« 大雨による運休情報 | トップページ | 【ご紹介】昭和46・47年頃の徳島本線・小島駅の風景 »

2011年10月16日 (日)

ぶらり補完の旅・徳島線鴨島駅

先週十分な鉄分補給ができたせいか、今日はちょこっと出かけようということで、以前訪問したけどちゃんと写真が撮れていなかった徳島線の鴨島へ行くことに。

佐古15:09発4459D穴吹行に乗るために佐古駅に行くと、4007D特急剣山7号が通過していきます。
Img_3483

しばらくして4459Dが1番のりばに入線してきました。(1500型ワンマン)
Img_3484

4459Dに乗車し、約25分ほどで鴨島に到着。
久しぶりに徳島線で西へ行ったような気がします。
Img_3490
駅舎の外に出てみると、駅前ロードが夕陽に染まった感じです。
Img_3485
まずは駅舎全景を撮影。
Img_3486
既に15時を廻っているため、駅事務室は無人となっており、またワーププラザも日曜日のため閉まっています。開いているのはコンビニのみでした。
Img_3487
Img_3488
Img_3489
駅舎内からホームに出ます。
徳島方面への列車は向こう側の2番のりばに到着するため、跨線橋を渡ります。
Img_3491
跨線橋の外壁は木造ですが、床はコンクリートになっておりちょっと残念。
Img_3492
階段を昇った先の通路。風情がありますね。
Img_3493
開いている窓から東方向を撮影することに。
Img_3494
跨線橋を降りて2番のりば側のホームに。
まずは東寄り(麻植塚寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_3496
Img_3497 
鴨島駅の構造としては二面三線と言っていいのかもしれませんが、3番のりばとなるべき線路側は乗降の取扱をしていないようです。ホームと線路の間隔が広いので、このままでは列車が停まっても、ホームと車両の間が大きく開くのではと思われます。
保線用の車両の留置に使われるのでしょうか。そのほか、駅舎寄りにも保線用の行き止まり留置線があります。
Img_3498
続いて、ホーム西寄り(西麻植寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_3499
Img_3500_2

帰りは鴨島15:49発4468D徳島行(1200型ワンマン)で、ちょっと用事があるので徳島まで向かいます。
Img_3502_6
約30分程で徳島に到着し、用事を済ませ、帰りは徳島16:55発362D板野行(1000型1両)で佐古へ戻ってきました。
Img_3503

先週徳島ではマチアソビのイベントが行われており、徳島市営バスから記念回数券が発売されていたのですが、駅前の徳島市営バスのりばで記念回数券がまだ売られていたので、1枚800円のシート3種類を買ってきました。
Img_3504

さて、今度の22日(土)に仕事とか片付いていれば、
高松運転所の鉄道の日ふれあい祭り
香川県立ミュージアムの昭和大鉄道展
に行けたらいいなぁ~と思っています。

頑張って仕事しなきゃgood

|

« 大雨による運休情報 | トップページ | 【ご紹介】昭和46・47年頃の徳島本線・小島駅の風景 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

鴨島来てたんですか!!??
ちょうどその時間に駅前通りました!!

投稿: | 2011年10月16日 (日) 21時42分

鴨島でニアミスですねhappy01

投稿: Station Master | 2011年10月17日 (月) 12時26分

こんにちは~

実はいまは使われていない鴨島駅3番線のホームは筒井製糸株式会社の製糸工場で使われれいた石炭を徳島駅から運んできて、トロッコ列車に移し替えて製紙工場に直接運んでいた場所なんですよ~。
つまり、昔は鴨島駅の北側にトロッコ専用の線路があったわけです。(現在筒井製紙株式会社は製糸業をやめ、ホテル経営をしています。あのセントラルホテル 鴨島がそうです。それに伴いトロッコ専用の線路も埋められました。)
昔は徳島線にも貨物列車が走っていたんですよ・・・。
駅よりの保線用の行き止まりは、阿波池田方面からの貨物列車の荷物取扱場所だったそうです。
いまから40年くらい前までは、ビックキヨスクはパン屋で、ワーププラザの横にはラーメン屋さんも出店されていたそうです。
昔(20年前くらい)はすっごくにぎやかで活気のある町だったのに、いまでは。。。
最近駅舎の塗り替え工事がされて、結構きれいになっていますよね!!

投稿: ポンダ宮 | 2011年10月20日 (木) 01時30分

ポンダ宮様

コメントありがとうございます。お初でしたでしょうか・・・?

「筒井製糸」と聞いて納得しました。なるほど。現在ではドコモショップなんかも経営されていますね。
国鉄徳島本線の貨物列車は比較適早い時期に無くなってしまったと記憶しています。
先日当ブログにてご紹介した「【ご紹介】昭和46・47年頃の徳島本線・小島駅の風景」の映像の中には徳島本線を走る貨物列車が映っていましたが、私自身記憶に残っていません。(高徳線の貨物列車は写真撮影したりして記憶にあるのですが)
高速自動車網が整備される前の貨物列車は、地方区間での貴重な輸送手段だったのでしょうね。

昔のお話や経緯を教えていただくと、駅の栄枯盛衰が良く判ります。
ありがとうございました。これからも当ブログを御ひいきに、よろしくお願いいたします。

投稿: Station Master | 2011年10月20日 (木) 08時22分

最近徳島線のほかの駅でも塗装工事とかしてました。
鴨島は床が緑色になって驚いていたのですが、こないだ行った蔵本も緑になっていた気がします。

なぜ緑なんだろう…??

投稿: tokutetsu1551 | 2011年10月20日 (木) 20時05分

tokutetsu1551様

何で緑なんでしょうね。
駅がきれいなるのはいいことですけどね。

緑の理由がわかったらまた教えてくださいね。

投稿: Station Master | 2011年10月20日 (木) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/53007735

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり補完の旅・徳島線鴨島駅:

« 大雨による運休情報 | トップページ | 【ご紹介】昭和46・47年頃の徳島本線・小島駅の風景 »