« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

今朝は春の嵐でした・・・

今日は年度末で、かつ私たち夫婦の結婚10周年の記念日でもあるのですが、夫婦ともども仕事なので、ゆっくりお祝いというムードではありません・・・。

私たち夫婦が結婚した2002年の今日は、もう桜が散る間際だったのですが、今年は徳島地方裁判所の桜のうち、いつも早咲きの1本が満開に近く、ほかの桜はやっと咲き始めた感じです。徳島の開花発表もまもなくかもしれません。
Sn3l0051
徳島地方裁判所の桜も今年で見納めです。残念なことに裁判所建替えで伐採されることが決まっています。残しておいてほしいのですがね・・・。

さて、今朝は寒冷前線の通過で、春の嵐でした。
今年は3月になっても寒い日がありましたが、少しずつ春は近づいてきていますね。

今週もぶらり旅はお休み。春から再スタートしたいなぁと思うこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

JR四国の主要駅構内に「au Wi-Fi SPOT」ほか話題

■JR四国の主要駅構内に「au Wi-Fi SPOT」

KDDIは、3月29日(木)よりJR四国の主要駅構内に公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」のアクセスポイントを設置することを発表しました。改札付近やホームで利用可能になるということです。
設置駅は以下の通りです。
 予讃線・高徳線 高松駅
 予讃線 坂出駅
 予讃線 松山駅
 土讃線 高知駅
 高徳線・牟岐線 徳島駅
Au_wifi

出展:ケータイWatch

■JR四国、お客様サービス推進室を新設

JR四国は、4月1日付で顧客サービスや故障、災害など異常時の対応を強化するため、お客様サービス推進室を新設することを、3月27日に発表しました。
お客様サービス推進室を軸に工務や運輸、営業、安全推進の各部門間連携を進めて、サービス向上を目指すそうです。
異常時に迅速に対応できる体制を整えたり、利用者の要望を受けて社の対応を検討するほか、新型車両のデザインや記念イベントの企画も手掛けるそうです。

先日の瀬戸大橋上で長時間停止した問題などを受けて、改善を目指すのでしょうか。
組織が大きくなると縦割り組織になりがちですから、横串を通す横断的組織を作り、連携をよくしたいのでしょう。
今後に期待したいですね。

出展:3月28日付徳島新聞朝刊記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

平成24年度の鉄道貨物協会・個人会員になってみる

これまであまり貨物列車には興味がなかった私。
どちらかというと乗り鉄・降り鉄気味の私は、乗れない列車には興味を示さなかったのですが、いろんなブログさんで最近の貨物列車の話題とか、昔の貨物列車の話題とか見ていると、それはそれで面白いのかなぁと思ってきました。

何はともあれ時刻表を入手せねば・・・と思い、鉄道貨物協会のホームページを覗いてみました。
徳島ではずいぶん昔に貨物列車が無くなりましたが、協会個人会員になると、「復刻版 昭和41年度版 貨物列車標準時刻表」と「特製鉄道オレンジカード(1,000円)」が貰えるそうなので、復刻版時刻表は資料的価値もあるなぁと思い、入会手続きを行いました。当時の徳島の貨物事情に興味津々です。

2012年貨物時刻表は誤植があって発送が遅れているようなのですが、事務局の方のお話では、今月末には発送できそうなことをおっしゃっていました。

新規会員は8,500円/年だそうです。興味がある方はご入会してはいかがでしょうか。
Img_5652_1
(2012年3月20日 茶屋町駅にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

JR四国発足25周年ほか

グジュグジュだった風邪も、今日病院で薬をもらい、だいぶんマシになってきました。

さて、JR四国は発足25周年だとか。国鉄が無くなって25年かぁ。
で、こんなバッチを職員さんは着用するようです。ライン4本は四国4県を表しているらしいです。
ところでJR四国のトップページのフラッシュに出てくる1500型は阿波大宮駅に入線する1500型ですね。
同じカットの1200型なら私も撮影していますが~。
Img_1609_1
(2011年4月3日撮影・阿波大宮駅にて)

それから、高松駅に愛称「さぬきうどん駅」がつけられるんだって。
"観光のお客様の多い期間において、駅接客担当社員による「うどんネクタイ」"っていうのがあるらしいのだが、キモくならなきゃいいですね・・・。
そこまでやるんなら高松空港を「さぬきうどん空港」にしたら!
香川ではこれってウケてるのだろうか?
徳島空港が「徳島阿波おどり空港」だから、徳島駅は「阿波おどり駅」とか。
なんかふざけてるような気もしますね。

まだまだ寒いですね~。みなさまもお風邪に気をつけて!
Img_1540_1
(2012年4月3日 徳島運転所の向こうは徳島中央公園・三分咲きの去年の桜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

天気もグズグズ、体調もグズグズ、今日は動画のアップ(JR土讃線・新改スイッチバック)

今日は晴れたり、曇ったり、時より小雨がぱらついたり、また少し冬に戻った感じでした。
そんな乱高下する天気のように、私自身、体調を崩して風邪をひいてしまいました。幸いインフルエンザではなかったので安心しましたが、辛いです・・・。

本日はYouTubeに、先週の日曜日(3/18)に訪問した、JR土讃線新改駅でスイッチバックの模様をコンデジで動画撮影したものをアップしました。

高知15:32発4252D阿波池田行(1000型ワンマン)の最後尾で撮影しました。

いつまでも残しておきたい風景です。
Img_5380_1
Img_5383_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Suicaで茶屋町~高松間を体験乗車

3月17日からJR四国・高松駅と坂出駅でICOCAサービスが開始されたので、先日20日に瀬戸大橋ゆうゆうアンパンマンカー号を茶屋町駅で撮影した帰り、茶屋町~高松間でSuicaを使って乗車してきました。
私が持っているSuicaは、JR東日本でSuicaがデビューした当時に、出張か遊びで東京に行った時に購入したものです。ペンギンの絵が書かれていない無記名のSuicaを持っていたのですが、昨年10月に東京への過酷旅をした際、チャージ機でチャージをしたら新しいカードに無条件交換されてしまいました。

さて、先日20日は茶屋町駅にあるチャージ機で、残金640円に3,000円のチャージをして、改札機を通過。
Dsc00257
Dsc00258
IC乗車券を初めて体験するわけではないので、いたって普通にタッチ&ゴーです。

そして快速マリンライナーに乗車。

高松駅ではICOCA専用の自動改札機を通過します。
Dsc00259
Dsc00260
無事、通過できました。(って、できて当然なのです)

家のパソコンにある「SFCard Viewer」で見ると、高松駅での出場は「■■未登録駅■■」となっています。
Suica

高松駅ではICOCAやSuicaへ現金によるチャージができません。クレジットカードを登録して発行されるSMART ICOCAへのチャージのみになりますので、要注意です。
高松駅、坂出駅での利用はいろいろと注意事項がありますので、JR四国の案内(PDF)をご覧いただいたほうが良いですね。
コンビニでもチャージができるので、四国内でチャージする場合はコンビニ利用が賢明かも。

なお、3月19日(月)から徳島県、香川県、愛媛県内のデイリーヤマザキ全25店舗で、お支払いと現金によるチャージ(入金)ができるようになっています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

【速報】JR四国では、平成24年度も1500型気動車2両を新製予定

3月22日付徳島新聞朝刊の記事によると、JR四国では平成24年度も1500型気動車2両を新製し徳島地区の運用に充てるようです。また、高徳線の枕木をコンクリート製へ交換することも予定されているようです。(そういえば、全部コンクリート製になってませんでしたね)

以上、速報でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

JR四国で列車故障、不祥事、JR西日本でも不祥事

3月20日付徳島新聞朝刊の記事から要約します。

■高徳線311Dがエンジン故障で運休

 19日(月)午前8時17分頃、JR高徳線・板東駅で高松5:55発311D徳島行(2両編成、高松~板野間4311Dワンマン)がエンジン系統にトラブルが発生し出発できなくなったとのことです。
 この影響で311Dが板東駅で運転取りやめとなり、乗客約30人が後続の板野始発315D(板東発8:27)に乗り換えたということです。現在、JR四国で原因調査中とのことです。

■南風3号の車内でJR四国職員が携帯電話ゲームをしていた

 19日(月)午前9時20分頃、児島~宇多津間を走行中の岡山8:51発33D特急南風3号の最後尾にある乗務員室内で、JR四国職員が私用の携帯電話機でゲームをしていたのを乗客がみつけ、同乗の車掌や多度津駅職員に通報したとのことです。JR四国の社内調査で、この職員はゲームをしていたことを認めたそうです。
 昨日、瀬戸大橋を渡ってきました(坂出~児島)が、駅間が長いのでこの職員は気が緩んだのかもしれませんね。でも乗務中位は辛抱できなかったのでしょうか。
 昨日乗った、特急うずしお14号、19号も運転士の他、2名の乗務員が乗車し、ドア扱いとは別に、検札や切符販売を行っていました。今まで検札が無い時もあったので、特急料金の徴収徹底のためか、はたまたサービス向上のためかはわかりませんが、こんな不祥事を起こすようでは困りますね。
Img_5502
(2012年3月18日撮影。JR土讃線・角茂谷を通過する特急南風15号。)

■JR西日本職員、8,600万円着服

 JR西日本は19日、山陽線明石駅勤務の職員が不正に発行した定期券を払い戻す手口で、計8,600万円を着服していたと発表しました。他にもこの職員の依頼で7人が不正に協力して金銭を受け取るなどしており、近く処分する方針のようです。
 この職員は2006年6月から今年2月まで、勤務していた明石駅と朝霧駅のみどりの窓口で659回この手口を繰り返したそうです。

19日付の徳島新聞1面には、高松自動車道の高松東ICの先から鳴門ICまでの暫定2車線区間を2012年度に4車線化着工する見通しを報じています。また、建設中の鳴門JCT~徳島IC間ができたり、本四道路が他の高速道路と同一料金体系になるなどすると、JR四国はますます経営が圧迫されるのは必至です。
そのような状況の中で、JR四国もサービス向上に努めているとは思うのですが、このような一部の職員による不祥事が発覚すると、全体のイメージ低下を招きかねません。
ほとんどの社員の方が必至になって頑張っておられると思う(私も会社の管理職の立場として、そうであってほしいと思うI)ので、非難ばかりでなく、できるだけJRを利用して職員の方々が頑張っておられる姿を見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

ぶらり旅・本四備讃・宇野線(その1)(と、瀬戸大橋ゆうゆうアンパンマンカー号)

昨夜から肩こりがひどく、朝方の4時頃に目が覚め、今度は今朝の6時過ぎにお腹が痛くてトイレでしばらく過ごすような状態で、起きても頭痛がするし・・・。夕べ飲酒した訳ではないのだけど、仕事疲れなのかもしれません。

そんな体調でしたが、雲が多いものの晴れ間ものぞく天気なので、整腸剤や頭痛薬を飲みながら、今日は本四備讃線・宇野線の茶屋町に行くことにします。
目的はもう一つあって、今日から臨時の「瀬戸大橋ゆうゆうアンパンマンカー号」(キハ185系)が高松~岡山間で運転されるので、四国内で撮影するよりは岡山で~と思い、出かけることにしました。(高徳線や徳島線で運転されるのを常日頃見ているので・・・)
現在、ぶらり旅シリーズは、
 >ぶらり旅・予讃線
 >ぶらり旅・土讃線
 >ぶらり旅・琴電志度線
とやってますが、今回より「ぶらり旅・本四備讃線・宇野線」ということで、岡山方面へも足を延ばしていきたいと思います。

今日の行程は、
 佐古~徳島~高松~茶屋町~高松~徳島~佐古
と辿ります。

佐古11:54発4329D徳島行(1200型ワンマン)で徳島に向かいます。
Img_5673

徳島駅のキヨスクでおにぎり2個を買いますが、食欲が湧きません。
徳島12:24発3014D特急うずしお14号高松行(N2000系×2連)で高松に向かいます。
Img_5674
展望席をゲットし、頭痛薬を飲むために出発前におにぎりをほおばりました~。
この列車には指導員の方が同乗され、運転士とともに指差し確認をされていました。
Img_5675
途中、ちょっとうとうとしたのですが、目が覚めてからまたちょっとお腹の調子が悪いな~と思いながら、高松に到着。

高松からは13:40発3136M快速マリンライナー36号で目的地の茶屋町に向かいます。
Img_5676
途中、児島で「瀬戸大橋ゆうゆうアンパンマンカー号」を追い抜きましたが、乗客はガラガラ。全車指定席のせいか、最後尾の3号車は乗客0の状態を目撃・・・。JRの周知不足でしょうか・・・。

約40分で茶屋町に到着です。
Img_5677
茶屋町は高架の二面三線構造のホームを持つ駅です。今回初めて降りるのですが、宇高連絡船があった頃の宇野線の記憶では、地上駅で確か国鉄バスもここから出ていたような記憶があります。
まずは、階段を降りて改札を出ます。
Img_5683
駅構内はキヨスクもあります。
Img_5681
帰りはICOCAで茶屋町から高松まで乗車したので、その体験は後日のブログで紹介したいと思います。

駅の西口に出てみることにします。
駅前はローターリがあり、下電バスののりばがあります。
Img_5678
Img_5679
今度は東口へまわってみます。こちらは線路に平行して道路が南北に通っています。
Img_5680

では、そろそろホームにあがってさきほど児島で追い越した「瀬戸大橋ゆうゆうアンパンマンカー号」を待つことにしましょう。
改札を抜け、岡山方面のホームへ上がっていきます。
Img_5682
案内板には「臨快」という表示が出ています。
Img_5684
で、やってきました。「瀬戸大橋ゆうゆうアンパンマンカー号」
Img_5688
先頭1号車はキハ185-25(剣山色)、最後尾3号車はキハ185-20(トロッコ色)でした。
Img_5689
先日18日に乗車した剣山12号の編成に中間車のキロハ186-2を入れたって感じですね。
「瀬戸大橋ゆうゆうアンパンマンカー号」は茶屋町で1分停車の後、岡山へ向けて出発していきました。

ここからはいつものホーム撮影。
まずは南寄り(植松寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_5685
Img_5686
続いて、北寄り(久々原寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_5690
Img_5691

ホーム撮影を終え、坂出・宇多津方面のホームへ移動し、高松行のマリンライナーを待つことにしますが、それまでに貨物列車と特急しおかぜ15号が通過する予定でしたが、通過時刻になっても貨物列車が来ません。どうも遅れているようです。
約5分遅れで貨物列車が通過。
Img_5692
この貨物列車は高松へ向かうのでしょうが、まともに撮影したのは超久しぶりです。
そして、その5分後に特急しおかぜ15号が通過。
Img_5693
で、私が乗る茶屋町14:56発3139M快速マリンライナー39号高松行も5分遅れでやってきました。
Img_5694
最後尾の1号車に乗車し、後方の風景を眺めていたのですが、再び腹痛が・・・。やばい・・・。2号車のトイレに駆け込んでセーフでした(^^;)

高松定時到着では15:37着ですが、約6分遅れて15:43に到着でした。
高松からは、16:12発3019D特急うずしお19号徳島行(N2000系×2連)に乗車。
Img_5695
腹痛は治まったみたいでよかった・・・。
途中、三本松を出たあたりで記憶がなくなり、目が覚めたら板野の手前でした。20分くらい寝てたみたい。(イビキをかいてなければいいのですが・・・)

徳島には定時の17:15に到着。
徳島からは17:18発970D鳴門行(1200型×2連)で佐古に戻ってきました。
Img_5697

今日のぶらり旅はこれでおしまいです。
このブログを書いている最中も嫌悪感が続いています・・・。仕事のせい?加齢のせい?それとも遊びすぎ?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

3月25日(日)にあさてつ祭り(阿佐東線開業20周年感謝祭)が開催されます。

先日、阿佐海岸鉄道からこんなダイレクトメールが届きました。
Dsc00250

3月25日(日)、阿佐海岸鉄道の宍喰駅周辺(イベント広場、車庫)で「あさてつまつり(阿佐東線開業20周年感謝祭)」が開催されます。時間は10時~15時で雨天決行です。
くわしくは、こちら

たぶん、25日は行けそうにないです・・・。
一応あさてつファンクラブの年会費の払い込みは2月中に済ませましたが・・・、また近いうちに行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

ぶらり旅・土讃線(その16)

今日は一ヶ月半ぶりの土讃線ぶらり旅となりました。
このところ仕事が忙しくてなかなか遠距離には行けなかったのですが、今日は一気に土佐山田までの各駅を目指します。(またしばらく仕事が忙しくなるので・・・)
朝から小雨模様でしたが、ぶらり旅は雨でもできるので、強行することにします。

今日の行程は、
 佐古~阿波池田~新改~繁藤~土佐山田~角茂谷~土佐山田~阿波池田~徳島~佐古
と辿ります。

佐古9:51発443D阿波池田行(1500型×2連・穴吹から4443Dワンマン)で阿波池田に向かいます。
Img_5562

約1時間50分で阿波池田に到着。
阿波池田からは11:49発4239D高知行(1000型ワンマン)で、まずはスイッチバックの新改を目指します。
Img_5563

約1時間45分ほどで新改に到着しました。次の列車まで1時間弱の待ち時間があるので、じっくりとスイッチバック駅を堪能します。
Img_5570
Img_5564
いつものようにまずはホームの両端を撮影します。ご覧のとおり、一面一線のホームです。
まずは行き止まりとなっている、繁藤寄りから。
Img_5566
Img_5567
駅舎と待合を撮影します。以前は駅舎の前に商店があったようですが、今は跡かたもありませんでした。
Img_5565
Img_5571
Img_5572

続いて、ホーム南寄り(土佐山田寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_5568
Img_5569
雨が降ったり、止んだりの状態でしたが、鶯の声も聞けて春近しですな。
新改で1時間弱過ごしましたが、やっぱ一人ぼっちは淋しいですね。

新改からは14:47発4244D阿波池田行(キハ54ワンマン)で、繁藤い向かいます。
Img_5443_2
約12分ほどで、繁藤に到着です。
Img_5579
繁藤といえば、昔繁藤災害で土讃線に被害があったと記憶しています。もう40年前になるんですかね。DF50や客車、人的被害がたくさん出たそうです。

ホーム両端撮影を。繁藤は二面三線のホームとなっています。
まずは、南寄り(新改寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_5574
Img_5575
駅舎内外はご覧のような様子です。駅舎内は工事中のため、入ることができませんでした。
Img_5576
Img_5577
Img_5578
そして、ホームの北寄り(角茂谷寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_5581
Img_5582

繁藤からは15:20発4247D高知行(1000型ワンマン)で、土佐山田に向かいます。
Img_5580
約20分弱で、土佐山田に到着です。
Img_5587
龍河洞やアンパンマンミュージアムにはまだ行ったことが無いので、一度言ってみたいですね~。
Img_5588
まずはホーム両端撮影から入ります。土佐山田は二面三線のホームと、留置線が一本あります。
北寄り(新改寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_5591
Img_5592_2
続いて、南寄り(山田西町寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_5594
Img_5595
駅舎内外はご覧のような様子です。
みどりの窓口が併設され、キオスクもあります。
Img_5586
Img_5585
駅前は広く、さすがアンパンマンミュージアムの最寄り駅です。
Img_5584
Img_5589
Img_5583

土佐山田からは、16:30発4252D阿波池田行(1000型ワンマン)で、角茂谷に向かいます。
Img_5593
約26分弱で、角茂谷に到着です。やっと晴れ間が見えてきました。
Img_5596
まずはホーム両端撮影から入ります。角茂谷は一面一線のホームになっています。
北寄り(土佐北川寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_5597
Img_5598
続いて、南寄り(繁藤寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_5600
Img_5601
梅の花がちらほら咲き始めていますし、角茂谷でも鶯の声を聴けました。
Img_5602
駅舎はなく、ホームの待合と、天坪ふれあい休憩所という建物があり、雨風はしのげます。しかし、休憩所内は陽が当たらず暗いので不気味でした。(フラッシュ撮影したので明るいですが・・・)
Img_5599
Img_5603
Img_5604
貨物ホーム跡も残っています。
Img_5605

角茂谷からは、再び土佐山田に向けて17:46発4261D高知行(1000型ワンマン)に乗車します。
Img_5608

再び土佐山田に到着。
キハ32×2連の阿波池田行260Dに遭遇しました。また今度乗りたいですね。
Img_5609

土佐山田からは、18:50発56D特急南風26号岡山行(2000系×3連)で阿波池田に向かいます。陽がすっかり落ちて暗闇の世界です。
Img_5610
Img_5611

阿波池田からは19:52発4012D特急剣山12号徳島行(キハ185×2連)で徳島に向かいます。
Img_5612
先日からトロッコ用のキハ185がペアになって剣山の運用に入っています。

そして徳島からは、21:07発483D阿波池田行(1500型×2連)で佐古に帰ってきました。
Img_5614

やっと、土讃線ぶらり旅も四国山地を抜け、高知平野に降りてきました。
今日の旅はこれでおしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

徳島県内・まだまだキハ40系気動車健在!

夕方から所用があり、佐古から徳島までJRに乗車してきました。

別のブログ記事でダイヤ改正後のキハ40系、1000型気動車の動向に関する情報を集めておりますが、今日の所用は往復ともキハ40系気動車に乗車してきました。

佐古17:52発973D徳島行はキハ47×2連で、タラコの泣き別れ編成でした。
Dsc00244
Dsc00245

徳島から帰る時間、徳島18:26発575D牟岐行はキハ47×2連でした。
Dsc00246

徳島の1000型が高知に転出したという情報もいただきましたが・・・。
まだ健在です。
高知の1000型はトイレ無し車が多いですから、徳島から高知へ転属するとトイレには困らなくなりますね。
Dsc00247

私が帰りに乗車した徳島18:35発370D高松行は、高松方からキハ40+キハ47+キハ47の3連でした。
Dsc00248
Dsc00249

今年はまだ健在ということで、余命いくばくかのこれらの車両をみかけたら、是非乗ってみてください。旅情には、こういう車両が似合うのです。(毎日通勤・通学で使う人には、あまり好まれていないのかもしれませんね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島県内・キハ40系・1000型気動車運行状況(2012.3.17ダイヤ改正後)

徳島県内におけるJR各線のキハ40系気動車(キハ40・キハ47)、1000型気動車の運行状況をまとめていきたいと思います。
2012.3.17ダイヤ改正後の情報をまとめますので、ご存知の情報がございましたら、コメントをお願いいたします。
Img_0623_1
(2005年4月9日撮影・徳島運転所構内に並ぶキハ40系・1000型気動車)

■□■□キハ40系■□■□
●高徳線(下り)
  4301D(キハ40単行)
  303D(キハ40×2)
  317D(キハ47×2)
  4327D(キハ40単行)
  371D(キハ40×2)
  377D(キハ47×2)

●高徳線(上り)
  314D(キハ40×2)
  316D(キハ47×2)
  4336D(キハ40単行)
  360D(キハ47×2)
  370D(キハ40+キハ47×2)

●鳴門線(下り)
  955D
  957D
  973D
  977D

●鳴門線(上り)
  950D
  952D
  968D
  972D  

●徳島線(下り)
  435D(キハ40×2)
  465D(キハ47×2)
  4489D(キハ40単行)
 

●徳島線(上り)
  4430D(キハ40単行)
  442D(キハ47×2)
  446D(キハ40×2)

●牟岐線(下り)
  575D(キハ47×2)
  585D(キハ40×2)

●牟岐線(上り)
  4520D
  522D
  526D(キハ47×2)
  530D(キハ40+キハ47×2)

■□■□キハ32■□■□
●土讃線(下り・坪尻~大歩危)
  4271D(キハ32単行)

●土讃線(上り・大歩危~坪尻)
  260D(キハ32×2)

■□■□キハ54■□■□
●土讃線(下り・坪尻~大歩危)

●土讃線(上り・大歩危~坪尻)
  4244D(キハ54単行)

■□■□1000型■□■□
●高徳線(下り)

●高徳線(上り)
  362D

●鳴門線(下り)
  運用なし

●鳴門線(上り)
  運用なし

●徳島線(下り)
  433D
  4451D(単行)
  463D(2B、土曜単行)
  475D(2B)
  479D(2B)

●徳島線(上り)
  440D(4B、日曜3B)
  454D
  4464D(単行)
  4484D

●牟岐線(下り)

●牟岐線(上り)

●土讃線(下り・坪尻~大歩危)
  4239D(単行)
  4247D(単行)
  4261D(単行)
 

●土讃線(上り・大歩危~坪尻)
  4252D(単行)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

明日からJRダイヤ改正です

明日からJRダイヤ改正です。
ぶらり旅にはJR四国の時刻表を携帯して使いこんでいたので、こんなにボロボロになりました。(まだ綺麗ですかね?)
左が2011.3.12改正号、右が2012.3.17改正号です。
Dsc00232

今日でまた多くの列車が引退します。
Img_0971_1
(2006年5月4日撮影。新大阪駅にて)
Img_4508
(2011年11月26日撮影。岡山駅にて)
Img_4544
(2011年11月26日撮影。大阪駅にて)

鉄道の未来発展を祈りつつ、引退する各列車に「お疲れさまでした!」






| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

JR高徳線・板野駅の造成物の正体は・・・

先日のブログで、板野駅で造成されているのは新しいホームか?と思いましたが・・・
Dsc00226
Dsc00227
自転車置き場のようでした・・・。残念・・・。

写真は、3月10日(土)午後5時過ぎに撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

ぶらり廃線散策・国鉄牟岐線(羽ノ浦~古庄・貨物支線)

今日のぶらり旅は、廃線散策編ということで、牟岐線の支線であった羽ノ浦~古庄間を歩いてきました。

歴史を振り返ってみると、現在のJR牟岐線の前身は、大正2年に徳島~小松島間が開通し、その後、大正5年に地蔵橋と小松島の間に中田駅を開設して線路を南へ延伸し、羽ノ浦から那賀川の手前、古庄までを開設したのでした。
その後、昭和11年に羽ノ浦から南東方向に線路が延びて桑野まで開設された時に、羽ノ浦~古庄間の旅客取扱が廃止され貨物支線となったのですが、昭和18年に一度休止という状況になりました。昭和28年に再び貨物支線として営業を再開したのですが、わずか8年後の昭和36年に廃線となってしまう運命となりました。

さて、出発はいつもの佐古駅からスタートです。
佐古14:00発4339D徳島行(1200型ワンマン)に乗車し、終点の徳島へ向かいます。
Img_5313
徳島からは14:16発4559D阿南行(1500型ワンマン)に乗車し、羽ノ浦へ向かいます。
Img_5314
羽ノ浦には約30分弱で到着しました。
Img_5315
羽ノ浦~古庄間は2003年4月にも歩いており、約9年ぶりとなりました。当時は水田に水を入れて田植えの準備が始まっており、用水路にけっこうな数のヘビがいました~。なので、行くならまだ寒いうちに・・・ということで、今日のぶらりとなりました。

羽ノ浦駅を出て、線路沿いを東方向に向かって歩いていきます。
Img_5316
歩いている途中、1年前の東日本大震災発生時刻を迎えた訳ですが、今こうやってぶらり旅ができる幸せを実感しつつ、亡くなられた方のご冥福と早い復興を祈るばかりです。
マスメディアは、何か節目のように報道したり番組をやってたりしますが、被災者の方々には節目なんてないはずで、毎日が復興との戦いだと思うんですよね。なのに、節目にしたがるメスメディアには、単なる視聴率稼ぎなのかと疑ってしまう感のある番組が多く、これは間違いだろ~と、憤ってしまいました。

さて旅を続けます。線路沿いを歩いていると、上り板野行4560D(1500型ワンマン)がやってきました。
Img_5317
Img_5318_2
そしてさきほど乗ってきた4559Dが西原へ向けて出発していきました。
Img_5319
そして、中庄の踏切に近づいてきました。
写真中央の歩道橋の方角が、古庄へ行く線路跡です。
Img_5320
鉄橋があった付近の橋脚が残っています。
Img_5321_2
Img_5322
道路を渡って、線路跡を古庄方向へ歩いていきます。JR牟岐線の線路は南東方向へ進んでいきますが、古庄へ向かう線路跡は、南方向へ延びていきます。
Img_5323
Img_5324
羽ノ浦~古庄間は営業キロでは2.1kmというこで、そのほとんどが、地元の方の専用道路となっており、許可がある車の通行のみ許され、その他は歩行者と自転車が通行を許されています。
そして早速、用水路が見えてきました。
Img_5325
この道路が廃線跡であったという形跡は、用水路や川にかかるレンガ造りの橋脚と、鉄橋の構造物が道路下に残っている程度となっています。
Img_5326
羽ノ浦駅方向を振り返ってみると、JR牟岐線は南東へ、古庄へは南へまっすぐ伸びているのがよくわかります。
Img_5327
近隣の方々の散歩道になっているようで、犬の散歩をされていたり、ジョギングされていたりする方々とたくさん出会いました。Img_5329
Img_5330
Img_5331
暖かくなるとヘビが出てきて、時々トグロ巻いていたりするので、注意してくださいね。
2003年4月当時には、結構な数を見ましたから・・・。
水田の中を泳ぐヘビもいましたし・・・。
Img_5332
このあたりは、羽ノ浦町岩脇というところになるのでしょうか。
Img_5333
Img_5334
Img_5335
Img_5336
田畑を挟んで西側を、国道55号が並走しています。
Img_5337
少し幅の広い川でしょうか。ここには道路下に鉄橋で使われていた構造物がのこされています。
Img_5340
Img_5338_2
Img_5339
半分位は来たでしょうかね。永遠とまっすぐ南へ向かう道路が続きます。
今日はそんなに寒くもなく、歩くのにはちょうどいい気候でした。
Img_5341
Img_5342
Img_5343
そろそろ古庄地区に入ってきたでしょか。少し大きな川です。やはり鉄橋の構造物が道路下にあります。
Img_5344_2
Img_5345
この先から、少し右にカーブします。昔からある道路なのかもしれません。
Img_5346
Img_5347_2
Img_5348
終点が近づいてきました。
右手に古庄児童公園が見えて、そしてその先の消防倉庫あたりが駅跡だそうです。
Img_5349
Img_5350
ここが古庄駅前であったということは、国道55号からの進入路の雰囲気でわかります。
Img_5351
Img_5353
Img_5354
広い駅前ですよね。さぞかし立派な駅舎があったのではないでしょうか。どなたか写真をおもちでしたら是非見てみたいものです。
ここまでゆっくり写真を撮りながら歩いてきましたが、約40分ほどの道のりでした。

古庄からはバスで羽ノ浦へ戻ることにしますが、少し時間があるので国道55号の那賀川橋がすぐそばなので、そこまで行ってみることにしました。
Img_5355
Img_5356

徳島バスの古庄バス停から、15:44に通過予定の春日野団地経由徳島駅前行で羽ノ浦に戻ることにします。
Img_5357
バス停の前の銭湯は廃業しているみたいですね・・・。
Dsc00228
春日野団地を経由するので少し大回りして羽ノ浦につくため、古庄から15分ほどかかりましたが、運賃は120円でした。
そして羽ノ浦駅に到着です。
Dsc00229
羽ノ浦駅の進入路がこれですからね。古庄がどれだけ大きな駅だったか、と思います。

羽ノ浦からは16:11発4564D徳島行(1200型ワンマン)で徳島に戻ります。
Dsc00230
そして、徳島からは16:55発362D板野行(1000型単行・ツーマン)で佐古に戻ってきました。
Dsc00231

本日のぶらり旅はこれでおしまいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

ぶらり旅・琴電志度線(その3)

このところ仕事が忙しくてなかなかぶらり旅ができずにいたのですが、昨日は少し時間ができたので、去年12月以来ご無沙汰していた琴電志度線のぶらり旅に出かけてみることにしました。

昨日の行程は、
 板野~讃岐牟礼・・・八栗新道~塩屋~大町~琴電志度・・・志度~板野
というルートでぶらり旅をすることにしました。

ところが朝からあいにくの雨・・・。しかし折角できた時間ですから、ぶらり旅を強行することにします。
ぶらり旅が終わった後の用事のことを考え、今日はJR高徳線・板野駅から出発することにします。
板野駅でまず目に入ったのがこちら。
Dsc00185
何か造成しているようです。新しいホームなのでしょうか。以前は構内踏切で高齢者の方も比較的簡単にホームに行けたのですが、今は跨線橋を昇って降りてというのが大変なので、ひょっとしたら改札から直結するホームを造るのかもしれません。
だとしたら、国鉄時代にあった貨物ホームを置いておけばよかったのにと思うのですが。
201102050008_001_1
(国鉄時代の板野駅貨物ホーム。撮影時期は昭和50年代?)

さて旅を進めましょう。
板野10:51発4332D高松行(1200型単行)で讃岐牟礼に向かいます。4332Dは土曜・休日はツーマン運転になります。
Dsc00186
偶然にも先頭の座席が空いていたので、そこに陣取ることにしました。
昨日のブログに書いた阿波大宮付近の衝突事故ですが、何か痕跡があるかと思いましたが、何もありませんでした。
三本松辺りから混みだし、讃岐牟礼到着前には前面展望も望めないほどの立客となりました。讃岐も雨でしたが、高松への買い物でしょうか。
約1時間17分で讃岐牟礼に到着。
国道11号を挟んで、南側がJR高徳線、北側が琴電志度線の八栗新道となります。
Dsc00188
次の琴電志度行の電車まで3分しかないので、大急ぎで撮影しましたが、傘さしでの撮影はちょっと辛いので、傘をささずに撮影することに。
まずはホーム東寄り(塩屋寄り)から東方向と西方向を撮影。
Dsc00187
Dsc00191
国道の向こうがJR高徳線・讃岐牟礼駅です。
八栗新道は一面一線のホームです。ホームに人影はありません。
続いて、ホーム西寄り(大町寄り)から西方向と東方向を撮影。
Dsc00189
Dsc00190
やがて琴電志度行電車(3両編成)がやってきたので乗車したのですが、八栗新道に進入してくる電車の写真を撮るのを忘れてしまいました。
なので、次の塩屋で降りた時に乗ってきた電車を撮影することに。
Dsc00192
八栗新道から塩屋へは一駅、約3分ちょっとでの到着でした。
Dsc00193
塩屋も一面一線のホームですが、スロープを緩やかにする工事のために、西寄りのホームが延長されているのですが、まだ入ることはできませんでした。
そのホーム西寄り(八栗新道寄り)から西方向と東方向を撮影。
Dsc00194
Dsc00195
続いてホーム東寄り(房前寄り)から東方向と西方向を撮影。
Dsc00196
Dsc00197
踏切の手前に工事看板が掲げられています。
Dsc00198
琴電で採用しているようなICカード読み取り機がJR四国各駅に設置されるようになるんでしょうかね?
Dsc00199
Dsc00200

今度は塩屋12:27発瓦町行電車(3両編成)で大町に向かいます。
さきほど乗った電車が琴電志度から折り返しやってきました。
Dsc00201_2

八栗新道を通り過ぎ、約4分で大町に到着です。
Dsc00208
大町駅は二面二線で行き違いができるようになっています。
ひとまず駅舎はあるのですが、無人のようです。
Dsc00214
国道11号側(南側)へ少し歩いて駅全景を撮影。
Dsc00203
再びホームへ向かいます。ホームを挟んで、両側に構内踏切があります。
まずは、東寄り(八栗新道寄り)の構内踏切から下りホームへ向かいます。
Dsc00204
Dsc00205
下りホーム側の東寄り(八栗新道寄り)から東方向と西方向を撮影。
Dsc00206
Dsc00207
続いて、ホーム西寄り(六万寺寄り)から西方向と東方向を撮影。西寄りの構内踏切も撮ってみました。
Dsc00209
Dsc00210
Dsc00211
しとしと雨が降り、気温が下がってきたのか手の甲が冷たくなってきました・・・。
次の琴電志度行まであと10分。手袋持ってくればよかった・・。と少し後悔しました。

やっと大町12:51発琴電志度行電車(2両編成)が到着です。
Dsc00215

約9分で琴電志度に到着し、一人いる駅員さんにイルカのチャージをしてもらったのですが、その駅員さんが折り返し電車の発車合図を忘れたらしく、車掌が慌てて駅員を呼びに来るハプニングがありました。
Dsc00216

JR志度駅に戻り、志度13:23発3013D特急うずしお13号徳島行(N2000系2両編成)で板野に戻ります。
Dsc00217
志度で買った特急券と乗車券の発券番号が「0999」と「1000」でした。なんかキリがいい数字なので写真に撮ってしましました。
Dsc00218
ところどころ記憶がなくなりつつ、13:58に板野に到着しました。

昨日の旅はこれでおしまい。
さあ、また仕事頑張らなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

3月3日未明のJR高徳線で軽乗用車との衝突事故

3月4日付徳島新聞朝刊の記事によると、3日午前0時20分頃、板野町大坂のJR高徳線の線路上で、高松23:30発3033D特急うずしお33号徳島行(3両編成・乗客13人・乗員2人)と軽自動車が衝突したが、軽自動車を運転していた板野町内の無職の男性(83歳)は衝突前に車外に逃げ出していたため、軽自動車を運転していた男性、列車の乗客・乗員にもケガは無かったようです。

事故現場は阿波大宮駅から南に300メートル南で、男性が道を間違えて町道から線路内に進入し、立ち往生したようです。
運転士が軽自動車に気づいて急ブレーキをかけたが間に合わず、列車の前部と車の左側面が衝突したそうです。
Img_1603_1
(2011年4月3日撮影・阿波大宮駅に進入する上り特急うずしお。この先が事故現場)

うずしお33号は午前1時49分に運転を再開したが、下りの最終列車であったため、後続列車への影響はなく、3日始発からは平常ダイヤで運行したとのことです。

このところ、高齢者が関係する事故が多発していますね。阿波大宮付近は、山中で街路灯も少ないため、道路と線路を間違えたのかもしれません。
自動車が誤って線路に進入してしまうことが各地で発生しているようなので、何か対策は打てないものでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

2012.03.17改正 JR牟岐線・阿佐海岸鉄道のダイヤグラムを作ってみました

take-okmさんのOuDiaというフリーソフトで、2012年3月17日ダイヤ改正のJR牟岐線・阿佐海岸鉄道のダイヤグラムを作成してみました。

ここをクリックすると、PDFファイルを表示できます。(表示にはAdobe Readerが必要です。)
ご自由にお使いください。

なお、このダイヤグラムに関する一切の責任は負いかねますので、あらかじめご了解のうえご使用ください。

Img_5246
(2012年2月12日JR牟岐駅にて撮影)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »