« 懐かしの車両・キハ58急行土佐と国鉄時代のキハ47 172 | トップページ | 休日の話題(写真整理、オフ会) »

2011年8月27日 (土)

ぶらり旅・高徳線(番外・その5)

お盆の8月12日にぶらっと出かけてから約2週間、随分鉄分が不足しているので、眠い目をこすり起こして朝からぶらっとしてきました。
今日は高徳線の造田とオレンジタウンに向かうことにします。

いつもの佐古からスタート。
時間的に今日の午前中しか無理なので、途中特急でワープすることにします。
佐古8:06発953D徳島行で、まずは徳島駅に向かいます。
Img_2784

徳島からは5006D特急うずしお6号岡山行に乗車します。
N2000の3両編成で、下り特急うずしお1号がそのまま折り返してうずしお6号になります。
うずしお1号が予定より1分程遅れて8:14過ぎに2番のりばに到着。
車内清掃が終わるのを待ちます。
Img_2786
そういえば、徳島駅のホームにアンパンマンのごみ箱があるんでした。
Img_2785
車内清掃が終わり、列車内へ。
先頭車の展望座席をゲット。(しかし、途中の池谷までデッキに立客がいて、展望ゼロでした。トホホ)
Img_2787

讃岐白鳥に約30分程で到着。下車は私一人で、乗車客はゼロ。
次に乗る324D高松行は引田始発なんですが、うずしお6号は引田に停まらないのです。
讃岐白鳥にこの列車を停車させる目的はなんなんでしょう。
香川県立白鳥病院の最寄り駅で、通院客がいるから?よくわかりません。
ちなみに324Dを待っている間、下り特急うずしお3号徳島行には二人が乗車していきました。

そうこう考えているうちに讃岐白鳥9:10発324D高松行(1500型2連)が到着。一路造田に向かいます。
Img_2788
車内はガラ空きの状態で、進行方向右側の席に座り、ぼーっと風景を眺めると、既にこの辺りの稲は刈り取られていることに気がつきました。
東日本大震災で米所の東北では放射性物質の影響で新米の収穫が危ぶまれていますが、徳島や香川産の新米は影響が無いようなので一安心です。
地元米をしっかりたべなきゃいけませんね。

と思いにふけっていると、空模様があやしくなってきました。
家を出る時は窓から外を見て「晴れている=雨降らない」と思い込み、天気予報も見ずに列車に飛び乗ったのですが、ひょっとして雨が来るのか・・・。
やはり讃岐津田あたりから雨が降り出してきました。(傘が無い・・・またトホホ)

約33分で造田に到着。
小雨程度で北の空は晴れているので、まぁ大丈夫でしょう。
ということで、いつものように駅名板を撮影。
Img_2791_2
一眼レフが雨に濡れないようにかばいつつ、ホームの撮影へ。
まずは、東寄り(オレンジタウン寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_2792
Img_2793
今度は西寄り(神前寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_2794
Img_2795
ホームは二面二線で、約6両が停車できる長さがあります。また工事用車両の引き込み線があります。
以前は線路に降りて向かいホームに渡る構造であったことが、遺構から伺えます。
Img_2797
雨も小止みになってきたのですが、早々に切り上げて駅舎へ。
Img_2790
造田も去年の夏に無人駅になってしまったようです。
券売機があるので近距離切符は買えますが、鉄道が無機質な乗り物になってしまうようで、悲しいです。
Img_2789
なかなかおしゃれな感じの駅舎ですよね。
駅前は小さな商店があるだけです。
Img_2796

さて、次は造田9:58発4326D高松行(1500型ワンマン)でオレンジタウンに向かいます。
Img_2798
4326Dは徳島始発のワンマン列車で、徳島駅でうずしお6号を待っている時、4番のりばに停車中の姿を見ていました。
さきほどの324Dとは違い着席できず、一駅間ですがオレンジタウンまで立っての移動になりました。
約4分でオレンジタウンに到着です。
Img_2799
オレンジタウンはJR四国が宅地開発を行い、分譲開始と合わせて駅を開設したので、比較的新しい駅です。
山を切り開いて宅地にしているのですが、家はまばらでこの不景気が影響しているのかもしれません。
Img_2802
ホームは一面二線で4両分の長さがあります。
雨は上がったのですが、蒸し暑い・・・。汗を拭きながらホームでの撮影です。
まずは北寄り(志度寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_2800
Img_2801
続いて南寄り(造田寄り)から南方向と北方向を撮影。
南方向は跨線橋の上から撮影しました。
Img_2805
Img_2803
駅舎は跨線橋を昇って東側にあり、また西側にも出口があります。
券売機は跨線橋の途中にある、今まで駅めぐりした中ではちょっと異質な感じでした。
Img_2804
(階段を上がった中央の小部屋に券売機があります)
駅舎のあるほうへ進んでいくと、ガラス扉があり、その向こうが待合です。
モダンな感じはしますが、駅というよりはどっかのギャラリーといった感じです。
Img_2806
Img_2807
駅舎を出て広場から全景を見てみました。
山を切り崩した山腹に沿って駅があることがわかります。
Img_2808
Img_2809
ここまでの撮影で約20分、あとは通過列車でも撮影して時間をつぶすことに。
上り特急うずしお8号(キハ185系2連)は撮影できず、下り特急うずしお7号を撮影することに。(この列車はキハ185系3連のゆうゆうアンパンマンカーです)
Img_2810

少し時間を持て余した感は否めないですが、造田10:43発4329D徳島行(1500型ワンマン)で帰路につきます。
Img_2811
けっこう混んでいて、三本松までは前面展望を楽しみながら立って過ごし、三本松から佐古までは運転席後ろの補助席に着席できました。
三本松~引田間あたりでかなり下車するのかと思っていたのですが、県境を越えて徳島まで乗車する乗客がかなりいました。青春18きっぷを見せて降りる乗客もかなりいたので、この混雑は夏休みだからなのかもしれません。
引田では運転士が交代し、引田までの高松運転所の運転士から徳島運転所の運転士に引き継がれ、定刻に佐古に到着。
本日も無事、ぶらり旅が終わりました。                   

|

« 懐かしの車両・キハ58急行土佐と国鉄時代のキハ47 172 | トップページ | 休日の話題(写真整理、オフ会) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

引田で運転士が交代するんですね。

高徳線のぶらり旅も志度までくるとあと少しですね。

投稿: tokutetsu1551 | 2011年8月28日 (日) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/52581616

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・高徳線(番外・その5):

« 懐かしの車両・キハ58急行土佐と国鉄時代のキハ47 172 | トップページ | 休日の話題(写真整理、オフ会) »