« ぶらり旅・牟岐線(その2) | トップページ | GWのぶらり総括 »

2011年5月 7日 (土)

ぶらり旅・牟岐線(その3)

昨夜の雨も上がって、今日はまずまずの天気になりました。
連休の狭間の仕事疲れか、妻が仕事に出かけるのを送り出した後、AM11時過ぎまで寝てしまってました。

今日は、鯖瀬、浅川、阿波海南を巡ろうと思っていたので、飛び起きて佐古11:54発4329D徳島行に乗車しました。(1500型ワンマン)
Dsc00288_1
徳島に到着。タラコが出番待ちのようです。
Img_2056_1
徳島からは12:31発4551D牟岐行に乗車しました。
(1500型ワンマン)
Dsc00291_1
お昼の時間帯としては1両編成でまずまずの乗車率で、阿南までは立客もある状態でした。
で、約2時間で牟岐に到着です。こちらが、徳島から乗車した車両です。
Dsc00292_1
牟岐からは、14:38発4555D海部行に乗車です。
(1200型ワンマン)
乗客は私を含めて3人でした。
Dsc00293_1

最初の目的地、阿波海南に到着です。乗客3人全員がここで下車とは・・・。
Img_2058_1
駅舎は無く、待合のみです。
Img_2066_1
ホームは一面一線で、3両分ほどの長さがあります。
まずは北側(牟岐寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_2064_1
Img_2065_1
次に南側(海部寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2059_1_2
Img_2061_1
よくよく見ると、退避線へはポイントが無い状態なんです。
Img_2060_1
阿波海南駅の敷地は、ホームの西側に空き地としてある部分も含まれるようです。当初は行き違い設備を持つ駅として建設する予定だったのでしょうか。

次の鯖瀬に向か列車まで約50分ほどあったので、ほんとにぶらっと集落を歩いてきました。
Img_2068_1
Img_2070_1
Img_2071_1
Img_2072_1
子供の頃は、田植えの前の田んぼにはレンゲ畑になっているのを徳島市内でもみかけたのですが、最近はすっかり見なくなりました。
近所の女の子がレンゲで花飾りを作ってたのを思い出したconfident
板張りの外壁も珍しくなりました。

阿波海南駅に戻ってくると、学生さんがメールに夢中でした。
Img_2067_1
Img_2073_1

阿波海南を後にし、15:46発4570D徳島行で鯖瀬に向かいます。
さきほどの列車の折り返し、1200型ワンマンです。
Img_2074_1
約8分で鯖瀬に到着です。
Img_2078_1
国道に降りる坂に出ると、にゃんこが臨戦態勢で待ち構えています。
Img_2075_1_2
駅舎は無く、待合のみとなっています。
Img_2084_1
ホームは一面一線で、3両分の長さがあります。
南側(海部寄り)から南方向と北方向を撮影。南側すぐにはトンネルがあります。
Img_2076_1
Img_2077_1
次はホーム北側(牟岐寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_2080_1
Img_2081_1
駅からすぐのところに八坂八浜があり、潮の香りがたまりません。
今日は少々波が高いようです。
Img_2085_1
Img_2087_1
Img_2086_1_2
また近には、鯖瀬の由来でもある「鯖大師本坊」があります。
Img_2089_1

次に向かうのは、浅川です。
鯖瀬16:09発561D海部行に乗車します。
561Dは牟岐までが特急むろと3号で、牟岐からは普通列車となります。
Img_2090_1
約4分で浅川に到着。乗車した車両はアイランドエキスプレスの両端の車両でした。
Img_2091_1
Img_2097_1
ここも駅舎は無く、待合のみです。
トイレは坂を下って国道に降りたところにあります。
Img_2094_1
Img_2093_1_2
ホームは他の駅と同様、一面一線で3両分の長さがあります。
南側(海部寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2095_1
Img_2096_1
北側(牟岐寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_2099_1
Img_2100_1
街中ではあまり見かけなくなったトンボも見ることができました。
Img_2102_1

さて、浅川からは16:33発572Dで牟岐に向かいます。この列車は牟岐から特急剣山9号4078D阿波池田行になります。
さきほど乗車したキハ185×2連の折り返しです。
Img_2118_1
牟岐では留置されているキハ40を眺めながら、そのまま阿南まで乗車することにしました。
Img_2119_1
Dsc00294_1
浅川から50分ほどで阿南に到着。
Img_2127_1
阿南は橋上駅に新装され、立派な駅になりました。
阿南駅の思い出と言えば、中学生の頃だったか、当時の池田高校野球部監督の蔦さんを見かけたことでしょうか。
Img_2120_1
Img_2121_1
ホームは二面二線で、更に留置線が二本あります。
南側(牟岐寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_2122_1
Img_2123_1
北寄り(徳島寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_2125_1
Img_2126_1
写真に写っている1500型3連、阿南17:46発574D徳島行で徳島に向かいます。
約53分で徳島に到着。
徳島からは18:50発372D板野行(1200型×1両)で佐古に向かい、本日の旅は終りとなりました。
Dsc00295_1

徳島県内の乗下車は、77駅中61駅(79.2%)となりました。

|

« ぶらり旅・牟岐線(その2) | トップページ | GWのぶらり総括 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

私も昨日はキハ185の運用の順を調べるために、観察していて、特急剣山4号がアイランドの両端だったのでそれを利用しようと思いました。そして今まではこれが、特急剣山11号になっていたのですが、剣山9号でやってきたのでびっくりしました。でもそのおかげで、運用順が分かった気がします。
今日は、うずしお7号で徳島へ来て……牟岐泊の運用だと思うのですが、もう多客期も終わるので、高松で編成替えされていないとうれしいです。

投稿: tokutetsu1551 | 2011年5月 8日 (日) 08時37分

tokutetsu1551様

車両の運用順は決まっているんだろうな~ぐらいで、私はあまり興味を持っていないのですが、こういう楽しみ方もあるんですね。参考になります。

投稿: Station Master | 2011年5月 8日 (日) 20時58分

おおっ、牟岐線もあっという間に(3)まで行ってますね。
気が付きませんでしたが、
牟岐線には駅の跨線橋が少ないと。
バリアフリーが叫ばれる現在、断然この方が良いですよね。これなら将来、サイクルトレインを実施するにも便利だし。
それにしても
浅川や海南の気持ち良いほど何もない風景は、ここで列車撮ってみたいなという気になりますがダイヤで本数見ると躊躇しますね・・・

投稿: 南東風 | 2011年5月 8日 (日) 23時12分

南東風様

牟岐線のバリアフリー率は非常に高いですね。
南東風様がおっしゃるようなサイクルトレインはGoodですね。
実際、海南駅で4570Dに折りたたみ自転車を持ちこんでいる方もいらっしゃいましたし。
今度、ネタにさせていただきます!

投稿: Station Master | 2011年5月 9日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/51608427

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・牟岐線(その3):

« ぶらり旅・牟岐線(その2) | トップページ | GWのぶらり総括 »