり旅・土讃線(その21・最終章)2日目(1) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/55425010

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・土讃線(その21・最終章)1日目:

« 阿波踊りスナップと夜のJR徳島駅で入れ換え風景 | トップページ | ぶらり旅・土讃線(その21・最終章)2日目(1) »