« 思いで・徳島の鉄道(その2・牟岐線地蔵橋駅・・・さようなら小松島線) | トップページ | SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMを買う »

2011年2月13日 (日)

ぶらり旅・徳島線(その2)

ぶらり徳島線の旅(その2)・・・本日も佐古駅から出発sign03

佐古10:25発4445D穴吹行きで、まずは阿波山川駅を目指します。
Img_0262_1
1500型車両のワンマン列車が到着です。

先頭の簡易座席に陣取って約45分、阿波山川駅に到着です。
Img_0263_1
駅に降り立ったのはこの日が初めてだと思います。
私の年代で「山川」で思い出すと言えば、小学生の時の宿泊訓練が「徳島県立山川少年自然の家」でありましたが、老朽化等で今から約5年前に閉鎖されたとのこと。
高越山麓にあり、船窪つつじ公園などもあるんですよね。
Img_0264_1
阿波山川駅は一面一線のホームを持つ駅で、駅舎からホームへは直結しています。
Img_0265_1
国鉄時代からあろうと思われる駅名板が哀愁をそそります。
Img_0268_1
この山が高越山。先日の雪がまだうっすら残っているのがわかるでしょうか。
Img_0269_1
ホームにある梅の木は、つぼみをたくさん付け、既に花が開いているものあります。
明日もsnowの予報ですが、木々は着実に春を迎えようとしていますcherryblossom
Img_0270_1
阿波山川駅もホームは長いです。ホームの端まで行くのに一苦労ですsweat01
Img_0272_1
今度は、阿波山川11:22発456D徳島行きで学に向かいます。今回はタラコ編成ではなく、キハ47 + キハ40の編成でした。
鉄道には女の子が似合うということで、ちょっとモデルになってもらいましたhappy01
この456Dですが車掌が乗務する列車なので、通常3月末までは手でドアを開けなければいけないのですが、先頭のキハ47は手動扱い、後ろのキハ40は自動という変則な運用でした。

11:31に学到着です。
Img_0275_1
駅前からは徳島・香川県境の文字通り「境目」まで市場交通のバスがあります。(右端のマイクロバスがそれです。)
学駅というと、全国でも有名な硬券入場券があり、券面に「入学」と表示されるため受験生のお守りとして購入されているのですが、昨年夏に無人化されてしまいました。
(入場券を5枚買うと、御入学となるそうですcoldsweats01
Img_0277_1
Img_0276_1
今年の正月には臨時に駅員が来て、入場券を販売していたようですが、本日も無人でした。
ちなみに設置されている券売機で入場券を買うと、下のような物が発券されます。
Dsc00170_1
「入学」とはならないのでご注意を。
ちなみに、硬券入場券は徳島や石井、鴨島、穴吹、阿波池田等で通年販売されていますし、郵送販売も行われているようです。
JR四国のニュースリリース
Dsc00171_1
こちらは、昭和54年、国鉄時代の硬券入場券です。
Img_0280_1
学は二面二線の駅で、他の駅と同様長いホームを持っています。
こちらは東(徳島方)です。
Img_0281_1
こちらは西(阿波池田方)です。
Img_0284_1
この駅も昔はホームから線路に降りて渡れるようになったいたのですが、跨線橋にかわってしまったようです。(わかりにくいですが、黄色と黒のシマ模様がうっすら残っている部分がそうです)
Img_0285_1
次は、学11:44発4447D阿波池田行きに乗車します。こちらは1200型のワンマンです。
小島に向かう予定ですが、途中の川田で交換する予定の特急剣山4号が3分遅れということで、この列車も待ち合わせのため小島到着が3分弱遅れました。(たぶん剣山4号が接続する予定だった土讃線特急に遅れがあったのでしょう。)

小島に12:17頃到着。
Img_0286_1
小島は一面二線のホームで跨線橋を渡って駅舎に向かうことができます。
こちらは跨線橋の上から西(阿波池田方)を撮影しました。
Img_0289_1
こちらは東(徳島方)を撮影。ホームの屋根が風情を感じさせます。
Img_0290_1
小島は近くの国見商店さんで切符の委託販売が行われているそうで、切符を買いに行きました。
Img_0291_1
が、お店はお休み?(鍵がかかっている)のようで、切符を買うことができませんでした。以前(私が中学生の頃)、駅のすぐ前にお店があったように記憶していたのですが、今は駅から50mほど南に行った場所が国見商店さんです。
Img_0292_1
駅舎の中はがらん~とした感じで、扉も無く、駅寝は厳しいでしょうね。
Img_0293_1
降車時に渡った跨線橋とホームです。東(徳島方)を撮影しています。
Img_0295_1
こちらはホームの東端から西(阿波池田方)を撮影しました。
次に乗車する列車まで時間があまり無いし、その上ホームが長いので、小走りでの撮影となり、ひと汗かきましたsweat01
Img_0298_1
最後に乗る列車は、小島12:27発4460D徳島行きです。1500型ワンマンです。
この列車、次の穴吹から車掌が乗車し、列車番号も460Dとなります。
穴吹の停車時間が約10分あるので、一旦下車して穴吹の駅舎を撮影することにしました。
Img_0299_1
穴吹は特急も停車する駅で徳島線内で唯一、みどりの窓口があります。
ここは確か、毎日放送系で放映された、ロケみつ・稲垣早希の四国一周ブログ旅で、稲垣早希が降り立ちましたね。
Img_0300_1
穴吹は一面二線のホームですが、左端に留置線があり、夜間の穴吹止、早朝の穴吹始発の列車の留置に使用されます。

さて、ここからは車掌が乗車し、徳島に近づくにつれて乗車率が高くなってきます。
佐古には13:37に到着。本日の旅はこれで終了です。 

|

« 思いで・徳島の鉄道(その2・牟岐線地蔵橋駅・・・さようなら小松島線) | トップページ | SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMを買う »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/50861677

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・徳島線(その2):

« 思いで・徳島の鉄道(その2・牟岐線地蔵橋駅・・・さようなら小松島線) | トップページ | SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMを買う »