« GW後半初日・・・マチアソビvol.8記念入場券の購入と映画を観る | トップページ | ぶらり旅・琴電志度線(その4)、ほか徳島周辺で撮り鉄 »

2012年5月 5日 (土)

ぶらり旅・土讃線(その19)

2012年GWぶらり旅第三弾!
第三弾は5月4日(金・みどりの日)、徳島市内は朝からどんよりとした雲が広がり、本当にお天気になるのか少々不安が残りましたが、かねてから予定してたので出かけることにしました。
今回の行程は、
 佐古~徳島~阿波池田~朝倉~西佐川~岡花~佐川~小村神社前~日下~土佐加茂~襟野々~高知~阿波池田~徳島~佐古
と、辿ります。

スタートは、佐古8:38発442D徳島行(キハ47×2連)で、徳島駅に向かいます。
下の写真、ほんとうに雨が降ってきそうな空模様でした。
Img_6251


徳島からは9:03発4003D特急剣山3号阿波池田行(キハ185系×2連)で、阿波池田に向かいます。442Dで徳島駅に到着し、いつものように前面展望席をゲットしようと並んでいたところ、いつもコメントをいただく徳島線の乗客さんに声をかけてもらいました。
事前にメールもいただいていたのですが、徳島線の乗客さんは牟岐線のぶらり旅をして、途中で、B-FM791の番組「トレミファ曽谷のどどんがドン♪」に特派員リポートをするそうでした。さすがですね~。

さて、今日の4003DはGW前半に乗車した時よりも混雑し、ほぼ満席状態でした。いつもなら展望席の片側の座席に荷物を置いても大丈夫だったのですが、今日は荷物を棚に乗せておきました。
Img_6252

阿波池田からは、10:19発33D特急南風3号中村行(2000系×4連・アンパンマン列車)で朝倉駅に向かいます。
こちらの列車もかなり混雑していましたが、指定席を確保していたので、着席することができました。この日も遅れながらの運行でした。
徳島県内を走行中は今にも雨が降りそうでしたが、県境を越え高知に入ると徐々に晴れ間が見え始めてきたので、やれやれ良かった・・・という思いでした。
Img_6253

高知駅で遅れは解消し、朝倉には定刻の11:47に到着し、ホームのベンチで昼食(おにぎり2個)を食べることにしました。
高知も風が強かったですが、すっかり天気が良くなり、気温が高かったせいか、ホームに居るのが心地良かったです。
駅裏のマンションの敷地では、キャッチボールしている風景があり、「あ~休みなんだなぁ」と感じさせる一コマでした。

朝倉からは12:14発4733D窪川行(1000型ワンマン)で、最初の目的地、西佐川へ向かいます。
Img_6254

約35分ほどで西佐川に到着しました。
Img_6258

まずは駅舎を出て、駅前と外観を撮影することにしました。
下の写真のように、外観はとても清潔感がある白を基調にした駅舎になっています。
Img_6255

駅前は広々としています。到着時にはタクシーが停まっていたのですが、乗車する客がいないと見るや、走り去っていきました。Img_6256
再び駅舎の中へ。
切符売り場はカーテンで閉ざされ、現在は無人駅になっています。自動券売機が設置されているので、近距離の切符購入は問題なさそうです。
Img_6257_2

ホームは二面三線の構造で、駅舎側の1番のりばが高知方面、2・3番のりばが窪川方面となっています。
下の写真は、南西寄り(佐川寄り)から南西方向と北東方向を撮影した写真です。
Img_6259

Img_6260

ホーム間は跨線橋を渡るようになっていますが、この跨線橋、床が板張りで歩くとミシミシと音がする、レトロな造りです。私が小学生の頃(今から38、9年前、加茂名小学校にもグラウンドに近い南側に木造校舎があり、歩くとミシミシと音が鳴ってました)を思い出させてくれました。
Img_6261
Img_6262

Img_6263

Img_6264

Img_6265

こちはら、北東寄り(土佐加茂寄り)から北東方向と南西方向を撮影した写真です。
Img_6266

Img_6267

2・3番ホームにある待合も、壁も椅子も木造で、時代を感じさせます。
Img_6268

こちらは貨物用ホームの遺構です。
Img_6269

ミツバチも蜜集めに必死のようで、働き者のミツバチにはGWなど関係なさそうです。
Img_6270

さて、次は西佐川13:08発4740D高知行(1000型ワンマン)で、岡花に向かいます。
Img_6271

約8分ほどで、岡花に到着しました。
Img_6276

岡花駅は一面一線のホームを持つ無人の駅で、自動券売機は設置されておらず、運賃は車内清算することになります。
Img_6273

駅のすぐ西には国道33号線が線路を跨いでいます。
Img_6272

こちらの写真はホーム西寄り(土佐加茂寄り)から西方向と、東方向を撮影した写真です。ホームには小さな屋根と椅子があるのみです。
Img_6274
Img_6275

こちらは、東寄り(日下寄り)から東方向と西方向を撮影した写真です。
風は強いですが、気持ちが良い青空です。
Img_6277

Img_6278

次は、岡花13:25発373D窪川行(1000型×3連)で、佐川に向かいます。
Img_6280

約13分程で、佐川に到着しました。
Img_6281

駅舎の外観は、これまた立派な建物で、トイレも水洗化されて安心して利用できます。
Img_6283

駅前にはタクシー会社もあり、佐川町の中心駅というのがわかります。
西佐川駅にいたタクシーはここの会社のタクシーのようです。
Img_6282

駅舎内にはキヨスクも併設され、また駅係員もいるようです。また自動券売機も設置されています。
Img_6284
Img_6285

ホームは二面二線の構造で、ホーム間は構内踏切で渡る構造になっています。
構内の大きさでは西佐川駅が二面三線と勝っていますが、綱引きの結果、軍配は佐川駅になったのでしょうか。
ピンク色の陸橋はホーム間の跨線橋ではなく、線路を挟んだ両側を渡る陸橋となっています。
Img_6286
土佐加茂~西佐川~佐川~襟野々あたりは、地図を見ると線路がS字を描くような形で、佐川は窪川方向への線路が東に向くようになります。
東寄り(襟野々寄り)から東方向と西方向を撮影したのが下の写真です。
Img_6287

Img_6288

こちらは西寄り(西佐川寄り)から西方向と東方向を撮影した写真です。
Img_6289

Img_6290

貨物用引き込み線、ホームの遺構らしきものが見られます。昔はどんな風になっていたのでしょうね。 (間違ってたらごめんなさい)
Img_6291

Img_6292_3

次は、佐川14:08発4744D高知行(1000型ワンマン)で小村神社前に向かいます。
Img_6293

約22分で到着しました。
小村神社前駅は2008年に開業した駅で、土佐二の宮という別名も付けられています。
Img_6300
駅舎はなく、一面一線のホームを持った無人駅ですが、自動券売機が設置されています。
Img_6296
Img_6294

こちらはの写真は東寄り(波川寄り)から東方向と西方向を撮影したものです。
Img_6298

Img_6299

続いてこちはら西寄り(日下寄り)から西方向と東方向を撮影した写真です。
Img_6301

Img_6302

さあ、どんどん行きましょう!
次は、小村神社前14:59発4745D須崎行(1000型ワンマン)で日下に向かいます。
Img_6303

約3分程で日下に到着しました~。
Img_6304

日下駅の駅舎もずいぶん綺麗ですね。
Img_6306_2

駅前は閑散としていますが、敷地は広くとってあります。
Img_6305

貨物用引き込み線とホームの遺構が綺麗に残っています。
Img_6307_2

日下駅は無人駅ですが、自動券売機が設置されているので近距離切符は購入が可能です。
Img_6308
ホームは二面二線で、両ホーム間を構内踏切で渡る構造になっています。
Img_6309

下の写真は、西寄り(岡花寄り)から西方向と東方向を撮影した写真です。
Img_6310

Img_6311

こちらの写真は、東寄り(小村神社前寄り)から東方向と西方向を撮影した写真です。
Img_6312

Img_6313

2番のりば(窪川方面のりば)側には、近くのあぜ道からホームに入れるようになっています。
Img_6315
次は、日下15:39発747D須崎行(1000型×2連)で、土佐加茂に向かいます。
Img_6316

約7分で土佐加茂に到着しました。
Img_6320

土佐加茂駅の駅舎は、小っちゃい可愛らしい駅舎がチョコンとあります。
Img_6317

駅前はこんな感じでした。
Img_6318
こちらも貨物ホーム跡のような気もしますが、どうなのでしょう・・・。
Img_6328

土佐加茂駅は無人駅で、自動券売機はありません。運賃は車内清算することになります。
Img_6319
下の写真は、西寄り(西佐川寄り)から西方向と東方向を撮影した写真です。
Img_6321

Img_6322

ホームは二面二線で、両ホーム間は構内踏切で渡るようになっています。
Img_6323

東寄り(日下寄り)から、東方向と西方向を撮影した写真です。
構内踏切の遮断棒に「とじこめられたら車で押して出てください」と書いてあります。構内踏切を車が通過するのかよ??って感じです。
Img_6324

Img_6325

2番のりばの高知方面ホーム側にも出入り口が設けられていました。
Img_6327

さあ、この日の最後は襟野々駅へ。
土佐加茂16:42発751D須崎行(1000型×2連)で襟野々に向かいます。
土佐加茂での待ち時間から18時前まで、タブレットN-06DでB-FM791のサイマルラジオ放送(徳島線の乗客さんによる特派員レポート他)を聴きながら、ぶらり旅を続けていました。ヘッドフォンを持ってくるのを忘れたので、タブレットのスピーカーを耳に当てながら座っていたので、車掌さんにかなり不審がられました(^-^;
Img_6329

約13分で襟野々に到着しました。
Img_6333

襟野々駅は一面一線のホームを持つ無人駅で、自動券売機も設置されていないため、運賃は車内清算となります。
Img_6332
下の写真は北寄り(佐川寄り)から北方向と南方向を撮影した写真です。
Img_6330_2

(写っているのは、さきほど乗車した751Dです)
Img_6331

こちらはホーム南西寄り(斗賀野寄り)から南西方向と北方向を撮影した写真です。
Img_6334

Img_6335

これで、本日のぶらり旅・全7駅乗下車が終わりました\(^o^)/
襟野々からは、17:01発756D高知行(1000型×2連)で、高知に向かいます。この756Dは平日は土佐山田まで運転されます。
Img_6336

襟野々は自動券売機がありませんでしたので、車掌から切符を購入しましたが、レシートのような切符は、味気ないですね。すぐにクシャクシャとなってポケットの奥に行ってしまうか、落としてしまいそうです。
襟野々で撮影中はN-06Dのボリュームを最大にして「トレミファ曽谷のどどんがドン♪」を聴き、車内では耳にあてがって聴いておりました。徳島線の乗客さんのリポート、B-FM791のK部長さんによる善通寺の陸自リポートも楽しく拝聴いたしました。
Img_6337

高知駅に18:09過ぎに到着。
高知からは18:37発56D特急南風26号(N2000系+2000系×3連)に乗車し、阿波池田へ向かいます。夕陽を浴びる南風号、輝いてます!
Img_6338

高知駅のキヨスクで、お弁当、ビール、おつまみを買いこんで乗車しました。
これからの時期、一仕事終えた後のビールが美味い!これは大人だけの楽しみですね(^.^)
Img_6339
お弁当は「土佐かつおめし」。
Img_6340

カツオが入った炊き込みご飯に、鶏から揚げ、アナゴのかば焼き、卵焼き、酢の物が入って500円。冷めててもおいしいのが駅弁です。ごちそうさまでした。
Img_6341

南風26号の車内で350mlビール缶を空け、阿波池田19:52発4012D特急剣山12号徳島行(キハ185系×2連)に乗車し、剣山12号の車内でもう一缶を、つまみを食べながら空けてしまいました。ウィッ!
剣山12号も2列シートが一人ずつ埋まる具合で、ひつもガラガラの列車が喜んでいるようでした。
Img_6342

ほろ酔い気分で定刻21:04に徳島駅に到着。
徳島からは21:07発483D阿波池田行(1500型×2連)で、佐古に帰ってきました。
(3番のりばに停車しているのは、高松からやってきた371Dのキハ40×2連。徳島からは585D牟岐行になります。)
Img_6344   

土讃線ぶらり旅も、残すところ12駅となりました。徳島からの日帰りだと、あと3回ほどで土讃線各駅の乗下車が完了します。
が、これからまた仕事が忙しくなると思うので、今年中にでも完了できればヨシとしましょう。

|

« GW後半初日・・・マチアソビvol.8記念入場券の購入と映画を観る | トップページ | ぶらり旅・琴電志度線(その4)、ほか徳島周辺で撮り鉄 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/54633220

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・土讃線(その19):

« GW後半初日・・・マチアソビvol.8記念入場券の購入と映画を観る | トップページ | ぶらり旅・琴電志度線(その4)、ほか徳島周辺で撮り鉄 »