« 【ご紹介】昭和44年・徳島本線をC58で運転する機関士の姿 | トップページ | 懐かしの車両・キハ58系急行阿波 »

2011年10月23日 (日)

ぶらり旅・予讃線、土讃線(その8)

10月23日(日)の天気は、昨日の雨から回復することを期待してぶらり旅に出たのですが・・・。

さて、本日は土讃線の塩入、黒川、讃岐財田を巡ることにします。普通列車の運行本数が少ないし、寒い季節に列車待ちをするのはきついので、本日巡ることにしました。

出発はいつもの佐古から。
佐古9:02発315D徳島行(キハ47×2連)で、まずは徳島に向かいます。
Img_3653
昨日、本日の四国再発見早トクきっぷを買っていたのですが、徳島から高松までは運賃と特急料金を払ってうずしおに乗ることにします。

徳島からは9:22発3008Dうずしお8号高松行(キハ185×2連)で高松に向かいます。
Img_3655_2
前面展望席をゲットし、高松へ。
Img_3656
途中、池谷でタラコと交換。タラコは鳴門線の957Dでした。
Img_3657

約1時間10分ほどで高松駅3番のりばに到着です。
Img_3658

次に乗車する列車は5番のりばの、高松10:40発3124Mマリンライナー24号岡山行で坂出に向かいます。
Img_3659

14分で坂出に到着です。
Img_3667
次に乗車する列車まで11分。急いで改札を抜け、外にでます。
坂出は高架駅なので、出入口が南北にあります。まずは北口へ。
Img_3660
次は南口。
Img_3661
駅構内もきれいですね。
Img_3662
Img_3663
再び改札を入り、エスカレータで昇ります。
Img_3664
ホームへ上がり、西寄り(宇多津寄り)から西方向と東方向を撮影。
坂出は二面三線のホーム構造になっています。
Img_3665
Img_3666_2
しおかぜ7号が到着し、発車していきます。
Img_3668
ホームから南方向を見ると、雲がどんより。
Img_3671
続いて東寄り(八十場寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_3669
Img_3670

なんとか11分の間で間に合いました。(汗)
今度は坂出11:05発1249M琴平行(121系×2連)で琴平に向かいます。
Img_3672
丸亀までは着席できず、立客もいてかなり混雑していましたが、丸亀を過ぎると、だんだんと降車していきました。

約35分で終点・琴平に到着。
行き止まりの1番のりばに到着です。
Img_3673
Img_3674

琴平からは11:52発4251D阿波池田行(1000型ワンマン)で、次の塩入へ向かいます。
乗客は私を含めて3人でした。
Img_3675
約7分で塩入に到着です。
Img_3676
次の列車まで1時間25分あるので、お昼ごはんのおにぎりを食べながら過ごすことに。
まずはホーム撮影を。
南寄り(黒川寄り)から、南方向と北方向を撮影。
塩入は二面二線のホームとなっています。
Img_3677
Img_3678_2
ホームの嵩上げは、やはり1両分のみでした。
続いて、南寄り(琴平寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_3679
Img_3680
古い国鉄時代の駅名板が残されていたりします。
Img_3686_2
次の列車に乗るまで、誰一人とも会いませんでした。さみしい~。
Img_3681
Img_3682
駅舎は東寄りにありますが、西側からも入れる入り口があります。
Img_3683
Img_3687
待ってる間に南風が3本通過していったので、暇つぶしに撮影してみました。
まずは南風7号。
Img_3684
続いて南風12号。
Img_3685
最後に南風9号を跨線橋から撮影してみました。
Img_3688

他にもたくさん撮影したのですが紹介はこの位で・・・。
次は、塩入13:25発4259D阿波池田行(1000型ワンマン)で讃岐財田に向かいます。
Img_3689
約8分ほどで讃岐財田に到着です。とうとう雨が降り出しました・・・。
Img_3692
到着早々、南風14号が爆走しています。
Img_3691_3
駅舎を抜け、駅正面へ出ますが、工事中のようです。(木の剪定?)
Img_3697
Img_3690
再び、ホームへ出て撮影をしますが、傘をさしながら一眼レフでの撮影はちょっと辛いですね。
讃岐財田は二面三線のホームになっています。
北寄り(黒川寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_3693
Img_3694_2
続いて、南寄り(坪尻寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_3695
Img_3696
ここまで乗ってきた4259Dもやがて出発し、構内踏切を渡って2・3番のりば側に渡ります。
Img_3698
ちょっと雨が強くなってきました~。
Img_3699

次に乗車する列車が讃岐財田14:12発4252D多度津行(1000型ワンマン)が3番のりば側に入線してきました。
Img_3700
南風11号と交換したのち、出発。
約3分で本日の最終目的地、黒川に到着です。
Img_3701
ここも落書きがひどい。恥ずかしいですね。
黒川は一面一線のホームで待合があるのみで、駅舎は存在しません。
またホームは築堤の上にあるため、道路までは階段を降りることになります。
Img_3702
下から見上げると・・・。
Img_3703_3
続いてホーム上で、南寄り(讃岐財田寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_3704_2
Img_3705
1両分の嵩上げがされていますが、これはちょっと考えてほしかったな~。JR四国さん。
Img_3706
嵩上げしたせいで、えらく低い椅子になったじゃないですか。これじゃ、座れませんよ。
え、靴を脱いで正座する?
続いて、北寄り(塩入寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_3708
Img_3709
なんだか牟岐線の牟岐以南の駅と似てますね。
Img_3707

そうこうしているうちに、黒川14:28発4252D阿波池田行(1000型ワンマン)で佃に向かいます。
Img_3710
約24分で佃に到着し、佃からは15:04発4470D徳島行(1200型ワンマン・穴吹から470D)に乗車し、一路佐古に向かいます。
途中、鴨島~麻植塚間でtokutetsu1551さんが見送ってくれたり・・・と、みなさんに元気をいただきながら、本日の旅を終えることができました。
Img_3711

香川県内のJR駅48駅中30駅の乗下車(62.5%)を達成しました。       

|

« 【ご紹介】昭和44年・徳島本線をC58で運転する機関士の姿 | トップページ | 懐かしの車両・キハ58系急行阿波 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

雨の中大変でしたね。
これからも徳島線を経由するときはいってください。
また見送りに行きます(笑)

投稿: tokutetsu1551 | 2011年10月23日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/53067520

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・予讃線、土讃線(その8):

« 【ご紹介】昭和44年・徳島本線をC58で運転する機関士の姿 | トップページ | 懐かしの車両・キハ58系急行阿波 »