« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

懐かしの車両・キハ58系急行阿波

このところ周期的に天気が変わるようになり、どうも週末に天気の悪い日がくるようです。
昨日の土曜日は仕事でしたが、今日は雨が降り、ぶらり旅は一休みです。

今日はJR高徳線(当時は国鉄・高徳本線)の飯尾川鉄橋を渡る、キハ58系急行阿波の画像です。
201102050008_018_1
現在の特急うずしおも2連、または3連ですが、急行阿波も2連、または3連でした。
たぶん三十数年前の撮影だと思います。

1978年5月の「国鉄監修・交通公社の時刻表」では、当時徳島~高松間をノンストップで走る急行阿波3号が存在します。
197805
実際のところ単線のために運転停車(列車交換)があります。子供の時に何度か乗車したことがありますが、途中で誰も乗ってこない優越感があったのを覚えています。
まだこの当時は上り・下りで列車名の偶数・奇数での番号がまだ無かったんですね。
それに徳島始発は322レでDE10牽引の客車列車でしたね。上下とも朝夕の2便が客車列車でした。

今日はここまで~。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

ぶらり旅・予讃線、土讃線(その8)

10月23日(日)の天気は、昨日の雨から回復することを期待してぶらり旅に出たのですが・・・。

さて、本日は土讃線の塩入、黒川、讃岐財田を巡ることにします。普通列車の運行本数が少ないし、寒い季節に列車待ちをするのはきついので、本日巡ることにしました。

出発はいつもの佐古から。
佐古9:02発315D徳島行(キハ47×2連)で、まずは徳島に向かいます。
Img_3653
昨日、本日の四国再発見早トクきっぷを買っていたのですが、徳島から高松までは運賃と特急料金を払ってうずしおに乗ることにします。

徳島からは9:22発3008Dうずしお8号高松行(キハ185×2連)で高松に向かいます。
Img_3655_2
前面展望席をゲットし、高松へ。
Img_3656
途中、池谷でタラコと交換。タラコは鳴門線の957Dでした。
Img_3657

約1時間10分ほどで高松駅3番のりばに到着です。
Img_3658

次に乗車する列車は5番のりばの、高松10:40発3124Mマリンライナー24号岡山行で坂出に向かいます。
Img_3659

14分で坂出に到着です。
Img_3667
次に乗車する列車まで11分。急いで改札を抜け、外にでます。
坂出は高架駅なので、出入口が南北にあります。まずは北口へ。
Img_3660
次は南口。
Img_3661
駅構内もきれいですね。
Img_3662
Img_3663
再び改札を入り、エスカレータで昇ります。
Img_3664
ホームへ上がり、西寄り(宇多津寄り)から西方向と東方向を撮影。
坂出は二面三線のホーム構造になっています。
Img_3665
Img_3666_2
しおかぜ7号が到着し、発車していきます。
Img_3668
ホームから南方向を見ると、雲がどんより。
Img_3671
続いて東寄り(八十場寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_3669
Img_3670

なんとか11分の間で間に合いました。(汗)
今度は坂出11:05発1249M琴平行(121系×2連)で琴平に向かいます。
Img_3672
丸亀までは着席できず、立客もいてかなり混雑していましたが、丸亀を過ぎると、だんだんと降車していきました。

約35分で終点・琴平に到着。
行き止まりの1番のりばに到着です。
Img_3673
Img_3674

琴平からは11:52発4251D阿波池田行(1000型ワンマン)で、次の塩入へ向かいます。
乗客は私を含めて3人でした。
Img_3675
約7分で塩入に到着です。
Img_3676
次の列車まで1時間25分あるので、お昼ごはんのおにぎりを食べながら過ごすことに。
まずはホーム撮影を。
南寄り(黒川寄り)から、南方向と北方向を撮影。
塩入は二面二線のホームとなっています。
Img_3677
Img_3678_2
ホームの嵩上げは、やはり1両分のみでした。
続いて、南寄り(琴平寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_3679
Img_3680
古い国鉄時代の駅名板が残されていたりします。
Img_3686_2
次の列車に乗るまで、誰一人とも会いませんでした。さみしい~。
Img_3681
Img_3682
駅舎は東寄りにありますが、西側からも入れる入り口があります。
Img_3683
Img_3687
待ってる間に南風が3本通過していったので、暇つぶしに撮影してみました。
まずは南風7号。
Img_3684
続いて南風12号。
Img_3685
最後に南風9号を跨線橋から撮影してみました。
Img_3688

他にもたくさん撮影したのですが紹介はこの位で・・・。
次は、塩入13:25発4259D阿波池田行(1000型ワンマン)で讃岐財田に向かいます。
Img_3689
約8分ほどで讃岐財田に到着です。とうとう雨が降り出しました・・・。
Img_3692
到着早々、南風14号が爆走しています。
Img_3691_3
駅舎を抜け、駅正面へ出ますが、工事中のようです。(木の剪定?)
Img_3697
Img_3690
再び、ホームへ出て撮影をしますが、傘をさしながら一眼レフでの撮影はちょっと辛いですね。
讃岐財田は二面三線のホームになっています。
北寄り(黒川寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_3693
Img_3694_2
続いて、南寄り(坪尻寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_3695
Img_3696
ここまで乗ってきた4259Dもやがて出発し、構内踏切を渡って2・3番のりば側に渡ります。
Img_3698
ちょっと雨が強くなってきました~。
Img_3699

次に乗車する列車が讃岐財田14:12発4252D多度津行(1000型ワンマン)が3番のりば側に入線してきました。
Img_3700
南風11号と交換したのち、出発。
約3分で本日の最終目的地、黒川に到着です。
Img_3701
ここも落書きがひどい。恥ずかしいですね。
黒川は一面一線のホームで待合があるのみで、駅舎は存在しません。
またホームは築堤の上にあるため、道路までは階段を降りることになります。
Img_3702
下から見上げると・・・。
Img_3703_3
続いてホーム上で、南寄り(讃岐財田寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_3704_2
Img_3705
1両分の嵩上げがされていますが、これはちょっと考えてほしかったな~。JR四国さん。
Img_3706
嵩上げしたせいで、えらく低い椅子になったじゃないですか。これじゃ、座れませんよ。
え、靴を脱いで正座する?
続いて、北寄り(塩入寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_3708
Img_3709
なんだか牟岐線の牟岐以南の駅と似てますね。
Img_3707

そうこうしているうちに、黒川14:28発4252D阿波池田行(1000型ワンマン)で佃に向かいます。
Img_3710
約24分で佃に到着し、佃からは15:04発4470D徳島行(1200型ワンマン・穴吹から470D)に乗車し、一路佐古に向かいます。
途中、鴨島~麻植塚間でtokutetsu1551さんが見送ってくれたり・・・と、みなさんに元気をいただきながら、本日の旅を終えることができました。
Img_3711

香川県内のJR駅48駅中30駅の乗下車(62.5%)を達成しました。       

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

【ご紹介】昭和44年・徳島本線をC58で運転する機関士の姿

先日の貴重な映像のほかに、徳島唯一の民放局・JRT四国放送のアーカイブスに、「汽車ポッポ人生」という映像があり、昭和44年に徳島本線の阿波池田から徳島へ向けてC58を運転する機関士を映した映像が見られます。

http://www.jrt.co.jp/tv/ohayo/jrt_archives/jrta_070510.htm

私は昭和42年生まれなので、生まれた当時はまだSLが走っていましたが、物心つかず、記憶がありません。
映像の後半には当時の徳島駅構内の風景も見られます。

JR四国になって徳島線でSLのリバイバル運転もありましたが、その当時に戻れるなら、乗ってみたいな~と思います。

以上、ご紹介でした。

| | コメント (42) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

【ご紹介】昭和46・47年頃の徳島本線・小島駅の風景

tokutetsu1551さんから「面白い動画があるよ」ということで教えていただいたサイトがあります。

NPO法人・科学映像館様のサイトで、昭和46・47年頃の国鉄徳島本線・小島駅を撮影された8ミリ映像が公開されています。

http://www.kagakueizo.org/2011/08/post-360.html

撮影されたのは上原芳明さんで、当時の貴重な映像です。
40歳代以上の方は非常に懐かしくご覧いただけるのではないでしょうか。
無人化される前の小島駅で、駅長、駅員さんの姿や、今や懐かしいキハ20、45、DE10、旧型客車も見られます。

この映像を見て、当時にタイムスリップしたいと思ってしまいました。

この映像を見た後、ぶらり旅で訪問した現在のJR徳島線・小島駅の姿を比較すると、現在の小島駅が非常に寂しく見えてしまいます。
現在も無人化のままですが、駅が無くならないように願う次第です。

科学映像館では、原版フィルムから高画質のデジタル化(HD化)を押し進め保管し、忘れ去られようとしているそれらの科学映像をインターネットから配信されているようなので、他にも貴重な映像が見られるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

ぶらり補完の旅・徳島線鴨島駅

先週十分な鉄分補給ができたせいか、今日はちょこっと出かけようということで、以前訪問したけどちゃんと写真が撮れていなかった徳島線の鴨島へ行くことに。

佐古15:09発4459D穴吹行に乗るために佐古駅に行くと、4007D特急剣山7号が通過していきます。
Img_3483

しばらくして4459Dが1番のりばに入線してきました。(1500型ワンマン)
Img_3484

4459Dに乗車し、約25分ほどで鴨島に到着。
久しぶりに徳島線で西へ行ったような気がします。
Img_3490
駅舎の外に出てみると、駅前ロードが夕陽に染まった感じです。
Img_3485
まずは駅舎全景を撮影。
Img_3486
既に15時を廻っているため、駅事務室は無人となっており、またワーププラザも日曜日のため閉まっています。開いているのはコンビニのみでした。
Img_3487
Img_3488
Img_3489
駅舎内からホームに出ます。
徳島方面への列車は向こう側の2番のりばに到着するため、跨線橋を渡ります。
Img_3491
跨線橋の外壁は木造ですが、床はコンクリートになっておりちょっと残念。
Img_3492
階段を昇った先の通路。風情がありますね。
Img_3493
開いている窓から東方向を撮影することに。
Img_3494
跨線橋を降りて2番のりば側のホームに。
まずは東寄り(麻植塚寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_3496
Img_3497 
鴨島駅の構造としては二面三線と言っていいのかもしれませんが、3番のりばとなるべき線路側は乗降の取扱をしていないようです。ホームと線路の間隔が広いので、このままでは列車が停まっても、ホームと車両の間が大きく開くのではと思われます。
保線用の車両の留置に使われるのでしょうか。そのほか、駅舎寄りにも保線用の行き止まり留置線があります。
Img_3498
続いて、ホーム西寄り(西麻植寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_3499
Img_3500_2

帰りは鴨島15:49発4468D徳島行(1200型ワンマン)で、ちょっと用事があるので徳島まで向かいます。
Img_3502_6
約30分程で徳島に到着し、用事を済ませ、帰りは徳島16:55発362D板野行(1000型1両)で佐古へ戻ってきました。
Img_3503

先週徳島ではマチアソビのイベントが行われており、徳島市営バスから記念回数券が発売されていたのですが、駅前の徳島市営バスのりばで記念回数券がまだ売られていたので、1枚800円のシート3種類を買ってきました。
Img_3504

さて、今度の22日(土)に仕事とか片付いていれば、
高松運転所の鉄道の日ふれあい祭り
香川県立ミュージアムの昭和大鉄道展
に行けたらいいなぁ~と思っています。

頑張って仕事しなきゃgood

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

大雨による運休情報

JR四国 11:57更新

大雨のため以下の区間で運転を見合わせています。
【牟岐線】
阿南駅~海部駅間 運転見合わせ

~~~~~
現在、徳島・鳴門、阿南、那賀・勝浦、海部に大雨・洪水警報が発令されています。今後のJR四国の運行状況にご注意ください。

http://180.8.9.250/info/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

東京への過酷旅(在来線乗り継ぎの旅)

常々、徳島から在来線を乗り継いで東京まで行けることは時刻表で確認していたのですが、まだ実現したことが無く、一度はやってみたいと思っていました。
今年のお盆休みに計画をしていたのですが、仕事や家の事情で断念。
ちょっとガッカリしていたのですが、10月に「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」が発売されることを知り、仕事の状況や家の用事など都合をつけ、よし行くぞ!と決めたのが一週間前でした。
金曜の夜からちょっと風邪気味だったのですが、なんとか9日(日)朝、出発することができました。

出発は佐古6:15発の312D高松行(1200型2連)への乗車から始まりました。
Dsc00815_2
日の出の時間が遅くなり、ようやく太陽が顔を出しました。
今日一日良い天気になりますように。
Dsc00816_2
312Dに乗車した時間帯、佐古駅は駅員がいないので車掌さんにお願いして利用日を入れていただきました。(手書きで日付と列車番号を記入し、車掌区のスタンプを押していただきました)
途中、オレンジタウンで交換した317D徳島行はタラコ+40の3連でしたが、tokutetsu1551さんの情報では前日多度津工場で行われた鉄道まつりで運行されていたとのことで、徳島への回送だったのでしょう。
312Dは佐古から1時間56分で高松に到着。どの普通列車もこれ位の時間で高松に行ければ良いですね。
Dsc00819
これから先、10分前後の乗り継ぎが多くなるので、キヨスクで昼食用のおにぎりを購入しました。たぶん乗換に奔走するので、きっと買う時間が無いと読んでのことでした。
まだまだこの辺りは勝手知った四国なので余裕です。

高松からは8:22発3114M(マリンライナー14号)岡山行に乗り込みました。過酷旅ですが、余裕も持ちたいので普通車指定席を事前に確保しておきました。
Dsc00818 
普通車指定席は1号車(2階建車両)の1階部分になるので、目線がホームの高さと同じになります。
4番のりばにはアンパンマントロッコが入線してきました。
Dsc00820
Dsc00821
瀬戸大橋を渡り、約56分で岡山に到着しました。

岡山での乗換時間は7分。赤穂線の岡山9:25発1910M播州赤穂行に乗り込みました。
この車両は115系の湘南色で、121系と同じ位よく揺れました。
昔は宇高連絡船から降りた後の宇野線の電車はこの115系だったんですよね。
Dsc00822
ボックスシートは埋まっていて、仕方なく出入り口のシートに着席しましたが、気がつけば優先座席でした。
Dsc00823
趣がある駅が多く、ゆっくり駅巡りをしたいな~と思います。
ここから先に乗る電車は、一応最後尾に乗ることにしました。というのも、トイレが最後尾の車両にしかなく、また乗換時間が短いので、下車前にトイレ(小)をしておかないと、やばいぞ・・・ということで最後尾に乗車することにしました。
まだまだこの辺りも余裕ですね。

播州赤穂には1時間10分で到着。次は播州赤穂10:39発950M姫路行に乗換です。乗り継ぎ時間は4分。階段を駆け上がって降りて、隣の1番線にダッシュでした。
Dsc00824
進行方向右側の席は陽が当たり、ブラインドを下ろすと景色があまり見えなくなるので、できれば左側の席を確保したかったのですが、残念ながら右側の席に。でも写真も撮影して座れただけマシか・・・。
Dsc00825_2

32分で山陽線・姫路に到着。
Dsc00826
次は11:27発3242M米原行新快速に乗り換えます。乗継時間は16分あるので、構内のトイレで用を足しました。(米原までは約2時間半かかりますからね)
Dsc00827
12両編成という、長~い編成。四国ではあり得ませんね・・・。
こちらも最後尾のシート(予定通り進行方向左側の座席)をゲットしました。
Dsc00828
大阪には12時頃に到着。ここはもう東海道本線です。徳島を出て6時間経ちますが、まだ大阪です。
Dsc00829
京都を出てしばらくすると、車内も空席が目立つようになり、13時を過ぎて遅めの昼食(おにぎり)を食べて、ちょい満腹でした。
Dsc00830

定刻に米原に到着。次は13:59発3220F大垣行に乗り換えました。乗り継ぎ時間は6分。ここもホームが違うので階段を昇って、降りてダッシュでした。
米原から先はJR東海の車両になります。
Dsc00831
こちらも予定通りのシートをゲットしました~。
約33分で大垣に着くのですが、ちょっと疲れてきました。天下分け目の関ヶ原も、ぼーっと見てるだけでした。

大垣に到着。次は14:41発5336F新快速浜松行に乗り換えます。乗継時間は9分。またもホームが違うのでダッシュ!
Dsc00832
大垣駅から見た風景を撮ろうと何気にシャッターを押したら、5336Fで名古屋まで乗務する女性乗務員さんを写してしまいました。(ごめんなさい。でも素敵な声でした。)
Dsc00833
浜松までは約2時間の旅。また長丁場です。
名古屋は15年位前に一度訪れたことがありますし、9年前には中央西線の列車に乗るために乗り換えたこともありました。(味噌カツ喰いて~)
Dsc00834
浜名湖も通過。うな重喰いて~。
Dsc00835

喰い物の事ばかり考えながら2時間が経過。浜松に到着。浜松からは16:51発828M沼津行に乗り換えです。乗継時間は9分。こちらもホームが違うのでダッシュ。しかし、ホームには大勢の人が居て座れるか心配でしたが・・・。
Dsc00836
なんとか座れましたが、オールロングシートの座席で、立客も多くて写真どころではありません。
更に17時を過ぎて夕暮れを迎え、闇となってしまい、景色も楽しめなくなりました。
静岡の手前までで乗客もかなり減ったのですが、静岡からまた大勢の乗客が乗り込み、立客も多くて落ち着きません。
座ってはいたのですが、景色も見えず・・・。最後尾車両に乗っていたので、乗務員(車掌)さんの機敏な動作には関心しました。JR東海の乗務員さんは制帽の首ひもをかけているんですよね。
沼津まで2時間10分。浜松から沼津までのこの時間が一番の苦痛だったかもしれません。

そんなこんなで沼津に到着。次は19:08発336M東京行に乗り換えます。乗継時間は8分ですが、同じホームでの乗り換えなので、楽ですね。
Dsc00837
沼津から東京までは自由席グリーン券を買ってあるので、ちょっとリッチに2階建車両の2階席に陣取りました。
Dsc00838
Dsc00839
この電車で駅弁でも買って夕飯をと思っていたのですが、既にホームの駅弁屋は閉まっており買えませんでした。こういうこともあろうかと、出発前にお菓子を用意していたので、ちょっと腹の足しに。
Dsc00840_2
熱海辺りで小雨が降り出し、大船辺りから本降りとなりました。
今日使った切符はこれだけ。
Dsc00841

沼津出発から約2時間弱の21:16に東京に到着!
Dsc00842
やれやれ~。だけどホテルは秋葉原なんだよな~。
という訳で山手線に乗り換え秋葉原へ。
Dsc00843

この日の旅は秋葉原が終着となりました~。バンザーイ!
営業キロで876.6kmを、約15時間半掛って踏破しました。

ホテルは「ヴィアイン秋葉原」というJR西日本グループのホテルを予約してありましたので、そちらに向かいます。
さきほどの雨がこちらに向かってきているのか、ポツポツと降り出してきます。
なんとか傘をささずに到着しチェックインを済ませたのですが、夕飯の買い出しにコンビニへ行こうとしたら大粒の雨。フロントで傘を借りて難を逃れました。
部屋に戻り、缶ビールと弁当で空腹を満たし、シャワーを浴びて横になったら熟睡してしまいました。

~~~~~
寝る前に携帯の目覚ましをセットしてあったので、午前6時に起きました。今日は10日(月)です。
部屋の窓から外を眺めると、まだ雨が降っているのかも。
この部屋からはスカイツリーは見えず、お茶の水方向が望める部屋でした。
Dsc00845
中央線の電車が東京方面に向かって走っているのが見えます。
Dsc00844_2
午前7時からホテルで朝食を取り、8時半頃までゴロゴロしてからホテルを出ました。
夕べは暗くてよく見えなかったのですが、立派なホテルでした。
Dsc00846
祝日の午前8時半だというのに、サラリーマンの姿もチラホラ。私も明日から仕事だ~と思うと、ちょっと憂鬱になりましたが・・・。
Dsc00847
東京駅から乗る新幹線は9:50発なので少し時間があるから、秋葉原~代々木~渋谷~東京と大回りして向かうことにします。
秋葉原でSuicaの残高確認をしようとしたら、新しいカードに更新されてしまいました。
中央線各停で代々木に向かいます。
Dsc00848
代々木で山手線に乗り換えて渋谷へ。
Dsc00849
ハチ公口に出てみます。よくテレビで観る風景です。
Dsc00850
Dsc00851
Dsc00852
Dsc00853
写真を撮り終え再び山手線に乗り、東京へ向かいます。
東海道新幹線乗り換え口で、ここまでSuicaで乗車していたことをすっかり忘れて、新幹線の乗車券と特急券を自動改札に挿しこんだら、通せんぼされてしまいました。

駅弁(東北応援フェアで仙台の牛タン弁当を売ってた)を買って、16・17番ホームに上がります。
Dsc00854
キヨスクでお土産を買い、9:50発のぞみ103号広島行(N700系)に乗り込みます。
Dsc00855_2

のぞみ103号は定刻に東京駅を発車しました。
東京は晴れ間も見えてきました。
Dsc00856
富士山もうっすら見えていたのですが、写真では判別が難しいですね。
Dsc00857
名古屋を出た辺りで駅弁を食べ、のぞみは京都、新大阪と停車。
さすがに新幹線は早い。12時40分に新神戸着。
Dsc00860
東京から乗車していた修学旅行の一団も新神戸で下車されました。どこに向かうのでしょうね。
Dsc00858
Dsc00859
Dsc00861

新神戸からは13:25発の高速バスで一路徳島へ。
Dsc00862
一気に疲れが出たのか、爆睡してました。
徳島に着いた~。
Dsc00863_2

徳島からは15:30発461D阿波池田行(1500型2連)で佐古へ。
Dsc00864

やれやれ~。帰ってきました。
先日の県内駅上下車の達成と合わせ、二つ目の達成感を得られました!

今度は3日位かけて同じルートを行ってみたいですね~。
おしまい。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

東京への過酷旅へ

本日(10/9)、佐古から東京へ在来線乗り継ぎ過酷旅へ出発!
コメントでぼちぼち実況中継します。
只今、高徳線312Dに乗車し高松へ向かってます!

| | コメント (39) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

JR牟岐線で列車と動物の衝突が多発しているらしい・・・

10月3日付徳島新聞朝刊の記事によると、JR牟岐線で列車がシカやイノシシと衝突するトラブルが11年度だけで16件に達しているそうで、JR四国管内の全発生件数の3分の1以上を占め、特に海部郡内で多発しているとのことです。
Img_2387_1
(こちらは奈良公園のシカです。本ブログの記事中のシカとは直接関係しません。)

これまでに乗客にけが等は無いが、車両が損傷して運行ダイヤに乱れが出たケースもあったそうです。
夜に衝突するケースが多く、JR四国では10月1日から、山河内~辺川間、辺川~牟岐間、鯖瀬~浅川間のうち各数百メートルで、午後8時以降、特急も含めて通常の時速60キロ~75キロを45キロ以下に減速して運行しているそうです。減速区間が短いため、運行ダイヤに変更は無いとのことです。
JR四国では、一定期間実施し、効果を見極めたうえで対策を考えるそうです。

これから特に山に餌が無くなると里に降りてくるのでしょうね。
シカは、北海道の根室本線・釧路~根室間に乗車した際、エゾシカの群れが線路を横断し、その間列車が停車する・・・ということを経験しました。
Pict0040_1_2
(2006年4月10日・根室駅にてキハ54を撮影)

向こうのエゾシカは警笛を鳴らしても慣れているのか、あまり効き目が無い感じでした。

動物愛護という観点もありますが、乗客がケガをするような事故になると大変なので、なんとか対策が打てたらな~と思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

牟岐までDMV工事状況を見に行く

日中もずいぶんと涼しくなり、ぶらり旅には気持ちが良い季節になりました。
今日の徳島市内は雲が多く、時々晴れ間が見えるお天気でした。

さて、先日のブログ記事「JR四国・DMVの話題・ICカード乗車券の話題、上海地下鉄事故の話題」でJR四国・牟岐線の牟岐駅で、DMV(デュアル・モード・ビークル)を運行するためのモードインターチェンジ工事が始まった話題(徳島新聞の記事)を書きましたが、今日は実際に足を運んで見てみたいと思いましたので、さっそく行ってきました。その模様をリポートします。

今日のぶらり旅は徳島駅からスタート。
徳島駅の留置線にはタラコが留置されているのが確認できました。
Img_3437_2
Img_3438

徳島14:54発5053D特急むろと3号で牟岐に向かいます。
Img_3440
先頭の展望席をゲットし、途中、辺川の先で台風12号によって被害が出た場所の状況も確認できました。まだ土のうによる仮修復の状況でした。
Img_3441

約1時間弱で牟岐に到着。
Img_3454_3
牟岐駅の駅舎があるのは、方角で言うと東側になり、モードチェンジは駅の西側ということでしたので、南側から回り込む形で西側へ移動することにします。

牟岐駅の南側には「牟岐第3踏切」があります。
Img_3442
牟岐第3踏切から牟岐駅構内(北方向)を撮影してみます。
Img_3443
2番のりばの1200型は16:07発の4570Dで、撮影の最中に徳島へ向けて出発していきました。
牟岐駅西側の道路を北に向かって歩いていきます。
Img_3444
一番西側の留置線上にレール上を走行できるパワーショベルが置かれています。
Img_3445
もう一つ手前の留置線にはキハ40が留置中です。
Img_3446
もう少し歩いて回り込んでみます。
Img_3447
工事中の留置線にあった車止めでしょうか。外されているようです。
もう少し望遠で寄ってみます。
Img_3448
Img_3449
まだまだ工事はこれから、という感じです。
しかし、牟岐駅西側の道路はかなり狭いのですが、DMVは通行できるのでしょうか。
Img_3450
ま、それも含めて実証実験なのでしょうね。
もう少し工事が進捗しているかと思ったのですが残念です。
このまま歩いて、牟岐駅北側の踏切を渡ることにします。この踏切は「牟岐第1踏切」です。
Img_3451
彼岸花が満開です。
Img_3453
牟岐第1踏切から牟岐駅構内(南方向)撮影してみます。
Img_3452      
で、だいたい15分くらいで一周して駅がある東側に戻ってきました。
駅のロータリーの端に、ミニ庭園?の残骸があります。
Img_3455
ここに「1960」という文字があります。たぶん「1960年(昭和35年)」の事だと思うのですが、何を記念しているのでしょう?
Img_3457

さて、帰りは牟岐16:44発4078D特急剣山9号で徳島へ戻ることにします。
Img_3458
帰りも展望席をゲットしました。
時々居眠りもしましたが、牟岐線の風景がお気に入りです。
帰りも辺川付近の状況を確認。
Img_3459

約1時間弱で徳島に到着。
DMVの状況は期待したほどの状況ではありませんでしたが、DMVの試乗は是非してみたいと思います。

おしまい。   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »