« 思いで・徳島の鉄道(その1・小松島駅に停車中のDE10 + 旧型客車) | トップページ | ぶらり旅・徳島線(その2) »

2011年2月12日 (土)

思いで・徳島の鉄道(その2・牟岐線地蔵橋駅・・・さようなら小松島線)

201102050018_008_1

この写真は、1985(昭和60)年3月10日に牟岐線・ 地蔵橋駅で撮影した風景です。
(当時、17歳の高校2年生で、Canon T-70という初めての一眼レフで撮影しました。)
一面二線のホームの向こう側は、団体専用の急行「サヨナラ小松島線」号で、キハ58系5連の列車です。
こちら側は、DE10+旧型客車5連の臨時列車「さよなら小松島線」号で、車内から窓越しに撮影したと思います。

地蔵橋駅は当時一面二線のホームで行き違い交換ができる駅だったのですが、今は一面一線の駅となり、私が撮影した側の線路は撤去されています。

Img_1381_1
Img_1384_1

地蔵橋駅は現在無人駅(券売機あり)ですが、他の無人駅で一面二線の場合、安全面を考慮して駅舎に向かう跨線橋を建設すると思われるのですが、この駅はそれをせず、駅舎とホームの間の線路を撤去して一面一線としてしまったのでしょう。

1985年に撮影した当時から25年余り、徳島の鉄道が寂しくなっていくのがたまらなく悲しい気持ちですweep

|

« 思いで・徳島の鉄道(その1・小松島駅に停車中のDE10 + 旧型客車) | トップページ | ぶらり旅・徳島線(その2) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

駅長様こんばんわ。
前回の小松島と言い今回の地蔵橋といい
どちらも大変懐かしい場所です。
今ではすっかり変わっていますね、地蔵橋は一面田圃で勝浦川の鉄橋の方まで見渡せたんですが・・・
跨線橋の件、高齢化が進むと完全に「バリア」ですね、警報機を付けて踏切型式にするべきだと思います。
そうすればサイクルトレインも現実化しそうですし。

投稿: 南東風 | 2011年2月13日 (日) 23時33分

南東風さん、こんばんわ。
徳島市は約5年ぶりの大雪(積雪6cm)になりました~。明日は道路の凍結が心配です。
南東風さんがおっしゃられるように、小松島も地蔵橋もずいぶん変わりましたね。バリアフリーという観点から徳島の鉄道を見ると、非常に弱者には配慮がされていないのが現状です。
国鉄時代、信号がCTC化される前は、どの駅にも駅員がいて、線路に降りてホームに渡るようになっていたのですが、CTC化とともに容赦なく跨線橋を造られてしまったというのが実情です。
JR四国の経営状態から考えてもこういう改善というのはなかなか難しいと思うのですが、鉄ヲタの一人として何か協力できないかと思うこのごろです。

投稿: Station Master | 2011年2月14日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/50853350

この記事へのトラックバック一覧です: 思いで・徳島の鉄道(その2・牟岐線地蔵橋駅・・・さようなら小松島線):

« 思いで・徳島の鉄道(その1・小松島駅に停車中のDE10 + 旧型客車) | トップページ | ぶらり旅・徳島線(その2) »