« 思い出・徳島の鉄道(その3・小松島駅) | トップページ | 徳島県内・キハ40系気動車運行状況(2011.3.12ダイヤ改正後) »

2011年3月27日 (日)

ぶらり旅・鳴門線

まだまだ東北・関東大震災と福島第一原子力発電所の件が落ち着かない状況が続いていますね。
明るい話題としては、春の選抜高校野球大会で徳島・城南高校(二十一世紀枠出場)が兵庫・報徳学園を破って二回戦へ進出しましたsign03happy01

さて、このところ仕事が忙しくて、なかなかぶらり旅に出かけられなかったのですが、昨日(3月26日土曜日)の午前中を使って、鳴門線の駅を巡ってきました。

スタートはいつもの佐古駅です。
佐古駅ですが、1階にあったキヨスクが閉店してしまいました。利用者が少なかったのかもしれませんが、そのうち佐古駅も無人化されるのではないか・・・と心配です。

さっそく佐古8:29発4326D高松行で池谷に向かいます。
Img_1470_1
徳島線からの乗り換え客(特に徳島北高生)がたくさん乗車してくれてました~。

池谷に到着し、池谷始発8:43発952D鳴門行で金比羅前に向かいます。
Img_1471_1
952Dはキハ47×2連で、一部廃車との情報があるキハ40系ですが、まだまだ健在でうれしい限りです。
なお、池谷での目撃情報としては、板野8:19発315D徳島行もキハ47×2連でした。

鳴門線の池谷~鳴門間は、この区間が一つの閉塞区間となっているので、途中駅に信号機がありません。また、途中駅は無人駅で全て一面一線のホームとなっています。途中駅にはトイレがありませんので、ご利用される方は要注意です。

で、金比羅前に到着です。
Img_1472_1
Img_1474_1
この先は、撫養、終点鳴門なのですが、方向幕が既に「徳島」になっており、誤乗にならないかな・・・と思いましたが、地元の人はわかっているのかな。
Img_1473_1
ホームは2両編成が停車できる長さです。阿波電気軌道時代からこの長さなんでしょうね。1200型、1500型運用開始のため、ホーム全体で嵩上げがされています。
嵩上げはこんな感じで、旧ホームの石積みにコンクリートで嵩をあげています。
Img_1487_1
ホーム西端から西方向と、東方向を撮影してみました。
Img_1475_1
Img_1476_1
今度は東端から東方向と西方向を撮影してみました。
Img_1477_1
Img_1478_1   
地元のおばあさんが線路を歩いている光景をみかけたのですが、本数が少ないとはいえ、危険なので止めたほうが良いです。
Img_1481_1
ホームには小さな待合室のみで、風がまだ冷たく、凍えそうでした。
Img_1482_1
駅の全景はこんな感じです。
Img_1483_1_2
駅名の由来となっている「金比羅神社」は、駅から北方向に少し歩いた、旧撫養街道にあります。駅の南側には県道鳴門・池田線(通称、鳴池線)が鳴門線とほぼ並走しています。
Img_1486_1

次は、さきほどの952Dの折り返しで金比羅前9:10発957D徳島行で阿波大谷に向かいます。
Img_1491_1

約8分ほどで阿波大谷に到着です。キハ47頑張れ!
Img_1492_1
Img_1493_1
阿波大谷は昭和36年に開業した無人駅で、他の駅とは開業が異なっています。
ホーム西端から西方向と東方向を撮影してみました。
Img_1494_1
Img_1495_1
ホーム東端から東方向と西方向を撮影してみました。
Img_1496_1
Img_1497_1
阿波大谷のホームは3両が停車できる長さですが、うち2両分が嵩上げされ、ホームの東側一両分はそのままになっています。
ホームの骨組みは鉄骨ですが、床板に枕木を敷き、その上にコンクリートを流しているようです。
Img_1501_1
この大谷には昔話の説明がありました。(内容省略coldsweats01
Img_1498_1_2
ほんと、風が冷たかったのですが、春はそこまで来ています。
Img_1500_1
遠くに眉山がかすんで見えます。
Img_1505_1
駅に掲示されている時刻表の上には、フィギュアが・・・。
Img_1507_1

さて、次は教会前に向かいます。
やってきたのは1200型です。阿波大谷9:36発4954D鳴門行で教会前に向かいます。
Img_1508_1

6分ほどで教会前駅に到着です。
Img_1509_1
Img_1510_1
ホームには小さな屋根がある待合のみ・・・。
Img_1515_1_2       
ホームは2両が停車できる長さです。
ホーム西端から西方向と東方向を撮影してみました。
Img_1511_1
Img_1512_1
こちらは東端から東方向と西方向を撮影したものです。
Img_1516_1
Img_1517_1
駅の南側には県道鳴門・池田線が並走しています。やっぱり車が便利です。
Img_1513_1_2
駅前の由来である境界は、駅から北方向に向かった旧撫養街道にある天理教の教会のようです。
Img_1518_1

この日の最後、次は立道に向かいます。
さきほどの4954Dの折り返し、教会前10:07発4959D徳島行に乗車します。
Img_1522_1

約3分ほどで立道に到着です。
昔は駅舎があったようなのですが、今は小さな待合のみです。
Img_1523_1
Img_1524_1
Img_1531_1
立道は、撫養と同じようにホームが長く4両が停車できる長さですが、嵩上げは2両分のみとなっています。
ホーム西端から西方向と東方向を撮影してみました。
Img_1525_1
Img_1526_1
ホーム東端から東方向と西方向を撮影してみました。高速道路の建設が進んで、鳴門線を跨ぐ部分はほぼ完成しているようです。
Img_1529_1
Img_1528_1

駅北側の旧撫養街道にある立道バス停から徳島バスで徳島駅まで向かいました。時間があればそのまま列車を待っていても良かったのですが。
Img_1533_1

徳島駅に11時前に到着し、佐古には徳島11:05発4958D鳴門行に乗車したのですが、こちらは導入されたばかりの1500型1560でした。
Img_1536_1
徳島駅にはキハ47タラコも健在でした。
Img_1535_1

この日の旅はこれでおしまいですsign03            

|

« 思い出・徳島の鉄道(その3・小松島駅) | トップページ | 徳島県内・キハ40系気動車運行状況(2011.3.12ダイヤ改正後) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

久々のぶらり旅、自粛・中止が溢れる中で
西日本だけでも普通になって貰わないと
日本全体がダメになってしまうようで心配です。
鳴門線は昨夏行ったとき大谷駅が未だ嵩上げ工事中でした。
今度は蓮根畑とキハ40を撮りたいと思っているんで
それまでキハ40には頑張って貰いたいですね。

投稿: 南東風 | 2011年3月28日 (月) 08時49分

南東風様、いつもコメントありがとうございます。
私たちが落ち込んでいてもしょうがないので、頑張って駅めぐりしていこうと思います。
徳島県内のキハ40系運用情報も集めていきたいと思います。
南東風様も徳島へお帰りの際には、是非ご乗車ください!

投稿: Station Master | 2011年3月28日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/51229012

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・鳴門線:

« 思い出・徳島の鉄道(その3・小松島駅) | トップページ | 徳島県内・キハ40系気動車運行状況(2011.3.12ダイヤ改正後) »