« ぶらり旅・徳島線(その5) | トップページ | ぶらり旅・鳴門線 »

2011年3月21日 (月)

思い出・徳島の鉄道(その3・小松島駅)

東北関東大震災発生から一週間が経過しましたが、まだまだ物資も不足し不自由な生活をされている方が多数おられ、心が痛む毎日です。
しかし、その中でも被災地の鉄道が少しずつ復旧していることは、一鉄道ファンとしては嬉しい限りです。ただ壊滅的な被害を受けた路線もあり、今後の復旧がどうなるのか心配です。

さて、私自信は仕事が忙しくて、この3連休はぶらり旅ができませんでした。
ということで、思い出の写真から・・・。

201102050008_019_1

いつ頃の撮影かはっきりしないのですが、1985年(昭和60年)に廃止された小松島駅の駅舎写真です。
この立派な建屋は、徳島駅を除くとこの小松島駅ではなかったかと思います。
駅舎内の写真が無いのが残念なのですが、天井が高く待合も広々とした記憶があります。
今は駅跡地は小松島ステーションパークとなり、小松島客貨車区だったところは、合同庁舎なども建って、すっかり面影が消えてしまいました。

こちらの写真は8年前の2003年3月に撮影した小松島ステーションパークに静態保存されているC12 280号機とオハフ50 272です。
P1000045_1
P1000047_1

8年前に訪問した時、かなり朽ち果てた感じでしたが、確か昨年、地元の鉄工所が機関車を補修し、客車もペンキの塗り直しがされたと報道があったように記憶しています。

私の記憶の中に、当時の写真とともに小松島駅の記憶はいつまでも生き続けていますが、路線が廃止され当時のことを知らない世代も多くなってきました。
これが廃止の現実なのです。
もう二度と戻らない・・・。

|

« ぶらり旅・徳島線(その5) | トップページ | ぶらり旅・鳴門線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/51181627

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出・徳島の鉄道(その3・小松島駅):

« ぶらり旅・徳島線(その5) | トップページ | ぶらり旅・鳴門線 »