« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

ぶらり旅・土讃線

今朝は5時起きで土讃線をぶらり旅sign01

いつもの佐古から6:14発433D阿波池田行に乗車です。
Img_1740_1
ご覧いただいている皆様から情報をいただいた通り、433Dは1000型2連でやってきました。
天気予報では晴れの予報だったのですが、雲が多めの薄日といった感じです。
途中、穴吹ではツツジが綺麗に咲いていました。
Dsc00261_1
約1時間50分で佃に到着。佃から8:03発4234D琴平行に乗車です。
こちらもダイヤ改正で登場した1000型。トイレ無し車両なので、登場時から改造されていない車種です。
Img_1742_1
最初の目的地、坪尻に到着。行き違いと追い越しで16分の停車時間があるので、途中下車しての撮影です。
Img_1751_1
駅舎を抜けると、いきなりこんな看板が。そろそろ季節か?
Img_1746_1
過去、国道32号から山道を下って来たことはありますが、列車に乗ってきて下車するのは今回が初めてです。
秘境駅で有名な坪尻ですから、あまり語る必要はないかと・・・。
Img_1747_1
一応、駅ノートに訪問を記しておきました。
Img_1764_1
ここは有名なスイッチバックの駅ですが、いつも通りホームの状況を撮影。
まずは、北側(琴平寄り)から北方向を撮影。
Img_1743_1
続いて、北側から南方向(阿波池田方面)を撮影。
Img_1744_1
今度は、南側(阿波池田寄り)から南方向と北方向を撮影です。
Img_1749_1
Img_1750_1
ついでに通過列車も撮影。
こちらは下り特急南風1号(31D)。
Img_1753_1
次は上り特急南風4号(34D)。
Img_1774_1
さて、停車時間も終わり、坪尻を後にし、琴平に向かいます。
Img_1790_1

琴平には9時前に到着。番外ですが、一応撮影。
Img_1796_1
Img_1794_1
Img_1793_1

さきほどの折り返し車両になりますが、琴平9:21発4243D阿波池田行で、阿波池田に向かいます。
Img_1798_1_2

今度は坪尻のスイッチバックによりホーム入線を動画撮影です。
    

45分程で阿波池田に到着。
ここからは大歩危トロッコ1号に乗車です。
この大歩危トロッコ号は、トロッコ車両に乗らない場合(キハ185の車両のみ乗車する場合)は乗車券だけで乗れるんですよね。このイベント列車がなければ、一度にたくさん駅に降り立つことができなかったのですが、今回は最大限利用しました。
Img_1801_1
Img_1802_1
Img_1803_1
Img_1804_1

この列車で小歩危に向かいます。(阿波池田10:49発8273D大歩危行)
約30分程で小歩危に到着です。
Img_1809_1
この小歩危にも駅ノートがあったので、記しておきました。
Img_1813_1
Img_1814_1_2
ホームは二面二線となっています。まずは、北側(阿波池田寄り)から北側と南側(大歩危方向)を撮影。
Img_1807_1
Img_1808_1_2
次は南側(大歩危寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_1810_1
Img_1812_1
そうこうしているうちに、4249D高知行が到着。キハ54でした。
池田高校の女の子にモデルになってもらいました。(ありがとう!)
Img_1823_1
さらに、行き違いの上り特急南風12号(42D)との交換を撮影。
Img_1830_1
近くには吊り橋もあって、渡ろうと思ったのですが、風が強くて断念。(揺れて怖い)
また、吉野川ではリフティングも行われていました。
Img_1819_1
Img_1817_1

今度は、小歩危12:31発(大歩危トロッコ2号8274D)阿波池田行で、祖谷口に向かいます。
Img_1852_1_3
約17分で祖谷口に到着です。
Img_1855_1
祖谷口には駅舎ではなく、待合室というのがあります。
Img_1860_1
Img_1861_1_2
ホームは一面一線になっています。まずは北側(阿波池田寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_1856_1
Img_1857_1
続いて、南側(大歩危寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_1858_1_2
Img_1859_1

次は祖谷口12:55発4246D阿波池田行で三縄に向かいます。
この列車も1000型でした。
Img_1864_1
約5分で三縄に到着です。
Img_1866_1
駅舎はモダンな感じで、掃除も行き届いているようです。
Img_1867_1
Img_1868_1_2
ホームは二面二線で、まずは南側(大歩危寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_1869_1
Img_1870_1
続いて北側(阿波池田寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_1871_1
Img_1872_1
ここでも、下り特急南風9号(39D)を撮影。
Img_1883_1

次は三縄13:54発4257D高知行で阿波川口に向かいます。
こちらも1000型です。
Img_1900_1
約9分で阿波川口に到着。
Img_1901_1
こちらもモダンな駅舎です。
Img_1902_1
Img_1904_1
こちらも二面二線のホームで、まずは南側(大歩危寄り)から南方向と北方向を撮影。
Img_1905_1
Img_1906_1
続いて北側(阿波池田寄り)から北方向と南方向を撮影。
Img_1909_1
Img_1910_1

次は大歩危まで下って、大歩危から特急で阿波池田まで戻ることにします。
阿波川口14:14発大歩危トロッコ3号8275D大歩危行で終点へ。
Img_1912_1
約20分かけて大歩危に到着。大歩危からは15:05発上り特急南風18号(48D)に乗車します。
Img_1915_1
Img_1924_1
Img_1925_1
Img_1935_1

阿波池田からは15:40発472D徳島行で佐古まで向かいます。
Img_1936_1
ほぼ12時間以上列車に乗っていましたが、本日の旅はこれでおしまいです。

徳島県内の土讃線の各駅はこれで乗下車が終わり、77駅中49駅(63.6%)となりました。    
            

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

お買い物♪

夕方、そごうの紀伊国屋書店へ本を買いにぶらっと出かけてきました。

いつもの佐古から一区間の乗車ですが、17:55発973Dで徳島へ。
Dsc00258_1
今日もキハ47は力走中です。

で、紀伊国屋書店で買ったのが、母親に頼まれた料理番組のテキスト本と、「各駅停車 新・徳島県鉄道唱歌」という書籍。
Dsc00260_1
岡田義生さんという方がバイクで徳島県内の駅を巡り、各駅の鉄道唱歌を作詞されたそうです。私は汽車に乗って各駅を訪問するぶらり旅中ですが、乗り物が違いますが、目的は同じですね。
自費出版されたという新聞記事が記載されていたと記憶していますので、他では手に入らないかも。

帰りは、徳島18:58発475D穴吹行に乗車し、佐古まで帰ってきました。
Dsc00259_1
明日はぶらり旅日和になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

ぶらり旅・高徳線(その3)

本日もぶらり旅に出発です。
今日は高徳線の板東に向かいます。
板東は、大麻比古神社や四国霊場八十八か所の第一番札所霊山寺、ドイツ館など、神社仏閣、観光地が多くあるのですが・・・、今は無人駅です。

さて、今日も佐古からスタート。
佐古14:37発4348D板野行に乗車します。
Img_1704_1

約25分ほどで板東駅に到着です。
Img_1715_1
到着早々、下り特急うずしお15号との交換があるため、跨線橋から撮影です。
Img_1707_1
駅舎の外に出てみると、モダンな駅舎になっているのがわかります。
Img_1716_1
懐かしい、丸い郵便ポストが鎮座しています。
Img_1717_1
地元の方のご協力があってのことなのでしょうが、駅舎内は非常に綺麗に清掃されていおり、感心しました。
Img_1719_1
再びホームへ出ます。
こちらも地元の方のご協力なのでしょう。沢山の花が咲き、目を癒してくれます。
また花の中に鉄道遺産も。
Img_1727_1
Img_1728_1
Img_1731_1_2
Img_1732_1
ホームは二面二線の相対式となっています。
有人駅であった当時をしのぶ、線路に降りて渡る部分の跡があります。
また、「進路」「信号」「通票」という文字があり、私が撮影している側の場所あたりに、転てつ機があり、てこを操作して腕木式信号機を操作していたのではないか・・・と、当時の模様が浮かびます。
Img_1720_1
Img_1738_1
ホームの西側から西方向(板野方向)と東方向(池谷方向)を撮影してみました。
Img_1722_1
Img_1723_1
今度は、東側から東方向(池谷方向)と西方向(板野方向)を撮影します。
Img_1724_1
Img_1725_1
1番のりば、2番のりばの両ホームには、大麻比古神社の鳥居を模したものが建立されています。
Img_1721_1
また2番のりば側(駅舎から跨線橋を渡った向こう側)には、そばの道路から出入りできりるよう、柵が開けられています。これだと便利ですよね。
Img_1726_1_2
ホームは車両5両分の長さがあるようです。
Img_1734_1

これで徳島県内の高徳線各駅の乗下車が完了です。
板野から折り返してきた、板東15:39発4347D徳島行で佐古まで乗車しました。
Img_1739_1

今日の旅はこれでおしまいです。
県内77駅(阿佐海岸鉄道を含む)中、44駅に乗下車し、約57.1%の達成です。

*****
本日4月24日付徳島新聞朝刊に記事が出ていましたが、昨日(4月23日)阿波半田駅構内で耳が不自由な男性を特急列車がはね、男性が亡くなられたという内容でした。男性は柵の切れ目から線路を横断していてはねられたようです。
また、同日牟岐線でも老人が列車と接触してけがをしたという記事が出ていました。
(一か月か二カ月前にも牟岐線で死亡事故があったと思います。)
ぶらり旅で各駅を巡っていますが、踏切が無い線路を渡る人たち(老若男女を問わず)を多く見かけます。
地元の方は慣れっこになっているのかもしれませんが、ご自身の身を守るために近道せずに、駅に向かってほしいものです・・・。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

ぶらり旅・徳島線(その6)

今日は先日の土日に出張した分の振替で仕事はお休みでした。
疲れは鉄分補給でsign01ということで、約一か月ぶりの徳島線ぶらり旅です。
今日は貞光駅を訪問してきました。

旅のスタートは、いつもの佐古から。
佐古8:45発4441D阿波川島行に乗車します。
Img_1684_1
通学時間帯は過ぎていたので、先頭の座席に座れました。
1000型、1200型の阿波池田寄り座席は、前面展望ができてナイスな席です。
約36分で阿波川島に到着。ここで降車したのは私を含めて4人でした。

阿波川島からは特急剣山3号に乗り換えです。
佐古から貞光までの乗車券しか買っていないので、阿波川島駅の券売機で貞光までの特急券を購入しました。
阿波川島9:25発4073D特急剣山3号阿波池田行に乗車です。
Img_1685_1_3
Dsc00257_1
どっちの切符も通し番号がぞろ目に近い番号というのを、今気づきました。
この剣山3号は、本来阿波川島駅で上りむろと1号が先着して交換するはずなのですが、むろと1号に遅れがあり、次の学でむろと1号と交換になりました。

阿波川島から約27分で今日の目的地、貞光に到着です。
Img_1691_1_3
貞光は一面二線のホームで、駅舎へは線路を降りて渡る構造です。
線路を渡る部分には警報機がありますが、その上にお雛様が。
Img_1701_1
ホーム側から見た駅舎の写真ですが、なぜか駅舎の正面のような感覚です。
Img_1689_1
駅舎の中には、さっきのお雛様と関係がある、ひな人形が飾られています。
さっきのお雛様、雨に濡れないようにしてくださいね。
Img_1702_1
駅舎の正面入り口はこんな感じです。
Img_1686_1_2
再びホームに戻ってきました。
Img_1687_1
ホームの西側から西方向(阿波池田方向)と東方向(徳島方向)を撮影。
Img_1688_1
Img_1690_1
貞光は、剣山への登山口として有名で、石碑もあります。
Img_1698_1
ホームには、徳島線の島式ホームがある駅と同じような、屋根付きの待合があります。
Img_1696_1
今度は、ホーム東側から東方向(徳島方向)と西方向(阿波池田方向)を撮影。
Img_1692_1
Img_1693_1
徳島線の各駅は、本当に立派な長いホームです。
駅前には、貞光食糧の工場があります。
Img_1697_1
昨日は日中、強風が吹いていたのですが、今日は風も無く暖かかったです。
花が美しい季節到来ですね。
Img_1694_1
Img_1700_1

さて、今日は貞光訪問のみで佐古に引き返します。
貞光10:09発454D徳島行に乗車します。
以前情報をいただいた通り、1000型2連です。
新緑の中、力強くやってきました。
Img_1703_1
約1時間12分で、佐古に到着です。

今日の旅はこれでおしまいです。
県内77駅(阿佐海岸鉄道を含む)中、43駅に乗下車し、約55.8%の達成です。
       

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

土浦から帰ってきました

今日、無事に土浦から徳島に帰ってきました。

昨夜は上野のホテルで宿泊し、今日から運行を開始した常磐線特急・フレッシュひたち9号で上野~土浦間を乗車してきました。
今朝の上野はちょっとひんやりした空気でしたが、晴天でした。
Dsc00254_1

上野駅12番線で発車を待つ、フレッシュひたち9号です。
(E653系・・・初乗車です)
Dsc00255_1

で、約48分で土浦に到着。途中、屋根瓦が落ちて補修中のお家がちらほらありましたが、大きな地震の被害は無いように見受けられましたが、実際はどうなのでしょうか。
Dsc00256_1

ここから仕事先に向かい、無事仕事が終わったので早々に帰路につき、飛行機で徳島に帰ってきました。
道中、余震に遭わずホッとしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

只今、東京出張中!

仕事上のことで現在東京出張中です。
(上野のホテルからインターネット中です)

さて明日は茨城県土浦市まで行きます。明日から常磐線の特急が運転再開のようなので、乗車する予定です。
今日午前中の地震はビックリするほどでしたが、明日は何事も起こらず仕事が順調に終わることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

ぶらり旅・高徳線(その2)

今日は平日、私らサラリーマンにとっては仕事日である訳ですが、先日の土曜、日曜と仕事だったので、振替休日ということで今日はお休みでした。

ということで、今日も近場でぶらり旅。今日は高徳線の吉成と勝瑞に向かいます。

今日も佐古駅から。
佐古駅ですが、西側の徳島線と高徳線の分岐は、1番のりば側から2番のりば側(つまり高松方向の高徳線)への渡り線しかなかったのですが、シーサースクロッシング型の分岐器になっており、2番のりば側から1番のりば側(つまり阿波池田方向の徳島線)への渡り線が追加されています。今までは佐古駅での徳島線列車の交換はできなかったのですが、これが可能になっていますし、2番のりば側に徳島線の出発信号も追加されています。
この3月のダイヤ改正から徳島線列車の交換ダイヤが組まれたのでしょうか。

さて、佐古8:49発4328D板野行で吉成に向かいます。
Img_1633_1_2

鮎喰川、飯尾川、吉野川の各橋梁を渡り、吉成駅に到着です。
Img_1637_1
通勤、通学の時間帯を過ぎたせいか、駅は閑散としています。
Img_1634_1
駅舎内は、駅事務所だった所はベニヤ板で塞がれ、自動券売機が1台設置されています。
Img_1636_1
吉成は、二面二線のホームを持っています。
1番のりばの南側から南方向を撮影してみました。四国化成への引き込み線は無くなっているのがわかります。
Img_1638_1
北方向を撮影してみました。
Img_1639_1
小川が駅(ホーム)の下を流れています。(暖かくなったから、そろそろ蛇出そうです)
Img_1640_1
次は北側から北方向を撮影してみました。数百メートル先が勝瑞です。
Img_1641_1
南方向を撮影してみました。
Img_1642_1

次は、吉成9:08発4954D鳴門行で勝瑞に向かいます。
Img_1644_1
数百メートル先の勝瑞に到着です。
Img_1654_1
勝瑞は時間帯を限って駅員がいます。すぐ近くに徳島北高校がありますが、通学時間帯を過ぎて、駅は閑散としています。
Img_1645_1
Img_1646_1
Img_1647_1
勝瑞は国鉄時代は一面一線+東邦レーヨン(現:東邦テナックス)への引き込み用側線があったのですが、東邦レーヨン跡地は徳島北高校になり、引き込み線は廃止され、二面二線の列車交換可能駅になっています。
また、現2番のりばへは線路に降りて渡れるようになっていましたが、現在は跨線橋をわたらなければ行けなくなっています。
Img_1648_1
新設された1番のりばで、北側から北方向と南方向を撮影してみました。
Img_1649_1
Img_1650_1
次は、南側から南方向と北方向を撮影してみました。南方向にはさきほどいた吉成駅があり、吉成駅に列車がいるのがわかる位の距離です。
Img_1651_1
Img_1652_1
仕事の関係で満開の時に休みが取れず、今日は満開の桜ではありませんが、名残桜を見られて良かったです。
Img_1657_1
勝瑞では、下り特急うずしお3号3003Dと上り特急うずしお8号3008Dとの交換があるので、跨線橋から撮影してみました。
まずはうずしお3号N2000系2連で勝瑞停車です。
Img_1662_1_2
しばらくしてうずしお8号が通過していきます。こちらはキハ185系2連です。
Img_1668_1
同じ特急うずしおですが、ヘッドマークがN2000系とキハ185系では違うんです。

さて、今日は勝瑞9:36発957D徳島行で佐古に戻り、旅は終了です。
陽を浴びたキハ40・2連の車両が輝いて見えました。
Img_1682_1

おしまい。
県内77駅(阿佐海岸鉄道を含む)中、42駅に乗下車し、約54%の達成です。
(前回、数えた時に宍喰を忘れていましたcoldsweats01) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

今、徳島は桜満開です

昨夜は私が勤める会社に4月から入社した新入社員歓迎会があり、楽しいお酒を飲みましたが、今日は休む間もなく仕事・・・、明日も仕事の予定ですweep

しかし、今日は比較的順調に仕事が終わったので、夕方自宅近くの三ツ合橋にカメラを持って出かけました。
今、徳島市内は桜cherryblossomが満開です。場所や木によっては散り初めとなっているものもあり、今がベストsign01ということで、写真を撮影してきました。
ただ桜の花を撮るのはやめて、列車を背景に・・・ということで、JR高徳線のN2000系うずしおをバックにしてみました。
それがこの一枚sign03
Img_1616_1

新町川と汽車と桜。都会のような華やかさや賑やかさはありませんが、徳島が大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

徳島県内・1000型気動車運行状況(2011.3.12ダイヤ改正後)

別記事で徳島県内でのキハ40系気動車の運行状況を調査していますが、徳島県内では1000型気動車の運行も1200型への改造により減りつつあります。
そこで、私が見かけた情報やみなさんからお寄せいただいた情報を基に、整理していきたいと思いますので、ご協力をお願いいたします。

既にいただいている情報も含め、現在判明している運行状況は以下の通りです。
<2011.04.09 更新>

■徳島線
 (下り)
  徳島6:11発433D阿波池田行 2連 (情報提供:tokutetsu1551様)
  徳島12:39発4451D穴吹行 単行 (情報提供:tokutetsu1551様)
  徳島15:55発463D阿波池田行 2連 (情報提供:tokutetsu1551様)
   ※穴吹から4463D 土曜単行
  徳島19:24発477D阿波池田行 2連 (情報提供:tokutetsu1551様)
  徳島19:51発479D穴吹行 2連 (情報提供:tokutetsu1551様)
   ※休日単行
 (上り)
  阿波池田6:21発440D徳島行 4連 (情報提供:tokutetsu1551様)
   ※日曜3連
  阿波池田9:37発454D徳島行 2連 (情報提供:tokutetsu1551様)
  穴吹14:11発4464D徳島行 単行 (情報提供:tokutetsu1551様)
  穴吹21:27発4484D徳島行 2連(後ろ回送)(情報提供:tokutetsu1551様)
   ※休日単行

■高徳線
 (下り)
  高松5:55発4311D徳島行
   ※板野~徳島間311D  板野~徳島間 2連
  板野17:36発4357D徳島行 単行
 (上り)
  阿南16:45発366D板野行 2連
   ※阿南~徳島間4568D(土曜・休日運休)

Img_0947_1
(2006.04.30撮影 善通寺建立1200年ヘッドマーク付1000型)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

ぶらり旅・高徳線(その1)

今、昨日録画したアイドル伝説?を観ながらブログを書いていますが、当時自分も思春期でしたから夢中になってたのですがwinkみんなオ○ハンになったな~(という私もオヤジになってしまったが・・・gawk

さて、今日は高徳線の旅ですが、今日は佐古から徳島に向かいます。
乗車したのは、佐古15:11発4967D徳島行です。
Img_1538_1

徳島駅では、徳島文理中・高校の鉄道研究会のみなさんが「てっけんまつり」を開催されているということで、少し覗いてきました。若い人たちが鉄道に興味を持ってくれているのは嬉しいかぎりです。
Dsc00251_1

それから、今徳島では桜(ソメイヨシノ)が開花したということで、徳島城公園の桜はどんな感じかな・・・ということで、駅東のフレシア駐車場の屋上から撮影をしてみました。場所や木にもよりますが、総じて7分~8分くらいでしょうか。(ちょうどいいアングルにタラコもいました)
Img_1539_1
Img_1541_1

徳島からは、15:38発4354D板野行で板野に向かいます。
Img_1542_1

板野には16:13に到着です。
板野駅は、国鉄時代は貨物取扱駅で積み下ろし場もあって板野郡の中核駅だったのですが、今では時間限定で駅員がいるような状況です。
Img_1543_1
Img_1545_1
Img_1546_1
Img_1551_1

このあたりに、国鉄時代は積み下ろし用のホームがありました。
Img_1547_1
こんな感じでした。
201102050008_012_1

更に昭和47年まで鍛冶屋原線の始発駅でもありました。
左上方向に伸びている現在の県道鳴門池田線が鍛冶屋原線の廃線跡です。
Img_1549_1

板野駅は現在二面三線のホームになっていますが、以前は線路を渡れるようになっていたのですが、現在は跨線橋を利用しなければなりません。ずいぶん不便になったものです。
Img_1548_1
ホームの西端(高松寄り)から西方向と東方向を撮影してみました。
Img_1552_1
Img_1553_1

板野からはさきほどの列車の折り返し16:23発4351D徳島行で阿波川端駅に向かいます。約3分ほどで到着です。
Img_1558_1
Img_1554_1
駅前の桜は開花した直後っていう感じです。
Img_1555_1
駅舎内にトイレがありますが、ただ待合室があるっていう感じです。
Img_1561_1
Img_1562_1

ホームは一面一線で4両分ほどの長さがあります。
行き違い設備が無いため、板野~板東間の閉塞区間の中にあり、信号機がありません。
ホームの西端(板野寄り)から西方向と東方向を撮影してみました。
Img_1556_1_2
Img_1557_1
今度は東端(池谷寄り)から東方向と西方向を撮影してみました。
最長編成時の停止位置が踏切の向こうに設定されています。今はこの位置に停車する編成は無いように思いますね。
Img_1559_1
Img_1560_1

ホームから南方向に見える景色は、眉山・・・そして遊ぶカラス・・・。
Img_1563_1
Img_1564_1

次は、阿波川端16:36発360D高松行で阿波大宮駅に向かいます。
3月のダイヤ改正で運用が減ったキハ47×2連の車両が到着です。
Img_1567_1

キハ47の窓枠に刻まれた落書きが時代を感じさせます。
Img_1568_1
数年先にはキハ40系全廃ということになってしまうのでしょうか。
Img_1569_1

そうこう考えているうちに阿波大宮駅に到着。
360Dは、ここで下り特急「うずしお19号」N2000系2連の待ち合わせを行います。
Img_1585_1
阿波大宮は徳島から一番近い峠の駅です。
小学生の頃、阿波大宮から親父と大坂峠を越えて讃岐相生まで歩いた思い出があります。
Img_1593_1
Img_1594_1
Img_1595_1
Img_1596_1
阿波大宮で下車したのは私一人。次の下り列車まで50分近くあり、夕暮れのせいもあって凄い寂しい感じです。
Img_1598_1
近所の犬に吠えられながら、ホームの撮影です。
ホームは一面二線で、4両が余裕で停車できそうです。
ホームの南東端(板野寄り)から北西方向を撮影です。
Img_1599_1
こちらは、北西端(讃岐相生寄り)から南東方向を撮影です。
Img_1600_1
駅舎側にホーム跡があるのですが、駅舎側で以前は乗降していたのでしょうか?
私が小学生の頃も乗降していなかったと記憶しているのですが。 

しばらくして、上り特急「うずしお22号」岡山行N2000系2連が通過していきます。
Img_1603_1

でも駅で一人で居ても楽しいのは鉄のサガでしょうかcoldsweats01
やがて、阿波大宮17:42発4359D徳島行が到着です。
Img_1610_1

この列車で佐古まで乗車しました~。本日の旅はこれでおしまい。

県内77駅(阿佐海岸鉄道を含む)中、39駅に乗下車し、約50%の達成ですsign03

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

ぶらり旅・佐古、徳島

普段よく利用する自宅近くの佐古駅と、徳島駅をぶらり旅ということでご紹介します。

佐古駅は、徳島線の起点、かつ高徳線の駅でもあります。
Dsc00028_1
(この写真は2010年9月26日撮影)

Dsc00240_1

鉄道高架事業によって現在は高架駅となっていますが、その昔は地上駅で徳島のコンテナ基地でもあったわけです。
駅の北側にはJA会館(昔は農協会館と呼んでいました)があり、地上駅の時代は農協会館側にも改札口があったのを覚えています。
その改札口で入場券を買うと、最低区間の乗車券にスタンプを押した入場券を売ってくれました。
近代化された高架駅の1階は改札口があり、2階のホームへは階段とエレベータで行けるようになっており、人にやさしい構造になっています。
Dsc00250_1
Dsc00235_1

2階ホームは一面二線になっており、車両4両分の長さを持っています。
ホーム西側(池田寄り)から西方向と東方向を撮影してみました。
Dsc00236_1
Dsc00237_1
こちらは、ホーム東側(徳島寄り)から東方向と西方向を撮影してみました。
Dsc00238_1
Dsc00239_1

このまま自宅に帰ってもなぁ~と思ったので、徳島駅に行ってみることに。
佐古17:55発973D徳島行で徳島駅へ。
鳴門線の列車で、数少なくなったキハ47×2連の車両です。
Dsc00241_1

3分程で徳島に到着です。
3番のりばに到着しましたが、隣の4番のりばには「ホームエクスプレス阿南1号」が発車を待っています。
Dsc00242_1

徳島駅もクレメント徳島の開業に合わせて、駅舎はその中の一部となり立派になりましたが、改札口を抜けホームに出ると昔の雰囲気を存分に味わえます。
Img_1405_1_2
(この写真は2010年5月4日撮影)
以前の駅舎をご存知の方は、こちらのほうが懐かしいのでは?
201102050008_023_1

徳島駅構内は、構内西側(池田寄り)に一面一線の行き止まりホームの1番のりばがあります。
Dsc00248_1
改札口と直結している一面一線の2番のりばと、一面二線の3番、4番のりばがあります。
Dsc00244_1
Dsc00245_1
Dsc00246_1

訪問した時間帯が18時台だったせいか、隣接の徳島運転所からほとんど車両が出払っているような状態です。
前後を切り離されたゆうゆうアンパンマンカーがぽつんと取り残されています。
Dsc00247_1_2
運用が少なくなったキハ40系ですが、徳島18:25発575D牟岐行がキハ47+キハ47の2両で運用されているようです。
Dsc00243_1_2
佐古に戻るために乗車した、徳島18:35発370D高松行はキハ40+キハ40の2両で運用されています。高松まで通して乗る人がどれだけいるのかわかりませんが、トイレ無しで2時間弱は、ちょっときついと思いますが・・・。
Dsc00249_1

本日はここまでhappy01 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »