« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

あさてつファンクラブ

先日の2月20日、阿佐海岸鉄道(あさてつ)の「なごみ列車」に乗車した時、あさてつファンクラブの受付開始より一日前だったのですが申し込みを行い、今日会員証が届きました。

Dsc00234_1
なんと、会員番号「0002」でしたsign03「0001」を逃したのは残念でした。(どなたが0001なんでしょうね)
送られてきた封書には、上の写真の通りのものが同封されておりました。

さあ、また乗りに行くぞsign01
(JR四国でもこういうのやればいいのにね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

徳島県内・キハ40系気動車運行状況(2011.3.12ダイヤ改正後)

徳島県内におけるJR各線のキハ40系気動車(キハ40・キハ47)の運行状況をまとめていきたいと思います。
2011.3.12ダイヤ改正後の情報をまとめますので、ご存知の情報がございましたら、コメントをお願いいたします。

ちなみに、私が目撃・乗車した情報ほか、情報をご提供いただき、現在判明しているのは以下の通りです。

<2011.04.06 情報更新>

■高徳線
 (下り)
  高松5:10発303D引田行 キハ40+キハ40 (情報提供:tokutetsu1551様)
  板野8:19発315D徳島行 キハ47+キハ47
  高松6:38発317D徳島行 キハ40  (情報提供:tokutetsu1551様)
  高松9:15発4327D引田行 キハ40 (情報提供:tokutetsu1551様)
  高松18:22発371D牟岐行 キハ40+キハ40+キハ47+キハ47(情報提供:tokutetsu1551様)
   ※徳島~牟岐間585D(キハ40+キハ40)
  高松19:15発377D徳島行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
 (上り)
  引田7:07発314D高松行 キハ40+キハ40 (情報提供:tokutetsu1551様)
  阿南6:00発522D板野行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
   ※徳島~板野間318D
  徳島6:39発316D高松行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
  引田12:02発4336D高松行 キハ40 (情報提供:tokutetsu1551様)
  徳島16:01発360D高松行 キハ47+キハ47
  徳島18:35発370D高松行 キハ40+キハ40

■鳴門線
 (下り)
  鳴門7:30発953D徳島行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
  鳴門8:14発955D池谷行 キハ47+キハ47
  鳴門9:04発957D徳島行 キハ47+キハ47
  鳴門10:50発4961D徳島行 キハ40 (情報提供:tokutetsu1551様)
  鳴門17:21発973D徳島行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
  鳴門18:49発977D牟岐行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
   ※徳島~牟岐間581D
 (上り)
  徳島7:31発950D鳴門行 キハ47+キハ47
  池谷8:43発952D鳴門行 キハ47+キハ47
  徳島10:01発4956D鳴門行 キハ40 (情報提供:tokutetsu1551様)
  徳島16:33発968D鳴門行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
  徳島18:05発972D鳴門行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
  徳島23:11発980D鳴門行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)

■牟岐線
 (下り)
  牟岐6:15発4523D甲浦行 キハ40
  徳島18:25発575D牟岐行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
  鳴門18:49発977D牟岐行 キハ47+キハ47? (情報提供:tokutetsu1551様)
   ※徳島~牟岐間581D
  徳島20:25発583D阿南行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
  高松18:22発585D牟岐行 キハ40+キハ40 (情報提供:tokutetsu1551様)
   ※高松~徳島間371D(キハ40+キハ40+キハ47+キハ47)

 (上り)
  阿南6:00発522D板野行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
   ※徳島~板野間318D
  牟岐5:44発524D徳島行 キハ40+キハ47+キハ47
  牟岐6:21発528D徳島行 キハ40+キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
  甲浦7:15発4534D牟岐行 キハ40 (情報提供:tokutetsu1551様)

■徳島線
 (下り)
  徳島16:22発465D穴吹行 キハ47+キハ47 (情報提供:tokutetsu1551様)
  徳島23:36発4489D穴吹行 キハ40 (情報提供:tokutetsu1551様)
 (上り)
  穴吹5:31発4430D徳島行 キハ40 (情報提供:tokutetsu1551様)
  穴吹7:35発442D徳島行 キハ47 + キハ47 (情報提供:tokutetsu1551 様)

※編成は車両運用上、変更になる場合があると思われますのでご注意を。

Img_0635_1
(2005. 4. 9 徳島駅にて撮影
 インディゴソックス+ヴォルティスヘッドマーク付キハ47の2連)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

ぶらり旅・鳴門線

まだまだ東北・関東大震災と福島第一原子力発電所の件が落ち着かない状況が続いていますね。
明るい話題としては、春の選抜高校野球大会で徳島・城南高校(二十一世紀枠出場)が兵庫・報徳学園を破って二回戦へ進出しましたsign03happy01

さて、このところ仕事が忙しくて、なかなかぶらり旅に出かけられなかったのですが、昨日(3月26日土曜日)の午前中を使って、鳴門線の駅を巡ってきました。

スタートはいつもの佐古駅です。
佐古駅ですが、1階にあったキヨスクが閉店してしまいました。利用者が少なかったのかもしれませんが、そのうち佐古駅も無人化されるのではないか・・・と心配です。

さっそく佐古8:29発4326D高松行で池谷に向かいます。
Img_1470_1
徳島線からの乗り換え客(特に徳島北高生)がたくさん乗車してくれてました~。

池谷に到着し、池谷始発8:43発952D鳴門行で金比羅前に向かいます。
Img_1471_1
952Dはキハ47×2連で、一部廃車との情報があるキハ40系ですが、まだまだ健在でうれしい限りです。
なお、池谷での目撃情報としては、板野8:19発315D徳島行もキハ47×2連でした。

鳴門線の池谷~鳴門間は、この区間が一つの閉塞区間となっているので、途中駅に信号機がありません。また、途中駅は無人駅で全て一面一線のホームとなっています。途中駅にはトイレがありませんので、ご利用される方は要注意です。

で、金比羅前に到着です。
Img_1472_1
Img_1474_1
この先は、撫養、終点鳴門なのですが、方向幕が既に「徳島」になっており、誤乗にならないかな・・・と思いましたが、地元の人はわかっているのかな。
Img_1473_1
ホームは2両編成が停車できる長さです。阿波電気軌道時代からこの長さなんでしょうね。1200型、1500型運用開始のため、ホーム全体で嵩上げがされています。
嵩上げはこんな感じで、旧ホームの石積みにコンクリートで嵩をあげています。
Img_1487_1
ホーム西端から西方向と、東方向を撮影してみました。
Img_1475_1
Img_1476_1
今度は東端から東方向と西方向を撮影してみました。
Img_1477_1
Img_1478_1   
地元のおばあさんが線路を歩いている光景をみかけたのですが、本数が少ないとはいえ、危険なので止めたほうが良いです。
Img_1481_1
ホームには小さな待合室のみで、風がまだ冷たく、凍えそうでした。
Img_1482_1
駅の全景はこんな感じです。
Img_1483_1_2
駅名の由来となっている「金比羅神社」は、駅から北方向に少し歩いた、旧撫養街道にあります。駅の南側には県道鳴門・池田線(通称、鳴池線)が鳴門線とほぼ並走しています。
Img_1486_1

次は、さきほどの952Dの折り返しで金比羅前9:10発957D徳島行で阿波大谷に向かいます。
Img_1491_1

約8分ほどで阿波大谷に到着です。キハ47頑張れ!
Img_1492_1
Img_1493_1
阿波大谷は昭和36年に開業した無人駅で、他の駅とは開業が異なっています。
ホーム西端から西方向と東方向を撮影してみました。
Img_1494_1
Img_1495_1
ホーム東端から東方向と西方向を撮影してみました。
Img_1496_1
Img_1497_1
阿波大谷のホームは3両が停車できる長さですが、うち2両分が嵩上げされ、ホームの東側一両分はそのままになっています。
ホームの骨組みは鉄骨ですが、床板に枕木を敷き、その上にコンクリートを流しているようです。
Img_1501_1
この大谷には昔話の説明がありました。(内容省略coldsweats01
Img_1498_1_2
ほんと、風が冷たかったのですが、春はそこまで来ています。
Img_1500_1
遠くに眉山がかすんで見えます。
Img_1505_1
駅に掲示されている時刻表の上には、フィギュアが・・・。
Img_1507_1

さて、次は教会前に向かいます。
やってきたのは1200型です。阿波大谷9:36発4954D鳴門行で教会前に向かいます。
Img_1508_1

6分ほどで教会前駅に到着です。
Img_1509_1
Img_1510_1
ホームには小さな屋根がある待合のみ・・・。
Img_1515_1_2       
ホームは2両が停車できる長さです。
ホーム西端から西方向と東方向を撮影してみました。
Img_1511_1
Img_1512_1
こちらは東端から東方向と西方向を撮影したものです。
Img_1516_1
Img_1517_1
駅の南側には県道鳴門・池田線が並走しています。やっぱり車が便利です。
Img_1513_1_2
駅前の由来である境界は、駅から北方向に向かった旧撫養街道にある天理教の教会のようです。
Img_1518_1

この日の最後、次は立道に向かいます。
さきほどの4954Dの折り返し、教会前10:07発4959D徳島行に乗車します。
Img_1522_1

約3分ほどで立道に到着です。
昔は駅舎があったようなのですが、今は小さな待合のみです。
Img_1523_1
Img_1524_1
Img_1531_1
立道は、撫養と同じようにホームが長く4両が停車できる長さですが、嵩上げは2両分のみとなっています。
ホーム西端から西方向と東方向を撮影してみました。
Img_1525_1
Img_1526_1
ホーム東端から東方向と西方向を撮影してみました。高速道路の建設が進んで、鳴門線を跨ぐ部分はほぼ完成しているようです。
Img_1529_1
Img_1528_1

駅北側の旧撫養街道にある立道バス停から徳島バスで徳島駅まで向かいました。時間があればそのまま列車を待っていても良かったのですが。
Img_1533_1

徳島駅に11時前に到着し、佐古には徳島11:05発4958D鳴門行に乗車したのですが、こちらは導入されたばかりの1500型1560でした。
Img_1536_1
徳島駅にはキハ47タラコも健在でした。
Img_1535_1

この日の旅はこれでおしまいですsign03            

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

思い出・徳島の鉄道(その3・小松島駅)

東北関東大震災発生から一週間が経過しましたが、まだまだ物資も不足し不自由な生活をされている方が多数おられ、心が痛む毎日です。
しかし、その中でも被災地の鉄道が少しずつ復旧していることは、一鉄道ファンとしては嬉しい限りです。ただ壊滅的な被害を受けた路線もあり、今後の復旧がどうなるのか心配です。

さて、私自信は仕事が忙しくて、この3連休はぶらり旅ができませんでした。
ということで、思い出の写真から・・・。

201102050008_019_1

いつ頃の撮影かはっきりしないのですが、1985年(昭和60年)に廃止された小松島駅の駅舎写真です。
この立派な建屋は、徳島駅を除くとこの小松島駅ではなかったかと思います。
駅舎内の写真が無いのが残念なのですが、天井が高く待合も広々とした記憶があります。
今は駅跡地は小松島ステーションパークとなり、小松島客貨車区だったところは、合同庁舎なども建って、すっかり面影が消えてしまいました。

こちらの写真は8年前の2003年3月に撮影した小松島ステーションパークに静態保存されているC12 280号機とオハフ50 272です。
P1000045_1
P1000047_1

8年前に訪問した時、かなり朽ち果てた感じでしたが、確か昨年、地元の鉄工所が機関車を補修し、客車もペンキの塗り直しがされたと報道があったように記憶しています。

私の記憶の中に、当時の写真とともに小松島駅の記憶はいつまでも生き続けていますが、路線が廃止され当時のことを知らない世代も多くなってきました。
これが廃止の現実なのです。
もう二度と戻らない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

ぶらり旅・徳島線(その5)

地震・津波の被害が甚大な状況が刻々と伝えられている状況にもかかわらず、このようなブログを書くのは、たいへん失礼だと思いますので、今日のぶらりは画像のみとさせていただきます。

■佐古→牛島(439D)
Img_1397_1
Img_1398_1
Img_1401_1
Img_1403_1
Img_1405_1
Img_1407_1
Img_1408_1
Img_1409_1
Img_1410_1
Img_1411_1

■牛島→麻植塚(4441D)
Img_1413_1
Img_1414_1
Img_1415_1
Img_1417_1
Img_1418_1
Img_1419_1
Img_1421_1
Img_1423_1

■麻植塚→石井(448D)
Img_1427_1
Img_1429_1
Img_1431_1
Img_1432_1
Img_1433_1
Img_1434_1
Img_1435_1
Img_1436_1
Img_1437_1
Img_1439_1
Img_1440_1
Img_1442_1
Img_1444_1
Img_1447_1
Img_1449_1

■石井→川島(443D)
Img_1452_1
Img_1453_1
Img_1455_1
Img_1457_1
Img_1458_1
Img_1459_1
Img_1460_1
Img_1461_1
Img_1464_1_3
Img_1465_1
Img_1466_1

■川島→佐古(454D)
Img_1469_1

※本日からダイヤが改正されました。夕方、そごうに買い物に行った時、いずれも鳴門線の列車に、佐古→徳島、徳島→佐古と乗車しました。
鳴門17:21発(973D)徳島17:58着は、キハ47+キハ47の2連、徳島19:05発(974D)鳴門19:43着は、1200型の2連でした。
Dsc00231_1
Dsc00233_1      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北地方太平洋沖地震で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

地震発生時、私は徳島市内のオフィスビルで仕事をしていましたが、ゆっくりと横に揺れる地震が長く続き、これはどこかで大きな地震が発生したのでは・・・と思っていましたが、予想以上の被害で、自宅に帰ってテレビ報道を見て、ますますその被害の大きさを実感しております。

まだまだ津波の被害も予想されますので、テレビやラジオの情報に注意していただきますようお願いいたします。

そして、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

ぶらり旅・徳島線(その4)

ぶらり徳島線の旅(その4)・・・本日も佐古駅から出発します。今日は午後から雨の予報なのですが、雨に降られないことを祈りつつ出発です。

まずは、佐古10:25発4445D穴吹行で川田駅に向かいます。
Img_0380_1

時々薄日が射す感じでしたが、西に向かうほど雲が厚くなる感じがします。
そして、川田駅に到着。
ここで、下り456D(キハ47・2連)との行き違いです。12日のダイヤ改正でキハ40系気動車の動向が気になるところです。
Img_0385_1
Img_0386_1

駅の南側には製糸工場が見えますが、操業しているのでしょうか。
Img_0381_1

駅舎はちょっとモダンな感じがしますが、駅舎はそう新しくないようです。

Img_0388_1

駅舎の中は、ガランと広く、殺風景です。改札口も無く、ただ待合所という感じです。当然ながら無人駅です。
Img_0389_1
次の列車まで50分近くあるので、ここでお茶を買って、乗る前に買ったおにぎり2個で昼食です。昔は人であふれていたのでしょうか。

昼食も済ませ、木のベンチに座っていると、木がざわつき風が通る音が一段と大きくなってきます。もうすぐ雨が降るのかも・・・。空もどんよりし、陽が射さない駅で一人でいるのはすごく寂しく、何か怖い感じもします。
ざわつく木の正体は、駅南側にある大杉でした。
Img_0394_1

川田駅のホームは一面二線となっています。
徳島線は山瀬駅までの東がだいたい二面二線、川田から西が一面二線のホームなんですよね。徳島鉄道時代と国有化されてからで設計思想が変わったのかもしれません。
ホームの西端から東(徳島方面)はこんな感じで、やはり他駅と同じで長いホームです。
駅舎側には保線車両用の留置線が存在します。
Img_0395_1
こちらは、ホーム東端から東(徳島方面)を望んでみました。
Img_0398_1
見事なY型分岐です。
こちらは、ホーム東端から西(穴吹方面)を望んでみました。
Img_0397_1

川田駅の駅名板です。
Img_0396_1_2
34キロポストも建っています。
Img_0399_1

川田から西の一面二線のホームには中ほどにちょこんと屋根がついた待合があります。
ただワンマンの場合、屋根がある場所と離れたところに停まるようになっていたりするので、今日みたいに雨が降りそうな日では不便です。
Img_0400_1
Img_0401_1_2
Img_0403_1

川田駅も無人化される前は、駅舎からホームまでは線路に降りて渡れるようになっていたようです。(黄色と黒のトラ模様が少し残っているのが見えますか?)
Img_0404_1

ホームに咲く水仙が心を和ませてくれますが、今にも雨が降りそうです。
Img_0405_1

こまめに撮影していると時間が経つのが早くて、次に乗る川田12:02発4447D阿波池田行が到着です。
Img_0407_1

この列車に乗って、阿波加茂を目指しますが、とうとう雨粒が落ちてきました。ぶらり旅は雨を避けるようにやってきたのですが、初めての雨です。
デジ一が雨に濡れないよう、ここからはコンデジでの撮影に切り替えました。
で、阿波加茂駅に到着。ここも無人駅。

Dsc00195_1
阿波加茂駅は駅舎が新しくなっているようです。(でも古いですが)
雨が降っているため、じっくりと見ることができず、雨を避けながらの撮影となりました。
Dsc00190_1

駅舎からホームへは跨線橋を渡ることになるのですが、以前は線路に降りて渡れるようになっていたようです。
Dsc00191_1

阿波加茂駅も一面二線のホームで、ホーム中央と東端に木(クス?)が2本、そびえています。(跨線橋から東(徳島方面)を撮影しています)
Dsc00192_1

こちらは跨線橋を降りたところから西(阿波池田方面)を撮影。
Dsc00196_1
同じ所から、そこから東(徳島方面)を撮影。東端にも木があるでしょhappy01
Dsc00194_1

ホームにある待合は、さっきの川田駅とは少し組み方が違うようです。
Dsc00197_1
やっぱり鉄道には女の子が似合います。(ちょっとモデルに)
Dsc00198_1

今度は、阿波加茂12:51発4462D徳島行に乗車し、阿波半田駅に向かいます。
Dsc00199_1

雨はいっこうに止む気配がなく、15分少々で阿波半田駅に戻ってきました。
Dsc00207_1
Dsc00200_1
駅舎は建て替えられているような感じがします。
駅舎内にはキヨスクがあるのですが、休日だから閉まっているのか、閉店しているのかは不明・・・、駅も無人駅です。
Dsc00201_1

もともとこの駅は一面二線のホームだったようですが、駅舎に近いほうの線路が取り外され、今は一面一線のホームになっています。
Dsc00202_1
Dsc00205_1_2

ホームの西端から東(徳島方面)を撮影。
Dsc00203_1
ホームの待合から東を撮影。
Dsc00204_1
ホーム上の待合の造りは、阿波加茂と同じようです。
Dsc00206_1

次の列車を待っていたところ、駅前にこんな看板があることに気が付きました。
Dsc00208_1
駅前の商店で切符売ってるんですね。気がつかなかった。

そうこうしているうちに、阿波半田13:15発4449D阿波池田行が到着です。
今度は佃駅を目指します。
Dsc00209_1

雨が止みませんね・・・。と窓の外から景色を眺めながら、佃駅に到着。
Dsc00212_1_2
今日の最終目的地、箸蔵駅を目指すには、ここで土讃線上り普通列車とは6分の接続ですが、その間に駅舎を撮影。ここもまた無人駅。
Dsc00210_1

降りてみて気がついたのですが、どうも同じ匂いがする鉄が何人か同じように降りたぞ。この人たちも土讃線に乗るのか?ということは坪尻?・・・と思いつつ、跨線橋からホームを撮影。
Dsc00211_1
一面二線のホームですが、今までの徳島線の各駅と比べても、幅が狭い。もともとは信号所だったところに駅を開設したからでしょうか。
Dsc00213_1_2
ホームの待合には、線別の信号がぶらさがっています。
Dsc00215_1

そうこうしていると、佃13:42発4252D多度津行キハ54が到着です。12日のダイヤ改正から1000型が運行されるようなのですが、似合わないような気もしますが・・・。
Dsc00216_1

徳島線と別れ線路は北に向かい、吉野川橋梁を渡って5分ほどで箸蔵に到着です。
この多度津行車内、更に鉄がいるようで、やはり坪尻なのでしょうか。
坪尻は、一度国道から山道を降りて行ったことがあるので、この旅でのチャレンジはまた今度。今日は箸蔵が最終目的地なのです。
Dsc00217_1
Dsc00222_1

駅舎は改装されているようです。
Dsc00218_1
駅舎内は、川田駅と同様にガランとしています。 ここもまた無人駅。寂しいですね。
Dsc00219_1

1000型での運用が差し支えないよう、ホームは1両分ほどが嵩上げされています。箸蔵駅は二面二線のホームですが、どちらも1両分の嵩上げです。
Dsc00225_1
しかし、多度津方面も阿波池田方面も、上記写真の手前1番のりばからの発車になっています。2番のりばから列車の発車が無いですが、将来に備えてでしょうかね。
Dsc00226_1

ホームの南端から南側(阿波池田方面)を撮影。
Dsc00220_1
こちらは南端から北(多度津方面)を撮影。
Dsc00221_1
今度は、北端から北(多度津方面)を撮影。
Dsc00223_1_2
北端から南(阿波池田方面)を撮影です。箸蔵駅もホームは長いですよね。
Dsc00224_1
けっこう、雨に濡れてしまいましたcoldsweats02

さて、ここからは帰路となります。
箸蔵14:00発4259D阿波池田行に乗車です。
こちらもキハ54でした。
Dsc00228_1_2
佃からは1分の乗り換えで、佃14:06発4466D徳島行に乗車。
Dsc00229_1
さきほど川田から乗車したのと同じ1230です。
部活帰りの高校生らがけっこう乗車してくれていました。どの列車もこれくらい乗ってくれたら良いですね。
佐古には15:50に到着。本日の旅はこれでおしまいです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »