« ぶらり補完の旅・牟岐線阿波赤石駅 | トップページ | ぶらり旅・予讃、土讃線(その11) »

2011年11月24日 (木)

ぶらり旅・予讃線(その10)

今日は先日の祝日に出勤した振替休暇が取得できたので、一気に予讃線の駅をぶらりしていみたいと思い出かけきました。
香川県の一番西の駅・箕浦から丸亀まで、12駅を巡ります。

今日は徳島も香川も北西の風が強く、肌寒い一日でした。
スタートはいつもの佐古駅から。
佐古8:06発953D徳島行(キハ40×3連)で徳島に向かいます。
Img_4072
いつも土曜や休日に利用する時は2両編成なんですが、平日は3両編成での運転になるんですね。

約3分で徳島に到着。
徳島駅の売店で昼食用のおにぎりを買いこみ、徳島8:24発5006D特急うずしお6号岡山行(N2000系×3連)で高松に向かいます。
Img_4073

約67分で高松に到着。
このまま乗っていれば宇多津まで行けるのですが、高松からは9:40発1009M特急いしづち9号松山行で観音寺に向かうことにします。
Img_4074
8000系に乗るのは随分久しぶりです。今日は先のうずしおやいしづちの普通車指定席を確保してありました。
Img_4075

約48分で観音寺に到着。
観音寺にはまた後ほど戻ってくるのですが、乗り換え時間を利用してホーム写真を撮影しておくことにします。
Img_4078
観音寺は三面四線あり、8両が停車できる長さがあります。
いしづちは1番のりばに停車し、次の普通列車は隣のホーム2番のりばからの発車なので、地下通路を通りそちらのホームに向かいます。
ホームの西寄り(豊浜寄り)から西方向と東方向を撮影します。
Img_4076
Img_4077
続いて東寄り(本山寄り)から東方向と西方向を撮影します。
Img_4079
Img_4080
次は、観音寺10:37発4115M伊予西条行(7000系ワンマン)に乗車し、箕浦に向かいます。
Img_4081

約10分で箕浦に到着。
Img_4094
間近に瀬戸内海が迫っています。風が冷たい・・・。
駅舎に向かって歩いていきます。
Img_4092_2
駅舎は貨車を改造したものです。JR北海道ではよく見かけますね。
Img_4089
駅舎の中は以外と広いようです。しかし、扉が無いので風が吹き抜けていき、寒い~。
券売機は無く、当然のように無人駅です。
Img_4084
Img_4085
駅舎の目の前は、国道11号を挟んで瀬戸内海です。
Img_4086
Img_4082
普段おだやかな瀬戸内海ですが、今日は強風で波が高いようです。
寒いので、再び駅舎へ。
Img_4083
Img_4087
ホームの写真を撮ることにします。
ホームへは構内踏切(警報機のみ)を渡ります。
Img_4088
箕浦は一面二線のホームで約6両が停車できる長さです。
まずは西寄り(川之江寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_4090
Img_4091
続いて東寄り(豊浜寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_4095
Img_4096

次は箕浦11:20発4520M観音寺行(7000系ワンマン)で豊浜に向かいます。
Img_4097_2
約5分で豊浜に到着。
Img_4098
先にホームの撮影を済ませることにします。
豊浜は一面二線のホームを持ち、約6両が停車できる長さです。
まずは西寄り(箕浦寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_4100
Img_4101
続いて東寄り(観音寺寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_4102
Img_4103
駅舎に向かって歩いていきます。
駅舎へは構内踏切(警報機のみ)を渡るようになっています。
Img_4099
駅舎側からホームを撮影。
Img_4105
駅舎内は広いですが、無人駅です。(券売機は設置されています)
Img_4106
Img_4107
駅舎を出てみます。
Img_4108
駅舎の全景を撮影。
Img_4109

次の観音寺方面上り列車まで1時間以上あるため、観音寺までタクシーで移動することにします。
観音寺まで1900円でしたが、車中で立石タクシーの運転手さんと鉄道談義をさせていただきました。運転手さんは70歳位の方だと思いますが、昭和30年代のお話を楽しくさせていただきました。(お話、ありがとうございました)

そして観音寺駅前に到着です。
Img_4110_3
観音寺と言えば、琴引公園の「寛永通宝」の砂絵ですね。
今度時間があったら行ってみたいです。
Img_4113
駅舎内の待合でおにぎりを食べ、昼食を済ませます。
Img_4111
Img_4112
昼食も終わったところで改札を出てホームに向かいます。
改札を出てすぐのホームが1番のりばで、今度の電車は3番のりばから発車となるため、地下道を通り3番のりばに向かいます。(地下道は改札をでて右方向に進みます)
Img_4114_2
Img_4115
Img_4116

次は観音寺12:22発136M快速サンポート南風リレー号高松行(6000系×3連)で本山に向かいます。(高松発の折り返しが到着時に撮影)
Img_4118
約5分で本山に到着。
Img_4119
本山は一面二線のホームで、約6両が停車できる長さです。
駅舎へ向かうのに合わせて、西寄り(観音寺寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_4120
Img_4121
駅舎へは構内踏切(警報機のみ)で渡ります。
Img_4122
駅舎には、うどんやさんが併設されています。いい香り~。
Img_4123
駅舎内を清掃し、券売機の売上金をチェックする人たちがいました。
(この本山も無人です。)
Img_4125
再び駅舎を抜けホームへ。
さきほど乗車してきた136Mと下り列車113系が交換しています。
Img_4124
このあと136Mは下り特急とも交換して発車していきました。
さて残りの東寄りからのホーム撮影を。
(ここでお断り。
たぶん、駅と線路の位置で必ずしも東西の向きでは無いと思うのですが、以降の説明でも便宜上東西とさせてもらいます。)
では、東寄り(比地大寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_4126
Img_4127
駅前のイチョウの木が色づき、間もなく落葉するのでしょう。
イチョウの落葉は一気に起きるのですよね。
Img_4128

次は本山12:45発1606M多度津行(113系4連)で比地大を飛ばして高瀬に向かいます。
やってきたのはさきほど交換した113系が観音寺で折り返してやってきました。
Img_4129
約7分で高瀬に到着です。
Img_4130
高瀬は一面二線のホームで、約8両が停車できる長さがあり、朝・夜は特急が停車します。
駅舎に向かう前にホームの東寄り(みの寄り)から東方向と西方向を撮影します。
Img_4131
Img_4132
駅舎へは跨線橋を渡って向かいます。
Img_4135
Img_4136
駅前は閑散としています。平日だから?
Img_4134
駅舎の全景を撮影。
Img_4133
再び駅舎を抜けてホームに向かいます。
構内踏切の跡がありますが、柵がされていて通れません。
Img_4137_2
さてホームの西寄り(比地大寄り)から西方向と東方向を撮影します。
Img_4138
Img_4139
ホームの乗車位置番号・・・。
Img_4140

次は下りの高瀬13:13発125M快速サンポート南風リレー号松山行(7000系×2連)で比地大へ向かいます。
Img_4141
約3分で比地大に到着。
Img_4147
うわ~、駅名板がボロボロ・・・。
比地大は一面一線のホームです。
先にホーム撮影を。まずは、東寄り(高瀬寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_4144
Img_4145
続いて西寄り(本山寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_4148
Img_4149
駅舎は無く、ホーム上に待合があるのみで、待合に券売機も設置されています。
Img_4146_3
駅前にはロータリーもあるんですが・・・。昔は駅舎があったのでしょうか。
Img_4142
Img_4143

次は比地大13:25発140M快速サンポート南風リレー号高松行(121系×2連)でみのに向かいます。
Img_4150_2
さきほどの高瀬を通過し、約10分でみのに到着です。
Img_4151
みのは一面一線のホームになっています。
先にホームの撮影から。西寄り(高瀬寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_4152
Img_4153
続いて東寄り(詫間寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_4154
Img_4155
駅舎のほうに向かいます。
Img_4156
無人駅ですが、券売機が設置されています。
Img_4157
Img_4158
駅舎から外に出ます。
Img_4159
駅舎外観はこじんまりとしています。
Img_4160
再びホームへ向かいます。(下り列車が到着しています)
Img_4161

次はみの13:59発1608M多度津行(121系×2連)で詫間に向かいます。
Img_4163
約4分で詫間に到着。
Img_4164
駅舎に向かって歩いていきます。ホームから駅舎へは構内踏切(警報機・遮断機あり)で渡ります。
Img_4165
Img_4170
駅舎内は売店もある有人駅です。
Img_4166
駅舎を出て駅舎全景を撮影し、近くにある線路を跨ぐ歩道橋から駅前の全景を撮影。
Img_4167
Img_4168
駅前にはこんな悲しい看板が・・・。
Img_4169
まだ未解決の事件なんですね・・・。早く犯人が捕まることを祈ります。
さて再び駅舎を抜けてホームへ出ます。
Img_4171
ホームは一面二線で、8両が停車できる長さがあり、高瀬と同様に朝・夜は特急が停車します。
西寄り(みの寄り)から西方向と東方向を撮影します。
Img_4172
Img_4173
続いて東寄り(海岸寺寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_4174
Img_4175

次は詫間14:39発144M快速サンポート南風リレー号高松行(121系×2連)で海岸寺に向かいます。
Img_4177
約5分で海岸寺に到着です。
Img_4182
隣のホームに貨物列車が停車し行き違い交換を行っていました。
Img_4178
EF65ですね。跨線橋に上がって、背中を追ってみました。
Img_4179
そのまま跨線橋を降りて駅舎に向かいます。
Img_4185
駅舎内には券売機が設置されていますが、無人駅です。
Img_4186
Img_4187
駅舎を抜け、駅前に出ますが人がいません・・・。
Img_4188
駅舎全景を撮影。
Img_4189
再び駅舎を抜けて跨線橋を渡りホームへ向かいます。
ホームは一面二線で、6両が停車できる長さです。
まずは西寄り(詫間寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_4180
Img_4181
続いて東寄り(多度津寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_4183_2
Img_4184

次は海岸寺15:01発1542M岡山行(113系×4連)で多度津に向かいます。
Img_4190_2
約4分で多度津に到着です。
Img_4191
地下道を通って駅舎に向かいます。
Img_4192
Img_4193
Img_4194
駅舎内は売店もあります。
Img_4195
Img_4196
駅舎を出て駅舎全景を撮影。
Img_4197
駅舎の西にある給水塔?が時代を感じさせますね。
Img_4198
南北を通す歩道橋から多度津駅構内の全景を撮影してみました。
Img_4199
Img_4200
Img_4201
再び駅舎に戻り、2番のりばがあるホームに向かいます。
Img_4202
多度津は二面四線のホームで8両分の長さがあります。
まずは、西寄り(海岸寺寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_4203
Img_4205
望遠で覗いみると、7000系、113系、キハ47が留置されています。
他にも121系やDE10も。
Img_4204
続いて東寄り(讃岐塩屋寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_4206
Img_4207
キロポストが・・・。
Img_4208
8000系同士の交換が見られたので撮影してみました。(ちょっと暗いですね~)
Img_4209_3
駅前にはハチロク蒸気機関車が静態保存されています。
Img_4210

次は多度津15:30発1266M快速サンポート高松行(121系×2連)で讃岐塩屋へ向かいます。
Img_4211
約3分で讃岐塩屋に到着。
Img_4215
讃岐塩屋は二面二線のホームで、4両分ほどの長さがあり、上下ホームは直接行き来することができません。
駅舎はなく、線路をまたぐ道路が屋根代わりです。
Img_4214
ホーム西寄り(多度津寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_4212
Img_4213_2
続いて東寄り(丸亀寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_4216
Img_4217

次は本日の締め、丸亀に向かいます。
讃岐塩屋15:42発148M高松行(7000系×3連)で丸亀に向かいます。
Img_4219
約3分で丸亀に到着。
Img_4220
丸亀は高架上にホームがあり、まずは1Fのコンコース(改札)へ行くことにします。
Img_4221
Img_4222
改札を出てコンコースを抜け、駅の南側へ出てみます。
Img_4223
Img_4224
今度は北側へ。
Img_4225
コンコース内を撮影。
Img_4226
再びホームへ上がります。
丸亀は二面二線のホームで8両が停車できる長さがあります。
ホームの西寄り(讃岐塩屋寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_4227
Img_4229
私の影が・・・。
続いて東寄り(宇多津寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_4230
Img_4231

さあ、終わった~と思ってしまったせいか、次に乗る丸亀16:06発150M快速サンポート南風リレー号高松行(121系×2連)の撮影が、逆光でかつブレてしまいました・・・。
Img_4232

約26分で高松に到着。
高松駅の北寄りにある留置線で121系の赤帯車が留置されていました。
Img_4233

高松からは17:08発3021D特急うずしお21号徳島行(N2000系×2連)で徳島へ。やはり疲れかウトウトと・・・。
Img_4234

徳島からは18:24発473D穴吹行(1200+1200+1500)で佐古に戻っていました。
Img_4235

本日の旅はこれでおしまい。
ブログ編集するのに2時間以上かかりました・・・。

香川県内のJR駅48駅中44駅の乗下車(91.6%)を達成しました。
残りは、宇多津、金蔵寺、善通寺、そして来夏でないと行けない津島ノ宮です。今年中に津島ノ宮以外は行けそうです。                  

|

« ぶらり補完の旅・牟岐線阿波赤石駅 | トップページ | ぶらり旅・予讃、土讃線(その11) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

どうもどうもです。
今回は12駅も巡られたというのでびっくりしました。

僕の名前でもある「詫間」ぜひ1度行きたいです。

予讃線ではフリーゲージトレイン専用の制限標識もあるんですね。

高松駅では新塗装になった121系が留置されているんですね。
運用は来年のダイヤ改正からでしょうか?

そして最後の写真でびっくりしました。
それは、1番線の発車表示看板が新しいものになっているということです。

こんなに巡られてうらやましいです。
お疲れ様でした。

投稿: 徳島線の乗客 | 2011年11月24日 (木) 23時56分

みんな観察力が凄い!
発車表示案内が変わってるなんて、言われるまで気付かなかったbearing
おっさんだからだな~きっと。

投稿: Station Master | 2011年11月25日 (金) 00時48分

香川が終わったらどうなるのですか??
徳島線の乗客さんがびっくりされている、徳島駅の発車案内の件ですが、真ん中は特急列車が発車する際に停車駅を表示するそうです。

投稿: tokutetsu1551 | 2011年11月25日 (金) 16時25分

香川は、JRについてはひとまず津島ノ宮を残して制覇した後、コトデンのぶらりをしようと考えています。

投稿: Station Master | 2011年11月25日 (金) 19時53分

コトデンに乗ったことがないのでそのシリーズ楽しみにしています。

投稿: 徳島線の乗客 | 2011年11月25日 (金) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/53326199

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予讃線(その10):

« ぶらり補完の旅・牟岐線阿波赤石駅 | トップページ | ぶらり旅・予讃、土讃線(その11) »