« SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMレビュー | トップページ | ぶらり旅・徳島線(その3) »

2011年2月20日 (日)

ぶらり旅・牟岐線/阿佐海岸鉄道(その1)

ぶらり旅、本日は牟岐線と阿佐海岸鉄道の旅ですhappy01
旅のスタートはいつものように佐古駅から。

佐古10:40発957D徳島行きは、キハ47の2連です。(鳴門始発です)
Img_0310_1

徳島からは、徳島10:51発4545D海部行き1200型ワンマンに乗車します。Img_0311_1

牟岐線は「阿波室戸シーサイドライン」という別名がつけられているのですが、意外と知らない人が多いように思います。駅や車内の放送でもあまり聞かないですし)
乗車した4545Dは満員では無いものの、そこそこ席が埋まる位の乗車率で、日和佐近くまで進みました。
牟岐線の各駅は、どの駅も跨線橋ではなく、駅舎からホームまで地上を歩くようになっており、徳島線とはまた趣が違ってきます。各駅の訪問はこれからも行きたいと思いますが、国鉄時代は行き違い設備があった駅も、今は撤去されている所が多く、行き違い設備がある駅での停車時間が長くなっているように思います。
北河内だったか、ドア付近に小指の先大の石ころがあってドアが閉まらないというハプニングや、車内トイレの排水が流れないというハプニングもありました。
写真の車番1255は1997年に製造された車両で、当時はトイレ設備がありませんでしたが、トイレが無いのは不便との声が多く寄せられた結果、徳島県内を走る1000型、1200型はトイレ設備が後からつけられました。(1500型は当初からトイレ設備が備えられています。)まだこれから20年近くは頑張ってもらう車両なんですから、しっかり整備してほしいものです。

そんなこんなで、約2時間、途中駅の牟岐に到着です。
牟岐では停車中の車両の後ろに、徳島行き特急むろと2号が停車する格好になりました。
Img_0312_1

牟岐はまた折り返しのところで説明するとして、再び出発し、終点海部に向かいます。
途中、紀伊水道の海が見えるようになり、シーサイドラインという名前が似合う路線になります。
Img_0315_1

ようやく、終点の海部に到着。長かった!
阿佐海岸鉄道の甲浦行きまでにしばらく時間があるので、少し写真を撮ってみました。
高架駅の駅舎はこんな感じです。
Img_0316_1

1Fにきっぷ売り場がありますが、今日は販売していないようです。
Img_0317_1

こちらは有名な山の無いトンネル。宅地造成に伴って山が崩され、トンネルだけが残ったようです。
Img_0318_1

2番のりばの駅名標は阿佐海岸鉄道のものになります。海部駅は二面二線の構造になっています。
Img_0319_1

そうこうしているうちに、阿佐海岸鉄道の海部13:26発5537D甲浦行きが折り返し到着ですです。
Img_0321_1

今日の車両はASA101形式です。(阿佐鉄のHPでは終日この車両運用とのことでした。)
車内の様子は、席が3分の1ほど埋まる感じで、ほとんどの方が「なごみ列車」乗車目的のようです。(年配のおばあさんが多かったです)
Img_0322_1

で~、今日の目的地、宍喰に到着!立派な高架駅舎です。(一面一線のホームです)
Img_0326_1

改札口では「伊勢えび駅長」がお出迎えです。(敬礼paper
Img_0323_1

待合室には、宍喰小学校の子供達が製作したひな人形も飾られています。
町の方に愛されている駅ですね!
Img_0324_1

本当は明日(2月21日)から募集開始だったのですが、「あさてつファンクラブ」の入会申し込みをしてきました!
徳島の鉄ヲタさん、年度1000円で入会できますよ。是非存続のために入ってください!
それと、阿佐鉄の利用促進策が募集されているので、鉄ヲタさんは一人一案以上考えること!良いアイディアにはプレゼントもあるそうなので、是非協力しましょう!私も何案かあるので応募するつもりです。

さて、宍喰14:00発の臨時「なごみ列車」に乗車します。
Img_0327_1

この列車、時速20km/h以下で走行し、途中の景色が良いところで停車してくれます。
私はコーヒーを2杯もいただいてしまいましたcafe
Img_0332_1
Img_0335_1

宍喰では、硬券入場券のほか、乗車券2種類をゲット。
本日利用した、四国再発見得トクきっぷ、自販機で購入した乗車券を車内で並べてみました。
Img_0333_1

海部には14:18に到着。駅から徒歩1分ほどの場所にある「海部駅前」バス停から、徳島バス南部の牟岐行きバスに乗車です。
通過予定時間から3分遅れて到着です。
Img_0338_1
Img_0339_1

マイクロバスの車内は私だけ~(途中、二人の乗車がありました)
Img_0340_1

今日は「徳島・海陽究極の清流海部川風流マラソン大会」が開催されたせいか、はたまた道路工事が多かったのか、牟岐到着は予定より5~6分遅れて到着です。

牟岐からは、15:03発(4568D/阿南から568D)徳島行きに乗車します。(1500型です)
Img_0341_1_4

牟岐は一面二線のホームを持ち、駅舎とホームの間に留置線が一本、ホームの向こうに留置線が三本あり、牟岐始発の列車がここで留置、退避されます。
昔はここに転車台があったのではないでしょうか?(今はありません)
Img_0342_1

日和佐あたりから、マラソン参加者や、桑野からはハイキング客の団体が乗車し、酒盛りが始まりました。阿南を出る頃にはかなりの乗車率となりましたが、どの列車もこれくらい盛況だと良いのですが・・・。
そして、17:05に徳島に到着。

本日の旅はこれでおしまいです。

なお、今日の旅のスタート前に、本日から発売の「青春18きっぷ」を佐古で購入しました。赤地紋のやつです。マルス券ではダメな方はお急ぎを。

それと、今日使用した「四国再発見得トクきっぷ」は佐古では買えず、徳島(みどりの窓口)で購入しました。窓口の女性になぜ佐古で買えないのか確認したところ、マルスでの発券となるため、その機械が無い駅では購入できないとのことです。(だからみどりの窓口がある駅)
佐古にはPOS端末はあるんですがね・・・。
JR四国さん、高速道路の政策に反対するのもいいですが、乗客数を増やす気持ちがあるのでしょうか?なんか売る気が無いのが見え見えですよ。
こんな対応で減便なんかしたら、本社に乗りこんでやるぞ!!
なんとか改善してください。

|

« SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMレビュー | トップページ | ぶらり旅・徳島線(その3) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167537/50925774

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり旅・牟岐線/阿佐海岸鉄道(その1):

« SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMレビュー | トップページ | ぶらり旅・徳島線(その3) »