« ぶらり旅・牟岐線(その6) | トップページ | 牟岐線・阿佐海岸鉄道でDMVの実証実験 »

2011年6月 5日 (日)

ぶらり旅・牟岐線(その7)

雨が降りそうで降らない曇り空でしたが、今日は立江、文化の森、中田と目指していきます。

今日は佐古駅から出発。佐古14:00発4339D徳島行(1200型ワンマン)に乗車です。
Dsc00368_1

徳島からは14:16発4559D阿南行(1500型ワンマン)に乗車。昨日から県内は高校総体が始まっているせいか、制服姿の高校生が多く乗車していました。
Img_2208_1

なんだか疲れているせいか、うとうとしながら約25分で立江に到着です。
Img_2217_1
立江もバリアフリーで駅舎に行けるよう、スロープ&線路横断できるようになっています。
Img_2215_1
近くには四国霊場の立江寺もあるのですが、お遍路さんの姿はありません。
Img_2209_1
駅舎の中はがらんとしていますし、券売機もありません。
Img_2210_1
再びホームに出ます。
Img_2211_1
ホームは一面二線で、5両ほどが停車できる長さです。
南寄り(阿南寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2213_1
Img_2214_1_2
今度は北寄り(徳島寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_2218_1
Img_2219_1

次は立江14:50発4560D板野行で文化の森に向かいます。
Img_2221_1
約20分弱で文化の森に到着です。
Img_2226_1
文化の森は園瀬川を渡るための盛土勾配の途中にあり、JR化後に新設された無人駅です。無人とはいえ、券売機も設置されていますが、駅名になっている「文化の森」まで徒歩で行くにはかなり距離があります。
この駅はバリアフリーになっておらず、階段を昇り降りしなければいけません。
Img_2222_1
Img_2223_1
ホームは一面一線の構造です。
まずが南寄り(阿南寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2224_1
Img_2225_1
今度は北寄り(徳島寄り)から北方向と南方向を撮影。次に乗る列車が近づいてきています。
Img_2227_1_2
Img_2228_1

今度は文化の森15:16発563D海部行(1200型2連)で中田に向かいます。
Dsc00369_1
約15分で中田に到着。
Img_2236_1_3
中田も立江と同様、バリアフリーで線路を渡って駅舎に行くことができます。
写真の左方向に延びている遊歩道が旧小松島線の廃線跡です。
Img_2239_1
駅舎に張り付けてある駅名板が時代を感じます。昔は右側に「こまつしま」「みなみこまつしま」と書かれていたのでしょう。
Img_2232_1
中田は昨年の9月末に無人化されてしまい、非常に残念です。
Img_2229_1
少し時間があるので、旧小松島線への分岐点となった近くまで歩いてみます。
Img_2240_1_2
長手踏切の左側に延びる遊歩道(自転車道)が小松島線跡です。このあたりは過去の遺構を観ることができません。
再び駅舎に戻ってきました。
Img_2230_1
駅舎からホームに出ていきます。
Img_2231_1
中田のホームは一面二線で約5両ほどが停車できる長さです。
東寄り(阿南寄り)から東方向と西方向を撮影。
Img_2233_1
Img_2234_1
今度は西寄り(徳島寄り)から西方向と東方向を撮影。
Img_2237_1
Img_2238_1
ここから出発するDE10や旧型客車の編成を思い出しながら、なんだか現状を観て非常に淋しい気持ちになりました。

帰路につくため、中田15:51発562D徳島行(1500型2連)に乗車し、徳島へ向かいます。
Img_2244_1
徳島からは16:22発465D穴吹行(キハ47・2連)で佐古に向かいます。
徳島発の16時台は、高松、穴吹、鳴門とキハ40系気動車が各地に出発します。キハ40系を観たけりゃ徳島駅に16時に来いですね。
Img_2248_1

ところで牟岐線をぶらり旅している時、以前徳島新聞に立江・羽ノ浦の間にある春日野団地付近に新駅を設置する・・・という記事が出ていたことを思い出したので、徳島新聞のサイトを探すと、3年前の記事だったんですね。地蔵橋と阿波中島の列車交換も復活させるとか書いてありました。これってどうなったんでしょうね。今の鉄道利用状況では無理なのか・・・。)

徳島県内の乗下車は、77駅中69駅(89.6%)となりました。残り一ケタの8駅。
次からは阿波福井~辺川間を目指してぶらり!

|

« ぶらり旅・牟岐線(その6) | トップページ | 牟岐線・阿佐海岸鉄道でDMVの実証実験 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ぶらり旅の更新を楽しみにしています。
しかし梅雨なので大変ですね。
残っている牟岐線の駅なのですが、私的にあの山の中にある感が気に入っていてあの区間は好きです。
でも列車の便が少ないのでめぐるのも大変ですよね。
次の更新を楽しみに待っていま~すsmile

投稿: tokutetsu1551 | 2011年6月12日 (日) 20時20分

tokutetsu1551様

お久しぶりのコメント、ありがとうございます。
今日もぶらり雨の中行ってきました。
更新しましたので、また見てくださいsign03

投稿: Station Master | 2011年6月12日 (日) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/51865226

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・牟岐線(その7):

« ぶらり旅・牟岐線(その6) | トップページ | 牟岐線・阿佐海岸鉄道でDMVの実証実験 »